3年A組-今から皆さんは、人質です-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
3年A組 -今から皆さんは、人質です-
ジャンル 連続ドラマ
脚本 武藤将吾
演出 小室直子
鈴木勇馬
出演者 菅田将暉
永野芽郁
片寄涼太
川栄李奈
上白石萌歌
萩原利久
今田美桜
福原遥
神尾楓珠
鈴木仁
望月歩
堀田真由
富田望生
佐久本宝
古川毅
若林時英
森七菜
秋田汐梨
今井悠貴
箭内夢菜
新條由芽
細田善彦
堀田茜
バッファロー吾郎A
神尾佑
土村芳
ベンガル
矢島健一
大友康平
田辺誠一
椎名桔平
エンディング ザ・クロマニヨンズ
「生きる」
製作
プロデューサー 西憲彦(CP)
福井雄太
松本明子(AXON)
難波利昭(AXON、協力)
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年1月6日 -
放送時間 日曜 22:30 - 23:25
放送枠 日曜ドラマ
放送分 55分
回数 10(予定)
公式サイト

特記事項:
初回は30分拡大 (22:00 - 23:25)。

3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(さんねんえーぐみ いまからみなさんは ひとじちです)は、日本テレビ系「日曜ドラマ」で2019年1月6日から放送されているテレビドラマ

主演は菅田将暉[1]。ヒロインは永野芽郁が務める[1]

卒業10日前に生徒たちを監禁した教師の謎の行動を描く学園ミステリー学園ドラマ

主題歌をザ・クロマニヨンズが担当する。

概要[編集]

菅田の民放プライムタイム帯初主演作であり[2]、かねてより教師役を演じたいと希望していた菅田にあてがきされている[1]

永野は朝ドラ『半分、青い。』でヒロインを演じたあと初のテレビドラマ出演となり、菅田と永野の共演は2017年の映画『帝一の國』以来となる[2]

3年A組の生徒役は全員オーディションで選ばれ、5日間に分けて発表された。

卒業までの10日間を、基本的に一日一話形式で描いて行く。

あらすじ[編集]

魁皇高校では卒業まで残り10日となるなか、3年A組担任の柊一颯がクラス29人全員を集めて、突然こう告げた。「今から皆さんには、人質になってもらいます」。爆発音が鳴り響き、騒然となる生徒たちを一颯は教室内に閉じ込める。

柊は生徒たちに、半年前に自ら命を落とした学園のスター『景山澪奈』がなぜ死んだのか、「原因を考え真実を知っている者は名乗り出ろ」と課題を出す。当初は真実から目を背けていたA組生徒たちは、「課題に失敗すると命を奪う」と脅迫する柊の前に少しずつ自分たちと向き合いはじめる。

それと同時に柊は自ら警察に通報して校舎を包囲させ、SNS『Mind Voice(マインドボイス)』を通じてこの事件をエンターテイメントとして見守っている一般大衆に課金を要求する。

キャスト[編集]

3年A組[編集]

担任[編集]

柊一颯(ひいらぎ いぶき)〈27〉
演 - 菅田将暉
本作の主人公。美術担当教師で、魁皇高校には2年前に赴任してきた。第1話時点から見て半年前の景山澪奈自殺後に前担任が休職したのに代わり3年A組担任となる。卒業まであと10日となったときに突然生徒を監禁して立てこもり、「何故、景山澪奈が死ななければならなかったのか考えろ」と告げる。また「半年間、この日の為に生きてきた」とも告げている。
3年A組の生徒達からは「ブッキー」と呼ばれ、目立たない存在で「雑魚キャラ」扱いされていた。しかし立てこもってからは冷徹な性格に豹変し、本人曰く「元々は、アクション俳優を目指していた」との通り、自分に殴りかかってきた生徒を投げ飛ばす等、身体能力はかなり高い。機械やコンピューターの扱いにも長けており、校内の至るところに遠隔操作式の爆弾や監視カメラ、赤外線センサーを仕掛けたり、外から中の状況が見られないように特殊な窓を取り付けたりなど、生徒の逃走、警察の侵入、関係者を妨害することもある。
目的のためなら生徒を監禁する残忍な一面もあるが、純粋な悪とも違う一面や時には涙もろい面も見せている。

生徒[編集]

逢沢博己(あいざわ ひろき)
演 - 萩原利久
映画研究会所属。常にカメラを片手に校内を撮影しており、景山のドキュメンタリー映画を製作中だった。
秋庭凛(あきば りん)
演 - 秋田汐梨
浅見沙也(あさみ さや)
演 - 若林薫
石倉光多(いしくら こうた)
演 - 佐久本宝
甲斐グループの一人。ずる賢く、柊の質問の正解に答えられなかった茅野を犠牲者のターゲットに指名しようとした(結果的に刺されたのは中尾)。
魚住華(うおずみ はな)
演 - 富田望生
緊迫的状況の中でも普通に食事ができるほどの食べ物好き。香帆と仲が良かったが香帆の裏の顔を知り距離を置くようになる。
宇佐美香帆(うさみ かほ)
演 - 川栄李奈
ダンス部所属。コミュニケーション力に長け、周囲に積極的に話しかけるクラスの中心的な人物の1人。
澪奈にも自分から話しかけて友人となるが、「澪奈の写真をアップするとフォロワーが増える」などと発言していたことから、彼女の人気を利用する面もあった。
澪奈が自分より茅野との交友を優先するようになると激しく嫉妬し、その怒りから感情をコントロール出来なくなってしまった事でSNSで『やり逃げX』のハンドルネームで彼女を中傷したり、陰で彼女の水着を切り裂く、澪奈の自宅部屋の窓ガラスに石を投げるなどの嫌がらせを続け、ドーピング疑惑の元となった捏造動画(宇佐美が作った動画ではなく、何故か宇佐美の机の中に動画の入ったものがあり、宇佐美はそれを利用しただけだと話している)をアップするなど裏の顔を持っていた。
第2話にてクラスメイトの前でそれが明るみに出るが、それでも開き直っていたところを柊から「逃げるな!」と一喝され、茅野から「澪奈は本当に香帆を友達だと思っていたんだよ」と優しく教えられて沢山の涙を流し、改心した。しかしその後クラスで孤立してしまうが、茅野だけは普通に接していた。
甲斐隼人(かい はやと)
演 - 片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE) 
学園一の悪大将。過去に傷害事件を起こして警察沙汰になっている。短気で感情的且つ暴力的な性格で、火付け役は大抵彼。
柊に喰ってかかるが身体能力の差を見せつけられる。柊から腕時計型爆破スイッチを奪うため仲間と共闘し彼の隙をつき、電話に出た柊を捉え3発殴り、スイッチを奪ったがそれが偽物(何も仕掛けのないただの腕時計)だった上、逆に本物の爆破スイッチを押されることとなり火に油を注ぐ結果になった。
景山澪奈(かげやま れいな)
演 - 上白石萌歌
本作のキーパーソン。名門水泳部のエースでオリンピック代表候補にもなっていた学園のスター。ある日突然自らの命を絶ち、今回の立てこもり事件の原因を作ってしまう。
ネットで浮上した「ドーピング疑惑」については否定していたが、その噂を鵜呑みにしたクラスメイトたちから、机に落書きをされる等のイジメを受けていた。
なお、「ドーピング疑惑」は誰かの心無い嘘だったことが判明しており、ネットにアップしたのは宇佐美、動画の一部の犯人は里見であることが発覚した。
金沢玲央(かなざわ れお)
演 - 新條由芽
茅野さくら(かやの さくら)〈18〉
演 - 永野芽郁
本作のヒロイン。学級委員長。クラス内で目立つタイプではないが、独特の感性の持ち主で、興味があることには饒舌に話す。プロレスファンで何でもプロレスに例えるが周りには通じていない。
かつて景山に憧れ、ある日彼女から話しかけられたことがきっかけで親友同士となるが、彼女がドーピング疑惑が原因でクラスメイトから嫌がらせをされるようになってからは、嫌がらせが自分の身に降りかかるのを恐れて距離を置いていた。意思が弱く常に周囲の顔色を伺っているため、影では「奴隷」と呼ばれている。
第1話にて景山を救えなかったことや自分の行いを反省すると共に謝罪し、彼女を馬鹿にした甲斐に飛び膝蹴りを食らわせる。
河合未来(かわい みき)
演 - 搗宮姫奈
熊沢花恋(くまざわ かれん)
演 - 堀田真由
澪奈と同じく名門水泳部所属で、部長を務める。水泳部のロッカー室に自由に入れることから、「ドーピング疑惑」の原因となった捏造動画撮影の犯人と疑われてしまうが、無実であったことが判明する。
部長である自分よりも澪奈の方が注目され、さらには片思いしていた幼馴染の真壁が澪奈を好きになってしまったこともあり、澪奈へのコンプレックスに苦しんでいたが、それらを克服して部活に打ち込んでいた。
小宮山愛華(こみやま あいか)
演 - 日比美思
諏訪といつも行動をともにしている腰巾着。
里見海斗(さとみ かいと)
演 - 鈴木仁
サッカー部所属。長身のイケメンで女子人気はクラスで一番高い。その為、親衛隊のような女子が居る。
澪奈に好意を抱き、告白したが振られてしまう。自分から告白したのが初めてだったこともありショックを受け街をさまよっていた際に、何者かにそそのかされ、水泳部の全国大会の最中に会場のロッカー室に忍び込んで澪奈のバッグにドーピング薬を忍ばせ、澪奈が別の飲み物を飲んでいるところを密かにスマホで撮影した。だが、後日その映像が何者かによって「澪奈がドーピング薬を飲んでいる」かのように編集され、何者かによって香帆のカバンに入れられた結果、香帆の手によってネットにアップされ、多方面に拡散してしまう。
その行為がバレた際には「自分が振られて傷付いたから景山を苦しめたかった」「景山が苦しむ為なら何だってやる」と発言し強がったが、柊から「それが本当にお前の明日の活力になるのか」と問い詰められ、逆境を乗り越えた真壁や熊沢の姿を見て自分の弱さを受け入れる。
その後、「課題を正解できなかったペナルティーとして殺される生徒5人」に自ら名乗り出ることで、自分の犯した罪の責任を取ろうとした。
須永賢(すなが けん)
演 - 古川毅SUPER★DRAGON
甲斐グループの一人。
諏訪唯月(すわ ゆづき)
演 - 今田美桜
読者モデルでクラスの女子のリーダー的存在。気が強く身勝手かつわがままな性格。
クラス中に澪奈を無視するように指示していた。茅野が影で「奴隷」と呼ばれてることを告げ、罵る。香帆や茅野、真壁らの話の最中に割り込み、熊沢や里見を疑っていたことをバラしている。
瀬尾雄大(せお ゆうだい)
演 - 望月歩
澪奈の事件とは関係ないと言い張るが、3話で「課題を正解できなかったペナルティーとして殺される生徒5人」のうちの1人にされてしまう。
立野寛人(たての ひろと)
演 - 森山瑛
辻本佑香(つじもと ゆうか)
演 - 大原優乃
中尾蓮(なかお れん)
演 - 三船海斗
甲斐グループの一人。水越と付き合っている。第1話にて柊のターゲットにされ、彼にナイフで胸部を刺されて死亡したかと思われていたが、第3話終盤で美術室へ連れていかれた里見と対面し、生存が確認された。
西崎颯真(にしざき そうま)
演 - 今井悠貴
電脳部所属。買ってもらったばかりのタブレットPCを隠し持っていたが、バレてしまい柊に没収される。3話で「課題を正解できなかったペナルティーとして殺される生徒5人」のうちの1人にされてしまう。
花岡沙良(はなおか さら)
演 - 横田真悠
兵頭新(ひょうどう あらた)
演 - 若林時英
野球部所属。お調子者で緊迫した場面でも茶化すようなことを言う。
不破航大(ふわ こうだい)
演 - 飛田光里
堀部瑠奈(ほりべ るな)
演 - 森七菜
電脳部所属でアニメ好き。3話で「課題を正解できなかったペナルティーとして殺される生徒5人」のうちの1人にされてしまう。
真壁翔(まかべ かける)
演 - 神尾楓珠
水泳部のマネージャー。元は選手であり、澪奈のことが好きだったが、澪奈と親しかったことでチンピラ集団から暴行され選手生命を絶たれてしまう。ショックで自暴自棄になっていた入院中にノートを届けにきた茅野から「マネージャーとして澪奈の側にいる」ことを勧められ、それからは苦しみを乗り越えマネージャーに転向して水泳部を支えていた。苦しむ里見に「乗り越えてくれ」と声をかけた。
光永葵(みつなが あおい)
演 - 西本銀二郎
遊び人で携帯は二台持ちだったが、両方とも柊に没収されてしまう。
水越涼音(みなこし すずね)
演 - 福原遥
中尾とは恋人同士。刺された中尾を見て泣きながら駆け寄った。中尾が殺されたと思い、柊の質問に答えられなかった茅野を逆恨みする。
柳本稔(やなもと みのる)
演 - 高尾悠希
魚住と同じく緊迫的状況の中でも弁当を食べていた大食らい。
結城美咲(ゆうき みさき)
演 - 箭内夢菜
3話で「課題を正解できなかったペナルティーとして殺される生徒5人」のうちの1人にされてしまう。

魁皇高校教師[編集]

武智大和
演 - 田辺誠一
3年B組担任(数学担当)。本を出版したりテレビでのコメンテーターなども務め「平成最後のカリスマ熱血教師」の異名を持つ有名教師。
しかし校舎が爆破された際には生徒を避難させず、大声を出してパニックになっていただけだった。立て篭もり事件が判明すると「面白くなってきた」と発言し、進んでマスコミの取材を受けるなど、相当な目立ちたがり屋かつ相当なナルシスト。
森崎瑞希
演 - 堀田茜
3年C組担任(地理担当)。生徒だけでなく教師からの人気も高いアイドル的存在。立て篭り事件前には柊を何度も食事に誘っていた。
武智から新刊を渡されたときには「要らない」と発言していた。
市村浩一
演 - ベンガル
魁皇高校校長。体裁を気にする事なかれ主義者で「卒業までは穏便に」と思っており、「穏便に」は、最早口癖の域になっている。
立て篭もり事件が発生した際にも事件解決より体裁を気にしており、「勘弁してくれ」と発言した。
坪井勝
演 - 神尾佑
体育担当。名門である水泳部の熱血顧問。
事件前には体罰的な指導があったようで、苦情を入れられていた。
佐久間現
演 - バッファロー吾郎A
3年の学年主任。
立て篭もり事件に対する対応を兵藤の父から責められた際には逆ギレしていた。

警察[編集]

郡司真人
演 - 椎名桔平
瀬ヶ山署の生活安全課少年係の刑事。群れるのが嫌いで、犯人を追い込むのにやりすぎなほどの捜査を行い始末書の常連となっている。
魁皇高校立てこもり事件の担当となり、一颯の過去を調べ始める。
以前は教師だったが他校生徒からの暴行事件で生徒を死なせてしまい、少年犯罪そのものを撲滅したいという思いから刑事に転職した過去がある。
宮城遼一
演 - 細田善彦
瀬ヶ山署生活安全課少年係の刑事。郡司の部下で常に郡司に振り回されている。
五十嵐徹
演 - 大友康平
捜査一課のベテラン理事官。郡司とは昔からの知り合い。仕事熱心なあまり20年以上前に離婚したとぼやいている。
3話で実は柊の協力者だったことが判明。要求された食料の受け渡しの際に、こっそり柊に拳銃を渡している。

その他[編集]

相楽文香
演 - 土村芳
柊が以前勤務していた咲宮高校の教師で、咲宮高校在籍時には柊と交際していた。
現在は心を閉ざしてしまい自宅で療養しているが、その原因は柊から暴力を振るわれたからだという噂になっている。
相楽孝彦
演 - 矢島健一
文香の父。
兵藤の父
演 ‐ 大河内浩
牧原丈一郎
演 ‐ 鈴木正幸
劇中のテレビ番組のコメンテーター。元文部文化大臣。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル ラテ欄[3] 演出 視聴率
Day-1 1月06日 衝撃的学園ミステリー開幕! 衝撃的ミステリー!
教師が生徒29人を人質に!
ある生徒の死の真相!?
最後の授業開幕
小室直子 10.2%[4]
Day-2 1月13日 真相発覚!?
心震わす魂の授業
新事実発覚!
死に追い込んだ同級生の罪
10.6%[5]
Day-3 1月20日 急展開!
衝撃の真実発覚!
衝撃の急展開!
共犯者判明!
戦慄の教室
鈴木勇馬 11.0%[6]
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

日本テレビ 日曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
今日から俺は!!
(2018年10月14日 - 12月16日)
3年A組 -今から皆さんは、人質です-
(2019年1月6日 - )