林民夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林 民夫(はやし たみお、1966年9月26日 - )は、日本の脚本家神奈川県生まれ。日本シナリオ作家協会会員。

1987年、日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。1991年、テレビアニメ『サザエさん』で脚本家デビュー。テレビアニメ『YAT安心!宇宙旅行』、特撮テレビ番組『超星艦隊セイザーX』ではシリーズ構成を務めた。2006年以降は『ルート225』など劇場用映画も数多く手がけている。

2015年『永遠の0』で第38回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞[1]

作品[編集]

特記のないものは脚本担当。

テレビ[編集]

映画[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]