GO・I・S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GO・I・S(ゴイス)
ジャンル 音楽番組バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1993年10月4日 - 2003年2月27日
放送時間 月曜日 - 金曜日 17:00 - 19:00
放送局 AIR-G'
パーソナリティ 鈴井貴之
出演 細川美穂北川久仁子ほか
特記事項:
開始当初は18:00 - 19:00。
テンプレートを表示

GO・I・S(ゴイス)は、エフエム北海道(AIR-G')で放送された夕方の生放送番組。番組開始当初は18時から1時間だった。来札アーティストとのゲストトーク、加えて毎週設定した一つのテーマを元にリスナーからのメッセージを紹介する内容で、若年層から中年層まで幅広いリスナー層を取り込んだ。

番組について[編集]

タイムテーブル[編集]

(※楽曲等を省いた簡単な時系列)

  • 17:00 オープニング・鈴井氏一言
  • 17:10 本日のメニュー
  • 17:20 K-TIPS(※以前は読売新聞イブニングパルス)
  • 17:25 道路交通情報
  • 17:30 ここ掘れアマアマ・今日の胸騒ぎ君
  • 17:35 ゲスト・ゾーン1
  • 17:50 テーマメッセージ紹介など
  • 18:00 テーマメッセージ紹介など
  • 18:05 日替わり企画コーナーorゲスト・ゾーン2
  • 18:15 ザ・探る(※随時)
  • 18:20 天気予報
  • 18:25 道路交通情報
  • 18:30 テーマメッセージ紹介など
  • 18:40 風と空とえんぴつ
  • 18:50 エンディング
  • 18:55 道新ヘッドラインニュース

番組終了とその後[編集]

その他[編集]

  • 水曜どうでしょう』の旅企画で鈴井が帰り時間を気にしているのは、この番組の放送に間に合わせなければならないためである。
  • 「ヨーロッパ完全制覇」では、鈴井に代わって樋口了一がDJとして出演している。
    • 鈴井は旅先から北海道まで国際電話をかけて出演した。うち、一度は小銭を落として公衆電話の角に頭をぶつけている。
    • この時に『水曜どうでしょう』のテーマソングである「1/6の夢旅人」が完成、披露された。
  • この半年程度前に「サイコロ3・前編」の前フリとして樋口がゲスト出演した回(1997年2月27日)が放送される。
  • 『水曜どうでしょう』の「サイコロ韓国」「ジャングル探検inマレーシア」で、鈴井は『GO・I・S』のTシャツを着用している。また「香港大観光旅行」では、前フリの中で本番組の生放送の様子が登場する。
  • 一時期、月曜日の17時台後半は大通近辺のファッションビル「MALSA」内のレコード店「PALS 21」(1995年2月から玉光堂が運営していた大型レコード店。2004年8月閉店。現在は札幌PARCO新館)から佐藤重幸がゲストのアーティストを招いて、また木曜日はAIR-G'本社近辺のNTTドコモのショップ内のスタジオで公開生放送を行った。
  • 坂本サトル1999年2月に「天使達の歌」でインディーズからソロ・デビューした際、鈴井が番組を通じて坂本の応援活動を行っていた。同年5月に本曲がメジャーレーベルからも発売され全国的な注目を集めるに至り、坂本は後日番組にゲスト出演した時「鈴井さんは、一声掛けると2,000人が彼の元に集まる」と鈴井に讃辞を述べている。
  • 毎回番組冒頭で、鈴井が簡単なメッセージを述べた後に曲をかけるが、真心ブラザーズの「ストーン」を流したところ、聴取者からかなり過激な批判が来て、当初鈴井はいつもの調子で軽く流していたが、最終的にはお詫びをせざるを得なくなった。

注釈[編集]

  1. ^ ただジングルの中には、「すご〜いー・・・ゴイス」というものがあったことから、「すごい」という言葉を、逆さまにした業界用語の「ごいす」ではないかという説もある。

関連項目[編集]