FAN TAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
FAN TAN
出身地 日本の旗 日本北海道
ジャンル J-POP
活動期間 2004年 - 2005年
レーベル ザ・ミュージックカウンシル
事務所 CREATIVE OFFICE CUE
共同作業者 The Uncoloured
公式サイト FAN TAN
メンバー 大泉洋
戸次重幸

FAN TAN(ファンタン)は、TEAM NACS大泉洋戸次重幸による、音楽ユニット[1]。所属事務所はCREATIVE OFFICE CUE、所属レーベルはザ・ミュージックカウンシル。2人が出演する、北海道テレビ放送(HTB)のバラエティ番組おにぎりあたためますか』の企画で2004年に結成され、2005年に活動停止した。

メンバー[編集]

メンバー 生年月日 血液型 身長 出身地 備考
大泉洋
(おおいずみ よう)
(1973-04-03) 1973年4月3日(49歳) B型 178 cm[2] 北海道江別市
戸次重幸
(とつぎ しげゆき)
(1973-11-07) 1973年11月7日(48歳) O型 173 cm[3] 北海道札幌市西区(現:手稲区 2007年12月まで本名の佐藤重幸(さとう しげゆき)で活動[4]

概要[編集]

大学時代からの親友で、ともに演劇ユニット・TEAM NACSに所属する大泉洋と戸次重幸(当時は佐藤重幸)によって結成された[5]

結成のきっかけとなったのは、2003年夏に、映画『river』が釜山で行われた釜山国際映画祭に出展され、『river』の出演者であった大泉と佐藤、『river』の監督で2人の所属事務所・CREATIVE OFFICE CUEの社長でもある鈴井貴之が舞台挨拶に立った時、出演者がサイン攻めにあったことから、韓国でもいけると思った大泉が冗談で『おにぎりあたためますか』のカメラ「クリスマスまでにシゲ(佐藤)と2人でハングル語で1つ曲を作りたい」と言ったことである[5][6]

この発言を受け、『おにぎりあたためますか』のスタッフは、各方面と調整した結果、ソニー・ミュージックエンタテインメントのザ・ミュージックカウンシルからメジャーデビューすること、The Uncolouredがプロデュースと共演を行うことが決定。そして、アジアデビューという筋書きが決められた[5][6]

また、ユニット名は当初、『おにぎりあたためますか』の共演者である佐藤麻美(当時、HTBアナウンサー)が考える予定であったが、「センセーショナルズ」や「イートパワー」などあまりにもセンスがなかったため視聴者に公募した結果、中国語で「おにぎり」を表す「握団」(ファンタン)から「FAN TAN」に決まった[注釈 1]。FANが大泉(FAN兄さん)、TANが戸次(TAN兄さん)という設定となった[6]

2004年6月23日、「FAN TAN feat. The Uncoloured」名義で「起きないあいつ」をリリース。当時、2人は北海道を中心に活動していたが[注釈 2]オリコンチャートでは初登場で全国第7位を記録。北海道エリアでは第1位となった[7]

また、2004年8月には、「飯団 feat. 無色地帯」として台湾でリリースされ、アジアデビューを達成した[8]

2004年9月26日、札幌教育会館で「私達、大泉洋と佐藤重幸は、これでFAN TAN 卒業します!」と活動停止を表明[9]。そして、2005年1月19日に、FAN TANのこれまでの活動の軌跡と「起きないあいつ」のアコースティックバージョンを収録したDVD「ありがとうFAN TAN、さようならFAN TAN」をリリースし、FAN TANは活動を停止[9]

以降、FAN TANとして目立った活動はしていないが、2014年に開催された『CUE DREAM JAM-BOREE 2014』にて10年ぶりの新曲である「出ていったあいつ」を披露している。また、2人は、TEAM NACSとしての活動の他、『おにぎりあたためますか』や『SONGS』(NHK[注釈 3]、ドラマなどで共演している。

ディスコグラフィー[編集]

CD[編集]

タイトル 発売日 規格 規格品番 レーベル 備考
起きないあいつ 2004年6月23日 CCCD
CD
VVCL-9
VVCL-30
ザ・ミュージックカウンシル 「FAN TAN feat. The Uncoloured」名義。

DVD[編集]

タイトル 発売日 規格 規格品番 レーベル 備考
ありがとうFAN TAN、さようならFAN TAN 2005年1月19日 DVD VVBL-1 ザ・ミュージックカウンシル

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ FAN TAN feat. The Uncoloured オフィシャルサイト”. www.sonymusic.co.jp. 2021年10月1日閲覧。
  2. ^ 大泉 洋 - ARTIST” (日本語). CREATIVE OFFICE CUE Official website. 2021年3月4日閲覧。
  3. ^ 戸次 重幸 - ARTIST” (日本語). CREATIVE OFFICE CUE Official website. 2021年3月4日閲覧。
  4. ^ “TEAM NACSの佐藤重幸が「戸次(とつぎ)」に改姓”. ORICON STYLE. (2007年12月3日). https://www.oricon.co.jp/news/50155/full/ 2021年3月8日閲覧。 
  5. ^ a b c FAN TAN feat. The Uncoloured オフィシャルサイト”. www.sonymusic.co.jp. 2021年10月1日閲覧。
  6. ^ a b c 「ありがとうFAN TAN、さようならFAN TAN」(2005.01.19発売)
  7. ^ ユメミル、チカラHTBの50年北海道テレビ放送、2019年、46頁。
  8. ^ FAN TAN”. web.archive.org (2004年9月11日). 2021年10月2日閲覧。
  9. ^ a b ありがとう FAN TAN さよなら FAN TAN” (日本語). FAN TAN | ソニーミュージックオフィシャルサイト. 2021年10月2日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 漢字表記は誤りであり、正しくは「飯団(饭团)」である。
  2. ^ 2004年5月に行われた、TEAM NACSの舞台「LOOSER〜失い続けてしまうアルバム」で東京進出を果たしていた。また、大泉はその前にも『パパパパパフィー』(テレビ朝日)などの全国ネットの番組に出演していた。なお、2人はそれぞれ、翌2005年に全国ネットのドラマに初出演し、本格的な東京進出をしている。
  3. ^ 大泉が番組責任者、戸次はナレーションを担当。

外部リンク[編集]