第66回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第66回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg第66回NHK紅白歌合戦.png
会場のNHKホール(上)
第66回NHK紅白歌合戦のロゴ (下)
ジャンル 大型音楽番組
放送時間 19:15 - 20:55、21:00 - 23:45 (JST)(265分)
放送期間 2015年12月31日(木曜日)(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
【放送媒体:総合テレビジョン
出演者 綾瀬はるか - 紅組司会
井ノ原快彦 (V6/20th Century) - 白組司会 ほか
音声 音声多重放送
字幕 文字放送
データ放送 実施
オープニング 林ゆうき「ザッツ、大みそか!」
エンディング 蛍の光
外部リンク 第66回 NHK紅白歌合戦 公式サイト
テンプレートを表示
第66回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送局 NHKラジオ第1
パーソナリティ 中川緑
高山哲哉
特記事項:
その他の項目は媒体固有のものを除きテレビと共通
テンプレートを表示

第66回NHK紅白歌合戦』(だいろくじゅうろっかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2015年平成27年)12月31日に放送された通算66回目のNHK紅白歌合戦である。

放送まで[編集]

日付はいずれも2015年。この年は例年に比べ具体的な事項の公表が大幅に遅れる展開となり、司会者の発表が出演者と併せての形となった。

9月16日
放送総局長の板野裕爾が定例会見にて、放送時間を発表[1]
11月18日
放送当日の「紅白ウラトークチャンネル」と本番までのPR番組「紅白宣伝部」の司会に2年連続でバナナマンが就任することを発表[2]
11月26日
司会者および出場歌手を発表、司会者と出場歌手が同時に発表されることは異例であった[3]
また、今回のテーマが「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」に決まり、田辺誠一のデザインしたテーマシンボルを発表。
12月17日
スマートフォン向けの専用アプリケーションを今回対応のものに更新し公開。
12月18日
特別企画のひとつとして「アニメ紅白」を実施することが発表される[4]
12月21日
曲目が発表された[5]
12月24日
曲順が発表された。
12月25日
ゲスト審査員が発表された。
12月27日
この年下期の連続テレビ小説あさが来た』の出演者による特別編を実施することが発表された[6]
12月29日・30日
リハーサルが行われた。

当日のステージ[編集]

前半[編集]

後半[編集]

  • 水森かおりは「火の鳥に乗る天女」をテーマに大和路から宇宙に飛び出すという豪華な演出がされた[13]
  • の登場前にダース・ベイダーが“乱入”し、ダース・ベイダーが羽生結弦の前に来ると陰陽師ポーズで撃退しようとした。その後、嵐が登場してライトセーバーを振るパフォーマンスを行い、歌に入った[14][15]
  • AKB48は翌年4月に卒業を控えた元・グループ総監督の高橋みなみ(以下、高橋と記述)を盛り立てたステージとなった[16]。高橋は冒頭で引田天功プロデュースのイリュージョンを成功させた。「フライングゲット」では、元メンバーで同楽曲のセンターだった前田敦子が、「ヘビーローテーション」では同じく元メンバーで同楽曲のセンターだった大島優子が登場し(前田と大島の出演はNHK側からの提案である)、これを全く知らされていなかった高橋は涙しながらのステージとなった[17][18]。なお、AKB48は4曲のメドレーを披露したがセールス面で圧倒していたこの年発表の作品は一切披露しなかった[19][20]。また、メドレー4曲目で披露した「恋するフォーチュンクッキー」は前田の卒業後の発表曲であり、前田が同曲を披露するのは初めてとなった。
  • ゴールデンボンバーは、樽美酒がまわし姿に早替えすると審査員席から又吉直樹ピース)を連れ出して相撲で対決[21]、最後は勝った樽美酒が除夜の鐘の撞木として突かれて「火花」が飛び出すパフォーマンスを見せ、会場は爆笑の渦になった[22]
  • BUMP OF CHICKENは、同日開催されていた年越しロックフェス『COUNTDOWN JAPAN 15/16』からの中継出演となった。ロックフェスティバルからの中継出演は紅白史上初めてのケースである。また「ray」は唯一、歌詞・演奏の短縮を行わないフルコーラスでの披露であった。
  • V6の歌唱前には事務所の先輩である近藤真彦が司会席に登場し、メッセージを述べる場面があった。なお、井ノ原の代理として曲紹介は有働が行った。
  • 解散ステージとした第48回1997年)以来の出場となったX JAPANの曲紹介はその回で白組司会を務めたSMAP中居正広が行った。中居が曲紹介を行うプランがあることは事前に報道されていた[23]
  • 紅白勇退を宣言した森進一が曲の最後に「母さーん!」と絶叫する場面があった[24]
  • 第58回2007年) - 前回はトリなど一部を除き下手席で両組司会が揃って進行する形となっていた[25] が、今回ではトリの曲紹介も両組共に下手席で行われた。
  • 審査中には第64回2013年)以来2年ぶりにダイジェストが放送された。
  • 蛍の光」大合唱終了後、黒柳徹子と森が抱擁する場面があった[26]

結果[編集]

総得票数による審査の結果中間審査では179,230対168,179で白組が優勢だったが、最終審査では356,832対346,929で紅組が逆転して第62回2011年)以来4年ぶりに勝利し、30勝目を挙げ堺雅人から優勝旗が授与された。その際に堺は「紅白」と「大河」をうっかり言い間違えた[27]

優勝直後、綾瀬はホリプロおよび紅組司会の先輩である和田アキ子松田聖子と抱擁した[28]

優勝旗を受け取った綾瀬は「すごーい。びっくり。白組が優勢だったんで難しいと思ったんだけど、ありがとうございます。紅組の皆さん」と感謝し涙を流した。一方の井ノ原は「中居君やマッチ(近藤真彦)さんから皆に責められるんですけど。俺のせいみたいになっちゃってる」と述べた[27]。直後、黒柳は「総合(司会)の立場ですけどやっぱり紅が勝って嬉しい」と語った[26]

出場歌手[編集]

歌手名の太字は初出場もしくは返り咲き。

紅組 白組
曲順 歌手・ユニット名 曲目 曲順 歌手・ユニット名 曲目
前半
2 大原櫻子 1 郷ひろみ 28 2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン-
4 伍代夏子 22 東京五輪音頭 3 Sexy Zone 3 ニッポン Cha-Cha-Cha チャンピオン
5 乃木坂46 君の名は希望 6 三山ひろし お岩木山
7 E-girls 3 Dance Dance Dance 8 SEKAI NO OWARI 2 プレゼント
9 坂本冬美 27 祝い酒 10 德永英明 10 時代
企画コーナー アニメ紅白
1:AKB48(渡辺麻友島崎遥香入山杏奈兒玉遥宮脇咲良)「ムーンライト伝説」(美少女戦士セーラームーン
2:郷ひろみ・ゴールデンボンバー(樽美酒研二を除く)「めざせポケモンマスター」(ポケットモンスター
3:TOKIO「翔べ! ガンダム」(機動戦士ガンダム
4:石川さゆり・miwa「残酷な天使のテーゼ」(新世紀エヴァンゲリオン
5:E-girls・大原櫻子「おどるポンポコリン」(ちびまる子ちゃん
6:キング・クリームソーダ・紅白出場歌手「ゲラゲラポーのうた」(妖怪ウォッチ
7:V6・紅白出場歌手「鉄腕アトム」(鉄腕アトム
11 μ's それは僕たちの奇跡 12 山内惠介 スポットライト
13 AAA 6 恋音と雨空 14 星野源 SUN
15 島津亜矢 2 帰らんちゃよか 16 ゲスの極み乙女。 私以外私じゃないの
17 藤あや子 21 曼珠沙華 18 ゆず 6 かける
19 miwa 3 fighting-φ-girls 20 氷川きよし 16 男花
22 和田アキ子 39 笑って許して 21 細川たかし 39 心のこり
24 天童よしみ 20 人生一路[※ 1] 23 関ジャニ∞ 4 前向きスクリーム!
後半
連続テレビ小説「あさが来た」紅白特別編「加野屋の大みそか」
25 NMB48 3 365日の紙飛行機 26 三代目 J Soul Brothers 4 Summer Madness
28 水森かおり 13 大和路の恋 27 福山雅治 8 デビュー25周年スペシャルメドレー[※ 2][※ 3][※ 4]
29 いきものがかり 8 ありがとう
スペシャルコーナー「ザッツ・SHOWTIME〜星に願いを〜」(綾瀬はるか・V6・Perfume)
“Wish”メドレー 星に願いを夢はひそかに
30 TOKIO 22 AMBITIOUS JAPAN!
31 椎名林檎 3 長く短い祭 〜ここは地獄か天国か篇〜[※ 5] 32 7 New Year's Eve Medley 2015[※ 6]
33 AKB48 8 AKB48 紅白2015 SP 〜10周年記念メドレー〜[※ 7] 34 EXILE 11 EXILE 紅白スペシャル2015[※ 8]
特別企画 震災から5年「花は咲く」(羽生結弦、YOSHIKI櫻井翔、出場歌手、綾瀬はるか、黒柳徹子)
35 Superfly Beautiful 36 ゴールデンボンバー 4 女々しくて
37 西野カナ 6 トリセツ 38 BUMP OF CHICKEN ray[※ 9][※ 4]
39 石川さゆり 38 津軽海峡・冬景色 40 五木ひろし 45 千曲川
42 Perfume 8 Pick Me Up 41 V6 2 ザッツ!V6メドレー[※ 10]
「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」特別企画 小林幸子[※ 11]千本桜
44 MISIA [※ 12] 戦後70年紅組特別企画「オルフェンズの涙[※ 13] 43 X JAPAN 6 紅白スペシャルメドレー 〜We are X !〜[※ 14]
46 レベッカ フレンズ 45 美輪明宏 4 ヨイトマケの唄
47 今井美樹 2 PIECE OF MY WISH 48 SMAP 23 This is SMAP メドレー[※ 15]
50 髙橋真梨子 3 五番街のマリーへ2015[※ 16] 49 森進一 48 おふくろさん
52 松田聖子 19 赤いスイートピー 51 近藤真彦 10 ギンギラギンにさりげなく

歌唱曲・出場回数に関する備考

  1. ^ 「終りなき旅」を冒頭に披露。
  2. ^ I am a HERO」「」「HELLO」「桜坂」を順に披露。
  3. ^ 神奈川県横浜市西区パシフィコ横浜展示ホールからの中継で登場。
  4. ^ a b 当日同会場からの中継を行っていたWOWOWからの映像協力を受けている。
  5. ^ 「神様、仏様」「長く短い祭」を順に披露。
  6. ^ Sakura」「愛を叫べ」を順に披露。
  7. ^ 会いたかった」「フライングゲット」「ヘビーローテーション」「恋するフォーチュンクッキー」を順に披露。
  8. ^ 24karats GOLD SOUL」「Rising Sun」を順に披露。
  9. ^ 千葉県千葉市美浜区幕張メッセCOUNTDOWN JAPAN 15/16)からの中継で登場。
  10. ^ MUSIC FOR THE PEOPLE」「愛なんだ」を順に披露。
  11. ^ 紅組歌手として第62回2011年)まで過去33回出場。
  12. ^ 紅組特別出演歌手として第63回2012年)にも出演(いずれも正式な出場歌手にはカウントされてない)。
  13. ^ 長崎県長崎市平和公園からの中継で登場。
  14. ^ Forever Love」「BORN TO BE FREE」を順に披露。
  15. ^ Triangle」「Otherside」を順に披露。
  16. ^ 五番街のマリーへ」「桃色吐息」を順に披露。

選考を巡って[編集]

選出[編集]

初出場は10組、返り咲きは6組。

不選出[編集]

11年連続出場(通算13回)のポルノグラフィティ、6年連続出場の水樹奈々(この年歌手デビュー15周年)、3年連続出場のきゃりーぱみゅぱみゅももいろクローバーZ香西かおり(通算18回出場)など常連歌手が落選したため、発表会見ではその理由について質問が相次いだ[39]。NHKサイドは「今年の活躍の実績、世論の支持、演出・企画に沿う出演者」という3つの前提条件を提示し、総合的な判断だとして個別の歌手に関する回答を控えた[40]

内田裕也は「きゃりーぱみゅぱみゅ、ももいろクローバーZ、海外でも通用する日本のニューカルチャーが何と紅白歌合戦落選」「何を考えているんだ!」と発言し、オリコンの音楽ニュースにも取り上げられた[41]スポーツニッポンは「今回選ばれた出場者の中に、ももクロより3つの前提条件を欠く歌手がいるのは明らか」と批評[42]ダウンタウン松本人志M-1グランプリでの審査を引き合いに、今回の紅白の選考に疑問を呈した[43]

前回の出場歌手の中より、不選出となったのは計16組(紅:11、白:5)[39]

ももいろクローバーZについてはスポーツニッポンが「今年のももクロが『活躍』や『支持』を欠いたとは言い難い」「落選に音楽関係者疑問の声も」と報じている[42]。グループは公式サイトでファンに向けて「私たちは私たちのやり方で、みなさんと一緒に“私たちの道”を歩き続けます。ど真ん中しか歩きません」と宣言した[44]。しかし同時に「紅白歌合戦を卒業します」という文面も掲載されたことに関しては、ファンから疑問の声が上がった(初出場の前に脱退した早見あかりと現メンバーが、紅白の舞台での再会を目標としていたため)[45]。なお、リーダーの百田夏菜子は自身のブログで「もう泣き疲れた」としながらも、「卒業」という言葉は用いず、早見あかりを含む「6人でした約束だって忘れるわけない」と述べている[46]佐々木彩夏は自身のブログで「ももクロは落っこちてしまいました」「正直、すごい悔しいし残念です」と落選を伝え、他のメンバーも同様に心境を吐露した[47][48][49][50]

前回前年下期の連続テレビ小説マッサン』の主題歌「麦の唄」で出場した中島みゆき(この年デビュー40周年)は「昨年は『マッサン』にお礼を言いたいってことだけで歌わせてもらった。今年は、人さまの苦労してらっしゃる姿をのほほんと見ています」と不出場宣言をしていた[51][52]

その他[編集]

  • 満66歳の髙橋真梨子島倉千代子の持つ紅組歌手の最年長出場記録に並んだ。
  • 満80歳の美輪明宏は自身が持つ史上最年長記録を更新すると同時に史上初の80代での出場となった。
  • 石川さゆりは通算9回目の「津軽海峡・冬景色」の歌唱となり、石川の「天城越え」と並び同一曲歌唱の最多タイ記録。第58回2007年)以降、同曲と「天城越え」を交互に歌唱していたことから、司会者との面談の際に石川は「もう何回目でしょうね」「今年も新曲出していたんですよ」「今年はルパンもやりましたし」(この年10月日本テレビ系アニメ『ルパン三世』の主題歌「ちゃんと言わなきゃ愛さない」をリリース)と語ったという[53]
  • 今回の最多出場は2年連続で森進一で、自身の持つ連続出場歌手自己記録を更新する48回連続出場となったが、歌手生活50周年という節目である事から今回を最後に紅白から勇退することを発表した[54]。これについてNHKは「ご決断を重く受け止め、森進一さんの紅白歌合戦・最後のステージを盛り上げていきたい」とコメントしている[55]。なお、森は前回の出場決定直後、「50回出場で勇退したい」と語っていた[注 5]
  • 中居正広(組司会経験者)は大部分が裏番組となる日本テレビ系列『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけない名探偵24時』(2015年12月31日18:30 - 2016年1月1日0:30、JST)にも本紅白と被らない序盤の時間帯のみゲスト出演した[56]
  • EXILEのメンバーのうち、当日深夜のテレビ出演でパフォーマーを引退した松本利夫MAKIDAIÜSAの3人にとっては最後の紅白出場となった。
  • 細川たかしは翌年の第67回の出場歌手発表前に自ら紅白卒業(勇退)の意思を明らかにした[57]ため、今回が最後の出場となった。
  • 翌年末を以って解散するSMAPも第67回の出場を辞退したため、今回が最後の出場となった。

曲順を巡って[編集]

紅組のトリおよび大トリに2年連続で松田聖子、白組のトリに近藤真彦となることが発表された[58] と共にこの年歌手デビュー35周年を迎えた歌手がトリに選出された。

柴崎チーフプロデューサーは聖子・近藤の両組トリ起用の理由について、共にデビュー35周年で、テレビや日本の歌謡界を引っ張ってきたと説明した[59]

曲順正式発表の前に、両組トリに聖子・近藤の起用が内定したと各スポーツ紙が報じていた[60][61][62][63][64]が、大トリ担当者については日刊スポーツ・スポーツニッポンは聖子、サンケイスポーツ・東スポWebは近藤とそれぞれ異なったリークがされた。

当初、SMAPが白組トリおよび大トリを務める予定だったとする報道もされている[65]

司会者[編集]

綾瀬は第64回以来2年ぶり2回目の紅組司会となった[注 6]

井ノ原は初の白組司会となった。

黒柳は第9回1958年)、第31回1980年) - 第34回1983年)に紅組司会を担当、総合司会起用は初めて。司会発表会見にはスケジュールの都合上VTR出演となり、その出演時、「ついさっき、このお役をうかがったんですが、何をするのかわかりませんが、楽しくしていきたい」と述べた。満82歳の黒柳は紅白司会者の史上最年長記録となった[66]。柴崎チーフプロデューサーによると、黒柳へのオファーは11月に入ってから行ったという[67][68]

有働は4年連続での総合司会となった。

起用理由として、綾瀬は「今年も多数の映画に主演するなど日本で最も注目を集める女優」、井ノ原は「日本の朝の顔であり、有働アナとの絶妙な掛け合いがおなじみ」、黒柳は「戦後70年、放送90年目にあたる節目の紅白で、今なお第一線を走り続けている」と、NHKはそれぞれ述べている[69]

綾瀬・井ノ原・有働の起用が内定していたことは事前に報道されていた[3][70]。また、『あさイチ』が開始した2010年以降、井ノ原の司会(白組司会・総合司会)並びに井ノ原・有働の共同司会が幾度も取り沙汰されていた(詳細は各回の項を参照)。

前回までは5年連続で紅組司会をその年の『連続テレビ小説』(上期作品)か『大河ドラマ』の主演者が務めたが、『夕刊フジ(ZAKZAK)』はNHK関係者の話として、この年の連続テレビ小説まれ』(上期作品)や大河ドラマ花燃ゆ』が視聴率面で苦戦したため、それぞれの主演にあたる土屋太鳳(津村(紺谷)まれ役。オーディション選出者)や井上真央楫取美和役)の紅組司会起用は決定打に欠ける状態にあるとの記事を掲載している[71]。『花燃ゆ』の主演を務め、第62回2011年)で紅組司会を担当した井上は紅白で司会を務めることの苦労を理由に今回の紅組司会就任に消極的な発言をしている[72]

前回まで5年連続で白組の司会を務めた嵐について、今回は白組司会を担当しない見通しであると複数メディアが伝えていた[73][74]。この報道がされた後、嵐はジャニーズカウントダウンライブフジテレビ系列で生中継)の司会を務めることが決定したため、白組司会を担当しないことが決定的となった[75]

10月6日、「両組司会に有働・井ノ原、総合司会にタモリ(『ブラタモリ』司会および『タモリと鶴瓶』レギュラー)の起用が有力」との報道がされた[76]。10月19日にはタモリが総合司会の打診をスケジュールの都合などを理由に辞退したと報じられている[77]。ただしこの報道について、NHKの板野放送総局長は10月21日の記者会見で「私はまったく承知していません」と否定的な発言をしている[78]。タモリの「辞退」後、笑福亭鶴瓶(『鶴瓶の家族に乾杯』司会および『タモリと鶴瓶』レギュラー)に総合司会の打診が行われたが「自分にタモリさんの代わりは務まらない」と辞退されたとの報道もある[79]。なお、タモリが総合司会を「辞退」した理由に関しては、先述の「スケジュールの都合」というものだけでなく、「自身の起用が濃厚であることをマスコミにリークしたNHKへの不信感」との報道もされている[80]

上記の報道以外で司会候補とされた人物は以下の通り。

綾瀬は第64回での紅組司会の際はミスを連発したが、今回はほぼ安定した仕切りをこなした[88]。また後日、「元日2日続けて『次は、誰々です』という夢を見ました」と語っている[89]

2016年1月解散騒動が持ち上がったSMAPについて、その原因が「担当の女性マネジャー(当時)・飯島三智が独自交渉で本紅白の司会(白組司会・総合司会)にSMAPもしくは同メンバーの木村をごり押ししたため」とする報道がなされた[90][83]。NHKの三溝敬志エンターテインメント番組部長はこれを否定しているが、実際にSMAP全員および木村単独での司会案もあったという[83]

有働の連続司会は今回までとなった。

審査員[編集]

  • ゲスト審査員(別記
  • 客席審査員(NHKホールの観客全員)
  • デジタルTV審査員(総合テレビジョンの視聴者 定員なし)
  • ワンセグ審査員(ワンセグ搭載型の携帯電話による審査 定員なし)
  • アプリ審査員(スマートフォン・アプリによる審査 定員なし)

ゲスト出演者[編集]

ゲスト審査員[編集]

ゲスト審査員の発表前、『スポーツニッポン』(2015年9月14日付)が堺と又吉の起用をリークすると同時に女子レスリングの吉田沙保里、プロ野球・ソフトバンク柳田悠岐ヤクルト山田哲人の3人も候補に挙がっていると報じていた[91]

あさが来た特別編[編集]

内容は、まず事前に収録されたVTR「加野屋の大みそか」を放送。その中であさが「『あさイチ』(総合テレビの朝ドラ本放送の後座番組)の司会の井ノ原・有働アナにお礼を言いに行く」ことを匂わせるジェスチャーや台詞の後、出演者がNHKホールにやってくる体で生で登場、井ノ原・有働アナとクロストークを行った。なお、VTRの中や井ノ原・有働アナとのクロストークの中では、『あさが来た』を見た有働アナが『あさイチ』の冒頭で号泣し、つけまつ毛を落とした事をネタにしていた。その後、NMB48が歌唱した本作品主題歌の『365日の紙飛行機』では出演者がステージに上がってNMB48のメンバーと共演した。

企画・応援ゲスト[編集]

演奏ゲストなど[編集]

その他の番組担当者[編集]

パブリックビューイング[編集]

今回は以下の箇所において、スーパーハイビジョンを用いたパブリックビューイングが開催された[99]

インターネットとの連携強化[編集]

ここ数年続けられているインターネットとの連携について、これまでのスマートフォン用公式アプリ、TwitterLINEだけでなく、様々なネット媒体で繰り広げられた[100]

  • YouTubeでは今回のテーマシンボルや「紅白」をテーマにクリエイターが制作した動画を配信(一部はNHKのどーがステーションでも配信)するほか、12月25日放送の「ザッツ!紅白宣伝部」ではHIKAKINはじめしゃちょーなどの人気動画クリエイターが出演した。
  • ニコニコ生放送では放送当日に生実況を行う「紅白応援裏実況」を実施、小林幸子出演時にはこの生放送に書き込まれたコメントがテレビでもそのまま表示された。
  • Twitterでは日本初の「Twitter emoji」を実施、公式ハッシュタグ「#NHK紅白」「#紅組応援」「#白組応援」を入力してツイートすることでオリジナルの絵文字が表示された。
  • 新たにInstagramの公式アカウントを開設、制作風景からリハーサル、本番の舞台裏を写真で逐次公開した。
  • Yahoo! JAPANではスマートフォンサイトが紅白歌合戦仕様になるほか、Yahoo!テレビ.Gガイドでは「NHK紅白歌合戦・特設サイト」が開設された。
  • 副音声の「紅白・ウラトーク・チャンネル」は、テレビだけでなく公式アプリとパソコン向け公式サイトでも映像と合わせてストリーミング配信を実施した。

視聴率[編集]

平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)は前半(19:15 - 20:55)が34.8%、後半(21:00 - 23:45)が39.2%だった。後半は第55回2004年)の39.3%を下回り、ワースト記録を更新した[101][102]。とはいえ、年間視聴率では1・2位に立つとともに唯一の30%台を記録した[103]。歌手別視聴率の1位はAKB48とEXILEの間の43.4%、瞬間最高視聴率は結果発表前のダイジェストの45.1%だった[104]

ワースト記録を更新したことについて、NHKの籾井勝人会長は1月4日の局内向けの年頭挨拶で「もしかすると視聴率が間違ってるんじゃないか、と思うくらい良かったと思う」とコメントした[105]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし南條も、冒頭のスペシャルアニメに絢瀬絵里役の声で出演していた。
  2. ^ 前回は生駒のみ当時兼任していたAKB48のメンバーとして出場していた。
  3. ^ a b ただし、所属メンバーの一部はAKB48として出演した。
  4. ^ ただし、紅白ウラトークで出演した。
  5. ^ 詳細は『森進一』・『第65回NHK紅白歌合戦』の項を参照。
  6. ^ 前回の司会発表前に紅組司会続投案も報じられていた。
  7. ^ なお、ボヤッキーは八奈見乗児が高齢のため療養中、トンズラーはたてかべ和也が逝去したため、ライブラリでの出演となった。
  8. ^ ライブラリ出演。
  9. ^ ダース・ベイダーの本来の声優である大平透が体調不良のため(翌2016年4月12日逝去)、代役による出演となった。

出典[編集]

  1. ^ “NHK、大みそかの第66回紅白歌合戦は午後7時15分に開始”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2015年9月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150916/geo15091619190028-n1.html 2015年9月17日閲覧。 
  2. ^ “紅白の副音声、2年連続「バナナマン」に決定! あの自由過ぎる実況が今年も聞けるぞ”. ねとらぼ (ITmedia). (2015年11月18日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1511/18/news101.html 
  3. ^ a b “紅白異例! 26日に司会者&出演者W発表 司会は綾瀬&井ノ原”. スポーツニッポン. (2015年11月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/21/kiji/K20151121011547270.html 2015年11月26日閲覧。 
  4. ^ “最新情報〜第66回NHK紅白歌合戦 特別企画「アニメ紅白」”. 日本放送協会. (2015年12月18日). http://www.nhk.or.jp/kouhaku/topics/topic_151218a.html 2015年12月20日閲覧。 
  5. ^ 紅白曲目決定!松田聖子は「赤いスイートピー」,日刊スポーツ,2015年12月21日
  6. ^ 朝ドラ『あさが来た』特別編放送決定 波瑠「うれしいかぎりです!」 オリコン 2015年12月27日
  7. ^ [1],モデルプレス,2015年12月31日
  8. ^ Sexy Zone衣装で紅白盛り上げ デイリースポーツ 2015年12月31日
  9. ^ 12月31日 第66回NHK紅白歌合戦 NHK歌謡コンサートブログ
  10. ^ 【紅白】μ’s、2次元と3次元を融合させたステージで魅了”. ORICON STYLE. オリコン (2015年12月31日). 2016年1月1日閲覧。
  11. ^ 【紅白】「μ’s」南條愛乃、出場辞退「晴れ舞台に相応しい実演が困難」”. ORICON STYLE. オリコン (2015年12月28日). 2016年1月1日閲覧。
  12. ^ 氷川きよし、ラガーマン125人と紅白 デイリースポーツ 2015年12月31日
  13. ^ 水森かおり 大型火の鳥に乗ってNHKホールを舞う マイナビニュース(提供:まんたんウェブ)
  14. ^ 嵐が「スター・ウォーズ」とタッグ マイナビニュース(提供:まんたんウェブ)
  15. ^ 羽生結弦「楽しかった」ダースベイダー撃退? 朝日新聞 2015年12月31日
  16. ^ 当初、高橋の同グループメンバーとして最後のテレビ出演と発表している([2],デイリースポーツ,2015年12月24日)が、2016年3月11日放送のテレビ朝日系列『ミュージックステーション』などには同グループとして出演していた。
  17. ^ 【NHK紅白】元 AKB48・前田敦子、大島優子がサプライズ出演 産経新聞 2015年12月31日(2016年1月1日閲覧)
  18. ^ [3],ビジネスジャーナル,2016年1月7日
  19. ^ [4],サンケイスポーツ,2016年1月5日
  20. ^ [5],デイリー新潮
  21. ^ ゴールデンボンバー、ピース又吉連行で“大相撲”対決パフォーマンス 4年連続「女々しくて」 モデルプレス 2015年12月31日(2016年1月1日閲覧)
  22. ^ ゴールデンボンバーは和服姿で登場 樽美酒の今年のネタは相撲&除夜の鐘 産経新聞 2015年12月31日
  23. ^ [6],サンケイスポーツ,2015年11月26日
  24. ^ 紅組が4年ぶりの勝利 紅白卒業の森進一は「母さーん!」と絶叫 トリは近藤真彦&松田聖子が… 産経新聞 2015年12月31日(2016年1月2日閲覧)
  25. ^ 第57回2006年)までは大部分を両組司会がそれぞれ下手(紅組)、上手(白組)(第4回1953年12月)のみ逆であった)に分かれて別々に進行する形式だった。
  26. ^ a b 第66回NHK紅白歌合戦は紅組の勝利/詳細 日刊スポーツ 2015年1月1日
  27. ^ a b 堺正人「大河」発言で慌てる 優勝旗手渡しで勘違い「すみません」 オリコン 2015年1月1日
  28. ^ [7],日テレNEWS24,2015年12月31日
  29. ^ a b c d e 紅白出場歌手決定!初出場は乃木坂など10組、近藤真彦は19年ぶり,スポーツニッポン,2015年11月26日
  30. ^ Superfly初紅白確実 抜群の歌唱力で魅せる,日刊スポーツ,2015年11月24日
  31. ^ a b c “乃木坂46紅白初出場!結成4年、涙の誓い果たす”. ニッカンスポーツ. (2015年11月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1571756.html 2015年11月28日閲覧。 
  32. ^ a b “【紅白】バンプ、「CDJ」から中継で初出場「精一杯心を込めて」”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年11月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2062937/full/ 2015年11月30日閲覧。 
  33. ^ 人気アニメ「ラブライブ!」、NHKが異例の再放送 来年1月から”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2015年11月18日). 2015年11月27日閲覧。
  34. ^ “劇場アニメ『ラブライブ!』150日かけて動員200万人&興収28億円突破”. ORICON STYLE. (2015年11月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2062422/full/ 2015年11月26日閲覧。 
  35. ^ レコ協、7月ゴールドディスク認定作品発表”. Musicman-NET. エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社 (2015年8月10日). 2015年11月29日閲覧。
  36. ^ 【紅白】初出場『ラブライブ!』声優9人組μ’s「がくがくぶるぶる」”. ORICON STYLE. オリコン (2015年11月27日). 2015年11月28日閲覧。
  37. ^ 声優9人組のμ’s初出場!新田恵海「ガクガクブルブル」,サンケイスポーツ,2015年11月27日
  38. ^ MISIA「紅白歌合戦」3年ぶり出演、故郷・長崎から平和への思い伝える,音楽ナタリー,2015年12月8日
  39. ^ a b HKT・SKE無念、ももクロも消えた “常連”香西、きゃりーも落選”. スポ-ツニッポン. 2015年12月2日閲覧。
  40. ^ 【紅白】SKE48、水樹奈々、きゃりー、ももクロら落選理由は?,ORICON STYLE,2015年11月26日
  41. ^ 内田裕也、紅白選考でNHKにチクリ きゃりー、ももクロ落選に「何を考えているんだ!」”. オリコン. 2015年12月2日閲覧。
  42. ^ a b ももクロ落選に音楽関係者疑問の声も「活躍」「支持」欠いたのか?”. スポニチ. 2015年11月27日閲覧。
  43. ^ 松本人志、紅白出場者に疑問「アレとか、アレも」”. 日刊スポーツ. 2016年1月3日閲覧。
  44. ^ ももクロ、公式サイトで「紅白歌合戦を卒業します」,スポーツ報知,2015年11月26日
  45. ^ ももクロ「紅白卒業宣言」に賛否...モノノフからも厳しい批判が飛び交う”. 楽天WOMAN. 2015年11月27日閲覧。
  46. ^ 紅白”. 百田夏菜子オフィシャルブログ. 2015年11月29日閲覧。
  47. ^ “ももクロ・佐々木彩夏、紅白落選で心境「正直、すごい悔しいし残念」”. オリコン. (2015年11月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2062975/full/ 20 15-11-28閲覧。 
  48. ^ みんなへ”. 高城れにオフィシャルブログ. 2015年11月29日閲覧。
  49. ^ 報告”. 有安杏果オフィシャルブログ. 2015年11月29日閲覧。
  50. ^ 紅白歌合戦”. 玉井詩織オフィシャルブログ. 2015年11月29日閲覧。
  51. ^ 中島みゆき「のほほんと見てます」紅白不出場宣言,日刊スポーツ,2015年11月19日
  52. ^ 中島みゆき、「マッサン」熱唱も紅白は否定的「のほほ~んと見ていたい」,スポーツ報知,2015年11月20日
  53. ^ [8],デイリー新潮,2015年1月6日
  54. ^ 森進一「けじめ」今年限りで紅白卒業 48回出場,日刊スポーツ,2015年12月4日
  55. ^ 森進一さんのメッセージについて”. 日本放送協会. 2015年12月7日閲覧。
  56. ^ [9],スポーツニッポン,2016年12月31日
  57. ^ “細川たかし紅白卒業「世代交代必要」心境を明かす”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2016年11月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1740996.html 2016年11月21日閲覧。 
  58. ^ 近藤は出場決定前、トリ出場宣言をしていた([10],スポーツ報知,2015年11月27日)。出場決定後はトリ担当の可能性を否定している([11],スポーツ報知,2015年12月3日)。
  59. ^ 紅白歌合戦の曲順発表、大トリは松田聖子さん,朝日新聞デジタル,2015年12月24日
  60. ^ NHK紅白の白組トリは近藤真彦、赤組は松田聖子,日刊スポーツ,2015年12月13日
  61. ^ 【紅白歌合戦】曲目発表!聖子、紅組トリで「赤いスイートピー」,スポーツ報知,2015年12月22日
  62. ^ 松田聖子紅白2年連続大トリ「赤いスイートピー」初,日刊スポーツ,2015年12月22日
  63. ^ 紅白曲目発表 80年代のヒットナンバーで盛り上げる!,スポーツニッポン,2015年12月22日
  64. ^ 曲目発表!森進一、“卒業曲”は「おふくろさん」/紅白,サンケイスポーツ,2015年12月22日
  65. ^ マッチ「紅白大トリ」でフジ大喜び,東スポWeb,2015年12月22日
  66. ^ 【紅白】黒柳徹子、最年少司会から最年長司会まで制覇「うれしい」オリコン、2015年11月26日閲覧。
  67. ^ http://www.oricon.co.jp/news/2062939/full/ オリコン
  68. ^ [12],スポーツニッポン,2015年11月27日
  69. ^ 紅白、総合司会に黒柳徹子さん 「戦後70年の節目」,朝日新聞,2015年11月26日
  70. ^ [13],日刊スポーツ,2015年10月31日
  71. ^ a b c 紅白司会不在 本来なら井上真央、土屋太鳳が浮上するものだが… 大穴は松坂慶子?”. ZAKZAK. 産経デジタル (2015年9月10日). 2015年11月1日閲覧。
  72. ^ [14],スポーツニッポン,2015年1月6日
  73. ^ 嵐「紅白」ラスト司会 5年連続は密約だった,東スポWeb,2014年10月12日
  74. ^ 『週刊女性』2015年10月13日号
  75. ^ 嵐、ジャニーズカウントダウン司会に決定 相葉「本当にうれしい」 オリコン 2015年11月9日
  76. ^ [15],日刊スポーツ
  77. ^ タモリ、紅白司会断る NHK関係者「白紙に…」”. 産経ニュース (2015年10月19日). 2015年10月19日閲覧。
  78. ^ “タモリ紅白司会説を総局長が否定”. デイリースポーツ. (2015年10月21日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/10/21/0008500541.shtml 2015年11月1日閲覧。 
  79. ^ http://jisin.jp/serial/エンタメ/エンタメ/22306 女性自身
  80. ^ 『週刊文春』2015年11月5日号
  81. ^ [16][17],週刊女性,2015年10月13日号
  82. ^ [18],東スポWeb,2016年1月14日
  83. ^ a b c d SMAP紅白司会ゴリ押し「事実ない」,デイリースポーツ,2016年1月21日
  84. ^ [19],ZAKZAK,2015年10月31日
  85. ^ おはよう朝日です 2015年11月13日放送回,goo
  86. ^ [20],東スポWeb,2015年7月22日
  87. ^ [21],ZAKZAK,2015年9月25日
  88. ^ [22],デイリースポーツ,2015年1月1日
  89. ^ [23],映画.com,2015年1月8日
  90. ^
  91. ^ [24]
  92. ^ 特別企画「アニメ紅白」|第66回NHK紅白歌合戦
  93. ^ 小林幸子:紅白に4年ぶり復帰 ラスボス化を高く評価「新たな小林幸子を…」,毎日新聞,2015年11月26日
  94. ^ 巨大衣装で出る!小林幸子「私らしさを最大限、出したい」,サンケイスポーツ,2015年11月27日
  95. ^ “ラスボス”小林幸子 豪華衣装復活へ,デイリースポーツ,2015年11月27日
  96. ^ 嵐、「スター・ウォーズ」の世界へ!|第66回NHK紅白歌合戦
  97. ^ NHK紅白歌合戦 (@nhk_kouhaku) の2015年12月15日のツイート
  98. ^ 紅白宣伝部”. 日本放送協会. 2015年12月7日閲覧。
  99. ^ 第66回NHK紅白歌合戦 【8Kライブパブリックビューイングを実施】 (PDF)”. 日本放送協会. 2015年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月3日閲覧。
  100. ^ ネットで楽しむ!「紅白歌合戦」|第66回NHK紅白歌合戦
  101. ^ 「紅白」視聴率 後半39・2%…4回目大台割れ 2部制以降歴代最低 スポニチアネックス 2016年1月2日閲覧。
  102. ^ 紅白 2部視聴率は過去最低39・2% デイリースポーツ 2016年1月2日閲覧。
  103. ^ 2015年 年間高世帯視聴率番組30(関東地区) ビデオリサーチ 2016年1月9日閲覧。
  104. ^ 「紅白」歌手別最高はAKB48→EXILE 43.4% スポニチアネックス 2016年1月4日閲覧。
  105. ^ NHK紅白「(史上最低の)視聴率は間違いじゃないか?」籾井会長が自画自賛 産経新聞 2016年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]

スマートフォン専用アプリケーション