母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(ははをなくしたとき、ぼくはいこつをたべたいとおもった。)は、宮川サトシによる日本自伝漫画新潮社ウェブコミック配信サイトくらげバンチ』にて、2013年12月20日から2014年7月11日まで連載。全16話。

2015年に舞台化され[1]2019年には実写映画化された[2]

作者ががん告知された母と過ごした最期の日々、亡くなってからの日々が実体験で綴られており[3]、男3人兄弟の中でも特に末っ子の自分と仲の良かった母が癌で亡くなり火葬場で骨になったときの心境を作品タイトルとしている[4]。作者自身も大学時代に白血病で闘病生活を送っており、その時にたくさん心配をかけ、明るく励ましてくれた母に代わって今度は自分が母を救おうと闘病の母に寄り添った2年間を描いている[5]。病気が原因で就職の内定も辞退し、大学卒業後は実家暮らしで学習塾で働きながら漫画家を目指していたが、母の死後、背中を押されるように上京し漫画家となる[4]。本作は母の亡くなった1年後に記録用に描いていたものだが、ウェブで公開したところ500万回以上の閲覧数を記録した[6]

書誌情報[編集]

舞台[編集]

2015年6月3日-6月7日にかけて仙行寺本堂にて上演[1]

映画[編集]

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
監督 大森立嗣
脚本 大森立嗣
原作 宮川サトシ
『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
製作 小林智浩
川﨑岳
製作総指揮 加藤和夫
出演者 安田顕
松下奈緒
村上淳
石橋蓮司
倍賞美津子
音楽 大友良英
主題歌 BEGIN「君の歌はワルツ」
撮影 槇憲治
編集 早野亮
制作会社 レスパスビジョン
製作会社 「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2019年2月22日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3881万円[7]
テンプレートを表示

2019年2月22日公開。監督は大森立嗣、主演は安田顕[2]。撮影は原作者の地元である岐阜県で行われた[8]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “宮川さとし「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」舞台化決定”. コミックナタリー. (2015年3月20日). https://natalie.mu/comic/news/141412 2019年2月6日閲覧。 
  2. ^ a b “安田顕主演「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」家族愛に満ちた写真到着”. 東京新聞. (2019年1月11日). https://natalie.mu/eiga/news/315654 2018年11月19日閲覧。 
  3. ^ “映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』母が遺した“愛のかたち”に涙する感動の実話”. Fashion Press. (2019年1月11日). https://www.fashion-press.net/news/46392 2019年2月6日閲覧。 
  4. ^ a b “漫画家 宮川サトシさん コンビのようだった母 亡くなってからもエネルギーくれる”. 岐阜新聞web. (2019年2月4日). https://sukusuku.tokyo-np.co.jp/oyako/8588/ 2019年2月6日閲覧。 
  5. ^ “【編集者のおすすめ】『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』”. 産経ニュース. (2019年1月5日). https://www.sankei.com/life/news/190105/lif1901050018-n1.html 2019年2月6日閲覧。 
  6. ^ “池田で映画化記念の原画パネル展 岐阜出身の漫画家宮川さん”. 中日新聞. (2019年2月1日). http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20190201/CK2019020102000027.html 2019年2月6日閲覧。 
  7. ^ 『キネマ旬報』2020年3月下旬特別号 66頁。
  8. ^ “ロケ地大垣で「里帰り上映」 「母を亡くした時...」試写会”. 岐阜新聞web. (2019年2月4日). https://www.gifu-np.co.jp/news/20190204/20190204-111314.html 2019年2月6日閲覧。 
  9. ^ “BEGIN 映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の主題歌に決定!”. PR TIMES. (2018年11月19日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000267.000022498.html 2019年2月6日閲覧。 

外部リンク[編集]