おにぎりあたためますか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おにぎりあたためますか
ジャンル バラエティ番組
放送時間 水曜 0:15 - 0:45(火曜深夜)(30分)
放送期間 2003年3月26日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 北海道テレビ
プロデューサー 川村真智子
出演者 大泉洋
戸次重幸
佐藤麻美
オクラホマ
森崎博之
(不定期出演)
字幕 文字多重放送
オープニング 「Teens」 / The Floor
外部リンク HTB公式サイト

特記事項:
HTBのみ不定期で再放送あり。
テンプレートを表示

おにぎりあたためますか』は、2003年(平成15年)3月26日から北海道テレビ放送で放送されている深夜バラエティ番組

番組の名前は、北海道のコンビニおにぎりを買うとレジで聞かれる「おにぎりは温めますか?」という言葉に由来している。通称は「おにぎり」や「おにあた」など。

放送内容[編集]

「視聴者参加型コンビニバラエティー」としてスタート。当初は北海道内のローソンで発売する期間限定商品を、視聴者からの要望をきっかけとして、出演陣が商品の詳細を試行錯誤しつつ決定し、発売してゆく過程を放送していた。

その後、商品開発のために食べ歩き企画[1]を行ったりしているうちに、いつしか番組は30分おきに数店舗をハシゴして全て完食するような「フードファイト系」の食べ歩きを主とするものへと変化していった[2]

現在では、北海道内だけではなく、日本全国、時に海外にまで足を運ぶ食べ歩きと腹ごなしのための様々なレクリエーション(通称レク)、道中の車内における三人のトーク、そして番組宣伝のために北海道の全市町村にポスターを貼って回る「オクラホマの北海道完全制覇の旅」[3]が番組の主たる構成要素となっている。

現在でも視聴率は10%前後と深夜ローカル番組としては高く推移している。

そもそもの発端は鈴井貴之監督の映画作品『銀のエンゼル』の企画段階でのローソンとの協議の中で構想が持ち上がり、番組がスタートした。この時期を前後してローソンとCREATIVE OFFICE CUEとの親交を深めるようになり、このためローソンが店舗で配布している『月刊ローソンチケット』ではCREATIVE OFFICE CUE関連グッズが漏らさず掲載されている。

HTBの自社制作深夜バラエティ番組では数少ない、HTB社外の制作会社が制作する番組であり、そのためか『水曜どうでしょう』など、他の番組でよく見られる、制作スタッフが前面に登場する機会はほとんどない。さらに番組公式ウェブサイトも、他のHTB自社(社員)制作深夜番組と比べて大変簡素なものとなっており、HTB公式の携帯サイトには、当番組の紹介ページすらない状態だった。後に、携帯サイトは2009年(平成21年)1月に開設、さらにパソコン・携帯に対応した訪問先リストを2009年(平成21年)4月から公開している。

番組開始以来、CMを除く番組全編が画面比率4:3のSD画質の放送であったが、2010年(平成22年)1月13日放送分(第341回)より16:9のハイビジョン制作での放送に移行した。

2013年(平成25年)4月10日放送分より字幕放送[4]を開始した。

放送リスト[編集]

放送局[編集]

スタート当初より長らく北海道ローカルであったが、現在では一部の地上波、CS放送テレ朝チャンネルでも視聴可能となっている。一部の放送局では、『水曜どうでしょう』新作放送のために放送を一時中断するケースがある。

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送開始日 開始回 備考
北海道 北海道テレビ テレビ朝日系列 水曜 0:15 - 0:45(火曜深夜)
土曜 11:15 - 11:45(再放送[10]
制作局
岩手県 岩手朝日テレビ 金曜 1:40 - 2:10(木曜深夜)[11] 2008年7月5日 第151回
秋田県 秋田朝日放送 水曜 0:50 - 1:20(火曜深夜)[12] 2007年10月20日 第211回
山形県 山形テレビ 木曜 0:50 - 1:20(水曜深夜) 2014年10月2日
福島県 福島放送 火曜 1:20 - 1:55(月曜深夜) 2009年10月8日 第151回
群馬県 群馬テレビ 独立協[13] 水曜 23:30 - 翌0:00 2012年7月25日 第151回
神奈川県 テレビ神奈川 木曜 21:00 - 21:30[14] 2013年4月18日[15] 第501回 戸次が2014年7月から9月まで同時間帯の他局テレビドラマにレギュラー出演していたため、2014年7月24日放送分で一旦打ち切りとなったが、2014年10月9日放送分よりレギュラー放送を同時間帯で再開。
長野県 長野朝日放送 テレビ朝日系列 金曜 1:15 - 1:45(木曜深夜)[16] 2010年8月4日 第203回
新潟県 新潟テレビ21 水曜 1:25 - 1:55(火曜深夜)[17] 2013年4月6日[15] 第501回
石川県 北陸朝日放送 木曜 1:35 - 1:55(水曜深夜)[18] 2008年10月11日 第151回
三重県 三重テレビ放送 独立協 金曜 14:30 - 15:00 2016年10月
兵庫県 サンテレビ 火曜 2:00 - 2:30(月曜深夜)[19] 2008年10月2日 第273回
京都府 KBS京都 水曜 22:00 - 22:30[20] 2011年4月6日 第365回
広島県 広島ホームテレビ テレビ朝日系列 火曜 1:15 - 1:45(月曜深夜)[21] 2010年7月14日
山口県 山口朝日放送 月曜 1:15 - 1:45(日曜深夜) 2009年10月25日 2013年4月21日までは木曜 1:15 - 1:45(水曜深夜)。2016年9月までは、日曜 1:42 - 2:12(土曜深夜)に放送していた。
香川県・岡山県 瀬戸内海放送 日曜 1:15 - 1:45(土曜深夜) 2012年3月4日[22] 第156回
愛媛県 愛媛朝日テレビ 土曜 1:20 - 1:50(金曜深夜)[23] 2009年10月9日 第151回
高知県 テレビ高知 TBS系列 土曜 17:00 - 17:30 2008年10月4日[24] 第261回
山梨県 テレビ山梨 木曜 1:20 - 1:50(水曜深夜) [25]
熊本県 熊本朝日放送 テレビ朝日系列 日曜 1:55 - 2:25(土曜深夜) 2010年1月8日 第151回 2010年1月9日から2014年4月19日までは土曜 1:55 - 2:25(金曜深夜)に放送していた[26]
2014年5月4日から現行時間帯に移動。
鹿児島県 鹿児島放送 木曜 1:15 - 2:15(水曜深夜) 2009年1月29日 第151回 鹿児島編1週目については当時間とは別途土曜12:00から2話分連続での再放送も行った[27][28]
制作局同様、2016年6月30日放送分(2013年4月10日放送)から字幕放送開始。
日本全域 テレ朝チャンネル CS放送 金曜 23:30 - 翌0:00
日曜 1:30 - 2:00(土曜深夜)[29]
2007年5月23日 第151回
アメリカ
カリフォルニア州
UTB KSCIデジタル
18.2チャンネル
ロサンゼルス近郊)
土曜 20:30 - 21:00 2009年4月 英題「Hungry Hoppers」 英語字幕入り放送
台湾 緯來日本台 ケーブルテレビ 土曜 18:00 - 19:00[30] 2008年10月31日

過去のネット局[編集]

  • 九州朝日放送(テレビ朝日系列)(2008年8月5日 - 2010年1月6日)
  • とちぎテレビ(独立協)(2009年1月20日 - 2010年3月23日)
  • 静岡朝日テレビ(テレビ朝日系列)(2009年4月4日 - 2015年9月29日)
  • 新潟テレビ21(テレビ朝日系列)(2010年8月25日から9月22日に「新潟・北長野の旅」を放送、2012年12月27日・28日に「全国制覇2周目の旅 新潟編」全5回を集中放送)
  • テレビ埼玉(独立協)(2010年9月に特別編成で「全国制覇2週目の旅 埼玉編」全5回を放送)
  • テレビ神奈川(独立協)(2011年1月に「全国制覇2週目の旅 三重編」、2011年12月から2012年1月にかけて「全国制覇2週目の旅 北海道編」、2012年12月3日から7日に「全国制覇2週目の旅 神奈川編」と24日から28日に「全国制覇2週目の旅 新潟編」を特別編成で放送)[31]
  • テレビ宮崎フジテレビ系列日本テレビ系列、テレビ朝日系列)(2015年3月 - 2015年4月にかけて1年前の「宮崎」の回を火曜 1:26 - 2:26〈月曜深夜〉に放送)
  • Hello!Japan(シンガポール ケーブルテレビ「StarHub英語版」)(2013年2月25日 - 2015年)

ネット配信[編集]

2006年12月よりインプレスTVにて有料配信を開始。2008年9月の同サービス休止に伴い、同月より北海道テレビが運営する新サイト「HTB on Broadband “南平岸 ユメミル広場”」にて有料配信を行う[32]。2009年7月1日には、動画配信サイトVienaでもストリーミング方式による有料配信を開始、月額見放題制も導入されていた。その後、2009年9月末をもって「HTB on Broadband “南平岸 ユメミル広場”」は終了、動画配信サイトViena内の「HTB “南平岸 ユメミル広場”」も2009年11月27日でサービスを終了した。

2012年4月2日より「HTB 北海道 on デマンド」[1]で配信を開始。最新回も放送の10日後には視聴できるようになっている。

携帯電話向け配信[編集]

2013年2月20日よりビデオマーケットで携帯電話3キャリア(iモード/EZweb/Yahoo!ケータイ)とスマートフォン(Android/iOS)向けに配信を開始した[33]

オクラホマのコーナー[編集]

オクラホマのバイト日記[編集]

  • 放送開始から約1年間、オクラホマが実際にローソンでアルバイトを体験(アルバイトとしての給料がそのまま出演料となっていた)してもらい、バイト先での体験談を写真日記として公開する企画。バイト先は札幌市厚別区内に実在する店舗であることが後日公開された。また、番組の企画として大泉・戸次重幸もその店舗でアルバイトを行っている。
  • 企画終了後、オクラホマは「ローソンエージェント」に任命され、商品開発に参加することになった。ただし、ローソンエージェントとして登場したのは2回だけで、番組がグルメ紹介に比重を移す中で活躍の場を失い、半年以上も番組に出演しないという事態になった。
  • オクラホマの番組レギュラー昇格を掛けて、おにぎり班を笑わせる「オクラホマ爆笑ツアー」を行ったが、「お粗末な内容」であったため、最後のチャンスとして北海道完全制覇の旅がスタートした。

番組宣伝活動・北海道完全制覇の旅!![編集]

特別企画7日間2500km過酷な旅オクラホマJAPANツアー2008DRIVELIVE[編集]

  • 7日間2500kmを走破する過酷な旅
  • 全国8会場にてお笑いライブを行い番組DVDを販売!
  • 目標は300枚→800枚(16箱)
  • このコーナーはスペシャルゲストも登場する
    • 仙台(1月29日) 48枚→50枚(ニードル2枚お買い上げ)
    • 東京(1月30日) 110枚
    • 名古屋(1月31日) 38枚→40枚(ロコモコボンゴ2枚お買い上げ)
    • 大阪(2月1日) 56枚
    • 広島(2月2日) 37枚→40枚(ボールボーイ、女性マネージャー3枚お買い上げ)
    • 高松(2月3日) 56枚→60枚(インティキマジシャンテルシタさん4枚お買い上げ)
    • 福岡(2月4日) 50枚
    • 札幌(2月10日) 68枚
    • 合計 474枚(9箱と24枚)
  • スペシャルゲスト

オクラホマご当地キャラばん[編集]

  • 6代目島竹蔵斗ディレクターが就任。
  • 2015年3月24日 - 2016年7月19日実施。視聴者から寄せられた道内各地の面白い特技・趣味・仕事をする人の情報をもとにオクラホマが候補者の元へ取材に向かい「ご当地キャラ」に認定するかを判断し、認定すればおにぎりあたためますかの番組宣伝の約束をしてもらう。

オクラホマ北海道GPSアートの旅[編集]

  • スマートフォンアプリ「RunGraph」を用いて、GPSで位置を記録しながら移動しその軌跡で絵を描く「GPSアート」で北海道の地図上に絵を描く企画。2016年7月19日開始。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • ゼネラルプロデューサー - 佐藤浩章
  • プロデューサー - 川村真智子(以前はアシスタントプロデューサー)
    • 初代、第3代プロデューサー - 林亮一
    • 第2代プロデューサー - 四宮康雅
    • 第4代プロデューサー - 斉木基
    • 第5代プロデューサー - 沼田博光
  • アシスタントプロデューサー - 大畑隼介
  • 企画構成 - 鈴井貴之
  • チーフディレクター - 田中光弘
  • 演出 - 平岡鉄也→高階信人→藤本大典
  • ディレクター - 田中光弘→森島和宏→佐々木陽平→東原伸吾→米山太→島竹蔵斗
  • 制作進行 - 張田満(以前はアシスタントディレクター)→(不在)
  • 撮影 - 新宮英生 (SWITCH)
  • 音声 - 辻村謙太郎→小林圭
  • MIX - 江藤一也
  • ED - 宮内美保→松木裕之
  • MA - 本谷周一
  • 協力 - ローソン
  • 制作協力 - CREATIVE OFFICE CUE / SUNTANA
  • ナレーション - ふるさとたかし[37]

テーマ曲[編集]

オープニング[編集]

現行オープニング「wonder trip」 / smarttail

  1. Monkey Magic」 / ゴダイゴ
  2. 「考えすぎても始まんねぇ」 / 月光グリーン
  3. 「wonder trip」 / smarttail

エンディング[編集]

現行エンディングENDINGテーマ曲 - 「Maybe〜どうでもいいの〜」/ Softly

  1. 「カーブの向こうに」 / 三角堂
  2. 「AFTER THE RAIN」 / THE UNCOLOURED
  3. 「SMILE」 / THE UNCOLOURED
  4. 「起きないあいつ」 / FAN TAN feat. The Uncoloured
  5. 「クローバー」 / smarttail
  6. 「フェンス」 / 伊禮麻乃
  7. 「モノローグ」 / raison d'etre
  8. 「MY PACE」 / SERVICE ACE
  9. 「ミンミン泣けよ」 / THE GOOD TERMS
  10. 「アストロノーツ」 / raison d'etre
  11. 「ユメミルチカラ」 / OILMAN
  12. 「自滅回路」 / raison d'etre
  13. ひまわり」 / 福原美穂
  14. 「I Can't Never Grow Up」 / SERVICE ACE
  15. 「Sugar Tune」 / REVOLVER AHOSTAR
  16. LET IT OUT」 / 福原美穂
  17. 「些細な季節」 / REVOLVER AHOSTAR
  18. 「インターネットローカルニュース」 / mondaysick
  19. 「雨の日」 / mondaysick
  20. 「風が止んだら」 / mondaysick
  21. 「Tell me what you want」 / Rihwa
  22. 「折れない十字架」 / mondaysick
  23. 「blink」 / REVOLVER AHOSTAR
  24. 「ハナレバナレ」 / LEF-T
  25. 「パノラマ」 / SNARE COVER
  26. 「もう一度笑って」/ サトウヨシアキ
  27. 「THE NEW ERA」/ NOISEMAKER
  28. 「線」/ ブレエメン
  29. 「Dancefloor」/ サトウヨシアキ
  30. 「夢が叶えられる街では」/ あがた森魚

起きないあいつ[編集]

起きないあいつ
FAN TAN feat. The Uncolouredシングル
B面 起きないあいつ-TUC Starlight Mix-
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ザ・ミュージックカウンシル(CCCD採用)
作詞・作曲 作詞:大泉洋戸次重幸
作曲:The Uncoloured
チャート最高順位
FAN TAN feat. The Uncoloured シングル 年表
本日のスープ(全国盤)
(大泉のみ)

(2004年)
起きないあいつ
(2004年)
テンプレートを表示

この曲を作るきっかけとなったのが、釜山で行われた釜山国際映画祭で、映画『river』の出演者である大泉と戸次、監督で番組構成の鈴井が舞台挨拶に立った時、出演者がサイン攻めにあったことから韓国でもいけると思った大泉が「クリスマスまでにシゲと2人でハングル語で1つ曲を作りたい」と言ったことである(本人はホラを吹いたつもりだった思われる)。

番組プロデューサーが各方面と調整した結果、ソニー・ミュージックエンタテインメントのthe music councilからメジャーデビューすることが決定。作詞が大泉と戸次、作曲・編曲は当時番組エンディングテーマを歌っていたTHE UNCOLOUREDが担当することとなった。また、当初は日本語中国語(北京語)、韓国語の3か国語をする予定であった。

THE UNCOLOUREDからデモ音源が届いてから1週間後に岩見沢のモーテルで作詞を行った。THE UNCOLOUREDのイメージは「卒業」であったが、作詞の2人が描いたコンセプトは「結婚式」であった。そして「起きないあいつ(仮)」が完成する。この時題名はまだ仮名であり、佐藤麻美が題名を考えることとなった。

そして2人のユニット名は当初佐藤麻美が考える予定であったが、「センセーショナルズ」や「イートパワー」などあまりにもセンスがなかったため公募した結果、中国語でおにぎりを表す握団(ファンタン)から「FANTAN」に決まった[38]。FANが大泉(FAN兄さん)、TANが戸次(TAN兄さん)である。曲の題名も結局「起きないあいつ」となった。

そして、レコーディング準備を行うこととなったが、デモ音源は短く歌詞が足りないことが判明。急遽歌詞を足すこととなった。レコーディングは戸次、大泉ともに6時間にも及び、深夜まで作業を行って完成した。ジャケット写真、プロモーションビデオの2人のヴィジュアルイメージは、大泉がレニー・クラヴィッツ、戸次はその対象形というものだった。そして両者とも全身白で固めた。

2004年6月23日にCDリリース。この日にFANTAN電波ジャックを決行。朝5時に集合し、HTB『朝情報 おはよう!遠藤商店』の生放送から『夢チカ18』、『大泉洋のサンサンサンデー』、『イチオシ!』、『R』と出演した。そしてオリコンの順位が発表され、オリコン初登場第7位を記録。そして、台湾のケーブルテレビ番組「北海道アワー(HTB制作)」のエンディングテーマとなった。

FANTANのイベントデビューは『CUE DREAM JAM-BOREE 2004』。初日では大泉が歌詞を間違えるという大ミスを犯す。大泉は上海国際映画祭に行ったため、単独で上海のCDショップでプロモーションを行う。

そして台湾デビューを迎え、台湾では外国人アーティストとしてデビュー、プロモーションを行った。CDショップでのプロモーションは20名であったが、当初の目標であったアジアデビューを達成した。

そして、これまでの活動の軌跡と「起きないあいつ」のアコースティックバージョンを収録したDVD「ありがとうFANTAN、さようならFANTAN」をリリースし、FANTANは活動を停止。今後の活動は不明であるものの、2014年に開催された『CUE DREAM JAM-BOREE 2014』にて10年ぶりの新曲である「出ていったあいつ」を披露している。

2人が所属するTEAM-NACSの番組ハナタレナックスにて森崎博之音尾琢真によるパロディユニット、「おむすび」が結成されたこともあった。ハナタレナックスの番組企画で「起きないあいつ」の替え歌「何していたい」のプロモーションビデオを全篇オーストラリアロケで制作。こちらは正式なリリースはされず番組のプレゼントとなった。

DVD[編集]

  • ありがとうFANTAN、さようならFANTAN(2005年1月19日発売)
  • 豚一家 関東の旅(2008年1月29日発売)
    • 2003年から2007年にかけて全国を食べ歩いた本番組の放送を、時系列ではなく、「関東」という地域でくくって再構成したディレクターズカット版。予約特典は、佐藤麻美監修「おにぎりつつんでますかバンダナ」。
    • 収録内容:東京レトロツアー、北関東の旅、麺食いの旅、埼玉癒しの旅、北関東制覇の旅、神奈川の旅、特典映像(大泉洋伝説・北海道編、オクラホマ北海道完全制覇の旅)
  • 愛知・静岡の旅(2012年9月25日発売)
  • 香川の旅(2013年2月26日発売)
  • 札幌の旅(2013年7月30日発売)
  • 長崎・佐賀の旅(2014年2月11日発売)
  • 京都・兵庫の旅(2014年7月22日発売)
  • 豚一家 故郷の旅(2015年3月3日発売)
  • 北陸の旅(2015年9月29日発売)
  • 大阪の旅(2016年5月31日発売予定)

Blu-ray[編集]

  • 愛知・静岡の旅(2012年9月25日発売)
  • 香川の旅(2013年2月26日発売)
  • 札幌の旅(2013年7月30日発売)
  • 長崎・佐賀の旅(2014年2月11日発売)
  • 京都・兵庫の旅(2014年7月22日発売)
  • 豚一家 故郷の旅(2015年3月3日発売)
  • 北陸の旅(2015年9月29日発売)
  • 大阪の旅(2016年5月31日発売予定)

関連書籍[編集]

  • おにぎりあたためますか 北海道ロードマップ(北海道テレビ放送)
    • 2005年11月22日放送分までに訪れた北海道内の店舗107店を網羅している。
    • HTBオンラインショップ並びにHTBグッズ取扱店限定発売。
  • 豚一家のおにぎりあたためますかロードマップ 札幌〜旭川国道12号線編
    • 上記のロードマップを作る前段階の企画として国道12号線をターゲットに取材を行う。
    • 札幌から旭川の国道12号線沿いのローソンにおいて限定無料配布された。

関連グッズ[編集]

  • おともにぴったり おセット
    • 佐藤麻美が監修した竹素材の箸。「おにぎり」にちなんで、断面が三角形になっているのが特徴。

その他[編集]

おにぎりあたためますかについて[編集]

北海道に限らず、おにぎりをあたためて食べる習慣がある地域として、九州・沖縄の各県が挙げられる(ただし、九州全県ではない)。その理由は定かではないが、ほとんどといって良いほど、九州・沖縄のコンビニでは「おにぎりあたためますか」と聞かれる。ただし、おにぎりの種類によって、あたためるか聞くもの、聞かないものがあるので、必ず聞かれるわけでもない。また、京都ロケ後に多くの葉書が届き、多くの地域で「おにぎりあたためますか」と聞かれることが判明した。[39]

番組ロゴについて[編集]

おにぎりの形をしたロゴの左下にある検収印の「001234」という数字は、鈴井貴之が考案したオ(0)オ(0)イ(1)ズ(2)ミ(3)ヨウ(4)の語呂合わせであるということが「夏の三重&滋賀の旅」の車内で語られた。オープニングのタイトルコールは大泉が英語っぽく言ったものであるということも同時に語られた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ そのため出演者三人をまとめてしばしば「食べる部」「豚一家」などと呼称されることがある。
  2. ^ スタート当初に比べて大泉と戸次のスケジュールがほとんど空かなくなってしまい、初期のように商品開発だけをするという時間を取れなくなったというのが大きな要因である。実際1回ロケをした次のロケが1か月後ということはざらで、最大103日間ロケを行わなかったという記録もある(2009年(平成21年)4月1日放送分より)
  3. ^ 特別バージョンとして戸次重幸、佐藤麻美もチャレンジした
  4. ^ 字幕の色は大泉の声は黄色、戸次の声は水色、オクラホマと森崎の声は緑色、佐藤・室岡・高橋の声は桃色、その他の声は白に編集をする。
  5. ^ 大泉は風邪のため欠席したが、テレビ電話で自宅から出演した。収録後の検査結果で風邪ではなく食中毒であったと判明した事が、奈良編の第1夜にて語られている。
  6. ^ 第7夜で北海道完全制覇の旅が終了(後述)したのに伴い、この2週は放送時間全て本編で構成されている。
  7. ^ この舞台「趣味の部屋」の稽古場を大泉と佐藤が訪問した部分が北海道の本放送でのみ放送されたが、権利上の都合により配信や道外の放送では未放送の車内・店内トークに差し替えられている。
  8. ^ 佐藤がHTB局内で負傷したため欠席。テレビ電話で出演した。
  9. ^ 2009年の本公演の大阪〜福岡の公演地移動を兼ねた「豚一家もスプリング・ハズ・カム」では大阪公演の会場から直接移動していたが、この旅は新潟公演の千秋楽終演後に大泉と戸次が大阪に移動して収録が開始されている。
  10. ^ 当初は他の番組の再放送や単発番組が組まれる場合もあるため、本番組の再放送は実質不定期に行われていたが、現在は毎週再放送を行っている。
  11. ^ 2014年3月までは土曜 1:20 - 1:50(金曜深夜)に放送。2014年4月から現在の時間帯へ移動。
  12. ^ ネット開始当初は4週月の場合は第3・4土曜(金曜深夜)に、5週月の場合は第1・4・5土曜(金曜深夜)に放送していた。2009年4月28日から火曜 0:45 - 1:15(月曜深夜)に放送枠を移動、毎週放送となる。水曜 1:15 - 1:45(火曜深夜)を経て2014年4月2日より現時間帯へ移動。
  13. ^ 日本民間放送連盟 放送関連データテレビネットワーク
  14. ^ 2014年1月から3月までは金曜 1:00 - 1:30(木曜深夜)。
  15. ^ a b レギュラー放送の開始日。過去に単発放送は行なっている(「#過去のネット局」参照)。
  16. ^ 以前は水曜 1:15 - 1:45(火曜深夜)。2013年4月5日から現在の放送時間に。
  17. ^ 2016年9月までは最終週を除く土曜 1:25 - 1:55(金曜深夜)に放送していた(最終週は『朝まで生テレビ!』を放送の為、休止)。2016年10月より火曜の同時間帯に移動した為、前述の影響は受けなくなった。
  18. ^ 当初の放送時間は土曜 10:15 - 10:45。2009年6月25日から『水曜どうでしょうClassic』の後番組として、木曜 1:20 - 1:50(水曜深夜)に変更。2013年4月4日から現在の放送時間に。
  19. ^ 当初の放送時間は木曜 21:30 - 22:00。2012年4月から土曜 22:30 - 23:00、10月から土曜 22:00 - 22:30、2013年4月から水曜 22:30 - 23:00、2014年4月から月曜 20:54 - 21:24に変更。10月から現在の放送時間に。
  20. ^ 当初の放送時間は毎週水曜23:00 - 23:30(『水曜どうでしょうClassic』の後番組、2012年9月26日まで)。2012年10月7日 - 2013年7月7日までは毎週日曜22:00 - 22:30(7月7日は同時間帯に有頂天家族がスタートする為21:30 - 22:00に変更)。その後3ヶ月間休止していたが2013年10月3日に毎週木曜 22:00 - 22:30で放送再開(2015年3月26日まで)。2015年4月1日より現在の放送時間に変更された。
  21. ^ 当初の放送時間は木曜 1:15 - 1:45(水曜深夜)。2011年4月5日より現在の放送時間に。その後別番組等の放送で度々一時休止があり、2014年10月に再開し現在は約1年のネット遅れになっている。
  22. ^ 『水曜どうでしょうClassic』の後番組として放送。『水曜どうでしょう』の新バージョンが作成される度に『水曜どうでしょう』を放送するために休止する。
  23. ^ 当初の放送時間は火曜 0:20 - 0:50(月曜深夜)。その後、土曜日の15:55 - 16:30へ枠移動。2011年4月12日より火曜 0:50 - 1:20(月曜深夜)へ移動。『水曜どうでしょう』とのコンプレックス形式で放送されていたが、2012年10月6日より現時間帯へ移動。
  24. ^ 2011年3月21日に一旦打ち切りとなるが、同年7月2日から放送を再開。
  25. ^ 『水曜どうでしょうClassic』の後番組として放送。
  26. ^ 『朝まで生テレビ!』放送週は休止。
  27. ^ ただし、途中で本放送に追いついた後は水曜深夜が実質再放送となっていた。
  28. ^ 2008年5月27日放送分については、初回放送では通常通り放送されたが再放送では車内での出演者の発言を一部カットした上で再放送した。
  29. ^ 以前は木曜 22:30 - 23:00と木曜 0:00 - 0:25(水曜深夜)に放送。2013年4月から現在の放送時間に。
  30. ^ 2回分放送。
  31. ^ 基本的には『sakusaku(の所謂「屋根の上」時代)』が年末年始に放送休止となる際の代替番組として放送されていた。2014年は「水曜どうでしょうClassic」の「サイコロ特集」を放送している。
  32. ^ 著作権の都合上、BGMを差し替えている。また、九州朝日放送では期間途中からネット配信版を放送に使用し、2008年後半の放送分からは通常放送版を使用している。
  33. ^ “ビデオマーケットが「HTB北海道onデマンド」と連動開始、見逃し配信も”. ITPro (日経BP). (2013年2月20日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130220/457501/ 2013年4月8日閲覧。 
  34. ^ 藤尾が離島の礼文島で資金が底をつき、フェリー代捻出のためのアルバイトをさせてくれる場所が全く無く、企画続行不可能になりかけた事がありその事も影響していると思われる。
  35. ^ 卒業後、張田は当番組の制作も手がける札幌のテレビ制作会社 サンタナで「森崎博之のあぐり王国北海道」のディレクターを務めている
  36. ^ 2014年6月まではHTBアナウンサーとして出演。同年7月に人事異動により編成部所属となったが、番組には引き続き出演。
  37. ^ ゆるぅ~い日記 - ふるさとたかし公式ブログ
  38. ^ 漢字表記は誤りであり、正しくは「飯団(饭团)」である。
  39. ^ なお近年では「あたためておいしい」と最初から温めるのを前提としているコンビニおにぎりも登場している。

外部リンク[編集]