モザイクな夜V3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モザイクな夜
mosaic nights
HTB-Sapporo-hq-01.jpg
主に当番組の収録が行われた
北海道テレビ放送本社(札幌市豊平区
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 北海道テレビ放送
プロデューサー 土井巧
出演者 森田政仁
鈴井貴之
ほか
オープニング 坂本九ステキなタイミング
モザイクな夜
放送時間 月曜日 - 木曜日 24:50 - 25:20(30分)
放送期間 1993年10月4日 - 1995年6月29日
モザイクな夜V3
放送時間 月曜日 - 木曜日 24:50 - 25:20(30分)
放送期間 1995年7月3日 - 1996年9月30日
テンプレートを表示

モザイクな夜』(モザイクなよる・mosaic nights)は、北海道テレビ放送(HTB)で放送されていた深夜バラエティ番組1993年10月4日から1996年9月30日まで、月曜日から木曜日までの週4日間放送されていた帯番組であった。

1995年7月3日からは『モザイクな夜V3』(モザイクなよる ブイスリー)と改題。タイトルは『仮面ライダーV3』を模して“V3”を付け足した番組名になった。

概要[編集]

初回は直前の番組『トゥナイト』を休止して23:55からの拡大版として放送が開始された。

元々担当スタッフが5 - 6人と非常に少数だった上(ちなみに藤村忠寿はそれまで東京の編成業務部に在籍していたため、制作部に移籍後初めて制作したのがこの番組であった)、録画放送の帯番組という常に何らかの映像を撮影して提出しなければいけない厳しい制作環境にあったスタッフ陣は企画に頭を悩ませ、「とにかく思いつく事は何でも」しなければ制作に間に合わない程で、ほぼ撮って出しの状態でオンエアされることもしばしばだった[1]

この番組で「元気くん」としてテレビデビューを果たした大泉洋[2][3]、番組出演を親に告げていなかった。しかし、親戚が集まった際、親戚の一人が「元気君、元気君」と呼んだことを不審に思った両親に追及され、無断出演が発覚してしまったという。

ちなみに初代元気くんは、当時OOPARTSに所属していた俳優の田中護。上京のために降板することとなり(番組中では亡くなったという設定)、大泉はその2代目である。「面白い大学生がいる」と大泉を杉山順一ディレクターに紹介した伊藤亜由美鈴井貴之の元妻)自身もタレントの伊東亜由美として出演。藤村Dともコンビで出演したこともある[4]

番組後期に作られた『古畑任三郎』のパロディコント「占畑任三郎」は、後に『水曜どうでしょう』において顔を揃えるメンバー(鈴井貴之大泉洋藤村忠寿嬉野雅道)が初めて一緒に仕事を行った作品である。鈴井は占畑任三郎(田村正和役で脚本も担当)、大泉は今泉(西村雅彦役)、嬉野は警官役のエキストラとしてそれぞれ出演し、音効は工藤、演出は藤村が担当していた[5]

プロ野球中継延長時は放送時間が繰り下がることがあり、その際番組冒頭や後続番組の放送開始予定時刻に「野球中継延長のため予定の番組は○分繰り下げて放送します」というテロップが局送出されていた。

番組初期はビーインググループ、後期はエイベックス・グループのアーティストの楽曲がエンディングに流れることが多かった。

番組終了後、鈴井・大泉・藤村D・嬉野D・土井Pは後番組である『水曜どうでしょう』へ、杉山D・多田Dは情報番組を担当後、『鈴井の巣』→『ドラバラ鈴井の巣』の制作を担当、清水Dは退社してコスタリカへ移住。6年後の『水曜どうでしょう』におけるコスタリカでのロケでは現地の案内人として登場した。

現在では再放送される機会はほとんどなく、DVD化もされていない。 数少ない例外として、「ドラバラ鈴井の巣」の「山田家の人々」において、「大泉洋が元気くんとしてテレビ初出演したシーン」が(一瞬のみであるが)挿入されており、当該回のDVDにも収録されている[6]

主な出演者[編集]

『雅楽戦隊ホワイトストーンズ』の出演者は当該項目を参照

主なコーナー[編集]

  • 占畑任三郎(1996年3月20日・出演:鈴井貴之・大泉洋(「大泉元気」名義で出演)・嬉野雅道)
  • 男と男のショート・ストーリー
  • Barモザイク(森田政仁・鈴井貴之)
  • ドキュメント・プラモデル
  • 黄金の仏像を探せ!
  • ザ・スプーク(テレビ朝日系列の報道番組『ザ・スクープ』のパロディ)
  • 大スターの電話出演(藤村が地声でスターになりきってデタラメに話をする)
  • 人間将棋(札幌市街地が碁盤目状となっていることに着目し、全身タイツに将棋の駒を背負った森崎博之安田顕が駒の動きに合わせて札幌市街を走り回る)
  • おはよう元気くん(森田政仁・鈴井貴之・大泉洋などによる早朝情報番組のパロディ)
  • テレビショッピング(おはよう元気くんの1コーナー。鈴井がテレビショッピング風に大人のオモチャなどを大真面目に紹介する。画面の2/3ほどは常にモザイクであった)
  • 裏ゴイス(鈴井貴之・北川久仁子によるAIR-G'のラジオ番組『GO・I・S』のテレビ版)
  • アーティストインタビュー
  • 雅楽戦隊ホワイトストーンズ

など多数

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 番組スタッフからのメッセージ(段落11辺りから)”. 水曜どうでしょう. 北海道テレビ放送. 2014年10月2日閲覧。
  2. ^ NACS年表”. TEAM NACS Official Site. CREATIVE OFFICE QUE. 2014年10月2日閲覧。
  3. ^ 大泉洋 下積み時代のススキノの思い出を語る”. Ameba News [アメーバニュース]. アメーバブログ (2011年9月9日). 2014年10月16日閲覧。
  4. ^ 番組スタッフからのメッセージ(文末)”. 水曜どうでしょう. 北海道テレビ放送. 2014年10月2日閲覧。
  5. ^ 当時、「古畑任三郎」が高視聴率を取っていた。の下り”. 水曜どうでしょう. 北海道テレビ放送. 2014年10月2日閲覧。
  6. ^ 大泉曰く、元気くんの映像は北海道外で放映することにNGを出しているという。

参考サイト[編集]

外部リンク[編集]

『モザイクな夜』について書かれている北海道テレビのページ