WARRIOR〜唄い続ける侍ロマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『WARRIOR~唄い続ける侍ロマン』(ウォリアー〜うたいつづけるさむらいロマン)は、2012年に行われた、演劇ユニットTEAM NACS舞台作品で、TEAM NACSのニッポン公演[1]。TEAM NACSの第14回公演に相当する。脚本は宇田学、原案・演出は森崎博之[1]

概要[編集]

2009年の『TEAM NACS 第13回公演「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」』から3年振りの本公演である[2]2005年の『TEAM NACS全国公演「COMPOSER〜響き続ける旋律の調べ」』から「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」までは2年間隔で本公演を行っていたが、今回からは3年間隔で本公演を行っている[3]。また、これまでの本公演では全て脚本・演出をTEAM NACSのメンバーが担当していたが、本公演では初めて脚本家を外部が担当した[4]。また、2007年の『TEAM NACS ふるさと公演「HONOR~守り続けた痛みと共に」』以来、5年ぶりに森崎博之が演出を務めた。

戦国時代を舞台に国の危機を乗り越えるために奮戦したの運命を描いた、時代劇[5]。時代劇は2004年の『TEAM NACS第10回公演「LOOSER〜失い続けてしまうアルバム〜」』以来となる。今回の舞台では、殺陣に初挑戦する[6]

全59公演で70,000人を動員した[7]

その後、WOWOWで独占放送された[2]。また、2012年12月21日DVDが、2019年3月20日Blu-rayが、それぞれアミューズソフトエンタテインメントよりリリースされた[8]

あらすじ[編集]

永禄3年5月19日今川義元織田信長の治める尾張国桶狭間にに攻め入っていた。今川軍の明智光秀は織田軍の奇襲を警戒するも、義元は奇襲はありないと油断していた。だが、織田軍の豊臣秀吉は今川軍本陣の場所を見つけ、柴田勝家ら織田軍は今川軍を奇襲する。徳川家康は命がけで織田軍から義元を護っていた[8]

公演日程[編集]

出演[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b HISTORY(過去の公演) | TEAM NACS Official web site” (日本語). TEAM NACS Official site. 2021年1月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g TEAM NACS ニッポン公演「WARRIOR~唄い続ける侍ロマン」” (日本語). WOWOW. 2021年1月16日閲覧。
  3. ^ 価格.com - 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ ~スペシャル 大泉洋・TEAM NACSの真相~」2018年3月23日(金)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2021年1月16日閲覧。
  4. ^ 大泉洋らTEAM NACS、何度も解散の危機はあった…結成16年、彼らの素顔!|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2021年1月16日閲覧。
  5. ^ 大泉洋、「TEAM NACS」の舞台稽古で武将姿を披露 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2021年1月16日閲覧。
  6. ^ 価格.com - 「ZIP!」2012年6月1日(金)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2021年1月16日閲覧。
  7. ^ HISTORY(過去の公演) | TEAM NACS Official web site” (日本語). TEAM NACS Official site. 2021年1月16日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t TEAM NACS ニッポン公演 WARRIOR ~唄い続ける侍ロマン” (日本語). アミューズソフト公式サイト. 2021年1月13日閲覧。
  9. ^ a b 最新公演情報│TEAM NACS Official Site”. web.archive.org (2013年3月12日). 2021年1月16日閲覧。
  10. ^ 最新公演情報│TEAM NACS Official Site”. web.archive.org (2013年3月12日). 2021年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]