山本幡男

この記事は良質な記事に選ばれています
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やまもと はたお
山本 幡男
Yamamoto Hatao 1.jpg
1941年当時
生誕 (1908-09-10) 1908年9月10日[1]
島根県隠岐郡西ノ島町[1]
死没 (1954-08-25) 1954年8月25日(45歳没)[2]
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ハバロフスク[2]
死因喉頭癌性肉腫[3]
墓地ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ハバロフスク 日本人墓地[4]
記念碑島根県隠岐郡西ノ島町 山本幡男顕彰之碑[5]
国籍日本の旗 日本
出身校東京外国語学校(中退)[1]
影響を与えたもの辺見じゅん[6]
配偶者[7]
子供4人[8][9]
補足

山本 幡男(やまもと はたお、1908年明治41年〉9月10日[1] - 1954年昭和29年〉8月25日[2])は、第二次世界大戦終結後に旧ソビエト連邦によるシベリア抑留を経験した日本人の一人。日本への帰国が絶望的な状況下において、強制収容所ラーゲリ)内の日本人俘虜たちに日本の文化と帰国への希望を広め、一同の精神的支柱になり続けた。自身は帰国の夢が叶わず収容所内で病死したが、死の間際に家族宛ての遺書を遺しており、同志たちがその文面を暗記することで日本の遺族へ届けたことでも知られる。島根県隠岐郡西ノ島町出身[1]

経歴[編集]

シベリア抑留までの経緯[編集]

旧制東京外国語学校(後の東京外国語大学)でロシア語を学んだが、在学中に社会主義に没頭して左翼運動に参加していたことから、1928年(昭和3年)の三・一五事件の際に逮捕され退学処分となった。そのまま復学もしていないため、卒業はしていない[1]。1933年(昭和8年)に結婚し[7]、4人の子供をもうけた[8]

1936年(昭和11年)に満州にわたり、南満州鉄道内の調査機関である大連市満鉄調査部に入社した[1]。入社時の成績は、ロシア人の試験官が舌を巻くほどであった[10]。ロシア語の語学をはじめとする実力を発揮し、『北東アジアの諸民族』(中央公論社)などソ連の社会、経済、軍事などに関する書を執筆して高い評価を受けた[1]

山本幡男とその家族(1941年)

第二次世界大戦末期の1944年(昭和19年)、召集令状により二等兵として入営した[11]。ロシア語に長けることから1945年(昭和20年)にハルビン特務機関に配属された[11][12]

第二次世界大戦での日本の降伏後にソ連に抑留され、スヴェルドロフスク収容所へ入れられた。満鉄調査部での北方調査やハルビン特務機関で山本はソ連の新聞や雑誌の翻訳を行っていたが、これらの活動がソ連に対するスパイ行為と見なされ、戦犯としてソ連の国内法(刑法第58条第6項)により重労働25年の刑を下された[13][14]。山本は軍人としては一兵卒であったが、この刑期は軍の司令官や大将にも匹敵する[15]。これほどの重い刑となったのは、ソ連のスパイとなることを強要された山本がそれを断ったため[16]、または戦争の影響で正式な裁判が行われなかったため[17]、との説もある。以後、冬には零下数十度となる厳しい気候、粗末な食事をはじめとする劣悪な環境のもと、長年にわたって重労働を強いられることとなった[18]

収容所での文化活動[編集]

1946年(昭和21年)末、収容所内の俘虜たち数人に呼びかけ、日本文化についての勉強会(後に学習会、同志会と改名)を始めた。折しも収容所内では帰国を諦める俘虜たちが現れ始めており、帰国への希望を呼び戻すことが目的であった。ここで山本は『万葉集』や仏教を題材とする知識の豊かさで一同を驚かせ、わかりやすい話術で一同を楽しませた[19]

その後も山本はソ連国内の監獄や収容所をたらい回しにされた末、1949年(昭和24年)にハバロフスク市内の強制労働収容所へ移された。ここで山本はそれまでの経歴から「前職者」(民主主義反対派)と見なされ、強烈な吊るし上げに遭った[20]。翌1950年(昭和25年)に俘虜たちの帰国が始まったが、山本を含め戦犯とされた者たちは帰国を許されなかった[21]。このことは彼らの帰国への希望を失わせるのに十分であり、山本も一度は絶望しかけていた[22]。しかし彼は自らを支えて希望を抱き続けようと誓い、日本や日本語を忘れないよう、以前から好んでいた短歌俳句を詠うようになった[23]

やがて山本は、それらの俳句や随筆をまとめた同人文芸誌『文芸』を製作し、仲間内で密かに回覧を始めた。作業用のセメント袋を切って鉛筆で書いて綴じた粗末なものであったが[24]、日本を詠った俳句、無念のうちに収容所で死んでいった仲間たちへの想い、辛い日常の中で見つけたささやかな感動、過酷な環境下でも保ち続けている山本の人間性と感受性が皆の心を打った[25][26]。『文芸』は人から人へと回覧され、次第に皆に帰国への希望を呼び起こした[25]。俘虜たちが日本語に飢えていたこともあり、回覧から戻って来る頃には手垢で汚れて紙面がボロボロになっているほどだった[27]。後に俳句を好む者たちと共に句会の開催を始めた(後述)。

収容所側が俘虜たちの操縦の手段として文化部の設置を決定すると、山本はその部長に任命され、壁新聞作りに精力的に取り組んで国際情勢を皆に伝えた。後に収容所の文化部部長に任命された際は、俘虜たちに与えられた娯楽として月に1、2度開催された映画鑑賞会で同時通訳を務め、巧みな話術で皆からの笑い声を呼んだ[28]。山本に触発された仲間の一人が同人誌を始めると山本は装幀作業、挿絵や詩、小説の寄稿などで協力した[29]

1951年(昭和26年)以降に演劇好きの俘虜たちが劇団を旗揚げすると山本は脚本担当の一人となり、ソ連側を刺激しないような脚色で、それでいて独特のユニークな脚本で観客の喝采を浴びた[30]。上演に際してソ連側が脚本の検閲を行う際には、ロシア語の弁舌を振るって上演の承諾を得た[30]。また同様に収容所の娯楽として好まれた草野球では、学生時代の野球部のスコア係の経験を活かしてアナウンサー役を引き受け、当意即妙なアナウンスで皆を沸かせ、試合の盛り上げに一役買った[31]

アムール句会[編集]

アムール川(ハバロフスク地方)

ハバロフスク強制労働収容所の第21分所へ移された後の1950年、山本は俘虜数人で集まって俳句を作り合うようになった[26][32]。後にこの集まりは句会として、作業場から見えるアムール川にちなんで「アムール句会」と名付けられた[26]

当初は収容所内の片隅で雑談を装って催し、地面に棒で[14]、または凍土に釘で字を刻むのみであった[33]。やがて人数が増えるにつれて、作業用のセメント袋を切って短冊を作り、ブタの毛[34]、ウマの尾の毛、ロープをほぐしたもので筆を作り、ストーブの灰や煤煙を水に溶かして墨汁の代用とし、といった具合に体裁が整えられた[24][35]

俳句のみならず、山本は日本の古典落語、さらにはカントヘーゲルといったドイツ哲学者について語るなどの博識さで、一同を楽しませた[26]。前述の演劇などもしばしば俳句の題材となった[30]。文化部の設置後は、アムール句会は文化部の一環となり、俳句は食堂の壁に貼り出され、山本が添えた赴きのある寸評もあいまって、俳句とは縁のない俘虜たちにも好評を得た[32]

収容所内では戦後数年を経ても日本軍の上下関係が幅をきかせていたが、山本はこれを最も嫌い、アムール句会では皆の呼び名を俳号で通した。このためにアムール句会は階級も肩書きも関係ない穏やかな集いとなり、日本軍の元上官から下級兵、民間人にいたるまで様々な人々が集まった[36][37]

俘虜たちはアムール句会では重労働の辛さを忘れることができ、普段の収容所の厳しい雰囲気が嘘のような別世界であった。その上、苦境の中でも自然を愛する余裕すら生まれ[38]、労働中も次の句会で発表する俳句を考える楽しみが生まれるなど、一同は次第に句会の楽しさにのめり込んだ[35]。帰国への希望を失いそうになる俘虜を山本は常に励まし、これにより自殺を思い留まる者もいた[16]

1952年(昭和27年)には俘虜たちの何人かが脱走を試みたことで収容所の監視体制が強化され、様々な文化活動や同好会も禁止された上、アムール句会も解散を命じられたが、それでも一同は収容所内の片隅に集まり、密かに句会を催し続けた[39]。開催数は200回以上にのぼり[32]、最終的には収容者最後の帰国の船内まで開催され続けた[40]

病魔〜最期[編集]

1953年(昭和28年)5月、山本は喉の痛みを訴え、収容所内の病院に入院[41]。もともと体が丈夫でなかったことに加え、収容所の悪環境や栄養失調が祟り、病状は悪化の一途を辿った[42][43]。翌1954年2月に設備の整ったハバロフスク市内の中央病院へ転院するが、喉頭癌性肉腫、それも末期のがんで手遅れと診断され、翌日には収容所へ戻された[3]

同1954年7月、病状が既に絶望的となった頃に仲間たちに勧められ、日本の母、妻子に宛てて遺書を書き残した。翌月の8月25日、収容所内の病室で、45歳で死去した。仲間たちは作業中の時間帯だったため、誰にも看取られることのない孤独な最期であった[2]

没後[編集]

遺書[編集]

山本を慕う仲間たちは、帰国への希望を与えてくれた彼への恩返しとして、彼の遺書を日本の遺族のもとへ届けることを熱望した[38]。しかし収容所では、日本語を書き残すことはスパイ容疑と見なされており、ほぼ不可能であった。帰国時に隠し持っていても所持品検査で発見されれば収容所へ逆戻りとなり、帰国の希望は完全に断たれてしまう[44]。事実、帰国の機会を得たにも関わらず、隠し持っていた日本語の書物を没収されて収容所に逆戻りした者や[45]、新たに10年の刑が加重された者[46]、重労働25年の刑を受けた者もいた[47]。山本自身もそれを理解していたと見えて、全文を暗記して日本の家族のもとに伝えるよう、仲間たち宛てに遺書に書き添えられていた[45][48]

告別式の後、アムール句会の出席者を始めとして、山本と親しい者、信頼のおける者、体力のある者、記憶力に長ける者、計6人が分担して、遺書を暗記することになった[46][49]。一同はそれぞれ、遺書の一部を紙片に書き写して隠し持ち、作業中に監視の目を盗みつつその文面を暗唱して頭に叩きこむ方法をとった[50][51]。作業後も貴重な睡眠時間を削って暗記に費やし、その記憶を遺書の写しと照合しながら、山本からの依頼通り、一字一句洩らさない完璧な暗記を目指した[50][52]。帰国は何年先、何十年先になるかもわからない、気の遠くなる作業であった[51]

1955年(昭和30年)には、俘虜たちが初めて団結して収容所側に対抗する「ハバロフスク事件[53]」が勃発。俘虜たちはハンガー・ストライキを決行したが、空腹で頭の動きが虚ろになる中でも、山本の遺書の暗記担当者たちは遺書の内容を復唱していた[54]。同年に日本宛てに山本の死を報せる電報が送られ、日本に残された妻である山本モジミのもとに届けられた[55]

1956年(昭和31年)4月頃には、ハバロフスク事件を経て収容所内の環境がかなり改善されたが、同事件の影響で俘虜たちは明らかに衰弱し、記憶力も低下。日本語を言い間違えることも多くなった[56]。極寒の環境下での重労働と栄養失調も記憶力の低下に拍車をかけ、故郷や家族の名を忘れる者も続出[50]。さらに遺書の暗記担当者の何人かは、隠し持っていた遺書の写しが発見されて没収され、暗記内容の照合も不可能となったが、それでもなお彼らは自らの記憶力と戦い続けていた[50]。日本では戦後の復興が進み、すでに「もはや戦後ではない」が流行語となった時代であった[57]

そして山本の死から2年以上後、終戦から11年目にあたる同年12月に日ソ共同宣言が発効され、シベリア抑留者の最後の帰国が実現した[58]。日本を目指す引き揚げ船の興安丸の船内で、7年以上続いたアムール句会の最後の句会が開かれた[40]

1957年(昭和32年)1月、遺書の暗記担当者の1人が、当時埼玉県在住であった山本モジミのもとを訪ね、暗記をもとに代筆により再現した遺書の一部を届けた。これによりモジミは、遺書にまつわる一連の経緯を知ることになった。これを皮切りに同年のうちに計6人が、ある者は直接モジミのもとを訪ね、ある者は郵送や小包で、復元した遺書を届けた。山本が収容所で作った俳句や詩も、合せて彼らによりモジミに届けられた[55]

1961年(昭和36年)、戦後初のシベリア墓参に、モジミは代表者の1人として山本の遺書を携えて参加。初めての夫の墓参りで、仲間たちに託された遺書が無事に自分のもとに届いていることを報告した[59][60]。そして山本の死から30年以上経った1987年(昭和62年)夏、最後の遺書がモジミのもとに郵送された。奇しくも山本の三十三回忌の盆に当たる日であった[61]

暗記以外でも届けられた遺書[編集]

山本の遺書は暗記で日本へ届けられたというエピソードがしばしば紹介されるが、実際には暗記以外の手段も用いられている。一例として暗記担当者のうちの何人かは帰国時、遺書の写しを衣服に隠して身に付けたり、遺書の写しを丸めたものに糸を巻きつけて糸巻に偽装して所持品検査をやり過ごすなどして、収容所へ逆戻りになることを覚悟で日本へ持ち帰ることに成功している[62][63]

また、1955年に社会党訪ソ団7名がハバロフスクの収容所を訪れた際、俘虜の1人が山本の遺書の写しを、訪ソ団員の1人である当時の衆議院議員戸叶里子に託しており、戸叶は帰国の翌日に山本モジミにこれを届けた[64]。暗記担当者の中に戸叶に接した者はおらず、山本は遺書を確実に日本へ届けるためにあらゆる手段をとったと見られている[64]。この事実は、山本を綴ったことで知られる後述の書籍『収容所から来た遺書』では伏せられているために知名度が低いものの[60]、その原典である『ラーゲリからの遺書配達人』(『文藝春秋』掲載)には述べられており[64]、山本の次男である山本厚生の著書『ひと裁ち折りと山本厚生の世界[60]』、フジテレビのテレビ番組『奇跡体験!アンビリバボー[57]』で山本が取り上げられた際にも触れられている。また当時の『朝日新聞[65]』『毎日新聞[66][67]』でも報道されており[60]、暗記担当者の1人は帰国直後、先に帰国したシベリア抑留の同志から、すでに遺書が日本へ届いていることを聞かされたという[68]。それでも収容所での苦境の中、遺書を暗記することが彼らの生きる支えとなっていたことは確かである[57][58][69]

建造物[編集]

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顕彰碑の画像提供をお願いします。2019年8月
西ノ島ふるさと館

後述する『収容所から来た遺書』で山本の逸話が広く知られるようになった後、1998年(平成10年)に故郷である島根県西ノ島町に「山本幡男を顕彰する会」が結成され、人間愛の物語と平和の大切さの語り継ぎを始めた[5]2000年(平成12年)には同会により、西ノ島町の国賀海岸に山本の顕彰碑が建立された。この碑はシベリアに向けて建てられており、山本の詠んだ詩や経歴などが刻まれている[5][70]

また西ノ島の展示館「西ノ島ふるさと館」には「山本幡男資料室」が設けられ、山本に関する資料[71]、山本の遺書[72]、山本家の寄贈による遺品[73]、山本が故郷の隠岐を想って作った詩の全文などが展示されている[74]

評価[編集]

人物評[編集]

後述の『収容所から来た遺書』の著者であるノンフィクション作家の辺見じゅんは、歴史年表にその名が乗るような人物よりも、無名の庶民こそが真の勇気の持ち主にして学ぶべき英知の持ち主であり、山本をその典型例としている[38]

非力もかえりみず偉大なる凡人の生涯、それもシベリアの地で逝った一人の男の肖像を描きたいと思ったのは、その不屈の精神と生命力に感動したからに他ならない。過酷な状況に置かれてもなお人間らしく生きるとはどういうことかを、取材しながら教えられた思いでいっぱいである。 — 辺見じゅん「三十三年目に届いた遺書」、辺見 1992, p. 268より引用
山本幡男という、一般にはまったく無名であった一人の日本人。彼は、シベリアの収容所生活という逆境にあっても、自らの信念を最後までつらぬいた。その姿の中にこそ、歴史に学ぶ「逆境に打ち克つ」知恵が見てとれる。 — 辺見じゅん「収容所から来た遺書」、辺見 2009, p. 144より引用

収容所という地獄の中に、山本さんは「文化の力」を持ち込み、その力と自らの「人格の力」によって、絶望を希望に変えたのである。

(中略)

山本さんがシベリアの収容所で成した人知れぬ偉業は、「文化の力」の素晴らしさを私たちに改めて教えてくれる。 — 辺見じゅん「絶望を希望に変える『文化の力』」、辺見 2009, p. 146より引用
私たちも逆境に置かれ、「もうだめだ」と思うことがたびたびあります。山本さんは、いつも「人生っていうのは生きているだけで楽しいことがあるんだよ」ってことを言うんですね。私は読んでいて、とても力づけてもらえた。収容所は悲惨なのに、山本さんという人物のいるところにだけはボーッと明かりが灯っている。そして、私たちはどんなに辛いときがあっても、生きるんだ、しかも人間らしく生きていけるのだという希望を与えてくれる。そこがすばらしいと思うのです。 — 辺見じゅん「アムール句会」、鈴木編 1991, p. 162より引用

『収容所から来た遺書』が大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した際に選考委員を務めたノンフィクション作家の柳田邦男は、過酷なシベリア抑留の中でも気高く精神性豊かに生き抜こうとした人物として山本を評価している[75]

山本と同じ収容所にいた元俘虜たちのうち、アムール句会に出席して山本と接した者たちは、句会を通じて山本から教わったことや彼の人間性などについて、以下のように語っている。

山本さんが私たちに教えてくれたのは、俳句だけではありません。どんなに辛い境遇に置かれても、大切なのは人間としていかに誠実に生きるかということでした。 — 「シベリア抑留と収容所での山本幡男」、三枝 1998, p. 247より引用
収容所という、人間性が閉ざされる逆境の中でも、山本さんは「どんなにつらいことがあっても、生きて帰るという希望を持ちつづけることがたいせつなんだ。死にたいと思ったらおしまいなんだ」と教えてくれました。私は、逆境を耐え抜く力を山本さんから学ばせてもらいました。 — 「絶望を希望に変える『文化の力』」、辺見 2009, p. 146より引用
山本さんは不思議な人だったな。体も弱く、釘一本打てないような不器用な人なのに、よく収容所を転々として生きのびてきたと思う。不思議な強さと甘さをもった人でした。 — 「ろんろんという海也の音」、辺見 1990, p. 342より引用

またアムール句会の別の者は山本との交流の楽しさについて、以下の通り語っている。

刑をもらってからの六年間のほうが、ずっと楽しかったですね。どうかすると日本に帰ってからの生活より、向こうの方がかえってこの世ではありえないようなユートピアみたいなものがありました。 — 「ラーゲリに死す」、桜井 2005, p. 186より引用

同じくアムール句会の別の者は、帰国後に年齢を経てからの再就職、シベリア抑留経験者への心無い差別で多くの苦難を経験したにもかかわらず、山本の存在によってそれらを乗り越えたことを語っている。

どんなにつらいことがあっても、シベリアでの日々を思えば耐えられました。それもまた、山本さんが私たちにくれた「力」なのです。 — 「絶望を希望に変える『文化の力』」、辺見 2009, p. 146より引用

山本は博識な上に温厚な性格により収容所では厚い人望を得[76]、多くの人々に慕われた。その人間性を語るエピソードとして、強制収容所の俘虜が収容所外の病院に入院することは本来は規則で禁じられていたが[77]、それにもかかわらず山本が入院後にハバロフスク市内の中央病院へ転院できたのは、仲間たちの度重なる請願によるものである[78]。また末期がんで手遅れと診断された後も、仲間たちは帰国の日まで山本の命を繋ごうと、非合法で入手した鶏卵牛乳など栄養のある食料、さらに日本から自分たち宛てに慰問品として届けられた貴重な日本食を山本へ差し入れ、厳しい作業の合間を縫って看病を続けたという[79][80]

句会・俳句[編集]

辺見じゅんは、俳句には春夏秋冬の季語があり、春は故郷の山や川などの景色、夏は蛍狩りや盆祭りなどで日本の肉親たちを連想することから、日本語を忘れず、帰国への希望を失わない手段として山本が俳句を用いたことを評価している[34][81]。また辺見が出席者たちに取材したところによれば、アムール句会は単なる娯楽というよりも生きる希望そのものであり、帰国への希望に直結していたという[38]

前述の柳田邦男は、山本の作った俳句や詩について以下の通り評価している。

山本の句や詩には、いのちの叫びとでも言うべき凄みがある。プロの俳人でも詩人でもなかったが、やはり限界状況の中で生き抜こうとしている人間、いつも死を意識しながら生き抜こうとしている人間から湧き出してくる言葉は血のしたたるような臭いがまつわりついている。 — 柳田邦男「海なりの詩を掬って」、柳田 2013, p. 116より引用

また柳田は、詩歌という韻を持つ言語表現による自己確認が、同志たちとの相互確認の営みとあいまいって、劣悪な環境下での限界条件において、俘虜たちが生きようとする力と希望を持ち続けたことの源泉となったとも語っている[82]

毎日新聞社大阪本社論説委員である渡辺悟は、厳寒のシベリアの環境下で日本の子供たちを想う山本の句を引き、ギリギリのユーモアに俳句の力、人間の力が凝縮されていると評価している[33]

アムール句会の出席者の1人は山本に、歌人・前田夕暮の代表歌「木に花咲き君わが妻とならむ日の四月なかなか遠くもあるかな」を勧められ、これを暗唱するうちに帰国後に結婚式を挙げようと決心し、実際に帰国後に結婚に至っている[76]

遺書の評価[編集]

文面については#外部リンクを参照[48]

山本の遺した遺書は、死の間際に視力も薄れ[52]、寝返りも打てないほどの激痛の最中、わずか1日で書いたにもかかわらず、ノート15ページ、約4500字に及ぶ長文であった[83][84]。衰弱の中で最後の力を振り絞ってそれほどの長文を書きあげた山本に、仲間たちは執念を感じた[44]。また仲間たちは遺書の内容に、シベリアで空しく死んでいったすべての人たちの想いが籠められていると感じ[44]、山本個人の遺書であると同時に自分たちの遺書でもあり[12]、収容所で死んだ日本人全員が祖国のすべての日本人たちに宛てた遺書として受け取った[45][52]

辺見じゅんは、『収容所から来た遺書』執筆のきっかけとなった遺書について、以下のように感想を語っている。

後になって知ったことだが、字数にして約四千五百字、それも癌で亡くなる一ヵ月半前に一晩で書かれたものだった。驚嘆すべき生命力であり、これを書かねば死ぬに死ねないといった一人の男の凄まじい執念の結晶だった気がする。

(中略)

その遺書の一通ずつに私は引き込まれた。老いた母親に先立ってゆく不孝を詫びる息子としての切々とした思い。妻のモジミさんに子等を託す夫としての信頼と感謝にみちた遺書。それらに胸が熱くなったが、何よりも心を動かされたのは、四人の子供たちに宛てられた遺書だった。ああ、これは山本さんの子供たちに宛てた遺書というだけでなく、私たち日本人の全てに向けられた遺書であり、力強いメッセージではなかろうかとさえ思った。 — 辺見じゅん「山本幡男の遺書との出会い」、辺見 1990, pp. 339–340より引用

その子供たちのうちの1人、長男の山本顕一(立教大学名誉教授)は、大学生当時に遺書を読んだときの感想をこう述べている。

こんなに大きなものを受け取って、むしろ困った。これに応えなければ、とこれまで生きてきた。

(中略)

私がすべきことを皆、辺見さんがしてくださった。辺見さんが父の遺書を見つけたのは、父の言葉が世に知られることを欲していたからではないか。 — 山本顕一、「夕鶴 辺見じゅんの足跡」、読売新聞 2013, p. 31より引用

美術家の太田三郎は、兵庫県の西宮市大谷記念美術館で回顧展「2000-2001 太田三郎」開催時、山本の遺書を書き写した作品『最後に勝つものはまごころである』を出展しており、同展で最も反響を呼んだ作品がこれであった[85]。「最後に〜」は山本が遺書において、子供たちに宛てた箇所の1節だが、太田はこれを何度も書き間違えそうになったことから、遺書を暗記した者たちの凄まじい気力を実感するとともに、命がけで暗記する価値のある文章だと理解したという[85]

著作[編集]

  • 『東部シベリア地方自然地理概觀』南満州鉄道、1936年9月。 NCID BA3387963X (共著)
  • 『露文英文滿洲支那財政金融關係資料邦譯目録』南満州鉄道、1937年4月。 NCID BA41913755 (共著)
  • 『ソ聯邦諸民族の分布状態』南満州鉄道、1937年4月。 NCID BN09811303 
  • 『北東アジアの諸民族』中央公論社〈東亞新書〉、1941年8月。 NCID BN06084359 

関連作品[編集]

書籍[編集]

  • ダモイ 遥かに
    • 2008年(平成20年)に発行された小説[86]。著者は同じく辺見じゅん。『収容所から来た遺書』執筆時はシベリアの取材許可が得られなかったが、その後の世界情勢の変化により現地取材が叶ったことで、『収容所から来た遺書』に新たな取材内容を加味して[89]、小説仕立てとして発行された[86][90]。小学校高学年以上の読者を対象としているため、山本の手紙は現代かなづかいに改められ、ふりがなも多く振られている[90]

漫画[編集]

テレビ[編集]

  • 『遥かなるダモイ 収容所(ラーゲリ)から来た遺書』
    • 辺見の『収容所から来た遺書』をもとにしたドキュメンタリー番組。テレビ西日本の取組による「戦争と平和シリーズ」の一つであり[93]、シリーズ前作に続いて女優の藤村志保がナレーターを務めた[94]。『収容所から来た遺書』をもとに構成された内容に加えて、山本モジミが30年ぶりに冬のシベリアを訪れ、2度目の夫の墓参りをする場面も収められている[94]。テレビ西日本で1990年(平成2年)に放映され、同年度の文化庁芸術作品賞を受賞した[76][95]

これらの他、2002年(平成14年)の『知ってるつもり?![105][106]』(日本テレビ放送網)、2015年(平成27年)の『news every.[107]』(同)、2013年(平成25年)の『奇跡体験!アンビリバボー[57]』(フジテレビジョン)などのテレビ番組でも、山本幡男が取り上げられた。

舞台[編集]

  • 『妻よ母よ子供等よ!』
    • 辺見の『収容所から来た遺書』をもとにした劇団東演の舞台作品。劇作家のふじたあさやにより、遺書を届ける友人と受け取る妻の2人芝居に脚色されている[108]。1994年(平成6年)に東京都下北沢の劇場である東演パラータで上演され[108][109]、大きな反響を呼んだ[110]。翌1995年(平成7年)には終戦50年として、三重県四日市市で上演された[110]
  • 『ダモイ〜収容所(ラーゲリ)から来た遺書〜』
    • 同じく『収容所から来た遺書』をもとにした舞台作品[111][112]。芸能プロダクションのトム・プロジェクトのプロデュースによる戦後60周年記念作品[113]。2004年(平成16年)に初演[114]。2006年(平成18年)には山本の郷里である島根県隠岐の誘致により、隠岐の島町の隠岐島文化会館で上演された[115]。山本幡男役は平田満[111][112]、後に下条アトム[116]。この作品などの上演により、トム・プロジェクトは2008年(平成20年)に、紀伊国屋書店主催による第43回紀伊国屋演劇賞の団体賞を受賞した[117][118]

映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 辺見 1992, pp. 59–62
  2. ^ a b c d 辺見 1992, pp. 238–239
  3. ^ a b 辺見 1992, pp. 205–206
  4. ^ 辺見 1992, p. 240
  5. ^ a b c 「シベリアで収容所生活 仲間励まし… 西ノ島出身・山本さんの顕彰碑建つ」『読売新聞読売新聞社、2000年8月29日、大阪朝刊。
  6. ^ a b 「夕鶴 辺見じゅんの足跡 記憶の「遺書」に光」『読売新聞』、2013年10月31日、東京朝刊、31面。
  7. ^ a b 辺見 1992, p. 230
  8. ^ a b 辺見 1992, p. 115
  9. ^ 辺見 1992, p. 115
  10. ^ 野中正孝編著 『東京外国語学校史 外国語を学んだ人たち』不二出版、2008年11月10日、1553頁。ISBN 978-4-8350-5767-5 
  11. ^ a b 辺見 1992, pp. 138–141
  12. ^ a b 辺見編 1987, pp. 451–452
  13. ^ a b c 辺見 1987, pp. 348–349
  14. ^ a b 辺見 2009, pp. 144–145
  15. ^ 鈴木編 1991, p. 157
  16. ^ a b 三枝 1998, pp. 245–247
  17. ^ 黒田 1990, pp. 236–237
  18. ^ 三枝 1998, pp. 151–153
  19. ^ 辺見 1992, pp. 25–29
  20. ^ 辺見 1992, pp. 45–47
  21. ^ 辺見 1992, pp. 76–78
  22. ^ 三枝 1998, pp. 165–167
  23. ^ 三枝 1998, p. 174-175
  24. ^ a b 三枝 1998, p. 176-177
  25. ^ a b 三枝 1998, p. 179-181
  26. ^ a b c d 辺見 1992, pp. 81–87
  27. ^ 辺見 1992, p. 121
  28. ^ 辺見 1992, pp. 102–105
  29. ^ 辺見 1992, p. 116
  30. ^ a b c 辺見 1992, pp. 126–130
  31. ^ 辺見 1992, pp. 130–132
  32. ^ a b c 辺見 1987, pp. 352–354
  33. ^ a b 渡辺悟「俳句の力」『毎日新聞毎日新聞社、2006年9月3日、大阪朝刊、2面。
  34. ^ a b 黒田 1990, pp. 240–241
  35. ^ a b 辺見 1992, pp. 87–88
  36. ^ 辺見 1992, p. 96
  37. ^ 三枝 1998, pp. 197–198
  38. ^ a b c d 辺見 2009, pp. 146–147
  39. ^ 辺見 1992, pp. 152–157
  40. ^ a b 辺見 1992, pp. 269–272
  41. ^ 辺見 1992, p. 176
  42. ^ 三枝 1998, p. 207
  43. ^ 辺見 1992, p. 189
  44. ^ a b c 三枝 1998, pp. 230–235
  45. ^ a b c 辺見 1992, pp. 242–243
  46. ^ a b 三枝 1998, pp. 243–246
  47. ^ 梯久美子 『百年の手紙 日本人が遺したことば』岩波書店岩波新書〉、2013年1月22日、232頁。ISBN 978-4-00-431408-0 
  48. ^ a b 遺書”. 山本顕一のホームページへようこそ!. 2015年8月25日閲覧。
  49. ^ 「終戦から12年後の1957年、埼玉県の山本モジミさん宅を見知らぬ男性が訪れた…」『西日本新聞西日本新聞社、2020年3月30日、朝刊、1面。
  50. ^ a b c d 三枝 1998, pp. 232–235
  51. ^ a b 辺見 1992, pp. 246–248
  52. ^ a b c 立川 1990, pp. 170–174
  53. ^ 中村紀雄. “今見るシベリア矯正抑留の真実”. 群馬県議会議員 中村紀雄. 2015年8月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月25日閲覧。
  54. ^ 辺見 1992, pp. 256–260
  55. ^ a b 辺見 1992, pp. 277–280
  56. ^ 辺見 1992, pp. 260–263
  57. ^ a b c d 収容所から来た遺書”. 奇跡体験!アンビリバボー. フジテレビジョン (2013年8月). 2013年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月25日閲覧。
  58. ^ a b 辺見 1992, pp. 263–268
  59. ^ 辺見じゅん 『レクイエム・太平洋戦争 愛しき命のかたみに』PHP研究所、1994年10月、152-153頁。ISBN 978-4-569-54499-1 
  60. ^ a b c d 山本 2012, pp. 62–64
  61. ^ a b 辺見 1992, pp. 285–287
  62. ^ 辺見 1987, pp. 367–368
  63. ^ 渡部昇一他 『13歳からの道徳教科書』育鵬社、2012年2月10日、52頁。ISBN 978-4-594-06552-2 
  64. ^ a b c 辺見 1987, pp. 364–367
  65. ^ 「ソ連抑留者の遺品など還る 議員団に抱かれて」『朝日新聞朝日新聞社、1995年10月8日、朝刊、7面。
  66. ^ 「妻子慕いて綴る涙の遺書」『毎日新聞』、1955年10月7日、夕刊、3面。
  67. ^ 「夫の便り、父の遺品 待ちわびた留守家族へ」『毎日新聞』、1995年10月8日、朝刊、7面。
  68. ^ 辺見 1987, p. 368
  69. ^ 河野通和 (2011). "「骨を洗う」人". 考える人 (Mailing list). 2015年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月25日閲覧
  70. ^ 西ノ島コース”. 隠岐世界ジオパーク. 2015年8月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月25日閲覧。
  71. ^ okikanの投稿(486306408131202) - Facebook
  72. ^ 西ノ島ふるさと館”. 西ノ島観光協会 (2020年). 2020年8月31日閲覧。
  73. ^ 辺見 2008, p. 240
  74. ^ まちあるきマップ 西ノ島 大山 (PDF)”. 西ノ島観光協会. p. 1 (2016年3月). 2021年10月22日閲覧。
  75. ^ 柳田 2013, p. 116
  76. ^ a b c 桜井 2005, pp. 183–189
  77. ^ 辺見 1992, p. 190
  78. ^ 山本 2012, p. 61
  79. ^ 辺見 1992, pp. 217–218
  80. ^ 三枝 1998, p. 215
  81. ^ 辺見じゅん「日本人の美学 アムール句会」『文藝春秋』第84巻第10号、文藝春秋、2006年8月15日、 55頁、 NCID AN00278208
  82. ^ 柳田邦男他「第21回 大宅壮一ノンフィクション賞発表」『文藝春秋』第68巻第6号、1990年5月1日、 p331-332。
  83. ^ 辺見 1992, p. 223
  84. ^ 辺見 1992, p. 233
  85. ^ a b 太田三郎「アートフロンティア・美術 最後に勝つものはまごころである」『山形新聞』山形新聞社、2008年2月23日、7面。
  86. ^ a b c 辺見 2009, pp. 142–143
  87. ^ 黒田 1990, pp. 234–235
  88. ^ 宮下志朗「平成ベスト本 宮下志朗さんが選ぶ 風俗小説 + 私小説 + 新聞小説」『朝日新聞』、2019年5月29日、東京夕刊、3面。
  89. ^ 辺見 2008, pp. 236–237
  90. ^ a b 辺見 2008, pp. 238–239
  91. ^ 三枝 1998, p. 250
  92. ^ a b c “極寒、飢餓、重労働に屈しなかった男たちの物語。 辺見じゅんの大宅賞受賞作を感動コミカライズ。 『ラーゲリ〈収容所から来た遺書〉』が連載開始!” (プレスリリース), 文藝春秋, (2021年8月25日), https://www.atpress.ne.jp/news/272811 2021年8月26日閲覧。 
  93. ^ 「ニューギニア戦に迫る、TNC制作の「螢の木」、全国放送へ」『西日本新聞』、1997年9月16日、夕刊、13面。
  94. ^ a b 「TNCが「遥かなるダモイ」-収容所から来た遺書-制作」『西日本新聞』、1990年5月16日、夕刊、6面。
  95. ^ 昭和61年度(第41回)芸術祭賞授賞一覧 (PDF)”. 文化庁. p. 5. 2015年8月25日閲覧。
  96. ^ a b 「放送文化基金賞決まる」『毎日新聞』、1994年5月26日、東京朝刊、26面。
  97. ^ a b 「ガッツ石松がシベリアの収容所で強制労働?」『週刊文春』第35巻第6号、文藝春秋、1993年2月11日、 208-209頁、 NCID AN10074736
  98. ^ 金曜エンタテイメント 終戦48年特別企画 収容所(ラーゲリ)から来た遺書”. 放送ライブラリー. 放送番組センター. 2021年12月5日閲覧。
  99. ^ 収容所から来た遺書”. テレビドラマデータベース. 2021年12月5日閲覧。
  100. ^ a b 「収容所から来た遺書」『朝日新聞』、1993年8月13日、東京朝刊、24面。
  101. ^ 「「終戦記念日」ドラマ、報道番組が続々 市井の人にスポット「50周年」企画も」『読売新聞』、1994年8月2日、東京夕刊、9面。
  102. ^ 「49回目の終戦記念日 各局“熱い夏の日”を特集」『産経新聞産業経済新聞社、1994年8月6日、東京夕刊、4面。
  103. ^ 「テレビ番組企画選奨に大阪の平岡磨紀子さんが入選」『朝日新聞』、1994年5月26日、東京朝刊、29面。
  104. ^ 麻生千晶「たかが、されどテレビ」『週刊新潮』第38巻第33号、新潮社、1993年9月2日、 98-99頁、 NCID AN1016794X
  105. ^ ライブラリー”. 知ってるつもり?!. 日本テレビ放送網 (2002年). 2015年8月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月25日閲覧。
  106. ^ 横路由美子 (2002年8月9日). “シベリアから聞こえてくるもの”. 由美子エッセイ. 横路孝弘. 2015年8月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月25日閲覧。
  107. ^ テレビ紹介情報”. 価格.com. カカクコム (2015年). 2015年8月25日閲覧。
  108. ^ a b 「「収容所の遺書」を2人芝居で 劇団東演が「妻よ母よ子供等よ!」」『読売新聞』、1994年4月7日、東京夕刊、10面。
  109. ^ 「劇団東演公演「妻よ母よ子供等よ!」」『朝日新聞』、1994年4月1日、東京夕刊、8面。
  110. ^ a b 中島一「妻よ母よ子供等よ! (PDF) 」 『パッション』第3号、四日市市文化協会、1995年6月11日、 2-3頁、2021年12月5日閲覧。
  111. ^ a b 辺見じゅん「私の中の60年 作家「死者の声」真向かう大切さ」『産経新聞』、2005年8月14日、大阪朝刊、3面。
  112. ^ a b 小松原弘人「演劇 シベリア抑留の「ダモイ」7月3日、鳥取・米子市文化ホールで上演」『毎日新聞』、2006年5月26日、地方版 鳥取、22面。
  113. ^ 「平和を問う 戦後60年、演劇は 劇団「やまびこ座」「朗読サークルことのは」」『京都新聞』京都新聞社、2005年2月8日、夕刊、4面。2021年8月2日閲覧。
  114. ^ ダモイ”. トム・プロジェクト (2016年). 2021年12月5日閲覧。
  115. ^ 「いつか国に帰るその日を信じた シベリア抑留の山本さん描く 演劇「ダモイ」島根県」『朝日新聞』、2006年7月3日、大阪地方版 島根、28面。
  116. ^ 「近況往来 シベリア抑留の苦闘描いた「ダモイ」13日に福岡公演 俳優・新納敏正さん」『西日本新聞』、2010年7月9日、朝刊、9面。
  117. ^ 「紀伊国屋演劇賞 個人賞に「海霧」の樫山文枝ら」『北海道新聞北海道新聞社、2008年12月22日、全道夕刊、7面。
  118. ^ 「受賞 トム・プロジェクト団体賞に決まる 紀伊国屋演劇賞」『沖縄タイムス』沖縄タイムス社、2008年12月26日、朝刊、9面。
  119. ^ a b c d 映画『ラーゲリより愛を込めて』公式サイト” (2022年). 2022年6月5日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]