A・RA・SHI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
A・RA・SHI
シングル
初出アルバム『ARASHI No.1〜嵐は嵐を呼ぶ〜
B面 明日に向かって
リリース
規格 8cmCDシングル
録音 1999年
日本の旗 日本
ジャンル ファンク[1]
J-POP
レーベル ポニーキャニオン
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1999年11月度月間2位(オリコン)
  • 1999年度年間23位(オリコン)
  • シングル 年表
    A・RA・SHI
    (1999年)
    SUNRISE日本/HORIZON
    (2000年)
    公式音源
    「A・RA・SHI」 - YouTube
    ミュージックビデオ
    「A・RA・SHI」 - YouTube
    ライブ映像
    「A・RA・SHI」 - YouTube
    テンプレートを表示

    A・RA・SHI』(アラシ)は、のデビューシングル1999年11月3日ポニーキャニオンから発売された。

    概要[編集]

    表題曲の「A・RA・SHI」は、フジテレビ系『バレーボールワールドカップ1999』のイメージソングとして制作された。PVの監督は川村ケンスケが担当した。作詞を手掛けたJ&Tは、ジャニーズ事務所の後輩である菊池風磨の父、菊池常利である。風磨が後にジャニーズ事務所入りした際にはそのことを明かしていなかったために、当時ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川が風磨を叱責したというエピソードもある。

    カップリング曲の「明日に向かって」は、元々ジャニーズJr.の曲であり、嵐結成前の歌番組やVHSの『素顔2』などではメインを滝沢秀明(元タッキー&翼)、渋谷すばる(元関ジャニ∞)が歌っていた。そのバージョンは、ABC系ドラマ『七人のサムライ J家の反乱』で主題歌になっている。また収録されたものも、嵐以外の当時のJr.の声を聴くことが出来る。もともとは「REACH OUT FOR MY DREAM」という曲があったが、お蔵入りした。

    ジャケットの「嵐」の文字は、ジャニー喜多川が書いたものである。

    2019年12月20日に、嵐のシングル曲をリプロダクションする“Reborn”企画の第1弾として、表題曲をリプロダクションした楽曲「A-RA-SHI : Reborn」が配信された。

    チャート成績[編集]

    1999年11月第3週のオリコン週間シングルランキングで初動売上55.7万枚を記録し、1位を獲得した[2]。当時、SPEEDが解散発表直後にリリースした『Long Way Home』を抑えての初登場1位であった。初動売上55.7万枚は、2010年発売の『果てない空』が57.2万枚に更新するまで嵐のシングルの中で一番高かった[3]。また、累計売上の97万3310枚は2020年発売の『カイト』が97万3444枚に更新するまで嵐のシングルの中で一番高かった[4]

    収録曲[編集]

    1. A・RA・SHI
      作詞:J&T
      作曲・編曲:馬飼野康二
    2. 明日に向かって
      作詞:大塚雄三
      作曲・編曲:馬飼野康二
      • 嵐主演 フジテレビ系ドラマ『Vの嵐』挿入歌
    3. A・RA・SHI(オリジナル・カラオケ)
    4. 明日に向かって(オリジナル・カラオケ)

    収録アルバム[編集]

    A-RA-SHI : Reborn[編集]

    A-RA-SHI : Reborn
    の配信限定シングル
    収録アルバムReborn Vol.1
    リリース2019年12月20日
    規格音楽配信
    ジャンルJ-POP
    時間3分25秒
    レーベルJ Storm
    プロデュースErik Lidbom
    チャート順位
    シングル 年表
    Turning Up
    (2019年)
    A-RA-SHI : Reborn
    (2019年)
    Turning Up(R3HAB Remix)
    (2020年)
    ミュージック・ビデオ
    「A-RA-SHI : Reborn」 - YouTube
    公式音源
    「A-RA-SHI : Reborn」 - YouTube

    A-RA-SHI : Reborn」(アラシ ・リボーン)は、の2作目の配信限定シングル。2019年12月20日に配信された。

    概要[編集]

    デビュー21年目に突入したタイミングで始動した、過去の嵐のシングル曲をリプロダクションする"Reborn"企画の第一弾。デビューシングル「A・RA・SHI」をリプロダクションした楽曲となっている。原曲とは異なり、櫻井が新たに書き下ろしたラップ詞が入っている他、ほぼ全編英語詞となっている[9]

    ミュージックビデオは、嵐と同じく2019年に20周年を迎えたアニメ『ONE PIECE』とのコラボ作品となり、2020年1月4日に公開された[10]

    楽曲[編集]

    1. A-RA-SHI : Reborn [3:25]
      Written : J&T, Koji Makaino
      English Lyrics : Andreas Carlsson
      New Rap : Sho Sakurai
      Produced : Erik Lidbom, Andreas Carlsson
      Track Production : Erik Lidbom, Geek Boy Al Swettenham
      Additional Track Production : Geek Boy Al Swettenham
      • 1stシングルのリプロダクション楽曲

    収録作品[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ “嵐の楽曲はどう“面白い”のか? 柴 那典×矢野利裕がその魅力を語り合う”. リアルサウンド (Blueprint). (2015年4月5日). https://realsound.jp/2015/04/post-2921.html 2019年12月1日閲覧。 
    2. ^ 1999年11月第3週の邦楽シングルランキング情報”. ORICON STYLE. 2014年1月9日閲覧。
    3. ^ 嵐、男性歌手最速11年でシングル通算30作目首位 史上3組目の快挙”. ORICON NEWS (2010年11月16日). 2021年8月20日閲覧。
    4. ^ 嵐、最新シングル「カイト」で自身初のシングルミリオン達成【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (2020年9月1日). 2021年8月20日閲覧。
    5. ^ 嵐、2作連続デジタルシングル1位 「Reborn」企画第1弾【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (2019年12月24日). 2021年8月21日閲覧。
    6. ^ Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN (2019年12月25日). 2021年8月21日閲覧。
    7. ^ 【ビルボード】嵐「A-RA-SHI : Reborn」が7万DL越えで堂々の首位、King Gnuが2位に続く | Daily News”. Billboard JAPAN (2020年1月8日). 2021年8月21日閲覧。
    8. ^ 【ビルボード】2019年最終週のDLソングは嵐「A-RA-SHI : Reborn」が9.1万DLで2週連続首位、Nissy(西島隆弘)TOP10デビュー | Daily News”. Billboard JAPAN (2020年1月8日). 2021年8月21日閲覧。
    9. ^ 嵐、「A-RA-SHI:Reborn」の革新的アプローチ 根底に感じるアイドルとしての確かな誇り”. Real Sound (2019年12月21日). 2019年12月21日閲覧。
    10. ^ 嵐「ONE PIECE」とコラボしたMVでルフィたちと冒険”. 音楽ナタリー (2019年12月23日). 2019年12月23日閲覧。

    外部リンク[編集]