This is 嵐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
This is 嵐
スタジオ・アルバム
リリース
録音 2018年 - 2020年
ジャンル J-POP
時間
レーベル J Storm
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • トリプル・プラチナ(日本レコード協会[13]
  • アルバム 年表
    5×20 All the BEST!! 1999-2019
    (2019年)
    This is 嵐
    (2020年)
    ウラ嵐BEST

    5×20 All the BEST!! 1999-2019 (Special Edition)
    (2021年)
    『This is 嵐』収録のシングル
    1. BRAVE
      リリース: 2019年9月11日
    2. Turning Up
      リリース: 2019年11月3日(配信限定)
    3. A-RA-SHI : Reborn[注 1]
      リリース: 2019年12月20日(配信限定)
    4. Turning Up (R3HAB Remix)[注 1]
      リリース: 2020年1月24日(配信限定)
    5. Love so sweet : Reborn[注 1]
      リリース: 2020年5月15日(配信限定)
    6. Face Down : Reborn[注 1]
      リリース: 2020年6月26日(配信限定)
    7. IN THE SUMMER
      リリース: 2020年7月24日(配信限定)
    8. カイト
      リリース: 2020年7月29日
    9. Whenever You Call
      リリース: 2020年9月18日(配信限定)
    10. Party Starters
      リリース: 2020年10月30日(配信限定)
    テンプレートを表示

    This is 嵐』(ディス イズ あらし)は、日本男性アイドルグループの17枚目のオリジナル・アルバム2020年11月3日J Stormから発売された[14]

    概要[編集]

    前作『「untitled」』から約3年振りのオリジナル・アルバムである[15]。また、グループが2020年12月31日をもって活動を休止したため、本作が休止前最後のアルバムとなった。

    初回限定盤DVD、初回限定盤Blu-ray、通常盤の3形態で発売[16]。Blu-rayにはSBMV Super Bit Mapping(ソニー株式会社が開発した階調補完技術)が採用されている[要出典]

    2020年12月11日より、通常盤収録曲のデジタル・ダウンロードサブスクリプション配信が開始された[17]

    チャート成績[編集]

    2020年11月4日の「オリコンデイリーアルバムランキング」で、店着初日となる11月2日に42.2万枚を売り上げ、初登場1位を獲得[18]

    11月10日発表の「オリコン週間アルバムランキング」で、初週70.0万枚を売り上げ、初登場1位を獲得。これでアルバム1位獲得作品数は『いざッ、Now』から17作連続通算18作目となり、B’z(18作連続)に続く歴代2位の「アルバム連続1位獲得作品数」を自己更新した[1]

    本作で1位を獲得した事により、2000年代、2010年代、2020年代の3つの年代でアルバム1位を達成した。

    12月16日発表の「オリコン週間デジタルアルバムランキング」で、週間DL数0.71万DLを記録し、初登場1位を獲得。自身初のデジタルアルバム1位となった[4]

    12月25日発表の「オリコン年間アルバムランキング」で、年間82.2万枚を売り上げ、2位を獲得[3]

    2021年1月6日発表の「オリコン週間アルバムランキング」で、週間1.2万枚を売り上げ、初登場1位となった2020年11月16日付同ランキング以来8週ぶり、通算2週目の1位を獲得。1位返り咲きは、自身のオールタイム・ベスト『5×20 All the BEST!! 1999-2019』が、2019年7月29日付、9月2日付で2度にわたり獲得したのに続き自身3度目、オリジナル・アルバムでは自身初、作品数では2作連続となった[2]

    受賞歴[編集]

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    1. SHOW TIME [3:43]
      Written by AKIRA, Singo Kubota, Satoru Kurihara
    2. Turning Up [3:03]
      • 1stデジタルシングル
    3. I Can't Wait For Christmas [3:46]
      Lyrics by miwaflower / Music by DWB, Mike Macdermid, Julie Morrison / Arranged by Hirofumi Sasaki
    4. Whenever You Call [3:15]
      • 7thデジタルシングル
    5. いつか秒針のあう頃 [3:30]
      Written by Rami Yacoub, Shiho Otowa / Rap by Sho Sakurai / Produced by Rami Yacoub for MXM Productions
      メンバーの大野が振付を担当した[20]
    6. IN THE SUMMER [4:49]
      • 6thデジタルシングル
    7. カイト [4:43]
      • 58thシングル
    8. BRAVE [4:34]
      • 57thシングル
    9. Party Starters [3:14]
      • 8thデジタルシングル
      表記はないがオリジナルよりイントロが少し長くなっている。リリックビデオ及びミュージックビデオでもこのバージョンの音源が使われている。
    10. Do you...? [3:58]
      Lyrics by Atsushi Shimada, MiNE / Rap by Sho Sakurai / Music by Takuya Harada, MiNE, Atsushi Shimada / Arranged by Tomoki Ishizuka
      • 本作のリードトラック
      メンバーの大野が振付を担当した[20]
    11. The Music Never Ends [4:04]
      Written by Julian Bunetta, John Ryan, Funk Uchino / Produced by Julian Bunetta

    特典CD[編集]

    ※初回限定盤のみ

    1. Turning Up (R3HAB Remix) [2:48]
      • 3rdデジタルシングル
      • 1stデジタルシングルのリミックスバージョン
    2. A-RA-SHI : Reborn [3:27]
      • 2ndデジタルシングル
      • 1stシングルのリプロダクション楽曲
    3. a Day in Our Life : Reborn [3:31]
      • 1stEP『Reborn Vol.1』収録曲
      • 7thシングルのリプロダクション楽曲
    4. One Love : Reborn [3:23]
      • 1stEP収録曲
      • 22ndシングルのリプロダクション楽曲
    5. Love so sweet : Reborn [3:31]
      • 4thデジタルシングル
      • 18thシングルのリプロダクション楽曲
    6. Face Down : Reborn [3:54]
      • 5thデジタルシングル
      • 38thシングルのリプロダクション楽曲

    DVD/Blu-ray[編集]

    ※初回限定盤のみ

    1. Do you...?(Music Video + Making)
      MV監督は、川村ケンスケと竹久正記[要出典]
    2. BRAVE(Music Video)
    3. カイト(Music Video)
    4. Turning Up(Music Video)
    5. IN THE SUMMER(Music Video)
    6. Whenever You Call(Music Video)
    7. Party Starters(Music Video)

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ a b c d 初回限定盤のみ収録。

    出典[編集]

    1. ^ a b 嵐、最新アルバム初登場1位 最新ライブ映像作品は男性アーティスト史上初のミリオン達成【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. オリコン株式会社 (2020年11月10日). 2021年7月15日閲覧。
    2. ^ a b 嵐、8週ぶりアルバム1位返り咲き シングル「カイト」、ライブ映像作品も揃って上昇【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. オリコン株式会社 (2021年1月6日). 2021年7月15日閲覧。
    3. ^ a b 【オリコン年間ランキング2020】嵐、総合で通算9度目の首位獲得 > アルバムランキング 1位~25位”. ORICON NEWS. オリコン株式会社 (2020年12月25日). 2021年7月15日閲覧。
    4. ^ a b 嵐、最新アルバム『This is 嵐』が自身初のデジタルアルバム1位【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. オリコン株式会社 (2020年12月16日). 2021年7月15日閲覧。
    5. ^ Billboard Japan Hot Albums”. Billboard JAPAN. 2020年11月28日閲覧。
    6. ^ 【ビルボード】嵐『This is 嵐』が総合アルバム首位 Stray Kids/EXILE ATSUSHIが続く”. Billboard JAPAN. 2021年7月15日閲覧。
    7. ^ 【ビルボード】嵐『This is 嵐』が総合アルバム首位 米津玄師『STRAY SHEEP』が11週ぶりの2位に上昇”. Billboard JAPAN. 2021年7月15日閲覧。
    8. ^ Billboard Japan Hot Albums Year End”. Billboard JAPAN. 2021年8月8日閲覧。
    9. ^ 【ビルボード】嵐『This is 嵐』が713,381枚を売り上げてALセールス首位獲得 Stray Kids/EXILE ATSUSHIが続く”. Billboard JAPAN. 2021年8月8日閲覧。
    10. ^ Billboard Japan Top Albums Sales Year End”. Billboard JAPAN. 2021年8月8日閲覧。
    11. ^ 【ビルボード】配信スタートした嵐『This is 嵐』がDLアルバム首位”. 2021年8月8日閲覧。
    12. ^ 【ビルボード】嵐『This is 嵐』が2週連続DLアルバム首位”. 2021年8月8日閲覧。
    13. ^ “<11月度GD認定>嵐のライブ映像作品「ARASHI Anniversary Tour 5×20」がミリオン認定” (プレスリリース), 一般社団法人日本レコード協会, (2020年12月10日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000360.000010908.html 2021年8月3日閲覧。 
    14. ^ This is 嵐”. J Storm OFFICIAL SITE. 株式会社ジェイ・ストーム. 2021年7月15日閲覧。
    15. ^ 嵐、デビュー日11・3に“これぞ嵐”な新アルバム『This is 嵐』”. オリコン (2020年9月16日). 2021年4月16日閲覧。
    16. ^ 嵐、ニュー・アルバム『This is 嵐』11月3日にリリース決定。「アラフェス 2020 at 国立競技場」オンラインで開催”. タワーレコード オンライン ニュース (2020年9月16日). 2021年4月16日閲覧。
    17. ^ 嵐の最新アルバム「This is 嵐」配信決定”. 音楽ナタリー (2020年12月1日). 2021年4月16日閲覧。
    18. ^ 嵐、最新アルバムがデイリーアルバムランキング1位に【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. オリコン株式会社 (2020年11月4日). 2021年7月15日閲覧。
    19. ^ 第35回日本ゴールドディスク大賞 > ベスト5アルバム(邦楽部門)”. 日本ゴールドディスク大賞. 2021年7月15日閲覧。
    20. ^ a b 嵐、ミラーボールに乗ってド派手に登場!活動休止前ラストライブ”. サンスポ (2021年1月1日). 2021年4月16日閲覧。

    外部リンク[編集]