佐々木博史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木博史(ささき ひろふみ、1976年9月15日[1] - )は、日本作曲家編曲家長野県長野市出身。長野県長野高等学校埼玉大学卒業[2]

来歴[編集]

2000年4月、コナミ(現コナミデジタルエンタテインメント)入社。同年『GUITARFREAKS(以下GF) 4thMIX』&『drummania(以下dm) 3rdMIX』で、ボン・ジョヴィカバー曲「BAD MEDICINE」のアレンジを行い、GITADORAシリーズに参加。

2001年、『GF5th』&『dm4th』&『KEYBOARDMANIA 3rdMIX』にてENCORE STAGE専用のオリジナル曲「The Least 100sec」を発表。以降も「子供の落書き帳」「Concertino in blue」と立て続けにENCORE STAGE専用曲を提供する。また『MAMBO A GO GO』や『pop'n music』にも楽曲を提供。

2002年6月、コナミを退社しフリーランスに[2]。在職中に手がけた楽曲は、同年8月30日稼動の『GF8th』&『dm7th』に「To the IST」(Glancer名義)が、同年11月29日稼動開始の同・power-up ver.に「たまゆら」が、それぞれ収録された。自身は前者の曲を「ひとつの終幕」、後者を「アンコール」となぞらえた[3]

コナミ退社後は、外部アーティストとして『GF10th』&『dm9th』に「Timepiece phase II」を提供。この曲は作曲のみで、シーケンス(ゲーム内の譜面配置など)は元同僚のあさきが担当し、佐々木自身は「すっきりした気分で曲を作ることが出来ました」と振り返っている[4]。さらに『GF11th』&『dm10th』でaiko花火[5]のカバーや、あさきのアルバム『神曲』へのピアニストとしての参加など、2005年頃まではフリーとしてコナミに関与していた。同じく元同僚の桜井敏郎のバンド「dB COMMUNICATION」にも参加したが、のちに解散。

2008年の楽曲「忘れられない」の編曲を契機に、編曲家としても活動。2011年には橋幸夫に楽曲「」を提供するなど、幅広いジャンルを手がけている。

作品[編集]

アーティスト[編集]

ジャニーズ
  • SHUSUI
    • 世界で2番目に好きな人 (SHUSUIと共作曲)
  • 由薫
    • Fish(編曲)
    • Yesterday(編曲)
    • ヒヤシンス(編曲)
    • my friend(編曲)

BEMANIシリーズ[編集]

  • The Least 100sec(GF5th / dm4th / KM3rd / beatmania&beatmania III THE FINAL / Dance Dance Revolution EXTREME / pop'n musicee'MALL配信曲、14 FEVER!で解禁) / 家庭用beatmania IIDX 14 GOLD / REFLEC BEAT colette / ノスタルジア
  • BOBBY SUE AND SKINNY JIM(GF6th / dm5th : この曲のボーカル・Raj Ramayya名義)
  • 子供の落書き帳(GF6th / dm5th / pop'n music(ee'MALL 2nd avenue配信曲、15 ADVENTUREで解禁)/ 家庭用beatmania IIDX 15 DJ TROOPERS: J.S.バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」のプログレアレンジ)
  • DEPARTURE(GF7th / dm6th : この曲のボーカル・AKINO LEE名義)
  • Concertino in blue(GF7th / dm6th / IIDX13 DistorteD / jubeat saucer / pop'n music Sunny Park / ノスタルジア)
  • To the IST(GF8th / dm7th : この曲のボーカル・AKAIとのユニットのGlancer名義)
  • たまゆら(GF8th / dm7th power-up version / pop'n16 PARTY♪ / 家庭用beatmania IIDX 16 EMPRESS)
  • Timepiece phase II(GF10th / dm9th / IIDX20 tricoro / ノスタルジア / pop'n music peace)
  • Feux d'artifica(MAMBO A GO GO / pop'n8: Little Shepherd名義、作曲はモッキーSASAMOTO名義)
  • Wall Street down-sizer(MAMBO A GO GO / pop'n8 / GF&DM(ee'MALL 2nd avenue配信曲、V3で解禁) : この曲のボーカル・Thomas Howard Lichtenstein名義、作曲はモッキーSASAMOTO名義)
  • コキュトス(pop'n13 カーニバル:TOMOSUKEとのユニット・FISH BOYS名義)

サウンドトラック[編集]

  • The Least 333sec (GUITAR FREAKS 5thMIX&drummania 4thMIX Soundtracks) -「The Least 100sec」のロングバージョン
  • BOBBY SUE AND SKINNY JIM(long version) (GUITAR FREAKS&drummania VOCAL COLLECTION)
  • 子供の落書き帳(long version) (GUITAR FREAKS&drummania INSTRUMENTAL COLLECTION)

その他[編集]

  • コナミへの在籍はわずか2年、提供曲も10曲ほどながら、複数機種に移植されるなどいずれの楽曲も人気が高い。2007年発売のアルバム『GUITARFREAKS V3 & DRUMMANIA V3 SOUNDTRACKS』にて、既存曲からアルバム収録アレンジバージョン楽曲をアンケートで決める試みが行われ、結果は1位が「Concertino in Blue」、2位が「Timepiece phase II」となり、両曲のアレンジが収録された。また5位は「The Least 100sec」、10位は「DEPARTURE」で、退社から約5年後のアンケートにもかかわらず提供曲がトップ10に4曲ランクインした[6]
  • MAMBO A GO GO』でのみ、モッキーSASAMOTOという名義を使用。
  • ピアノのみならず、アルトリコーダーチェロタンバリンの演奏を担当するなど、マルチプレイヤーである。一方、楽曲提供はGITADORAシリーズが中心であったにもかかわらず、ギター演奏を担当した楽曲はない。

脚注[編集]

  1. ^ 佐々木 博史”. Facebook. 2022年4月2日閲覧。
  2. ^ a b 佐々木 博史”. Facebook. 2022年4月1日閲覧。
  3. ^ ■ たまゆら ■ - ウェイバックマシン
  4. ^ 『アルバム『GUITARFREAKS 10thMIX & drummania 9thMIX Soundtracks』ブックレット』コナミメディアエンタテインメント、2003年12月17日、8頁。 
  5. ^ 『アルバム『GUITARFREAKS 11thMIX & drummania 10thMIX SOUNDTRACKS』ブックレット』コナミメディアエンタテインメント、2004年6月23日、3頁。 
  6. ^ GuitarFreaksV3 & DrumManiaV3サウンドトラック PS2版GuitarFreaks & DrumMania MASTERPIECE GOLD - ウェイバックマシン(2010年1月6日アーカイブ分)

外部リンク[編集]