木更津キャッツアイ 日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木更津キャッツアイ 日本シリーズ
中の島大橋.JPG
「伝説の赤い橋」のモデルである、中の島大橋木更津市
監督 金子文紀
脚本 宮藤官九郎
製作 近藤邦勝
藤島ジュリーK
椎名保
製作総指揮 磯山晶
出演者 岡田准一
櫻井翔
岡田義徳
佐藤隆太
塚本高史
音楽 仲西匡
主題歌 a Day in Our Life/
撮影 山中敏康
編集 新井孝夫
米山美由紀
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2003年11月1日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 15億円[1]
次作 木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
テンプレートを表示

木更津キャッツアイ 日本シリーズ』(きさらづキャッツアイ にほんシリーズ)は、2003年日本映画で、人気テレビドラマ木更津キャッツアイ」の映画化作品である。オープニングでは年をとった主人公たちを大物俳優たちが演じている。ユンソナ内村光良がゲスト出演している。また、ドラマシリーズにも登場した哀川翔氣志團らが再び本人役で登場した。興行収入15億円。

また2006年には、シリーズ完結編として『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』が公開された。

ストーリー[編集]

21歳にして余命半年と宣告されたぶっさん(岡田准一)。死の淵から蘇って半年後の夏—野球とビールに明け暮れる毎日を送っていると、氣志團が木更津でロックフェスティバルを開催することを知る。キャッツのメンバーもぶっさん作詞作曲のラブソングを新曲にひっさげて参加が決定。

そして突然、みんなの前に死んだはずのオジーが現れ、キャッツたちは大騒ぎ。山口先輩は出所した猫田を店長に元ストリップ劇場の木更津ホールを韓国パブに改装。そこで働く韓国人、ユッケ(ユンソナ)と出会ったぶっさんは、ひょんなことから一緒に伝説の赤い橋を彼女と渡り、急接近。

そんな中、美礼先生が高校時代に憧れていた、やっさいもっさいがめっぽう上手い笑顔の素敵な「微笑みのジョージ」が現れる。

キャスト[編集]

TVドラマにも登場した配役[編集]

本稿では、日本シリーズに特化した内容のみ記載する。

ぶっさん(田渕公平)
演 - 岡田准一 (V6)
今作では、TVドラマ最終回で語られた「1年間生き延びた」期間のうち、半年がたったころを舞台としているため生きて登場。それでも、後述の医師からは「(寿命は)あと半年」と言われている。
草野球「キャッツ」では、マスター・アニと共にベンチウォーマーに廻ってしまい、小学生の森山(演:森山直樹)より野球では信頼されていない。
バンビ(中込フトシ)
演 - 櫻井翔
今作では、冒頭で「ミスター木更津」に2年連続で選出されたことになっている。
当初はジョージがバンビに変装したと思われていたため、それが原因でぶっさんと再度不仲になる。
うっちー(内山はじめ)
演 - 岡田義徳
今作においても裏での活躍が多い。尾行が趣味で、変装を試みるジョージを追跡したが、「西新宿美容外科」という漢字が読めなかった。途中ジョージの銃撃を受けるが、愛用のポケベルで命拾いしている。
マスター(岡林シンゴ)
演 - 佐藤隆太
今作でも「野球狂の詩」マスター。相変わらず妻のセツ子には、「あんたぁ」と言われ頭が上がらない。
アニ(佐々木兆)
演 - 塚本高史
日本史が苦手らしく、偽札作りの現場を目撃しても、野口英世樋口一葉が分からなかった。
モー子 / 黒モー子
演 - 酒井若菜
黒モー子は日本シリーズのみ登場。ぶっさん達が漂流した島の女ボスで、「アマゾネス軍団」を率いている。「やまくらさん」なる人から日本語を教わっているため、多少日本語が話せる。ぶっさんにマックスコーヒーを渡している。
山口(山口先輩)
演 - 山口智充DonDokoDon
今作では、韓国パブ「イチ2のサンチュッ」をオープンさせ、山口自ら現地で、韓国人ホステススカウトをしている。
猫田(猫田カヲル)
演 - 阿部サダヲ
今作では、前述の韓国パブの店長をしている。
男の勲章・店長
演 - 嶋大輔
ジョージと同じ幼稚園にいて、幼少期もリーゼントであったことが明らかになっている。
竹田巡査
演 - 三宅弘城
ミー子
演 - 平岩紙
うっちーの父
演 - 渡辺いっけい
当初からゴミンゴ(不法投棄のゴミが集まったモンスター)の存在を知っており、煙草の吸殻をポイ捨てしたアニに英語で注意した。
うっちーの母
演 - 宮地雅子
セツ子
演 - 須之内美帆子
哀川 翔
演 - 哀川翔
冒頭で、「哀川翔主演映画1000本記念作品」として、『ヤクザ球団 VS テキヤ球団』という映画が上映された。これは当然架空の映画だが、日本シリーズが公開された後の2004年に、哀川翔主演映画100本記念作品として、実際に『ゼブラーマン』が公開されている(本作と同じ宮藤官九郎が脚本)。
氣志團
演 - 氣志團
今作では、メンバー全員が育った「甘えん坊ハウス」(TVドラマ第7話参照)の再度のピンチを察し、「ニュー甘えん坊ハウス」(木更津のネバーランド)建設資金稼ぎのため、「FUJIみ ROCK FESTIVAL」(略してフジロック)を企画する。「FUJIみ」とは、木更津駅西口の「富士見通り」のこと。
小峰
演 - ケーシー高峰特別出演
今作では、ジョージを18回誘拐している。今作でも医学用語(ダイアン・レイン)を披露している。
オジー
演 - 古田新太
TVドラマ中盤で既に死亡しているため、正確には「ジョージが変装したオジー」の役で出演。
ローズ
演 - 森下愛子
TVドラマ終盤で公助と結婚しているが、公助との間に男の子を妊娠している。男の子の名前は当初「田淵交尾」が候補にあがるも、最終的には「田淵平助」となった。
田渕 公助
演 - 小日向文世
前述のとおりぶっさんが余命いくばくないにも関わらず、「諸々の計算がずれて」ローズを妊娠させている。
あさだ美礼(美礼先生)
演 - 薬師丸ひろ子
高校時代(木更津第一高校)時代はジョージの同級生で、おさげ髪だった。木更津第一高校では生徒会副会長をしていた。ジョージが警察に御用になった際「絵画の勉強のためニューヨークに行く」と嘘をつかれ、信じきっていた。連行される前には、そごうで買った腕時計をプレゼントしている。

日本シリーズから登場した配役[編集]

村田 ジョージ(微笑みのジョージ)
演 - 内村光良ウッチャンナンチャン
今作のみ登場。木更津第一高校時代は生徒会長で、「微笑みのジョージ」として学校を明るくしていた青年。絵とやっさいもっさいがやたらうまく、文化祭(汐香祭)では何人もの生徒を引き連れてやっさいもっさいを踊った。今でもやっさいもっさいの音楽が鳴ると体が勝手に反応し踊ってしまう。しかし美青年であるが故に、小峰社長に気に入られてしまい、絵の才能を見込まれ偽札作りに加担し、警察に御用になる。
本当の顔で木更津に戻ることを拒んでいたこともあり、バンビに整形しようとしたが整形外科医に断られ、特殊メイクを試みたが、メーキャップアーティストのミスでオジーになってしまった。自殺を決意して水に飛び込んだが死に切れず、うっちーによって発見され、キャッツアイのメンバーと出会う。うっちーの隣に家(船)を借りて原版を元に偽札作りをしていた。
ユッケ
演 - ユンソナ
今作及びワールドシリーズに登場。山口が経営している韓国パブの従業員。哀川翔の映画を見ながら日本語を勉強している。そのため、覚えた日本語はヤクザ口調になっている。後にぶっさんと結婚する。
モー子の父
演 - 船越英一郎(特別出演)
今作及びワールドシリーズに登場。ゴミンゴの暴走をオカリナを吹いて静めた。モー子とは明らかに言葉遣いが異なり、かなり丁寧な話し方をする。
医師
演 - 坂井真紀
今作のみ登場。ぶっさんに余命を聞かれても「あと半年」としか言わない。
整形外科医
演 - 金剛地武志
今作のみ登場。ジョージから整形を相談されるが、「元が違い過ぎる」という理由で断っている。
メイクアップアーティスト
演 - 袴田吉彦
今作のみ登場。ジョージの特殊メイクを担当した。バンビになるはずが、手違いでオジーのメイクを施してしまう。

30年後のキャッツ[編集]

30年後のバンビ
演 - 中尾彬(特別出演)
和服姿で現れ、熱燗を飲んだ。ちなみに中尾彬は木更津市出身。
30年後のマスター
演 - 渡辺哲
ぶっさんに似ているという理由で、ピザ助に出前を頼むときは、デリバリー担当に岩淵を指名する。腰にヘルニアを患っているためか野球は辞めており、たまに孫とキャッチボールをするぐらいに留めている。演じた渡辺は後に日本テレビ系ドラマ『ギャルサー』にて佐藤と親子役を演じる。
30年後のアニ
演 - 岩松了友情出演
膝に水がたまっているため、マスターと同じく野球はやっていない。
30年後のうっちー
演 - 渡辺いっけい
当初、岩松はうっちー役としてキャスティングされていたが、レオタード着用を拒否したため、アニ役として出演。そこで、うっちーの父役である渡辺いっけいが代理で30年後のうっちーを演じた。そのため、いっけいがレオタード姿(TVドラマ第1話でうっちーが着ていたキャッツ・アイの格好)で登場。
30年後のモー子
演 - 伊佐山ひろ子
バンビと共に和服姿で現れた。しかし、岩淵が現れると「ぶっさーん」と駆け寄りキスをした。
岩淵
演 - 岡田准一 (V6)
ぶっさんによく似たピザ屋(ピザ助)店員。上記『ヤクザ球団 VS テキヤ球団』を映画館で見ている途中にマスターに呼び出され、「野球狂の詩」でぶっさんの生まれ変わりのような扱いを受ける。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2003年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟

外部リンク[編集]