クレジットタイトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
友情出演から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

クレジットタイトル (credit title)、略称クレジット (credit) とは、複数の人物が関わる視覚的な作品における、作品名の表示(タイトル)に次ぐ名簿の一種で、出演者(キャスト)、裏支えの製作・制作者(スタッフ)、製作・制作に関わった企業団体などの名称を、字幕などの方法によって、その作中のいずれかに表示するものである[1][2]

映画テレビ番組のほか、音楽媒体のパッケージ上や、ゲームソフトのプレー画面中などにおいても行われる。

クレジットする」と動詞化した使い方も見受けられる[3]

概要[編集]

クレジットの原義は「信用」であり、キャスト、スタッフなど、各パートの責任者を明確にするという意味合いがある[4]

表示のタイミング・種別、呼称の違い、デザイン[編集]

クレジットタイトルの種類・名称には以下のようなものがある。

表示タイミングによる分類
  • オープニングクレジット (opening credits)
  • エンディングクレジット (ending credits)、エンドクレジット (end credit)、クロージングクレジット (closing credits)、エンドロール (end roll)、エンディングロール (ending roll)
人物の関わり方による分類
  • スタッフロール (staff roll)、スタッフクレジッツ (staff credits)

「ロール」はおおむね、文字情報が下から上、あるいは右から左へに(縦書き言語では左から右に)一括して流れるように表示されるものを指す。ロール (roll) とは巻物の意味で、かつて実際にクレジットを書いた巻物を用意して、それを開くさまを撮影したことに由来する。「エンドロール」「エンディングロール」は英語圏ではほとんど用いられない。

「スタッフロール」はキャスト情報を含んでそう呼ぶのが一般的である。

映画、テレビ番組などの映像コンテンツでは、クレジットの多くは本編の最初あるいは最後、もしくはその双方に配置される。その場合、原則として、オープニングでは主要なクレジットのみ(主演などの主要な出演者、制作プロダクション原作者、プロデューサー監督)が、エンディングではすべてのクレジットが表示される[5][6]。双方配置の場合、「終」など、作品の終了を示す表示のあとにクレジットの表示が始まるように配置されることから、観客・視聴者の間では「本編の余韻を楽しむための時間」という認識が強くなっている[4]

これらのクレジットタイトルが含まれる映像部分、または文字情報に対する「地」の部分をタイトルバックと呼ぶ。特に映画のタイトルバックは作品における重要な構成要素とされ、アルフレッド・ヒッチコック監督の1960年の映画『サイコ』のソール・バスによるクレジットデザインは新たな領域を生み出した作品として評価されている[5]

オープニングの場合はキャストに限りその役柄を示す映像情報と文字情報、エンドクレジットの場合はキャスト・スタッフいずれも文字情報のみで、それぞれ表示されることが一般的だが、アマチュア映画などでスタッフの顔写真を用いた例がある[4]

クレジット順[編集]

映像作品のクレジットは通常、キャスト→スタッフの順に表示される。ロケ地や、劇中音楽など、その他の情報の表示タイミングは媒体や作品により異なる。

キャストの順と肩書き[編集]

演技作品の場合、原則として主演者は冒頭に表示される。主演である旨を示す文字情報(「主演」「Starring」など)が加えられる場合もある。

出演者の名と役名が併記される場合と、されない場合がある。

キャストのクレジット順に注目する観客・視聴者が多いことから、その順序はスタッフ側にとっても極めて繊細な問題とされ、その配置によっては出演者と製作側との契約上の紛争に発展することがある[5][7][8]

主演者に匹敵するか、より重んじられる出演者を、キャスト順の最後に配置する手法があり、日本語では「トメ(止め、留め)」という[9][10]。複数の名が並ぶ表示形式の場合、線を引いて区別する場合もある。トメにあたるクレジットが存在せず、多数の脇役の連名がキャストの締めくくりとなる場合もあり、それが日本の作品なら、2番目に表示される俳優が序列2番目扱いとなる。日本語の「トメ」は歌舞伎の番付における「留め筆」(看板やビラの最後に記される座頭の意)や落語相撲などの「止め名」から来ている。

特別出演(後述)に該当する、またはその扱いに相当するキャストは、その旨を表記するか、クレジットの表示方法を他者と少し変える(他よりも長めの時間で映し出す、「起こし」と呼ばれる特別の表示手法などを用いる)ことで目立たせる工夫が図られることがある。外国作品の場合「Co-Starring」「Also Starring」など、主演に次ぐ共演者であることを示す表記が添えられる場合もある。

フィクション作品の場合、本編で名前が明かされていない登場人物は名前を伏せることがある。また、演出上キャストをあえて表記しなかったり、偽名を用いる場合[11]もある。これらのことを、日本では「ノンクレジット」とも称する。

準主役・脇役がフィーチャーされるエピソードでは、その出演者が一番上にクレジットされることもある(日本のテレビアニメ等においては「お当番回」と俗称される)。

キャストが生前に撮影に臨み、公開時にすでに故人となってしまっている場合、追悼の意を込めて、故人の氏名部分を四角で囲んだり、「In memory of ○○」「○○氏に捧ぐ(捧げる)」などと特別に表記したりするケースが見られる。

特別出演[編集]

日本において用いられる「特別出演」とは、原則として作品の一部分にしか出演しない脇役に起用された人物に用いられる肩書である。重鎮の出演[7]、制作会社の垣根を超えた客演、俳優でない著名人などの出演といった場合のほか、上記のようなクレジット順をめぐる紛争の解決[7]のために用いられる。この場合も表示の際は「特別出演」と明記する、「起こし」などを用いる、といった区別が図られる。

子供向けテレビアニメを題材としたアニメ映画では、映画版オリジナルキャラクターで、かつ声優以外を本業としたタレントが出演する場合は、特別出演として扱われている。一方、『劇場版ポケットモンスターシリーズ』の山寺宏一水樹奈々のように、本業の声優が(本来の意味で)「特別出演」とクレジットされたアニメ映画作品もある。

連続テレビドラマ等で「特別出演」とされたキャストは1話きりの出演など、出番は比較的短い[12]場合と、毎週出演だが、クレジットの順序の都合上で「特別出演」となった場合とがある。前者のキャストを対象に「ゲスト出演」と表記する場合もある。

類似の用語に「特別ゲスト出演」があり、連続したシリーズ作品において、メインキャラクターを演じていた出演者が新シリーズでレギュラーとしては降板し、いくつかのエピソードにだけ同じ役でゲスト出演する場合に用いられる。

友情出演[編集]

「友情出演」は、監督や主演俳優が、友人の芸能人に出演を依頼した場合や、俳優自身が願い出てキャスティングされている場合に用いられる[13]。多くの場合相場よりかなり低い出演料(いわゆる「友情価格」)か、無報酬の出演であることを示している[7]

特別出演・友情出演の由来と用例について、淡島千景は以下のように述べている。

自分の劇団を持っている人―文学座杉村春子先生、民藝滝沢修先生、宇野重吉先生等―が特別に出るんで『特別出演』っていったんだけど、それがだんだん乱れてきて、どうしても出したい人が、名前のことでうるさいとなると、「『特別』にしますから」っていうことが増えた。『友情出演』は『特別』まではいかないけど、本人とちっとも仲良くないのに『友情出演』するのは大笑いですよ。気休めなんですよ。同じような年代で『特別出演』だとおかしいでしょ、だから『友情』にするんです。この世界は「あいつより俺が上だ」とか、そう思う人ばかりなんですよ。 — 淡島千景、「淡島千景 女優というプリズム」青弓社、2009年、284頁

スタッフ等の順と肩書き[編集]

映画の例[編集]

日本映画のオープニングクレジットにおける一例を示す[5][6]。多くの場合、シナリオや撮影に直接関わる職掌が前半に、そうでないものが後半に置かれる傾向にあり、監督がキャストでいう「トメ」に配置される。

製作会社のクレジットは、冒頭部(本編開始直前)に共通のロゴタイプを置くことでクレジットに代えることが一般的である(メトロ・ゴールドウィン・メイヤーの「レオ・ザ・ライオン」、東映の「荒磯に波」など)。

テレビアニメの例[編集]

日本のテレビアニメのオープニングクレジットは、原則として以下のように順番が統一されている。

その他のテレビ番組の例[編集]

スタジオ・ロケ地等に出演者が存在する収録番組における、エンディングクレジットの一例を示す。多くは原作者・企画者が、いない場合は放送作家または脚本家がトップに表示される。以降は収録に関わるスタッフごと・美術に関わるスタッフごと・編集に関わるスタッフごとなど、カテゴリごとにまとまる以外は、順不同で配置される傾向にあり、放送局および番組制作会社がキャストでいう「トメ」に配置される。

その他の表示情報[編集]

  • 民間放送のテレビ番組のうち、スポンサー付きの番組では、開始時・終了時を基本に、本編の随所で提供クレジットが表示される[1]
  • 日本のテレビドラマの場合、本編開始直後などに「このドラマはフィクションです」と書かれた注意喚起の文章を必ず出す。かつては番組の終端部(エンドロールがすべて終わったあとか、次回予告の直後)にブルーバックの一枚画などで「このドラマはフィクションであり実際の人物および団体名等はすべて架空のものです」と表示していたが、1990年代後半にはそれが本編か次回予告の最後に画面下端に小さい字幕で組み込まれるようになったものである。映画でも、同様の文章がエンドロールの末端に他の文章と共に書かれていることが多い。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b クレジットタイトル』 - コトバンク
  2. ^ credit titleの意味”. ランダムハウス英和大辞典. goo辞書. 2017年4月12日閲覧。 “〔映画〕 〔テレビ〕 クレジットタイトル:冒頭や終わりに原作者名,製作者名,配役などを流す字幕”
  3. ^ credit”. Oxford Dictionaries. オックスフォード大学出版局. 2017年3月2日閲覧。 “Publicly acknowledge a contributor's role in the production of (something published or broadcast)”(英語)
  4. ^ a b c 山岸達児 『映像用語事典―現場の知恵と戦略』 じゃこめてい出版、1978年、p.50
  5. ^ a b c d Steve Blandford、Jim Hillier、Barry Keith Grant、杉野健太郎・中村裕英訳 『フィルム・スタディーズ事典―現場の知恵と戦略』 フィルムアート社、2004年、p.95
  6. ^ a b 高村倉太郎、岩本憲児、佐崎順昭、宮澤誠一、奥村賢 『世界映画大事典』 日本図書センター、2008年、p.1063
  7. ^ a b c d 映画「特別出演」のギャラは高額 「友情出演」はノーギャラ
  8. ^ 日本における有名な事例としては、藤田まこと必殺シリーズでの事例(必殺シリーズ#中村主水の主人公問題中村主水#エピソードを参照)や田宮二郎の事例(田宮二郎#映画界追放を参照)がある。
  9. ^ 飯間浩明『辞書には載らなかった不採用語辞典』(PHP 2014年p.115)。
  10. ^ 渥美清は歳を取ったらトメになりたいと発言していた(小林信彦『おかしな男 渥美清』新潮文庫 2000年p.245)。
  11. ^ Another(テレビアニメ)
  12. ^ 特撮ドラマ『快傑ズバット』における原作者の漫画家石森章太郎のように、エピソード全体にわたって中心人物(劇中劇テレビ番組に出演する元プロ野球選手役)として「特別出演」した事例もある。
  13. ^ 特別出演と友情出演の違いとは。カメオ出演って知っていますか?”. シネマズ PLUS(株式会社クラップス) (2015年1月23日). 2019年11月27日閲覧。

関連項目[編集]