飯間浩明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いいま ひろあき
飯間 浩明
Kokugojiten Night 12 2020-02-24.jpg
「国語辞典ナイト12」にて
(2020年2月)
生誕 (1967-10-21) 1967年10月21日(54歳)
日本の旗 日本 香川県高松市
出身校早稲田大学
公式サイト飯間浩明のことばのページ

飯間 浩明(いいま ひろあき、1967年10月21日 - )は日本日本語学者辞書編纂者。『三省堂国語辞典』編集委員[1]

経歴[編集]

香川県高松市出身[1]

早稲田大学第一文学部卒業後、同大学院文学研究科博士課程単位取得。専門日本語学[1]

修了してアルバイトとして三省堂の辞書編纂に携わった後、第六版より『三省堂国語辞典』の編集委員および早稲田大学・成城大学などで非常勤講師を務めている[1]

著書[編集]

監修[編集]

  • 『NHKわかる国語読み書きのツボ』(2005年MCプレス
  • 『重要度順「伝わる文章」を書く技術』(2015年、新星出版社
  • 『気持ちを表すことばの辞典』(2021年、ナツメ社

論文等[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

  • 「国語辞典のゆくえ」NHKラジオ第2・カルチャーラジオ(木)20時30分~20時59分(2017年7月~9月)
  • 「新時代のコトバ会議」(TBSラジオ 2021年1月1日)

テレビ番組監修[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「伝わる言葉を使ってほしい」 ― 『三省堂国語辞典』編集委員・飯間浩明”. 早稲田ウィークリー. 早稲田大学 (2016年6月16日). 2019年3月5日閲覧。

関連項目[編集]

  • 今年の新語 - 飯間が個人ウェブサイトで発表した「今年からの新語」企画をもとに、三省堂主催で行われるようになったキャンペーン

外部リンク[編集]

対談[編集]