三省堂国語辞典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三省堂国語辞典』(さんせいどうこくごじてん)は、三省堂が発行する国語辞典の一つ。三省堂による略称は『三国』(さんこく)。第7版の収録項目数は約8万2000(見出し項目が約7万6600、「派生」などの関連項目が約5400)。

編集委員[編集]

初代編集主幹は見坊豪紀。見坊の採集した広範で膨大な日本語の用例がこの辞書を支えている。共著者には、金田一京助金田一春彦(初版から)、柴田武(第2版から)、飛田良文(第4版から)らがいる。山田忠雄も初版から第2版まで共著者に名を連ねたが、第3版以降は編集から外れた。これは、山田が見坊の業績である『明解国語辞典』を元に、見坊とは別に『新明解国語辞典』の編集を始めたことで、感情的なしこりが生まれたためと考えられる。

第4版刊行後に見坊が死去した後、編集委員には変遷があり、第7版では市川孝・飛田良文・山崎誠飯間浩明塩田雄大が参加している。

特長[編集]

収録語彙[編集]

マスコミなどで目や耳に入ることばとその意味を網羅しようという方針を立てているため、新しい言葉に広く目配りして収録している。衣服料理など、庶民生活に関する項目が詳しいのも特色である。新しく発生した意味も、他の辞書にさきがけて収録している場合が多い。

語釈[編集]

だれにでも分かるような簡明な語釈の文体も独特である。たとえば「」について、別のある国語辞典では「無味・無臭・無色・透明の液体……化学式H2O 1気圧のとき、99.974℃以上で水蒸気になり……」と学術的に説明するが、『三国』では「われわれの生活になくてはならない、すき通ったつめたい液体。海・川・雨・雲などの形をとってあらわれる」と平易な言葉で記す[1]。国語辞典は百科事典ではなく、言葉を説明する書物であるという、主幹・見坊の考え方によるもので、見坊は「ことばの写生」と呼んでいる。語釈の中で、特に『三国』らしい言い回しとしては、「金銭」「……さま。」と言わず「おかね」「……ようす。」と表現することなどがある。

成立と改訂[編集]

見坊は、すでに小型辞典『明解国語辞典』(1943年初版、1952年改訂版)の実質的編纂者として業績を残していた[2]1959年6月、この『明解国語辞典』を基礎として、見坊は新たに中学生を含む広い利用者層を想定した辞書の編集に着手した。1960年10月に校正を終え、同年12月に初版が刊行された。初版の項目数は約5万7000であった。

その後、想定する利用者は一般にまで広げられた。項目数も第2版(1974年)で約6万2000、第3版(1982年)で約6万5000、第4版(1992年)で約7万3000、第5版(2001年)で約7万6000、第6版(2008年)で約8万、第7版(2014年)で約8万2000と、長い間に大きく増えている。

主幹・見坊豪紀の用例収集[編集]

『三省堂国語辞典』を編纂するために、見坊が行った用例採集の規模は並大抵ではない。全生活を現代語の用例収集に充てるため、見坊は辞書編纂当初から勤務していた国立国語研究所を、1968年に退職している。以後の人生は、ほぼ『三国』に捧げたと言って過言ではない。有名な「辞書=かがみ論」と呼ばれる考えも、徹底した用例収集に支えられたものであった[3]

見坊は刊行と同時に、次回以降の版で補うにあたって、新聞週刊誌放送など、あらゆる日本語の資料から辞書に載せるべき語を独力で探索し、その情報を正確にカードに記した[4]。このことが、多数の独特な項目(次節参照)を立てることにつながった。その数は、第4版刊行直前に、実に145万語[5](延べ)に達した。

なお、用例カードは見坊の死後、遺族から三省堂に譲られ、八王子市の同社資料室で保存されている。しかし、用例データベースは用途に合わせて設計・構築する必要があるため、別の辞書・別の編者が活用することは困難とみられている。

『三国』独特の項目[編集]

『三省堂国語辞典』が、いち早く新しい語や用法を取り入れた例を、以下に若干挙げる。なお、これらのうちには、後に他の国語辞典も採用するようになったものも含まれる。

  • あっけらかんと
以前は「口をあけてぼんやりしているようす」という意味しかなかったが、「明るくてこだわらないようす」という意味や、「あけっぱなしでかくさないようす」という意味が生まれていることが用例で分かり、第3版から収録された。
  • 気が置けない
「気がね・遠慮しなくていい」という意味のほかに、「気がゆるせない」の意味で使う者が現れた。第3版以降、この意味が「〔誤って〕」と冠して収録された。
  • すさまじい・すさましい・すざましい・すざまじい
いずれも、実際にある語形である(「すさまじい」の項目に列記されている)。これらの語形をすべて収録した辞書は、いまだにないと思われる。実際に用例を確認しなければ、このような記述はできない。第3版から収録された。
  • 道道」(どうどう)
北海道庁が作って管理する道路」ということだが、本州以南に住む者の目には触れにくいことばである。第2版から収録されている。
  • んんん
「ひどくことばにつまったときの声」や「(二番目の音を下げ、または、上げて)打ち消しの気持ちをあらわす」言葉である。だれもが使う言葉でありながら、見落とされていた。第3版から収録され、この辞書の最後の項目となっていたが、第7版では削除されて「んーん」になっている。
  • W
第7版で、Wの4番目の意味が「〔←warai=笑い〕〔俗〕〔インターネットで〕(あざ)笑うことをあらわす文字。「まさかwww」〔二十一世紀になって広まった使い方〕」と記された。

ただし、無秩序に新しい語を取り入れる訳でなく、その選定は極めて厳格である。2012年頃には「江戸しぐさ」を用語として採用する事が検討されたものの、その主張に信頼性は薄いと判断し、見送りになった。 なお、現在でこそ江戸しぐさには否定的な意見が多くなっているが、2012年当時においては否定的な意見は見られず、ウィキペディアの記事内容も江戸しぐさについて肯定的であった。[6] 

批判[編集]

『三省堂国語辞典』のシンプルで平易な語釈は、「毒々しさがない。片寄っていない。平明である」と評されるほどであった[7]。一方で、初版以来、新しく定着しつつある言葉を見逃さず取り入れてきたことに対しては、規範主義を重んじる人々の批判の対象になることもあった[8]

また、第3版が刊行されて間もなく、いわゆる差別用語の取り扱いについて、三省堂を相手に訴訟が起きたこともある[9]

改訂履歴[編集]

明解国語辞典[編集]

(『三省堂国語辞典』の前身)

三省堂国語辞典[編集]

発行日は並版による。小型版の発行日は異なる場合がある。

脚注[編集]

  1. ^ 初版による。その後文言には変遷があり、第7版では末尾に〔水素二、酸素一の割合の化合物〕という注記も添えられた。
  2. ^ ただし、表紙の監修者名は金田一京助になっている。これは編纂していた当時、見坊がまだ東京帝国大学大学院生であったことから、三省堂に見坊を紹介してくれた金田一の好意で名を借りたことに起因する。
  3. ^ 第3版の「序文」は「辞書は“かがみ”である――これは、著者の変わらぬ信条であります」に始まり、「辞書は、ことばを写す“鏡”であります。同時に、辞書は、ことばを正す“鑑(かがみ)”であります」と記されており、用例採集の重要性が説かれている。その中でも見坊が重視したのは、『辞書をつくる』(1976年11月、玉川大学出版部)の中で「上品な形も上品でない形も、正しい意味も正しくない意味も、それが客観的にはっきり存在すると認められたとき、どちらも公平な取り扱いを受ける。正しくない方を切り捨てることによって編者の見識を示すことはしない」と述べているように、現代語の変化を素早く映し出す「鏡」の側面であったことが窺える。
  4. ^ このカードはA5判を縦二つに切ったもので、縦20マス×横5マスが印刷されており、採集した言葉の用例を一枚ごとに一つずつ記録していた。記録の内容は「採集した言葉」「出典」「年月日」で、原文の一部分を切り取って貼り付け、それを証拠として保存するほどの徹底ぶりであったという。
  5. ^ 第4版「序文」による。
  6. ^ 三省堂国語辞典編集委員の飯間浩明による、2015年4月17日のツイート
  7. ^ 大野晋「国語辞典を読む」(『朝日ジャーナル』17(16)、1975年4月18日、朝日新聞社)など。
  8. ^ たとえば土屋道雄は「うっかりとか、勘違いとか、無知とかによる誤字・誤用が二、三回新聞や雑誌に出ているからといって、「客観的にはっきり存在する」として「見識」を示さず、どんどん辞典に載せられては堪らない」として、「辞典が手本となる「鑑」ではなく、単に形を映す「鏡」では安心して使えまい。それでは辞典の規範性は失われるという立場を示した上で、「新語を一つ辞典に加えるにも慎重でなければならないのに、一出版社の一編者の恣意のままに扱われては困る。ただでさえ言葉は崩れがちであり、誤用は拡散しがちである。それに辛うじて歯止めをかけているのが辞典ではないか。それなのに、辞典が言葉の乱れや誤用をすぐ認めてしまっては、日本語の低俗化と誤用の普及に力を貸すことになろう」と批判する。なお、この批判は『國語問題論爭史』(玉川大学出版部、2005年)に「杉本つとむ監修の『國語辭典を讀む』」として記載する予定だったもので、出版部から「辞書批評および編者批評になっていない」という理由で削除されたという(「『國語問題論争史』の出版に際して」『国語国字』第186号、2006年8月)。
  9. ^ 「差別用語 気をつけます/訴訟和解国語辞典、改訂で配慮」『朝日新聞』朝刊、1983年12月23日。これを受けて第4版からは、〔差別的なことば〕と注記するなどの工夫を凝らしている。

参考文献[編集]

  • 武藤康史編、柴田武監修『明解物語』三省堂、2001年
  • 飯間浩明著『辞書を編む』光文社新書、2013年
  • 飯間浩明著『辞書に載る言葉はどこから探してくるのか?ワードハンティングの現場から』ディスカバー携書、2013年
  • 飯間浩明著『三省堂国語辞典のひみつ』三省堂、2014年
  • 佐々木健一著『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』文藝春秋、2014年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]