土屋道雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土屋 道雄(つちや みちお、1935年(昭和10年)8月22日 - )は、日本評論家

人物[編集]

長野県生まれ。1960年防衛大学校土木工学科卒、在学中より福田恆存に師事。国語問題協議会の主事として機関紙「国語国字」の編集を担当。1969年評論で『自由』新人賞を受賞。1976年横浜創英短期大学助教授教授、同校図書館長。

著書[編集]

  • 『ことわざ365選』池田書店 新教養選書、1963
  • 『日本の神話』池田書店 新教養選書、1964
  • 『人間東条英機』育誠社、1967
  • 『諺ことわざ600選』池田書店 実用新書、1970
  • 『漢字実力テスト 楽しみながら実力のつく本』池田書店、1976
  • 『慣用句ことわざ実力テスト』池田書店、1980
  • 『ことわざ活用辞典』池田書店 ウイッチ・ブックス、1980
  • 『間違えやすい漢字 この一冊でもう恥はかかない』芳文社、1981
  • 『間違えやすい言葉づかい 正しい日本語の実例345』芳文社、1982
  • 『漢字に強くなる本テスト編』池田書店、1983
  • 『漢字の常識 これだけできれば大丈夫!!』ナツメ社、1986
  • 『福田恆存と戦後の時代 保守の精神とは何か』日本教文社 教文選書、1989
  • 『日本語に強くなる本』三笠書房 知的生きかた文庫、1990
  • 『日本語よどこへ行く』日本教文社 日本語ライブラリー、1992
  • 『報道は真実か』図書刊行会、1994
  • 『ワープロ時代の漢字常識 ますます必要になる漢字の知識』三一新書、1995
  • 『小原台の青春 防衛大学生の日記』高木書房、1997
  • 『漢字の「読み」これができたら達人』成美文庫、1997
  • 『言論の責任』高木書房、1998
  • 『日本のこころ』高木書房、1999
  • 『例解誤字辞典』柏書房 シリーズ日本人の手習い、2001
  • 『例解おかしな日本語正しい日本語』柏書房、2002
  • 國語問題論爭史玉川大学出版部、2005
  • 『日本よ日本人よ』友人社、2005
  • 『新たなる出発 我が半生』笠原書房、2006
  • 『日本は侵略国か』笠原書房、2007
  • 『これが読めたら「漢字」達人』成美文庫、2008
  • 『生涯一書生』笠原書房、2008
  • 『迷へる羊』笠原書房、2009
  • 『日本語は命 日本人への遺言』笠原書房、2010
  • 島崎藤村 苦悩と悲哀の生涯』笠原書房、2011
  • 『語源から古典へ 古典への誘ひ』笠原書房、2012
  • 『日本文化人論』笠原書房、2013

編著[編集]

  • 『死にかけた日本語 私設・マスコミ校閲部』福田恒存、宇野精一他共編 英潮社、1976
  • 「ことばの常識シリーズ」(編)日栄社、1990
『誤りやすいことば漢字・熟語』
『慣用句』
『故事成語』
『ことわざ』
『同音異義語』
『同訓異義語』
『難読語』
『四字熟語』
  • 『ことば 慣用句・ことわざ・故事成語・四字熟語 高校初級・中級用』編 日栄社 新・1日1題30日完成、1997
  • 『日本語常識辞典』編 日栄社、2009
  • 『日本人を育む小学国語読本』編著 麗澤大学出版会、2009

参考[編集]