宇野精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宇野 精一(うの せいいち、1910年〈明治43年〉12月5日 - 2008年〈平成20年〉1月7日)は、日本儒学者国語学者東京大学名誉教授尚絅大学名誉学長。國語問題協議會名誉会長、斯文会理事長。日本会議顧問。

父は儒学者の宇野哲人東方学会初代理事長ほか)。長男宇野茂彦中国文学者中央大学教授。

略歴[編集]

東京に生まれる。1923年(大正12年)に東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)卒業。1928年(昭和3年)に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。第一高等学校を経て、1934年(昭和9年)に東京帝国大学文学部支那哲学支那文学科卒業。東方文化学院東京研究所助手、東京高等師範学校教授、東京大学助教授を経て教授。同大学名誉教授。東京大学退官後、二松学舎大学教授。二松学舎大学東洋学研究所所長を務めた。

1955年に「先秦礼思想の研究」[1]文学博士(東京大学)。

儒教思想を軸とした古代中国経書学研究を進める傍ら、国語国字問題などに関する評論活動でも知られる。GHQの主導で行われた戦後の国語改革に一貫して反対する立場をとり、戦前の漢字・仮名づかいの活用を呼びかける。1959年(昭和34年)、小汀利得福田恆存らとともに國語問題協議會を設立。会長をつとめた。1961年(昭和36年)、国語改革推進派が多数を占め、毎回同じ委員が選出される構造となっていた国語審議会の総会を、舟橋聖一塩田良平山岸徳平らとともに退場し、注目を集めた。皇太子明仁親王)に漢学を度々進講している。

昭和58年(1983年)に、叙勲三等旭日中綬章。平成20年(2008年)1月7日の朝に死去。享年97。

著書[編集]

  • 儒教概説』 日月社、1948年
  • 『中国古典学の展開』 北隆館、1949年
  • 『新釈孟子全講』 学灯社、1959年
  • 『中国の知恵 孟子のことば 性善的人生観』 黎明書房、1966年
  • 『明解孟子明治書院、1972年
  • 論語と日本の政治』 明治書院、2002年
  • 『宇野精一著作集(全6巻)』 明治書院、1986年-1990年
    1. 儒教概説・東洋哲学史ほか-巻末に年譜・著作目録
    2. 中国古典学の展開ほか
    3. 孟子 研究篇・評釈篇
    4. 支那哲学研究方法論ほか
    5. 随筆・回想・紀行ほか
    6. 國語國字問題・教育問題ほか

訳書[編集]

編著[編集]

※複数の漢和辞典類の編纂監修を行っている

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]