見坊豪紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

見坊 豪紀(けんぼう ひでとし、1914年11月20日 - 1992年10月21日)は、日本日本語学者辞書編纂者[1]である。『三省堂国語辞典』の編纂者として辞書史に大きな業績を残した。「ケンボー先生」と親しまれる。

足跡[編集]

東京府出身(本籍は岩手県盛岡市)。青森県福島県、当時の南満州を経て、1932年旧制山口高校入学。1年の病気休学期間を経て卒業

1936年上京して東京帝国大学文学部国文科に入学。同期に山田忠雄がいる。1939年、卒業。その後、同大学大学院に進学。

大学院在学中、金田一京助の紹介で『明解国語辞典』(三省堂)の編纂に関わる。この辞書は、基本的な項目は当時の『小辞林』に基づいているものの、ほぼ見坊の独力により編纂され、「金田一京助編」の文句を冠して1943年に刊行された(後、1952年に改訂版)。なお、編纂中は大学院に顔を全く出しておらず、辞書の原稿を全て預けた後に中途退学したという。

1941年、岩手県師範学校教諭、42年助教授、43年旧制東京高校教授[2]、47年岩手師範学校教授、49年岩手大学教授に就任、57年国立国語研究所に入り、第3研究部長。

1960年、『明解国語辞典』(『明国』と省略)の項目を整理し一新した『三省堂国語辞典』(三省堂)(『三国』と省略されることが多い)を刊行(なお、山田忠雄他編の『新明解国語辞典』(「新明解」「新解さん」と省略)も、『明解国語辞典』を源流とする辞書である)。『三省堂国語辞典』は、日刊新聞・週刊誌・放送など生の現代語資料から、直接に用例を採集したところに特色がある。それまでの辞書は、伝統語の重視と現代語の軽視、先行辞書の引き写しなどの問題点があったが、見坊の辞書は、それらとは異なる方針を採った「同時代語の辞書」という点で画期的であった。1972年1月9日に山田忠雄と袂を分かつ[3]。山田は『新明解』、見坊は『三国』を担うことになる

『三省堂国語辞典』初版刊行と同時に、現代日本語の実例を採集する作業をより本格化させた。毎月、何千という現代語を新聞雑誌等から収集してカード化した。その成果は第2版(1974年)以降の版で結実し、現代語を鏡のように反映する辞書としての評価が定まった。見坊が辞書を「かがみ」であると捉え、言葉の実態を映す「鏡」(記述文法)の性格と、言葉を正す「鑑」(規範文法)の性格を認識していた(第3版の序文)ことは有名である。中でも見坊が重視したのは、現代語の変化を素早く映し出す「鏡」の側面であった[4]

一方、国語研究所在任中の1962年から、雑誌『言語生活』(筑摩書房)にコラム「ことばのくずかご」の連載を開始した(1981年まで。その後1984年に協力者とともに「新ことばのくずかご」として再開、雑誌廃刊の1988年まで継続、のち雑誌「ちくま」に移った)。

「ことばのくずかご」は、同誌の中でも人気のページとなった。「なまの資料に語らせる現代日本語の実態」と副題にある通り、見坊自身の現代語用例収集の一端を紹介するコラムであり、特に、辞書には入りそうもない、放っておけば捨てられる運命の言葉(および言葉に関する事例)を取り上げ、原文の文章をそのまま引用して示すところに特徴があった。流行語や言い間違いの事例などが多く含まれ、おのずと言葉のユーモラスな実例集になっていた。1979年1983年に、このコラムを選りすぐった単行本も出た。

1968年、国語研究所を退職。以後、現代日本語の用例採集と辞書編集に専念した。1974年には用例採集カードが100万枚を超える。作業は体調を崩した1992年2月まで続けられ、採集カードは実に約145万枚(『三省堂国語辞典』第4版序文)に達した。

著作[編集]

辞書[編集]

単行本[編集]

  • 『ことばの海をゆく』(朝日新聞社 1976年
  • 『辞書をつくる―現代の日本語―』(玉川大学出版部 1976年
  • 『辞書と日本語』(玉川大学出版部 1977年
  • 『ことばのくずかご』(筑摩書房 1979年
  • 『ことばの遊び学―ワード・ハンターが行く―』(PHP研究所 1980年
  • 『ことば さまざまな出会い』(三省堂 1983年
  • 『〈'60年代〉ことばのくずかご』(筑摩書房 1983年
  • 『新ことばのくずかご '84~'86』(筑摩書房 1987年
  • 『現代日本語用例全集』〔未完・3巻まで刊行〕(筑摩書房 1987年 - 1989年
  • 『88年版ことばのくずかご』(筑摩書房 1988年
  • 『89年版ことばのくずかご』(筑摩書房 1989年
  • 『日本語の用例採集法』(南雲堂 1990年

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「辞書編纂者」は「レキシコグラファー」といい、三省堂国語辞典第3版に立項してあり、「辞書編集者(=著者)。「レキシコグラファーは弁解せず」と書いてある。一部にしか使われない語を立項したのはサミュエル・ジョンソンの英語辞書のlexicographerが'A writer of dictionaries; a harmless drudge, that busies himself in tracing the original, and detailing the signification of words.'(辞書の作者;無害な努力家、言葉の元と意味を追うのに忙しい)となっていることを意識している。
  2. ^ 武藤康史編『明解物語』。
  3. ^ 佐々木健一『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』(文藝春秋)。
  4. ^ 『明国』で「ノックアウト」「フレンチドレッシング」「プロレタリアアト」「ブロンド」や「抗日」「細菌戦術」「戦傷死」「敵性」など、『三国』で「ウルトラマン」「エッチ」「エー」などをいち早く立項したことで知られる(佐々木『辞書になった男』)。

外部リンク[編集]