セロテープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セロテープ

セロテープ(Cellotape)は、セロハンテープの商品名で、日本においてニチバンが有する登録商標(第415360号ほか)。最初の日本国産セロハンテープだが、初期には国内で入手可能なセロハンテープがセロテープしかなかったため、普通名詞化して使われることが多い。しかし登録商標である以上、ニチバンの製品であることを特に強調する目的でなければ、普通名詞であるセロハンテープという語を使用することが望ましいとされる場面もある[1]

歴史[編集]

ニチバンはもともと絆創膏をつくっていたが、戦後、同社の創業者である歌橋憲一がアメリカ合衆国から輸入したセロハンテープを元に開発を行い、1947年、製品化にこぎつけた。たまたま完成直前に、GHQから民間検閲支隊検閲後の封筒を再封緘する目的でセロハンテープの製造を打診され、1ヶ月後に試作品を持っていったところ、あまりに早かったので驚かれたというエピソードがある。

1948年には「セロテープ」の商標を採用し、国内販売を始めた。以降、交通広告から初期のテレビ広告まで、積極的に広告を展開し、普及が図られた[2]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 例えば、NHKの放送では国内番組基準で「営業広告または売名的宣伝を目的とする放送は、いっさい行わない」「放送中に、特定の団体名または個人名あるいは職業、商号および商品名が含まれる場合は、それが、その放送の本質的要素であるかどうか、または演出上やむをえないものかどうかを公正に判断して、その取り扱いを決定する」と定めていることを踏まえ、通常は「セロハンテープ(あるいはセロファンテープ)」と表現する。
  2. ^ ニッポン・ロングセラー考 vol.034 ニチバンセロテープ COMZINE, 2006年3月

関連項目[編集]

  • 瀬畑亮 - セロテープメーカーでニチバンが公認する「セロテープアーティスト」
  • 学習と科学 - セロファンテープの製造工程を紹介した話で、本社工場が協力として紹介されている。

外部リンク[編集]