山田忠雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 忠雄(やまだ ただお、1916年8月10日 - 1996年2月6日)は、日本国語学者辞書編纂者。日本大学名誉教授

人物[編集]

1936年東京帝国大学文学部国文科に入学し、見坊豪紀と同期[1]1939年、同大学を卒業。1946年、日本大学文理学部国文学科助教授に就任、後に教授となるが、1959年4月15日に辞職[2]。『明解国語辞典』を見坊とともに完成させるが、1972年に出版された『新明解国語辞典[3]の編集主幹を務め、同じ出版社ながら見坊の『三省堂国語辞典』と袂を分かつ[4]

文化勲章受章者で国語学者の山田孝雄。長男の山田明雄数学者1990年まで東大教養学部助教授で後に『新明解』の編集者に加わる。山田俊雄も国語学者で『新潮国語辞典』に関わる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『当用漢字の新字体 制定の基盤をたづねる』 新生社 1958年(日本大学文学部国語研究室単刊)
  • 『三代の辞書 国語辞書百年小史』 三省堂 1967年
  • 節用集天正十八年本類の研究』 東洋文庫〈東洋文庫論叢 第55〉 1974年
  • 『近代国語辞書の歩み その摸倣と創意と』 三省堂 1981年7月

共編など[編集]

  • 『昭和校註竹取物語』 山田孝雄、山田俊雄共編 武蔵野書院 1953年5月
  • 『竹取物語総索引』 武蔵野書院 1958年
  • 漢和辞典の成立 私家版』 1958年
  • 『明解国語辞典』 金田一京助監修 見坊豪紀金田一春彦共編 改訂53版 三省堂 1958年9月
  • 『山田孝雄年譜』 山田英雄、山田俊雄共編 宝文館 1959年
  • 『山田孝雄追憶史学・語学論集』 宝文館 1963年
  • 『本邦辞書史論叢 山田孝雄追憶』 三省堂 1967年
  • 『新明解国語辞典』 三省堂 1972年
  • 『国語史学の為に』 第1-3部 笠間書院 1986年5月(笠間叢書)
  • 『電話帳式に引ける国語・漢和辞典』 三省堂 1987年9月
  • 『櫻史』 山田孝雄(校訳)1990年3月 講談社学術文庫
  • 『私の語誌』 1-3 三省堂 1996年 - 1997年

参考[編集]

  • 山田忠雄『近代国語辞書の歩み』
  • 佐々木健一『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』

脚注[編集]

  1. ^ 実際は見坊の方が二年ほど早く生まれているのだが、当人が高校の時に結核を患ったがため、療養のための休学により、同期入学となったという。
  2. ^ 理由は「大学教員をやっていたら、時間が奪われて自分の研究ができない」というものだった(佐々木健一『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』(文藝春秋p.263)。
  3. ^ 山田の没後、赤瀬川原平新解さんの謎』が出版される。
  4. ^ 二人と二つの辞書の性格については佐々木健一『辞書になった男』が詳しいが、辞書を「かがみ」と考える見坊と、「文明批評」と考える山田には大きな隔たりがあった。