ギグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ギグ: Gig)は、音楽演奏において

  • 小さなライブハウスなどでの短いセッション(大きな会場でのコンサートの際には使用しない)
  • クラブなどで一度だけ演奏すること(ジャズミュージシャンから広まった)

などを指すスラング(俗語)である。

概要[編集]

本来は、特に職種は問わず、単発(日雇い)または短い期間の仕事を示す言葉である。語源は諸説が入り交じっているため、正確な意味は不明である。

日本では、もっぱら音楽の関連用語として理解されている。本来は小規模な演奏会を示すが、日本ではロック音楽などのライブ全般の呼称として、規模にかかわらず用いられる。例えば、甲斐バンドは、都有5号地(現在の都庁)で行い3万人近く観客を集めた野外イベントを「THE BIG GIG」と銘打って開催した。また、BOØWYは、日本武道館東京ドームと、どれだけ会場が大きくなろうとも、コンサートを「GIG」と題していた。なお、各駅前において展開する路上ライブのことをバンド間で「ギグ」と呼称する場合があるが、近年では死語となっている。海外での使用例としては、ピンクフロイドのアルバム『狂気』に収録されている楽曲「The great gig in the sky」などがある。

関連項目[編集]

BOØWY - 日本において、コンサートツアー等に「GIG」という呼称を先駆けて使い始めた。[要出典]

氣志團 - 規模にかかわらず、コンサートやライブは全て「GIG」と呼んでいる。[要出典]