濱名一哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

濱名 一哉(はまな かずや、1956年 - )は、日本の映画プロデューサーエグゼクティブプロデューサー)。ワーナー・ブラザース映画ジャパン・コンテンツ事業グループ 邦画事業部エグゼクティブ・プロデューサー。

来歴[編集]

大阪芸術大学卒業後にフリーで自主映画制作をしていたが、制作費不足による借金を抱え、自主映画制作を辞める[1]。その後、1982年フィルムリンクインターナショナルに入社[2]し、映画監督森谷司郎に師事(その数十年後、濱名は森谷が監督した『日本沈没』をリメイクしている)。その後セゾングループ、(株)エクゼ他、数々の制作会社を転々とし、1991年TBS入社。1993年までプロデューサー名義「山下雄大」として活動した。

TBS入社後は映画畑を歩み続け、数多くの映画作品をプロデュースし、話題になった作品も多い。その後、映像事業部担当部長、映画事業部長、コンテンツ事業局次長、2011年1月1日より事業局スペシャリスト局長などを歴任し、2013年7月1日よりTBSテレビ事業局担当局長として、TBSが製作に関わるほとんどの映画にエグゼクティブプロデューサーや企画としてクレジットされる。

また、早稲田大学客員教授、大阪芸術大学客員教授でもある。

2015年2月6日にTBSを退社し、ワーナー・ブラザース映画にジャパン・コンテンツ事業グループ 邦画事業部エグゼクティブ・プロデューサーとして入社。

主な作品[編集]

エグゼクティブプロデューサー[編集]

プロデュース・プロデューサー[編集]

企画[編集]

共同製作総指揮[編集]

製作代表[編集]

その他[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]