去年の冬、きみと別れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
去年の冬、きみと別れ
著者 中村文則
発行日 2013年9月26日
2016年4月12日(文庫)
発行元 幻冬舎
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 192
195(文庫)
公式サイト www.gentosha.co.jp
コード ISBN 978-4-344-02457-1
ISBN 978-4-344-42467-8文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

去年の冬、きみと別れ』(きょねんのふゆ きみとわかれ)は中村文則の小説作品。2013年9月26日幻冬舎より刊行された[1]2014年(第11回)本屋大賞候補作。

2018年にこの本を原作とした実写映画が公開された。

あらすじ[編集]

フリーライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。 被告人である彼は二人の女性を殺した罪で死刑判決を受けていた。だが、犯行動機は不可解。事件の関係者も全員どこか歪んでいる。この異様さは何なのか? それは本当に殺人だったのか? 「僕」が真相に辿り着けないのは必然だった。なぜなら、この事件は・・・

登場人物[編集]

僕 
フリーライター。ある犯罪者に関する本を執筆する仕事に取り掛かっている。
木原坂雄大 
「僕」に取材されている犯罪者。35歳でアート写真専門のカメラマンを職業としながらも、主に祖父の遺産で生活をしている男。2人の女性を殺害し、裁判により死刑判決を受けている。
木原坂朱里 
木原坂雄大の姉。

書誌情報[編集]

映画[編集]

去年の冬、きみと別れ
監督 瀧本智行
脚本 大石哲也
原作 中村文則『去年の冬、きみと別れ』
製作 久保田修
製作総指揮 高橋雅美
濱名一哉
出演者 岩田剛典
山本美月
斎藤工
浅見れいな
土村芳
北村一輝
音楽 上野耕路
主題歌 m-flo「never」
撮影 河津太郎
編集 高橋信之
制作会社 C&Iエンタテインメント
製作会社 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
配給 日本の旗 ワーナー・ブラザース映画
公開 日本の旗 2018年3月10日
香港の旗 2018年6月27日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2018年3月10日に公開[2]。 主演は岩田剛典[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]