西村喜廣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
にしむら よしひろ
西村 喜廣
西村 喜廣
生年月日 (1967-04-01) 1967年4月1日(50歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都台東区
職業 映画監督
特殊効果
脚本家
ジャンル スプラッターホラー、バイオレンス
公式サイト http://www.nishi-eizo.com/
主な作品

東京残酷警察(2008年)
戦闘少女 血の鉄仮面伝説(2010年)

ヘルドライバー(2011年)
ABC・オブ・デス(2012年)

西村 喜廣(にしむら よしひろ、1967年4月1日 - )は、日本の特殊メイクアップアーティスト、映画監督。有限会社西村映造の代表取締役。日本映画監督協会会員。

来歴・人物[編集]

東京都台東区浅草出身[1]。幼少時より映画作品に強い関心を持ち、レイ・ハリーハウゼンによる「シンドバッドシリーズ」に感銘を受け特殊造形の道を志す[1]。学生時代から自主映画を制作。特殊造型、特殊メイク、撮影、照明ほか、映像制作に必要な技術を独学で習得する[1]

園子温とは大学生時代からの映画仲間。また蓮舫TOKMAも彼の自主映画『聖者が街にやって来た』に出演している。

青山学院大学卒業後、太陽企画入社。CM制作会社に入りプロの現場を学ぶ。

1995年、『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』オフシアター部門で、自主制作映画『限界人口係数』が審査員特別賞を受賞。同時期太陽企画を退社。照明部としてアルバイトをしながら多くの作品に特殊造型・特殊メイクを担当する。

映画表現における「残酷効果」なる新分野を打ち出した。[要出典]

2004年、ゆうばり出資により全編夕張ロケの『スピーカーマン』を監督。

2008年、劇場映画初監督作品『東京残酷警察』を発表。本作でおよそ73もの映画祭にノミネートし、内5つにおいて金賞・観客賞などを受賞。

2010年、『古代少女隊ドグーンV』を監督し、テレビ地上波にも進出。

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

WEBドラマ[編集]

PV[編集]

その他の参加作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ゲーム[編集]

舞台[編集]

バラエティ番組[編集]

  • 情熱大陸 斎藤工(2015年1月18日、TBS)
  • 第7回沖縄国際映画祭-人気俳優&女優がぶっちゃけ話SP-(2015年3月29日、日本テレビ)
  • アウト×デラックス(2015年6月4日、フジテレビ)
  • ジドリ 斎藤工(2015年12月5日、NHK総合)

受賞[編集]

限界人口係数
ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門審査員特別賞:ゆうばり国際ファンタスティック映画祭95

東京残酷警察
'Best Film" and "Best FX" : ブエノスアイレス・ロジョ・サングレ国際映画祭(アルゼンチン)
Best Make-up:Fantaspoa
Special Mention:プチョン国際ファンタスティック映画祭
観客賞・金賞:Fantasia(モントリオール)
観客賞:Night Visions Film Festival(フィンランド)

吸血少女対少女フランケン
観客賞・銅賞:Fantasia(モントリオール)
ブロンズ賞:Sainte Maxime International Horror Film Festival 2009 Midnight X-Treme部門(フランス)
最優秀作品賞 :Devildead.com選出(フランス)
観客賞:ニューヨークアジアンフィルムフェスティバル(アメリカ)

戦闘少女 血の鉄仮面伝説
シッチェス・カタロニア国際映画祭 CARNET JOVE部門「Best Motion Picture MIDNIGHT X-TREME」受賞

執筆[編集]

  • 映像+(グラフィック社)
連載「映画にA級とかB級とか言ってんじゃねーよ」

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「西村喜廣 特殊造形監督・キャラクターデザイン」『別冊映画秘宝電人ザボーガー』&ピー・プロ特撮大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年11月14日、pp.12-15。ISBN 978-4-86248-805-3
  2. ^ 第3・11話。
  3. ^ 「空手の師匠」として出演。
  4. ^ 「ホラー秘宝まつり」大畑創監督が手がけたオープニングムービー公開!”. ホラサスDAYS (2015年6月15日). 2016年3月22日閲覧。
  5. ^ オモイカネ、プルート、Pアーミー、ヤソマガツヒ。『真・女神転生Ⅳ 公式設定画集』167-170pより。

外部リンク[編集]