怪奇大作戦 セカンドファイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
怪奇大作戦 セカンドファイル
ジャンル テレビドラマSF特撮
放送時間 月曜日 22:00 - 22:45(45分)
放送期間 2007年4月2日 - 4月16日(3回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会 NHK
演出 清水崇、北浦嗣巳、中田秀夫
プロデューサー 米村宏
出演者 西島秀俊、岸部一徳、寺田農
エンディング 主題歌「リアル」
ガールズ・オン・ザ・ラン
外部リンク 怪奇大作戦 セカンド・ファイル
テンプレートを表示

怪奇大作戦 セカンドファイル』(かいきだいさくせん セカンドファイル)は、NHK円谷プロダクション製作のテレビドラマ。1968年の『怪奇大作戦』のリメイク作品である[1][2][3][注 1]

NHKデジタル衛星ハイビジョン2007年4月2日から4月16日まで毎週月曜日22:00 - 22:45に放映。全3話。BS2でも同年4月30日から5月2日及び12月25日から12月28日深夜に旧作セレクション14本とともに放映。その後も度々再放送されている。

概要[編集]

高度化する科学犯罪や原因不明の怪事件に対処すべく作られた半官半民のスペシャルチーム・SRI=Science Reserach Institute(特殊科学捜査研究所)の活躍を描く。基本設定や登場人物等の固有名詞はオリジナルである1968年版の『怪奇大作戦』に準じており、SRI本部には旧作のサブタイトルが書かれたファイルが置かれている(オープニングに登場)が、旧作との関係性は明示されていない[注 2]。旧作ではSRIの日本語の名称は「科学捜査研究所」であったが、後に同名の機関が現実に設立されたため、本作では「特殊」の2文字が追加された。また、旧作ではクレジット序列上の主人公は三沢であったが、『セカンドファイル』では牧に変更されており、各キャラクターの個性づけもやや異なる。

監督は、清水崇中田秀夫ら国際的に活躍するJホラーの旗手に加え、実相寺昭雄の愛弟子である北浦嗣巳が担当[1]。本来第2話は実相寺昭雄自身によって演出される予定だったが、制作準備中に実相寺が逝去したため、当初プロデューサーとして参加していた北浦がこれを引き継いだ[1]。メインタイトルの題字は実相寺によるものである。

オープニングテーマは冬木透、劇中音楽はTAK-MI(斎藤高広、仁見哲)による新作だが、メインタイトルには旧作のタイトル曲を電子楽器で演奏したものが使われ、旧エンディング・テーマソング「恐怖の町」のアレンジ曲もSRIの行動テーマとして使用されている。また旧作タイトル曲のメロディはgirls on the runが歌うエンディング「リアル」の前奏と後奏にも登場する。

第1話では『怪奇大作戦』第4話「恐怖の電話」、第3話では第21話「美女と花粉」へのオマージュシーンと思わしき箇所が存在している。

出演者のうち、町田大蔵役の寺田農は、『怪奇事件特捜チームS・R・I 嗤う火だるま男』(BSフジ、2004年9月25日放映)においても、山本所長役で出演している。

キャスト[編集]

レギュラー[編集]

ゲスト[編集]

第1話[編集]

第2話[編集]

第3話[編集]

スタッフ[編集]

  • シリーズ構成・題字:実相寺昭雄
  • 音楽:冬木透、TAK-MI(斎藤高広、仁見哲)
  • CG:鹿角剛司、水石徹
  • 科学考証:村上雅人
  • 司法考証:吉野正己(第1話)
  • 医事考証:斎藤博久(第3話)
  • 技斗:二家本辰巳
  • スタント&アクション:アーバンアクターズ
  • 監修:円谷一夫大岡新一
  • プロデューサー:米村宏
  • 制作統括:菅山明美、西村崇、安原裕人
  • 制作進行:今西健太
  • 共同制作:NHKエンタープライズ
  • 製作著作:NHK、円谷プロダクション

放映日程[編集]

※放映日はBShiのもの。

放映日 話数 サブタイトル 脚本 演出
2007/4/2 1 ゼウスの銃爪 中野貴雄 清水崇
2007/4/9 2 昭和幻燈小路 実相寺昭雄
玉城悟
北浦嗣巳
2007/4/16 3 人喰い樹 小林雄次 中田秀夫

再放送[編集]

2012年2月4日に第1話と第3話が、2月11日には第2話がBSプレミアムでそれぞれ放映された。

NHK総合テレビでも2012年7月7日から7月21日まで毎週土曜日深夜に放映した(一部地域は台風情報と重なった為、後日放送をやり直した)。

NHK BSプレミアム2013年10月3日から毎週金曜日00:05-0:45に放送[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『怪奇大作戦』の続編と表記している場合もある[4]
  2. ^ 『宇宙船 YEAR BOOK 2008』では、『怪奇大作戦』の第27話から第29話に相当するものと解釈して紹介している[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c 宇宙船YEAR BOOK 2007』 朝日ソノラマ〈ソノラマMOOK〉、2007年4月20日、6頁。ISBN 978-4-257-13096-3
  2. ^ 怪奇大作戦 セカンドファイル”. 2013年6月9日閲覧。
  3. ^ 大石真司、江口水基・島崎淳・間宮尚彦 『円谷プロ全怪獣図鑑』 小学館、2013年、353頁。ISBN 9784096820742
  4. ^ 「その後の円谷怪奇ドラマ」『洋泉社MOOK 別冊映画秘宝 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦』 洋泉社、2013年、145頁。ISBN 9784800301741
  5. ^ 「宇宙船vol.120特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2008」、『宇宙船』vol.120(2008.春号)、ホビージャパン2008年4月1日、 別冊p.32、 ISBN 978-4894256934
  6. ^ 番組表|怪奇大作戦 セカンド・ファイル

関連項目[編集]

外部リンク[編集]