東京残酷警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京残酷警察』(とうきょうざんこくけいさつ)は2008年公開の日本映画。監督は西村喜廣。劇場公開時R15+指定。

片腕マシンガール』に続く「TOKYO SHOCK」シリーズの第2弾である。

あらすじ[編集]

近未来の日本では警察が民営化されて「東京警察株式会社」となり、新種の殺人ミュータント「エンジニア」とすさまじいバトルを繰り広げていた。警察民営化の反対運動の際に暗殺された元警察官の父(堀部圭亮)の遺志を継ぎ、特殊部隊のエンジニアハンターとなったルカ(しいなえいひ)は治安維持のため、迷わずに次々とエンジニアを倒していく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

評価[編集]

  • 映画館大賞「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」第65位

外部リンク[編集]