竹増貞信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹増 貞信(たけます さだのぶ、1969年8月12日[1] - )は、日本実業家小林健三菱商事社長業務秘書を経て、2016年からローソン代表取締役社長。

来歴・人物[編集]

大阪府池田市出身[2]大阪教育大学附属高等学校池田校舎大阪大学経済学部卒業後、1993年三菱商事入社、畜産部に配属[3][4]牛肉輸入業務に携わるが、事業撤退に伴い部署が閉鎖され、2年目からは子会社の牛肉販売会社に出向となる。その後豚肉営業に転じ、30代では、2002年からグループ企業である米国の豚肉処理・加工品製造会社インディアナパッカー社へCEO(最高経営責任者)補佐として3年間にわたり出向した[5]

三菱商事広報部に5年勤務したのち、同社総務部経営企画部で小林健副社長業務秘書、小林健社長業務秘書[6][7]を務めた。三菱商事を退社し、2014年5月、ローソン代表取締役・代表執行役員副社長兼法人営業本部長ローソンマート担当に就任[8]。2016年3月からコーポレート統括兼成城石井・NL・LS100事業管掌兼海外事業管掌兼エンタテイメント・サービス事業管掌兼開発本部長。同年6月玉塚元一の後を受けて同社長に就任。2017年3月からマーケティング本部長兼務[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 取締役・役員人事異動のお知らせ - ローソン
  2. ^ [1]マンタンウェブ
  3. ^ [2]AERA
  4. ^ [3]日本経済新聞
  5. ^ “経営者インタビュー「生活を下支えする便利な存在に」 竹増貞信 ローソン社長”. 週刊エコノミスト. (2017年6月20日). https://www.weekly-economist.com/20170620keieisha/ 2017年8月3日閲覧。 
  6. ^ [4]日刊工業新聞社
  7. ^ [5]日本食糧新聞
  8. ^ [6]三菱商事
  9. ^ ローソン社長に竹増氏が昇格日本経済新聞 2016年3月28日