新浪剛史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新浪 剛史(にいなみ たけし、1959年(昭和34年)1月30日 - )は、日本の企業経営者。サントリーホールディングス株式会社代表取締役社長、元株式会社ローソン取締役社長及び会長(3ヶ月のみ)。弟は埼玉医科大学国際医療センター心臓外科教授の新浪博士[1]

略歴[編集]

  • 1991年(平成3年)5月 ハーバード大学経営大学院修了(MBA取得)。
  • 1995年(平成7年)6月 株式会社ソデックスコーポレーション(現・株式会社LEOC)代表取締役就任。
  • 1999年(平成11年)7月 三菱商事株式会社生活産業流通企画部外食事業チームリーダー就任。
  • 2000年(平成12年)4月 同社ローソンプロジェクト統括室長兼外食事業室長就任。
  • 2001年(平成13年)4月 同社コンシューマー事業本部ローソン事業ユニットマネジャー兼外食事業ユニットマネジャー就任。
  • 2002年(平成14年)
  • 3月 株式会社ローソン顧問就任。
  • 5月 同社代表取締役社長執行役員就任。
  • 2003年(平成15年) ローソンの経営に専念するため三菱商事を退職。
  • 2005年(平成17年)3月 同社代表取締役社長兼CEO就任。
  • 2014年(平成26年)5月 - 7月 同社取締役会長[2][3](ローソンから1億9500万円の役員報酬を受ける)[4]
  • 2014年(平成26年)10月 サントリーホールディングス株式会社代表取締役社長に就任[5]

出演[編集]

受賞歴[編集]

主な役職[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]