玉塚元一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

玉塚 元一(たまつか げんいち、1962年5月23日 - )は、日本実業家デジタルハーツホールディングス代表取締役社長CEO

人物[編集]

東京都出身。慶應義塾幼稚舎から慶應義塾で学び、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。

中学時代にラグビーを始め、慶應義塾大学蹴球部3年生でレギュラーポジションを獲得しフランカーを務めた。1984年全国大学選手権で準優勝。

曾祖父は旧・新日本証券(後の新光証券、現・みずほ証券)の前身のひとつである旧・玉塚證券の創業者。祖父は東京証券取引所理事長を務めた玉塚栄次郎

経歴[編集]

  • 1985年 - 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、旭硝子(現・AGC)へ入社[1]市原市の千葉工場に配属。
  • 1989年 - 旭硝子シンガポール支社勤務
  • 1997年 - 社費留学でケース・ウェスタン・リザーブ大学大学院でMBAを、サンダーバード国際経営大学院で国際経営学修士号取得。旭硝子を退職。
  • 1998年 - 日本IBMに転職しコンサルタントになる。コンサルティング業務を通じてファーストリテイリング柳井正澤田貴司と知り合う。入社から4ヶ月で日本IBMを退職。ファーストリテイリングへ入社。
  • 2002年 - ファーストリテイリング代表取締役社長兼COO就任。
  • 2005年 - ファーストリテイリング社長を退任[2]。元ファーストリテイリング副社長の澤田貴司と共にリヴァンプ(企業再生事業)を設立し共同代表に就任。
  • 2006年 - リヴァンプとロッテリアが経営委任契約を締結、ロッテリア会長 兼 最高経営責任者 (CEO) に就任。
  • 2010年3月 - ロッテリア会長を退任。
  • 2010年10月 - 新浪剛史の誘いを受けローソン顧問に就任。
  • 2011年1月 - ローソン副社長執行役員兼最高執行責任者に就任。
  • 2013年6月 - 役職廃止に伴い、ローソン取締役代表執行役員(最高執行責任者 (COO))兼CVSカンパニー社長兼オーバーシーズカンパニー社長へ役職を改称。
  • 2014年5月 - 同年5月1日付で、ローソン社長兼CVSカンパニー社長 兼 健康ステーション推進委員会長兼ローソン大学長
  • 2016年6月 - ローソン代表取締役会長CEOとなる[3][4]
  • 2017年
    • 1月 - ハーツユナイテッドグループ(現・デジタルハーツホールディングス)の顧問に就任[5]
    • 3月 - ローソン組織改編によりCEO廃止、代表取締役会長となる。
    • 3月 - ヤマハ発動機株式会社 社外取締役就任
    • 5月30日 - ローソン代表取締役会長を任期満了前に退任し顧問に就任
    • 6月27日 - ハーツユナイテッドグループ代表取締役社長CEOに就任[5]
    • 10月 - ラクスル株式会社 社外取締役就任
  • 2018年
  • 2019年
    • 6月 - トランスコスモス株式会社 社外取締役就任

脚注[編集]

先代:
新浪剛史
ローソン社長
2014年 - 2016年
次代:
竹増貞信
先代:
宮澤栄一
デジタルハーツホールディングス(旧ハーツユナイテッドグループ)社長
2017年 -
次代:
(現職)