玉塚栄次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2代目玉塚 栄次郎(たまつか えいじろう、1902年1月9日 - 1962年11月22日)は、日本実業家。玉塚證券社長・会長、日本証券業協会会長、東京証券取引所理事長を歴任。

人物[編集]

東京日本橋生まれ。旧姓は山崎。初代玉塚栄次郎の養子となり、1925年東京商科大学(現一橋大学)卒業、玉塚證券入社。玉塚證券社長・会長、玉塚不動産社長、日本証券業協会会長などを歴任。1955年から1957年まで東京証券取引所理事長を務めた[1]

1962年日本医科大学付属第一病院胃癌のため死去。享年60。酒が飲めず、地味な性格で、夜の付き合いが苦手なため、敵がいないと評された[2]

ローソン社長などを務めた玉塚元一は孫[3]

脚注[編集]

  1. ^ 「玉塚栄次郎氏(2代目) 高利回りより低利回りねらい 市場経済研究所代表 鍋島高明」日本経済新聞2016/2/20 5:30日本経済新聞
  2. ^ 朝日新聞1955年2月25日
  3. ^ 「幼稚舎からの慶應ボーイが「キラキラの人生」を選ばない理由」ダイヤモンドオンライン2017.3.6

­