嵐のワクワク学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
嵐のワクワク学校
WAKU-WAKU SCHOOL OF ARASHI
2011年より会場として使われている東京ドーム
2011年より会場として使われている東京ドーム
通称・略称 ワクワク学校
正式名称 嵐のワクワク学校
開催時期 毎年6月-7月
初回開催 2011年
会場 東京ドーム
京セラドーム大阪
主催 ジャニーズ事務所

嵐のワクワク学校(あらしのわくわくがっこう、英語: WAKU-WAKU SCHOOL OF ARASHI)とは、アイドルグループ・東京ドームおよび京セラドーム大阪を教室に見立てて授業を行うチャリティーイベント。略称は「ワクワク学校」。

概要[編集]

2011年東日本大震災を契機にがチャリティーイベントを開催[1]。メンバー5人がそれぞれ先生として授業を行った[2]。以降は通常イベントとして毎年開催[3]。2012年に宮城県福島県で在住者無料招待の"課外授業"、2017年には熊本県で熊本地震復興支援公演を行っている[4]。また2016年は同年に発生した熊本地震の被災者へ[5]、2018年は平成30年7月豪雨の被災地域(広島県愛媛県岡山県)へ収益金の一部を寄付した[6]。東日本大震災への寄付も継続しており、2018年時点で計20億円を義援金としている[6]

テーマは「日々是気付」。校歌は嵐の「ふるさと[7]。2015年からはジャニーズ事務所所属の後輩グループがアシスタントとして参加している。

各回の内容[編集]

2011年[編集]

嵐のワクワク学校2011〜毎日がもっと輝く5つの授業〜[2]
2011年6月から開催された嵐のライブツアー『ARASHI LIVE TOUR Beautiful World』のうち東京ドーム公演を、同年3月に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う電力不足(東日本大震災)を考慮してチャリティーイベントに変更[1]。コンサートより省電力かつ電源車での発電を行ったエコなイベントである[2]
3日間5公演で約22.5万人を動員し[2]、収益金約2億円はジャニーズ事務所のチャリティープロジェクト「Marching J」を通じて東北の被災地に寄付された[8]
DVD『ARASHI LIVE TOUR Beautiful World』初回限定盤にて映像化されている[9]
日程[2][7]
6月24日 - 6月26日:東京ドーム (5公演)
内容
テーマは「人体」、「生きること」
テーマは「電気」
テーマは「食」
テーマは「拍手」
テーマは「言葉にして伝えることの大切さ」

2012年[編集]

嵐のワクワク学校2012〜毎日がもっと輝く5つの授業〜[10]
前年のチャリティーイベントの好評を受けて、通常イベントとして開催された[3]。東京ドームのほか京セラドーム大阪[3]、さらに6月24日に宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ[11]、7月31日に福島・あづま総合体育館[12]にて無料招待の"課外授業"が行われ[10]、4ヶ所で28.3万人の動員が見込まれた[3]
日程[10]
6月16日 - 6月17日:東京ドーム (3公演)
7月14日 - 7月16日:京セラドーム大阪 (4公演)
内容
  • 「カチカチ」の授業 - 二宮和也
テーマは「先入観」
  • 「ゴクゴク」の授業 - 櫻井翔
テーマは「水」
  • 「パクパク」の授業 - 相葉雅紀
テーマは昨年同様「食」
  • 「ソモソモ」の授業 - 松本潤
テーマは「ものごとの由来」
  • 「ゲラゲラ」の授業 - 大野智
テーマは「笑い」

2013年[編集]

嵐のワクワク学校2013〜毎日がもっと輝く5つの授業〜[13]
東京ドームと京セラドーム大阪で開催され、24.6万人を動員した。メンバー1人が30分ずつ授業を担当し、約3時間行われた[14]。過去2回に続き、テーマは「日々是気付」[13]
日程
6月29日 - 6月30日:東京ドーム (3公演)
7月13日 - 7月14日:京セラドーム大阪 (3公演)
内容[13]
  • 「スヤスヤ」の授業 - 二宮和也
テーマは「睡眠」
  • 「チャリンチャリン」の授業 - 櫻井翔
テーマは「お金」
  • 「パクパク」の授業 - 相葉雅紀
テーマは3年連続「食」
  • 「チクタク」の授業 - 松本潤
テーマは「時間」
  • 「ワイワイ」の授業 - 大野智
テーマは「仲間」

2014年[編集]

嵐のワクワク学校2014〜友情がもっと深まるドーム合宿〜[15]
テーマは前年までとは異なり「日々是友情」[15]。東京ドームと京セラドーム大阪で4日間6公演行われ、24.6万人を動員[16]。また上海・浅水湾文化芸術センターとシンガポール・Shaw Theaters Balestierにてパブリックビューイングが行われた[15]
7月20日の「友だちの日[17]」に合わせ、7月19日・20日にオリジナルバス「Friendship号」が大阪と東京を走行した[18]
日程
6月7日 - 6月8日:京セラドーム大阪 (3公演)
6月28日 - 6月29日:東京ドーム (3公演)
内容[15]
  • 「友達と力を合わせることは、すばらしい」 - 二宮和也
  • 「上手に友達を作る方法」 - 櫻井翔
  • 「友達のことを知るために一緒にお弁当を食べよう」 - 相葉雅紀[注 1]
  • 「友達のことを考えよう」 - 松本潤
  • 「出会い、そして育もう」 - 大野智

2015年[編集]

嵐のワクワク学校2015〜日本がもっと楽しくなる四季の授業〜[19]
テーマは「日本の四季」。後輩グループのHey! Say! JUMPが生徒として参加[19]
東京ドームと京セラドーム大阪で4日間6公演24.6万人を動員。上海、シンガポールでパブリックビューイングが行われた[19]
日程[19]
6月6日 - 6月7日:京セラドーム大阪 (3公演)
6月27日 - 6月28日:東京ドーム (3公演)
内容
  • 春「入学式」
  • 初夏「日本人と米作り」 - 二宮和也
  • 真夏「伝統を受け継ぎ、次の世代に伝えよう」 - 松本潤
  • 秋「日本の"茶道"&おもてなし」 - 大野智
  • 年末「年忘れ&年越し」 - 相葉雅紀
  • 年始「年初めに福を呼ぶ! &初心を忘れずに」 - 櫻井翔

2016年[編集]

嵐のワクワク学校2016〜毎日がもっと輝く5つの自由研究〜[20][21]
テーマは「自由研究」で、ワクワク学校の"付属研究所"を舞台に開催された[20]ジャニーズWESTが助手として参加したほか、研究所所長として山中伸弥教授がVTR出演、小山薫堂がプロデュースを手掛けるくまモンが登場した[20]
4日間6公演で24.6万人を動員。今回のチケット代とグッズ収益の一部が熊本地震で被災した人々に寄付された[5]
日程
6月18日 - 6月19日:京セラドーム大阪 (3公演)
6月25日 - 6月26日:東京ドーム (3公演)
内容[20][21]
  • 「トイレットペーパーの芯の可能性を探る」 - 二宮和也、濵田崇裕
事前にHPにて"ロール芯アート作品"を募集し、その中で優れた作品を紹介。糸電話の楽器"ストリングラフィ"で校歌の「ふるさと」を演奏。
  • 「魚をおいしく食べる方法」 - 大野智、桐山照史
特設プールで釣り対決。大野が日本料理屋で教わった方法で鯛のお造りを調理。
ぞうきんがけ大会上位の小学生とぞうきんがけ対決。青山学院大学直伝の体幹トレーニングを実践。
  • 「星空がよりすてきに見える研究」 - 櫻井翔、藤井流星
ステージ上の電飾を満点の星空に見立てて疑似デート。被り物で太陽、月、地球の動きを解説。
チケット半券の番号でくじ引きをし、選ばれた生徒1名に質問。ネガティブエピソードをポジティブに捉える。

2017年[編集]

嵐のワクワク学校2017〜毎日がもっと輝くみんなの保健体育〜[22]
テーマは「保健体育」。Sexy Zoneが助手として、吉田沙保里がゲストとして出演した[23]。4日間6公演で24.6万人を動員[24]。公演チケットとグッズ収益の一部を東北地方太平洋沖地震・熊本地震の被災者に寄付する[22]
日程[22]
6月17日 - 6月18日:京セラドーム大阪 (3公演)
7月8日 - 7月9日:東京ドーム (3公演)
内容[23]
  1. ワクワク障害物競走[24]
  2. 「人間の基本は、毎日の"うん活"にあり」 - 二宮和也、中島健人
  3. 「男らしさ、女らしさを考えよう!」 - 櫻井翔、佐藤勝利
  4. 「運動(スポーツ)を好きになろう!」 - 相葉雅紀、菊池風磨
  5. 「緊張を味方にしよう!」 - 松本潤、松島聡
  6. 「人はなぜ泣く?涙の効果」 - 大野智、マリウス葉
嵐のワクワク応援団 熊本がもっと元気になる3つの課外授業[4]
熊本地震復興支援公演として、熊本県在住の小中学生とその保護者計6000人を無料招待し、会場となるグランメッセ熊本オープン前のプレ公演として行われた。大野、二宮、松本が出演[4]。櫻井、相葉はライブ中継で参加した[25]
日程
6月25日:グランメッセ熊本 (1公演)

2018年[編集]

嵐のワクワク学校2018〜毎日がもっと輝く5つの部活!〜[26]
テーマは「部活」。嵐のメンバーが"部長"に扮し、前年に続きSexy Zoneが"部員"として参加する[27]。4日間6公演で24.6万人を動員[27]。収益金の一部は同年に発生した平成30年7月豪雨の義援金として寄付された[28]
日程は以下に。
6月9日 - 6月10日:京セラドーム大阪 (3公演)
6月30日 - 7月1日:東京ドーム (3公演)
内容[27]
  1. 「探検部」 - 二宮和也
  2. 「土にさわる部」 - 松本潤
  3. 「ドッヂボール部」 - 櫻井翔
  4. 「スイーツ部」 - 大野智
  5. 「オカルト研究会」 - 相葉雅紀

出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 相葉先生の授業の際に食べるお弁当は観客が持参した[16]

出典[編集]

  1. ^ a b “嵐歌わない東京ドーム90分学校の先生に”. 日刊スポーツ. (2011年5月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110519-777900.html 2017年5月6日閲覧。 
  2. ^ a b c d e “「嵐の学校」で2億円寄付! 3日連続チャリティーイベント”. スポーツ報知. (2011年6月27日). オリジナルの2011年6月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110628165732/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110626-OHT1T00303.htm 
  3. ^ a b c d 二宮バースデー、4万5000人祝福の嵐”. nikkansports.com (2012年6月17日). 2017年5月6日閲覧。
  4. ^ a b c 竹上尋子 (2017年5月27日). “『嵐のワクワク応援団』無料招待で開催へ 大野、二宮、松本が“ふるさと”熊本に届ける元気 (1/2)”. Real Sound. http://realsound.jp/2017/05/post-77679.html 2017年10月23日閲覧。 
  5. ^ a b “嵐、5年連続6度目の5大ドームツアーを発表!11月から来年1月まで”. スポーツ報知. (2016年6月27日). オリジナルの2016年6月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160627081318/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160626-OHT1T50216.html 2017年5月6日閲覧。 
  6. ^ a b “松潤、被災地に元気届けた!嵐が3県に計1億5千万円 「ワクワク学校」収益金”. デイリースポーツonline. (2018年7月21日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/07/21/0011465541.shtml 2018年8月18日閲覧。 
  7. ^ a b 夏トマト (2011年7月1日). “嵐が教えてくれた5つの「気付き」とは?「嵐のワクワク学校」イベントレポ”. エキサイト. http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20110701/E1309443612978.html 2017年5月1日閲覧。 
  8. ^ ジャニーズ事務所、1年間の募金総額8億超え パンダ関係費は同社負担”. オリコン (2012年3月11日). 2017年5月1日閲覧。
  9. ^ 嵐、新シングル“Face Down”&ライヴDVD初回盤ディスクの詳細判明”. TOWER RECORDS ONLINE (2012年4月12日). 2017年5月6日閲覧。
  10. ^ a b c 夏トマト (2012年8月1日). “今年も開催「嵐のワクワク学校」震災後の新たな試み”. エキサイト. http://www.excite.co.jp/News/reviewmusic/20120801/E1343752305110.html 2017年5月1日閲覧。 
  11. ^ “「嵐のワクワク学校」福島で課外授業”. デイリースポーツオンライン. (2012年6月18日). オリジナルの2012年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120618030348/https://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/06/18/0005144314.shtml 
  12. ^ “応募要項”. WEB FCT. オリジナルの2012年7月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120718062028/http://www.fct.co.jp/event/arashi/ 
  13. ^ a b c 嵐フェス&ツアー決定「準備頑張ります」”. 日テレNEWS24 (2013年7月1日). 2017年5月6日閲覧。
  14. ^ 近藤由美子 (2013年7月1日). “嵐、5大ドーム+国立競技場ツアーを発表”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130701-1150464.html 2017年5月1日閲覧。 
  15. ^ a b c d “「ワクワク学校」で大野智が「嵐の友情」を感動スピーチ→笑撃の結末!”. テレビジョン. (2014年6月30日). https://thetv.jp/news/detail/48085/ 2017年5月6日閲覧。 
  16. ^ a b 嵐、11・12月に5大ドームツアー&新アルバム発売”. ORICON NEWS (2014年6月29日). 2017年5月6日閲覧。
  17. ^ “7月20日は「友だちの日」「嵐」提唱、小山薫堂と企画立案”. 産経ニュース. (2015年7月18日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150718/ent1507180009-n1.html 2017年5月1日閲覧。 
  18. ^ “7月20日は「友だちの日」、Friendship号が走る!!”. ワクワクともだちサイト. (2014年). オリジナルの2014年8月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140802143420/http://js-cp.jp/friendship/page/index?guid=ON 
  19. ^ a b c d “嵐“史上初”4年連続5大ドームツアー決定 『ワクワク学校』で発表”. オリコン. (2015年6月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2055023/full/ 2017年5月1日閲覧。 
  20. ^ a b c d “「嵐のワクワク学校2016」最終公演レポート”. テレビファン. (2016年6月27日). https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/feature/1057084 2017年5月1日閲覧。 
  21. ^ a b 川上きくえ (2016年6月28日). “嵐“ワクワク”学校をレポート 5人の先生の授業風景は?”. オリコン. http://www.oricon.co.jp/special/49097/ 2017年5月1日閲覧。 
  22. ^ a b c “嵐の助手にセクゾ 松本潤「一緒にワクワク体験しましょう」”. デイリースポーツオンライン. (2017年4月29日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/29/0010139758.shtml 2017年5月6日閲覧。 
  23. ^ a b “嵐が7年目の『ワクワク学校』を開催、保健体育の授業にSexy Zoneとの対決も”. ORICON NEWS. (2017年7月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2093850/full/ 2017年10月23日閲覧。 
  24. ^ a b “嵐×Sexy Zone「ワクワク学校」リポ(1) 障害物競争で中島のSexy Zoneに危機が!? (1/2)”. ザテレビジョン. (2017年7月12日). https://thetv.jp/news/detail/114552/ 2017年10月23日閲覧。 
  25. ^ “【視聴熱】嵐が“熊本がもっと元気になる3つの課外授業”を提唱! 6/25デイリーランキング”. ザテレビジョン. (2017年6月26日). https://thetv.jp/news/detail/113281/ 2017年10月23日閲覧。 
  26. ^ ““デビュー20年”嵐、7年連続の5大ドームツアー開催へ「史上最大規模!」”. ORICON NEWS. (2018年7月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2114647/full/ 2018年8月18日閲覧。 
  27. ^ a b c 大道絵里子 (2018年7月20日). “大野智作“卵かけご飯かき氷”に二宮和也は…「嵐のワクワク学校」完全レポ (1/2)”. AERA. https://dot.asahi.com/aera/2018071800016.html?page=1 2018年8月18日閲覧。 (2/2)
  28. ^ 小峰健二 (2018年7月23日). “嵐の二宮和也さん、被災の岡山訪問 義援金5千万円渡す”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASL7R4WMDL7RPTIL021.html 2018年8月18日閲覧。