Doors 〜勇気の軌跡〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Doors〜勇気の軌跡〜から転送)
Doors 〜勇気の軌跡〜
シングル
初出アルバム『5×20 All the BEST!! 1999-2019
B面 「Winter days」
「NOW or NEVER」
「Perfect Night」
「BORDER」
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル J Storm
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン[3]
  • 2017年11月度2位(オリコン)[4]
  • 週間1位(Billboard Japan Hot 100
  • シングル 年表
    つなぐ
    (2017年)
    Doors
    〜勇気の軌跡〜

    (2017年)
    Find The
    Answer

    (2018年)
    テンプレートを表示

    Doors 〜勇気の軌跡〜』(ドアーズ ゆうきのきせき)は、日本の男性アイドルグループ・の53作目のCDシングル並びにその表題曲2017年11月8日J Stormから発売された。

    音楽性[編集]

    表題曲「Doors 〜勇気の軌跡〜」はメンバーの櫻井翔主演の日本テレビ系ドラマ『先に生まれただけの僕』の主題歌となっている。 この曲は、様々な組織や社会、人間関係に悩みながらも、向き合い、前を向いて歩んでいくことの大切さを、温かくも力強いミディアムバラードに乗せたメッセージソング[5][6][7]。詞の主人公の成長、人にエールを送る部分が『先に生まれただけの僕』のストーリーと鳴海涼介にリンクしている[8]。ダンスはバラード曲であるが、細かなステップ、詞と合わせた手の振りなど丁寧に作り込まれている[9]

    「NOW or NEVER」はテンポの速い疾走感のある曲。詞がCMで放送されている歌詞と一部異なっている[10]

    リリース[編集]

    前作「つなぐ」から約4ヶ月振りのシングル。初回限定盤2種、通常盤の計3形態。初回限定盤1には表題曲、初回限定盤2にはカップリング曲「NOW or NEVER」のミュージックビデオとメイキングを収録したDVDを付属。カップリング曲にミュージックビデオが作られるのは「」以来15年振り[注 1][注 2]

    チャート成績[編集]

    2017年11月18日付のBillboard Japan Hot 100で初動59.6万枚を記録し首位を獲得[11][12]。11月20日付のオリコン週間シングルチャートで初動57.1万枚を記録し首位を獲得。初動だけで直近3作の累計売り上げを上回った。オリコンシングルチャートの首位獲得は42作連続通算49作目。通算首位獲得数はB'zと並び、歴代1位タイ記録[13][14]。初動50万枚以上を記録したのは、2016年の「I seek/Daylight」(73.8万枚)以来であり、2009年の「Believe/曇りのち、快晴」(50.2万枚)から9年連続で初動50万枚以上を達成した。

    2017年度年間10位にランクイン。本作で、歴代1位の「年間10位以内獲得連続年数」を2007年から11年連続に更新した。

    CD売り上げ枚数[編集]

    1週目:571386枚(週間1位)
    2週目:35702枚(週間5位)
    年間:625707枚(年間10位 (2017年))

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    通常盤・初回限定盤2[編集]

    ※「Perfect Night」以降、通常盤のみ収録。

    1. Doors 〜勇気の軌跡〜
      作詞:RUCCA、作曲:Simon Janlöv, Saw Arrow、編曲:吉岡たく
    2. NOW or NEVER
      作詞:wonder note、作曲:Kevin Charge, wonder note、編曲:前口渉
    3. Perfect Night
      作詞:Macoto56、作曲・編曲:Chris Meyer
    4. BORDER
      作詞:ASIL、作曲・編曲:HIKARI
    5. Doors 〜勇気の軌跡〜(オリジナル・カラオケ)
    6. NOW or NEVER(オリジナル・カラオケ)
    7. Perfect Night(オリジナル・カラオケ)
    8. BORDER(オリジナル・カラオケ)

    初回限定盤1[編集]

    1. Doors 〜勇気の軌跡〜
    2. Winter days
      作詞:今井了介、作曲・編曲:今井了介, Tasuku Maeda
    3. Winter days(オリジナル・カラオケ)

    DVD[編集]

    初回限定盤1[編集]

    1. Doors 〜勇気の軌跡〜」ビデオ・クリップ+メイキング

    初回限定盤2[編集]

    1. NOW or NEVER」ビデオ・クリップ+メイキング

    収録アルバム[編集]

    映像作品[編集]

    Doors 〜勇気の軌跡〜

    NOW or NEVER

    • ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ 「道」のミュージックビデオは映画「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」DVD盤に収録されている。
    2. ^ シングルに特典[カップリングの新曲PV]として収録されるケースは初。

    出典[編集]

    1. ^ 嵐/Doors〜勇気の軌跡〜(1)”. TOWER RECORDS ONLINE. 2017年11月21日閲覧。
    2. ^ 嵐のシングル「Doors ~勇気の軌跡~」がダブル・プラチナ認定 music.jp 2017年12月8日閲覧
    3. ^ Doors ~勇気の軌跡~(初回限定盤1)”. ORICON NEWS. 2017年11月21日閲覧。
    4. ^ オリコン月間 CDシングルランキング 2017年11月度”. ORICON NEWS. 2017年12月22日閲覧。
    5. ^ Doors〜勇気の軌跡〜”. 嵐〜ARASHI〜 オフィシャルサイト. 2017年12月22日閲覧。
    6. ^ 嵐、櫻井翔主演ドラマ主題歌「Doors~勇気の軌跡~」をシングルリリース”. 音楽ナタリー (2017年9月28日). 2017年12月22日閲覧。
    7. ^ 嵐、櫻井翔ドラマ主題歌「Doors ~勇気の軌跡~」11・8発売”. ORICON NEWS (2017年9月28日). 2017年12月22日閲覧。
    8. ^ 櫻井翔、人生の転機は中学時代 入学して2週間で絶望した”. NEWSポストセブン (2017年10月21日). 2017年12月22日閲覧。
    9. ^ 嵐、「Doors ~勇気の軌跡~」楽曲の特徴は? ドラマ『先僕』とのリンクから注目ポイントを探る”. リアルサウンド (2017年11月10日). 2017年12月22日閲覧。
    10. ^ 櫻井翔「もう20年ぐらい一緒にいるので…」距離感の難しい振り付けにも笑顔”. ザテレビジョン (2017年10月25日). 2017年12月22日閲覧。
    11. ^ 【ビルボード】嵐『Doors 〜勇気の軌跡〜』が59.6万枚でシングル・セールス首位に”. Billboard Japan (2017年11月13日). 2017年12月22日閲覧。
    12. ^ 【ビルボード】嵐「Doors 〜勇気の軌跡〜」が59万枚売り上げ総合首位 米津玄師「灰色と青( +菅田将暉 )」2週連続ダウンロード1位”. Billboard Japan (2017年11月15日). 2017年12月22日閲覧。
    13. ^ 【オリコン】嵐、"歴代1位タイ"シングル通算49作目首位”. ORICON NEWS (2017年11月14日). 2017年12月22日閲覧。
    14. ^ 嵐、シングルで通算首位記録で歴代1位タイ B'zと並ぶ”. MusicVoice (2017年11月14日). 2017年12月22日閲覧。
    15. ^ 嵐、11月に櫻井翔主演ドラマ主題歌“Doors~勇気の軌跡~”をシングルリリース”. 音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム) (2017年9月28日). 2017年12月22日閲覧。

    外部リンク[編集]