バグっていいじゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バグっていいじゃん
HKT48シングル
初出アルバム『092
B面 必然的恋人
白線の内側で
僕だけの白日夢
キスが遠すぎるよ
HKT48ファミリー
リリース
規格 シングル
デジタル・ダウンロード
録音 2016年9月
日本の旗 日本
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル EMI RECORDS/UNIVERSAL MUSIC
作詞・作曲 秋元康(作詞)
ジマエモン(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
HKT48 シングル 年表
最高かよ
(2016年)
バグっていいじゃん
(2017年)
キスは待つしかないのでしょうか?
(2017年)
ミュージックビデオ
バグっていいじゃん
テンプレートを表示

バグっていいじゃん」は、日本の女性アイドルグループ・HKT48の楽曲。作詞は秋元康、作曲はジマエモン2017年2月15日に、HKT48の9作目のシングルとしてユニバーサル ミュージック(EMI RECORDS)から発売された。楽曲のセンターポジションは指原莉乃が務めた[9]

背景とリリース[編集]

「バグっていいじゃん」に関する情報は、2016年9月26日にストリーミングサービス「SHOWROOM」で配信された『HKT48 8thシングル「最高かよ」スペシャル![10]』で解禁され、選抜メンバーおよびセンターポジションを発表した[11][12]。荒巻美咲、今村麻莉愛、駒田京伽、冨吉明日香、4期研究生の小田彩加、武田智加、地頭江音々、月足天音の8名が初選抜[11]、下野由貴が1stシングル「スキ!スキ!スキップ!」以来、約4年ぶりの選抜復帰となった[13]。前作との比較では神志那結衣、渕上舞、本村碧唯のほか、1stシングルからすべてのシングルで選抜入りしていた多田愛佳田島芽瑠松岡菜摘森保まどか、加入以降すべてのシングルで選抜入りしていた田中美久矢吹奈子が選抜から外れ、選抜メンバーの約半数が入れ替わる形となった。

上述の番組では、楽曲がテレビアニメ『カミワザ・ワンダ』(TBS)のオープニング主題歌に使用されることも明かされた[14]。HKT48がアニメ主題歌を担当するのは『マイリトルポニー〜トモダチは魔法〜』(テレビ東京)のエンディング・テーマに使用された「片思いの唐揚げ」(「あまくち姫」名義、「スキ!スキ!スキップ!」収録曲)以来で、「HKT48」名義ならびにシングル表題曲としては初である。

今作では指原莉乃がセンターポジションを務める[11]。AKB48名義では、いずれもAKB48シングル選抜総選挙の結果が反映された「恋するフォーチュンクッキー」「ハロウィン・ナイト」「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」でシングル表題曲のセンターを務めたことはあるが、HKT48名義では初めてである[14]。本楽曲で指原がセンターとなった理由は、子ども向けアニメの主題歌ということで、知名度の高い指原がセンターを務めるのが良いのではないかという意向による[12]

楽曲は2017年1月1日未明放送の『CDTVスペシャル! 年越しプレミアライブ 2016→2017』(TBS)で初披露された[15]

共通カップリング曲「必然的恋人」は“もうひとつの表題曲”というテーマと想いが込められており、2017年2月8日より先行配信された。また、2月8日の1日限定で“HKT48オリジナルステッカー”プレゼント企画がiTunes Storeおよびレコチョクで実施された[16]

音楽性と批評[編集]

「バグっていいじゃん」は、ポジティブなメッセージが込められた応援ソングである[17]

アートワーク[編集]

ジャケット写真のメンバーの割り振りは下表のとおり。

TYPE-A 小田彩加、兒玉遥、指原莉乃、武田智加、地頭江音々、月足天音、松岡はな、宮脇咲良
TYPE-B 荒巻美咲、今村麻莉愛、兒玉遥、指原莉乃、田中優香、朝長美桜、松岡はな、宮脇咲良
TYPE-C 井上由莉耶、兒玉遥、駒田京伽、指原莉乃、下野由貴、冨吉明日香、松岡はな、宮脇咲良
劇場盤 兒玉遥、指原莉乃、松岡はな、宮脇咲良

ミュージック・ビデオ[編集]

バグっていいじゃん
ミュージック・ビデオ(MV)は、メンバーがテレビゲームをするシーンから始まる。お笑いコンビやOLなど仕事がうまくいっていない人たちに、メンバーが「バグっていいじゃん」と声援を送るという内容[18]。HKT48のYouTube公式チャンネルでは『カミワザ・ワンダ』のキャラクター・ワンダがフルCGで登場する「カミワザ・ワンダ オープニング CG ver.」も公開されている[19]。監督は前作「最高かよ」に引き続きZUMIが担当した[20]
また、スピンオフMVも制作され、HKT48のYouTube公式チャンネルで公開されている[21]。“あれあれ?どこで人生バグったの?”というタイトル画面から始まる、1978年放送のTBSの教養番組『まんがはじめて物語のような世界観の中で[22]、不思議なキャラクター・バグタンに誘われた松岡はな、小田彩加、武田智加、地頭江音々、月足天音の5人が“バグった世界”へワープし、一見すると普通の風景が「バグゴーグル」をかけると面白いバグを発見できるというストーリーになっている[21]。そのバグった世界の人物としてコウメ太夫ゆってぃ鳥居みゆき髭男爵が出演している[21]
必然的恋人
「必然的恋人」のMVの舞台は薬局で、白衣をベースにしたカラフルなドクターコート風の衣装を着用したメンバーが薬剤師に扮する[23]

メディアでの使用[編集]

バグっていいじゃん
TBSアニメ『カミワザ・ワンダ』第2期(第23話 - 第47話〈最終話〉)オープニング・テーマ[11]
TBS『HKT48のおでかけ!』エンディング・テーマ(第202回 - 第206回、第211回 - )
エリカ健康道場『HKT48×優光泉』「バグっていいじゃん」版 CMソング[24]
必然的恋人
東京モノレール『やるじゃん!モノレール』CMソング

シングル収録トラック[編集]

Type-A[編集]

CD[25]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「バグっていいじゃん」 秋元康 ジマエモン 佐々木裕
2. 「必然的恋人」 秋元康 池澤聡 池澤聡
3. 「白線の内側で」(4期生) 秋元康 井上トモノリ 板垣祐介
4. 「バグっていいじゃん (Instrumental)」   ジマエモン 佐々木裕
5. 「必然的恋人 (Instrumental)」   池澤聡 池澤聡
6. 「白線の内側で (Instrumental)」   井上トモノリ 板垣祐介
合計時間:
DVD[25]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督
1. 「バグっていいじゃん Music Video」     ZUMI
2. 「必然的恋人 Music Video」     中村太洸
3. 「HKT48と契約結婚 Vol.1」      

Type-B[編集]

CD[26]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「バグっていいじゃん」 秋元康 ジマエモン 佐々木裕
2. 「必然的恋人」 秋元康 池澤聡 池澤聡
3. 「僕だけの白日夢」(プラチナガールズ) 秋元康 川浦正大 川浦正大
4. 「バグっていいじゃん (Instrumental)」   ジマエモン 佐々木裕
5. 「必然的恋人 (Instrumental)」   池澤聡 池澤聡
6. 「僕だけの白日夢 (Instrumental)」   川浦正大 川浦正大
合計時間:
DVD[26]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督
1. 「バグっていいじゃん Music Video」     ZUMI
2. 「僕だけの白日夢 Music Video」     土屋隆俊
3. 「HKT48と契約結婚 Vol.2」      

Type-C[編集]

CD[27]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「バグっていいじゃん」 秋元康 ジマエモン 佐々木裕
2. 「必然的恋人」 秋元康 池澤聡 池澤聡
3. 「キスが遠すぎるよ」(ダイヤモンドガールズ) 秋元康 多田慎也 山田祐輔
4. 「バグっていいじゃん (Instrumental)」   ジマエモン 佐々木裕
5. 「必然的恋人 (Instrumental)」   池澤聡 池澤聡
6. 「キスが遠すぎるよ (Instrumental)」   多田慎也 山田祐輔
合計時間:
DVD[27]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督
1. 「バグっていいじゃん Music Video」     ZUMI
2. 「キスが遠すぎるよ Music Video」     戸塚富士丸
3. 「HKT48と契約結婚 Vol.3」      

劇場盤[編集]

CD[28]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「バグっていいじゃん」 秋元康 ジマエモン 佐々木裕
2. 「必然的恋人」 秋元康 池澤聡 池澤聡
3. 「HKT48ファミリー」 秋元康 丸谷マナブ、本柳タカヲ APAZZI
4. 「バグっていいじゃん (Instrumental)」   ジマエモン 佐々木裕
5. 「必然的恋人 (Instrumental)」   池澤聡 池澤聡
6. 「HKT48ファミリー (Instrumental)」   丸谷マナブ、本柳タカヲ APAZZI
合計時間:

選抜メンバー[編集]

  • 荒巻美咲
  • 井上由莉耶
  • 今村麻莉愛
  • 小田彩加
  • 武田智加
  • 田中優香
  • 地頭江音々
  • 月足天音

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “レコ協 2月ゴールドディスク認定、RADWIMPS「君の名は。」がダブル・プラチナ”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ,マグネット). (2017年3月10日). http://www.musicman-net.com/business/66133.html 2017年3月17日閲覧。 
  2. ^ J-POP最強カウントダウン50 2017/2/19(日) オンエア”. MUSIC ON! TV. エムオン・エンタテインメント (2017年2月19日). 2017年2月27日閲覧。
  3. ^ “【ビルボード】HKT48「バグっていいじゃん」31.7万枚セールスでJAPAN HOT100総合首位 ブルゾンちえみ効果で「ダーティ・ワーク」がダウンロードと動画再生で総合8位に”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年2月22日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/47839/2 2017年2月27日閲覧。 
  4. ^ “【ビルボード】HKT48『バグっていいじゃん』317,368枚を売り上げ、大差でシングル・セールス1位に ※2/21訂正”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年2月20日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/47738/2 2017年2月27日閲覧。 
  5. ^ “【ビルボード】HKT48「バグっていいじゃん」がアニメチャート首位、米津玄師「orion」が追いかける”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年2月22日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/47832/2 2017年2月27日閲覧。 
  6. ^ “【オリコン】HKT48、デビューから9作連続首位 女性アーティスト1位記録更新”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2086281/full/ 2017年2月27日閲覧。 
  7. ^ 週間 CDアニメシングルランキング 2017年02月27日付”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年2月). 2017年3月17日閲覧。
  8. ^ 月間 CDシングルランキング 2017年02月度”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年3月). 2017年3月17日閲覧。
  9. ^ “HKT新曲は指原が“初”センター「恥ずかしい」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年9月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1716035.html 2016年9月27日閲覧。 
  10. ^ 美坂柚木 (2016年9月26日). “指原莉乃が出演、HKT48「最高かよ」スペシャル今夜生配信…ショールーム”. CYCLE style of sports and technology (イード). http://cyclestyle.net/article/2016/09/26/41430.html 2016年9月27日閲覧。 
  11. ^ a b c d “HKT48新曲は指原が初センター、8人が初選抜 アニメ『カミワザ・ワンダ』主題歌”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年9月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2079051/full/ 2016年9月27日閲覧。 
  12. ^ a b 佐藤仁 (2016年9月27日). “HKT48新曲は初のアニメ主題歌 指原莉乃が総選挙シングル以外で初のシングルセンターに”. ねとらぼ (アイティメディア). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1609/27/news139.html 2016年9月27日閲覧。 
  13. ^ 西日本スポーツ (2016年9月28日). “HKT9枚目シングル発表 「バグっていいじゃん」 9人入れ替え大改造”. 西日本新聞 (西日本新聞社). http://www.nishinippon.co.jp/nlp/hkt_news/article/277885 2016年9月29日閲覧。 
  14. ^ a b “指原莉乃、「HKT48」のシングル曲で初センター!!”. Japan芸能カルチャー研究所 (IMW). (2016年9月27日). http://japan-culture-labo.com/4196 2016年9月27日閲覧。 
  15. ^ TBS-CDTV (2016年12月31日). “#HKT48 のみなさんからコメントが届きました〜!”. Twitter. 2017年1月21日閲覧。
    井上由莉耶 (2017年1月1日). “改めて”. Google+. 2017年1月21日閲覧。
  16. ^ 2月8日(水) HKT48「必然的恋人」先行配信決定!初の先行配信を記念して1日限定”HKT48オリジナルステッカー”プレゼント企画を実施!”. HKT48 OFFICIAL WEB SITE. AKS (2017年2月8日). 2017年2月9日閲覧。
  17. ^ “HKT48新曲『カミワザ・ワンダ』主題歌に!宮脇咲良「カラオケで盛り上がって」”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2016年9月27日). http://dogatch.jp/news/tbs/41039 2016年9月27日閲覧。 
  18. ^ “HKT48が“バグった人たち”を応援”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年2月2日). http://natalie.mu/music/news/219197 2017年2月4日閲覧。 
  19. ^ 【MV】バグっていいじゃん -カミワザ・ワンダ オープニング CG ver.- / HKT48[公式] - YouTube
  20. ^ ミュージックビデオサーチ 楽曲情報 バグっていいじゃん”. SPACE SHOWER TV. スペースシャワーネットワーク. 2017年2月9日閲覧。
  21. ^ a b c “HKT48、新曲スピンオフMVにコウメ太夫やゆってぃほか“バグった芸人””. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年2月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000138420 2017年2月20日閲覧。 
  22. ^ “HKT48松岡はな&4期生出演『バグっていいじゃん』の昭和っぽいスピンオフMVが公開”. MIKAN. (2017年2月17日). http://mikan-incomplete.com/girls/4733 2017年2月20日閲覧。 
  23. ^ Oha!4 NEWS LIVE. 日本テレビ系列. 日本テレビ放送網. 2017年2月8日放送. 2017年2月9日閲覧。
  24. ^ HKT48×優光泉 TVCM(30秒Ver) 「バグっていいじゃん」版 / HKT48[公式] - YouTube
  25. ^ a b HKT48 2017a
  26. ^ a b HKT48 2017b
  27. ^ a b HKT48 2017c
  28. ^ HKT48 2017d

参考文献[編集]

  • HKT48 『バグっていいじゃん』 ユニバーサル ミュージック、2017年2月15日、TYPE-A。UPCH-80461。ASIN B01MXRX5RP
  • HKT48 『バグっていいじゃん』 ユニバーサル ミュージック、2017年2月15日、TYPE-B。UPCH-80462。ASIN B01N6AIAZH
  • HKT48 『バグっていいじゃん』 ユニバーサル ミュージック、2017年2月15日、TYPE-C。UPCH-80463。ASIN B01MTU9ENY
  • HKT48 『バグっていいじゃん』 ユニバーサル ミュージック、2017年2月15日、劇場盤。PRON-5015。ASIN B06X18ZNSB

外部リンク[編集]