大使閣下の料理人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大使閣下の料理人
ジャンル 青年漫画
料理・グルメ漫画
漫画
原作・原案など 西村ミツル(原作)
作画 かわすみひろし
出版社 講談社
掲載誌 モーニング
レーベル モーニングKC
発表期間 1998年 - 2006年
巻数 単行本:全25巻
文庫版:全13巻
その他 平成14年(2002年)度
第6回文化庁メディア芸術祭
マンガ部門優秀賞受賞
テンプレート - ノート
ポータル 漫画

大使閣下の料理人』(たいしかっかのりょうりにん)は、西村満が著した、自身の日本大使公邸料理人としての体験をもとにしたエッセイ。近代文藝社刊。

漫画『大使閣下の料理人』は、原作:西村ミツル(西村満の筆名)、作画:かわすみひろしによる作品。『モーニング』(講談社)にて、1998年から2006年にかけて連載された。単行本全25巻、文庫版全13巻。累計発行部数は2014年11月時点で190万部を突破している[1]。平成14年度(2002年度、第6回)文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞受賞作品。

あらすじ[編集]

主人公・大沢公は大量の料理をつくる組織の歯車であることに疑問を抱き、「気持ちを届けられる料理」を目指して名門ホテル料理人を辞め、ハノイ市在ベトナム社会主義共和国日本国大使館公邸の料理人になることになった。高級食材は簡単には手に入りにくいベトナムで、倉木特命全権大使とともに政府高官や各国大使たちとの食卓外交、またベトナムの市場の人たちとの交流を繰り広げる。4年近く[2]におよぶベトナムでの生活の後、倉木大使とともに帰国。14巻[3]からは遊軍大使となった倉木の直属料理人として国際政治の舞台で腕を振るう。

現実の外交・政治の時事ニュース等をストーリーと関わらせ、またタレーランなどの食卓外交、各料理の起源やお客の個人的な想い出のエピソードが話の広がりを膨らませている。

作品中に登場した主な時事ニュース[編集]

登場人物[編集]

大沢家とその周りの人々[編集]

大沢公(おおさわ こう)
主人公。第0話である『前菜』時で28歳。日本のNKホテル出身で倉木大使付の公邸料理人。非常に温厚な性格であり、怒ることはほとんどないが、憤懣やるかたない時には調理場を徹底して掃除することで気を静めている。母親を早くに亡くしており、母の残した手作りの梅干を大切に食べている。家族からは「料理バカ」と評されるほど、自分の専門以外の食材や調理法にも関心が高く、それが元でトラブルに巻き込まれることも珍しくない。
高級な素材に頼るのではなく、素材の味を引き出し他の食材との組合せ(マリアージュ)により美味しさを引き出す発想が特徴。本場フランスでの修行経験がないにも関わらず、国粋主義のフランス人たちからもその技量に一目置かれるほどの腕の持ち主である。
一方、外交上の思惑を料理に乗せることの意味や、客をもてなすにあたっての情報収集の大切さ、大使館関係者として地域に溶け込み、食材の流通を把握することの重要性、そして大使との信頼関係など、それまでになかった問題には頭を抱え、時には失敗を経験し、倉木大使から全幅の信頼を寄せられる「大使閣下の料理人」として完成されていった。
「時には手も付けられずに捨てられてしまう宴会場の料理ではなく、心のこもった皿を提供し、お客様の気持ちを感じられる場所で働きたい」という動機から公邸料理人に志願した。専門はフランス料理だが、ホテル時代には半年ほど製菓部に出向していたため、洋菓子作りも得意であり、またその経験が物語のスタートを切ることになった。大使館勤めとなってからは、設宴のため和食ベトナム料理アフリカ料理中華料理など様々な国の料理で研鑽を積んでいる。
「パーキン」という古典的な菓子の、特別なレシピを偶然知っていたことが公邸料理人に採用された決め手であり、経歴や意欲ではなかったと聞かされて強いショックを受けるが、仕事の中でその葛藤を乗り越え、倉木大使とのさらなる信頼関係を築いた。最終章では、ホテルが大使館の設宴をバックアップするという提携企画を立ち上げ、倉木大使の了承を得て退職。NKホテルのチーフとなった。「大使閣下の料理人」を弟子の青柳愛に引き継がせるが、その際に「パーキン」の件を引き合いに出し、「自分も最初はその程度の料理人に過ぎなかった、裏を返せば誰でも志を持てばみんな僕のようになれるということです」と愛を励ました。
続編『グ・ラ・メ! -大宰相の料理人-』にもサブキャラクターとして登場している。
倉木和也(くらき かずや)
公を雇った「大使閣下」。『前菜』時58歳。T大(東京大学を指していると思われる。以降同じ)卒。外務省チャイナスクールキャリア外交官だが、台湾の独立性にも理解を示すなど、大陸の顔色をうかがう主流派とは異なる立ち位置をとっている。
70年代には日中国交正常化の交渉を担当していたが、ニクソン・ショックにより更迭される。閨閥結婚をしていなかったため親族のバックアップも得られず出世街道から外れたが、彼を知る人からはその手腕を惜しまれていた。物語冒頭では対アジア外交の切り札として在ベトナム特命全権大使に就任、ベトナムを舞台としたタレーランばりの「食卓外交」を繰り広げる。その後、外交面の強化を望む平泉首相によって無任地の遊軍、国家情報担当大使に任命され帰国、外務次官級の仕事を行う。物語の終盤には、念願であった在中国大使に任命された。
公が担当する最後の設宴において、デザートに「パーキン」をリクエストし、公も大使がそうするだろうと察して焼いておき、すぐに出して見せるというコンビネーションぶりを見せた。さらに、公との信頼関係について「パーキンに感謝したいくらいの気持ち」「外交も人間関係も時間をかけて育てあげるからこそ」のものであると語り、公を新たな道へと送り出し、愛との間に新しい信頼関係を築く覚悟を示した。
名前や設定は元ベトナム大使の鈴木勝也小倉和夫などから。
大沢ひとみ(おおさわ ひとみ)
公の妻。ベトナム編では長女かおりとともに東京の家で2人暮らし。NKホテルで催事場のセッティングを務めていた時に[4]公たちと出会う。当初は相田と付き合っていたが、仲違いにより冷めかかっていたところを、公が口説き落として結婚したという過去がある。妊娠したため、仕事をやめ専業主婦となった。酒豪。
大沢かおり(おおさわ かおり)
公・ひとみ夫妻の長女。ツインテールの小学生で、母や祖父の手伝いの中で料理を学んでいる。独自料理を考えるなど、才能の片鱗を見せている。学校では「家庭科の鬼」とも呼ばれている。最終話では中学生となっている。
大沢巧(おおさわ たくみ)
公の父。浅草界隈にある洋食・うさぎ亭のオーナーシェフ。頑固な男だが孫には甘く、かおりとのツーショット(後には匠を加えたスリーショット)を携帯の待ち受けにしているほどで、仕事に熱心なあまり家族をおろそかにしがちな息子を、度々叱りつけている。
うさぎ亭を開く前は、ホテルの洋食調理部に勤務していた。その際に中華の調理場にも顔を出し、香港出身のシェフに教わったため、中華料理の技法にも詳しく、葉兄弟との対決では公に湯(スープ)の力を借りるようアドバイスを送った。
忠さん
公が尊敬するシェフ。客一人一人の癖や体調などを読み取り、料理を提供するタイミングを計ったり、食べやすい料理を考えたりできるという才能を持つが、あるトラブルが原因で自信を喪失し、裏方に徹するようになっていた。その後はうさぎ亭の調理師として働いていたが、ロック元大統領の激励もあり、のれんわけの形でこ卯さぎ亭を経営するようになった。沖縄出身で沖縄空手の有段者。家出した娘がバリに住んでいる(バリ編で親子の間は和解した)。
大沢匠(おおさわ たくみ)
「一姫二太郎」計画を抱き続けていた公・ひとみ夫妻にとって待望の長男。単行本23巻で誕生。名前は『職人』としての意味と、音の『たくみ』を祖父の名の『巧』と同じにしたことによる(祖父は「味平」にしようとしていた)。
江口悟(えぐち さとる)
帰国した倉木大使の補佐官。T大卒。父親も外交官(後に大使)だったが、本人はあくまで自分の意志として外交官の道を選んだことを誇りとしており、世襲と見られることを特に嫌っている。
父の仕事柄、子供時代には海外生活を長く経験しており、その反動で初登場時には大の洋食嫌いとなっていたが、公たちの尽力で徐々にその傾向は改善されていった。
T大時代にはお調子者の面が強く、ひそかに憧れていた青柳愛からは手厳しい評価を受けていた。補佐官となってからもスタンドプレーで外交の危機を招く事態を起こしてしまったが、周囲のフォローもあり人間としての成長を遂げることとなる。
その後は愛への恋心を再燃させ、また彼女の才能も見込んで結婚相手として望むようになる。19巻では金田外務大臣に見込まれ、彼の娘すみれとの閨閥結婚を持ちかけられるが「たとえ最果てに飛ばされても」との覚悟で婚約拒否をした。
青柳愛(あおやぎ あい)
T大卒。幼少時をアメリカで過ごす。日本業界最大手の音羽証券に就職するが、自分の能力に限界を感じて直ぐに退社、バックパッカーとして世界中を旅行する。旅行中にアジア・ジャーナルの記事を読んで公に憧れ、国立市にある大沢の自宅をアポなしで訪問し、そのまま弟子となった。語学に天才的な能力を発揮し、日常会話ならば10ヶ国語以上、英語フランス語北京語広東語は現地人が感心するほど流暢にこなす。
熱意を認められて公の料理助となるが、当初は料理に関しては素人同様であり、多少経験を積んでからも公の要求通りの調理法をどうしても成功させられず、床にへたり込み涙ぐんでしまうという場面もあった(この一件は、公に師匠としての立場の難しさ、指導方法について目を開かせるきっかけともなった)。しかし地道に努力を重ね、やがては倉木大使も安心して設宴を任せるほどに腕を上げていく。21巻途中では一本立ちを遂げて香港総領事公邸料理人となるが、その際にも重い中華包丁を扱いやすいよう、ダンベルで腕力を鍛えるなどしている。
最終話では公の後を引き継ぎ、倉木大使の片腕を担う中国大使公邸料理人となる。
当初は妻子持ちの公に師弟関係を超えた感情を抱き、その危うさを友人にも指摘されるが、かつての経験から自重していた。その後は互いに自分の仕事に誇りを持ち、信頼できる仲間となった江口と惹かれあうようになっていく。最終的には「公邸料理人である青柳愛に、江口夫人となってほしい」とのプロポーズを受け、承諾して婚約関係となっている。
北島萌(きたじま もえ)
青柳の中学時代の友人。細身の女性だが凄腕の板前。料亭「たかくら」に勤めていたが、誤解からくる反発により、親方を殴って失業。「寅さん」シリーズのファンで、登場当初は口調などをよくまねていた。香港総領事館の公邸料理人となった青柳の後を引き継ぎ、大沢と一緒に働いているが、師弟関係や助手ではなく、あくまで対等な料理人同士だと自認している。
和食に誇りを持ち、バタ臭いフランス料理は嫌いであったが、大沢と働く中で偏見を正していく。後にたかくら時代の先輩に再会したことがきっかけとなって親方に詫びを入れに行き、日本酒と西洋料理とのマリアージュについて悩んだ時にはアドバイスをもらってもいる。
作品の最終話では香港総領事公邸料理人となり、執事のブルースによると「小俣総領事となぜか意気投合」しているとのこと。
倉木洋子(くらき ようこ)
倉木大使の一人娘。一般の看護婦から外交官夫人となった母が、他家の夫人たちから存在を軽んじられて奴隷のごとく扱われ、結果としてロンドンで過労死してしまったと感じ、父親を恨んでいた。しかし大使夫人の代理として接宴に出席したことをきっかけに、母が父の戦友として、自ら命がけで外交に挑んでいたことや、母の真心が尽くした相手に通じており、感謝されていたことなどを知ってわだかまりが解け、父と和解する。
大学卒業後はキャリアになる実力を持ちながらも、あえて外務省専門職員を受験、恋人と離別してもベトナム語スペシャリストとなる道を選択した。愛や江口を姉・兄と呼び、慕っている。

主な料理人[編集]

上村信蔵(かみむら しんぞう)
NKホテルの総料理長。パリで研鑽し、エスコフィエ直系にも学んだ古典フレンチのシェフ。「本物のフレンチシェフならそれがたとえ卵をご飯にぶっかけたものでもフランス料理になる」が名言。通称、鬼瓦(16巻)。
未熟ながらも全身全霊でぶつかってくる公を実の息子のように可愛がっており、公がNKホテルに戻ってくることを待ち望んでいた。修業時代の公からはホテルのグラン・シェフとしての理想を追求するその姿勢を誤解され、反発を受けていたが、後には心から敬愛する師匠として慕われるようになっている。
相田(あいだ)
公のNKホテル時代の先輩でフレンチの料理人。マイアミでスカウトされて在ベトナムアメリカ大使公邸料理人となる。口が悪く、無意識に相手を傷つけてしまう癖があり、ホテル時代にはひとみ、そしてベトナム時代には互いを認めつつあったマリーともそのために破局の危機に陥った。後に真実の気持ちを伝えてマリーと結婚し、マルセイユに渡り料理店「Aida」を開店、ミシュランの星を目指す。
マリー
フランス三ツ星レストラン出身のフレンチの料理人。デュマ・在ベトナム仏大使付の公邸料理人。プライドが高く、公や相田とフランス料理を巡って様々な衝突をするが、デュマ大使の在米大使転任をきっかけに相田の思いを受け入れ結婚、共にマルセイユに渡り、一子ジネディーヌをもうける。自信を失い、家族を理由に目の前の壁から逃避しようとした夫を叱咤するなど、よきパートナーとなる。
葉兄弟(よう)
双子兄弟の料理人。双子であるため息の合った料理の技量は高い。公との乾貨対決では安易に化学調味料を使用したため一敗地にまみれ、料理人の仕事から干されてしまう。その後、中国政府お抱えの料理人として中南海に戻ってくる。
ズン
ホアの弟。ホアの口利きでアメリカ大使公邸に就職し、相田の下で修行を積む。相田がベトナムから去った後は、アメリカ大使公邸の料理人に。
ピエール
マリーがフランス大使公邸を去った後、後任の公邸料理人として赴任。昔付き合っていた彼女が日本人であったために、日本語が堪能。旧来のフランス料理に飽き足らず、母国を飛び出し、ベトナムにやってきた。非常に勉強熱心で、彼の料理ノートは「ピエールメモ」と呼ばれている。
ガブリエル・ジャケ
エリゼ宮の料理長。数少ない MOF 保持者である。エリゼ宮での設宴を通じて公に対し一目置くようになり、公をシェフサミットに招待する。ただし、22巻のシェフ・サミット編では、ガブリエル・ブーケと名前が変わっている。

日本外務省とその関係者[編集]

ベトナム大使編[編集]

ミン・ホア
在ベトナム大使公邸のベトナム人料理助手。『前菜』時28歳。単行本13巻で終わるベトナム編においてのヒロイン的存在。結婚・離婚歴があり、一人娘ランがいる。日本語が日本人と同等なくらいに達者で、納豆イナゴだけは食べられないが日本文化、特に明治以降の文学については専門家に匹敵するほど造詣が深い。なお他の語学にも堪能であり、北京語も流暢に会話が出来るため、大使館職員としてなくてはならない存在。
物語冒頭でベトナムの食材事情に失望する公を「お茶漬けナショナリスト」だと批判し、日本の常識でベトナムを測ってはならないことを教えてその姿勢を正した。
艶やかな黒髪のロングヘアーを持ち 、ベトナム民族衣装のアオザイがとても良く似合うナイスバディの美女であるが、手を出そうとしない公に自分の魅力を否定されているように感じて時折悲しそうにしている。普段から情熱的で公への愛情を隠そうとはしない。一度日本人観光客達に公と夫婦と間違われて嬉々として喜んでいた。
古田誠一(ふるた せいいち)
外務省ベトナム語専門職員、いわゆるノンキャリ(三等書記官)だが、仕事熱心でベトナム語を嬉々として専門に選ぶほどのベトナム好き。『前菜』時26歳。離婚後のホアと付き合っていたが、自身の嫉妬深さなどが原因となって物語冒頭で別れてしまう。その後、同名のホアと付き合ったが、彼女が芸能界にデビューしたため、こちらとも別れた。気の強いお姉さまタイプが好み。
幸山秀明(こうやま ひであき)
在ベトナム大使館員、後帰国して北米一課に所属するキャリア外交官。父は倉木大使と同期の幸山国連大使。武藤駐米大使の娘との見合いを断り、ベトナム水上人形劇の役者であるティンと結婚する。
早乙女エツコ(さおとめ エツコ)
登場時は、ベトナム公使(藤田公使の後任)。父親はコウモリ研究で著名な大学教授だった。ミン・ホアとはそりが合わず、互いに嫌いあっているが、その仕事ぶりは高く評価しており、大使館を去ろうとする彼女を引き留めた。語学研修生としてフランスパリ大学に留学していた経験を持つ。テニスは県大会6位の腕前。倉木の離任後、大使に昇格。その後、ポルトガル大使に転任。亡き父の教え子にQ国大使ユッスーン、留学時代の学友にフランス大使レヴィ(デュマの後任)が居る。

国家情報担当大使編[編集]

小俣総領事
T大卒。在香港総領事で、倉木大使とはチャイナスクールでの先輩後輩に当たる。倉木大使とは違い、食卓外交には否定的で、外交とはベシャリ(会話術)であると考えている。閨閥結婚の為、妻には頭が上がらず、裏で”マリー・アントワネット”と呼ぶほどの贅沢もさせているが、その外交能力を認めてもおり、最良のパートナーであると言い切っている。別名、ベシャリーヌ・小俣(23巻)。

ベトナム政府とその周りの人々[編集]

アイン
公がハノイの市場でひったくりをきっかけに出会った少女(ストリートチルドレン)。市場の掃除をして店から果物をもらっていた。後にロック元大統領の下で、他のストリートチルドレンとともに共同生活を送りながら日本語などを学ぶようになる。実母はビエン交通運輸大臣夫人で元歌手のミー・チャン[5]
ロック
ベトナム大統領(物語中盤で引退)。ホー・チ・ミンの最後の弟子とされ、身分を隠し市民に直接触れ合うと言うホー・チ・ミンのスタイルを踏襲している。ベトコン時代に習ったため日本語も流暢。すっぽんが好物。第二次世界大戦の飢餓の最中に妹が餓死したため、高級な食材を使う料理よりも、食材に対する真剣さを求め、公の料理観に影響を与えた。
グエン
ベトナム外務大臣。ゲアン省ヴィンの出身。公の料理に感激を受け、影に日向に倉木を助けている。

各国の首脳・外交官(ベトナム政府を除く)[編集]

日本[編集]

平泉首相(ひらいずみ)
日本の内閣総理大臣で、自愛党総裁。おいしいものには目が無いらしいが、普段の食事は激務の合間にペットボトル飲料片手にカレーライスを掻き込むといった「とても、国民に見せられない(江口談)」状態。時々、突拍子も無いことを考える。20巻では米大統領選候補のジョン・ケリーとの設宴の料理人を直接、公に依頼した。モデルは小泉純一郎。ざっくばらんで庶民的な性格であるが、ポピュリストとも言える。

フランス[編集]

ジラフ大統領
フランス大統領。食通でプライドが高く、アメリカ大統領イギリス首相が着任したばかりの頃の設宴では、この2人を極上のワインでもてなすには、まだふさわしくないと判断した。イラク戦争後の戦後処理で窮地に追い込まれたパリサミットでは、日本を当て馬に利用しようとした策謀家でもある。モデルはジャック・シラク
デュマ
在ベトナム仏大使、物語中盤で在米大使に転任。その後、パリサミットシェルパを最後の仕事として引退。食通であり、「フランス料理はフランス人にしか作れない」が信条だが、設宴の場で度々見せつけられた公の実力に感嘆し、やがて敬意を払うようになっていく。

アメリカ[編集]

トマス・アンダーソン
在ベトナムアメリカ大使。1995年の越米国交正常化後初のアメリカ大使とされている。ベトナム戦争時、アメリカ空軍パイロットとして沖縄から出撃し撃墜され、捕虜として6年半拘禁された過去を持つためヌクマムの味が苦手。しかし、ハノイでの拷問を恐れて自殺しようとしていたところを咎め、勇気づけてくれた女性トゥーイに強い印象を抱き、帰国してから後も思い続けていた。大使として赴任後、彼女が差し入れてくれたハンバーガーの味を頼りに再会、結婚した。後にアメリカ民主党政権を降りたことにより離任し、フロリダ州知事を目指す。私人としてサッカークラブハノイFCのコーチをしており、コーチをしている時は普段の温厚で理知的なイメージからは想像できないほどエキサイトする。
ブッチ大統領
アメリカ合衆国大統領。現実のアメリカが暴走気味なのに対して、イラク戦争で険悪な仲となったフランスにわずかながらも歩み寄る姿勢を見せる。平泉首相とはツーカーの仲のような素振りを見せる。モデルはジョージ・W・ブッシュ

中国[編集]

呉惠元(ご けいげん)
初登場時は国家副主席、のち、国家主席。政治における師匠は、周恩来。「見えない政変」によって、国家主席に就任することに成功する。モデルは胡錦濤
楊(やん)
前国家主席。引退後も政界に強い影響力を持つ。孫娘の美姿が料理人として登場する。モデルは江沢民

ドラマ[編集]

新春ドラマスペシャル『大使閣下の料理人』として、フジテレビで2015年1月3日21:00 - 23:30に放送。主演は櫻井翔[6]。脚本はいずみ吉紘、演出は佐藤祐市が担当[7]。本作の視聴率は11.8%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 嵐・櫻井翔、初の料理人役で2015年新春ドラマ主演!”. 2014年11月5日閲覧。
  2. ^ 単行本第13巻 153話
  3. ^ 154話
  4. ^ 第8巻第84話
  5. ^ 第8巻第81話
  6. ^ “櫻井翔、薬指の指輪は縛られている感じ?妻子ある料理人役に挑戦!”. シネマトゥデイ. (2014年11月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068367 2014年11月25日閲覧。 
  7. ^ 遂に主要キャストが全決定!キャストも料理も物語も、すべてが桁違いのスケールでお正月を華やげる。新春ドラマスペシャル『大使閣下の料理人”. フジテレビ (2014年11月27日). 2014年11月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月27日閲覧。
  8. ^ 大西利空”. タレントプロフィール. テアトルアカデミー. 2015年1月4日閲覧。
  9. ^ a b c d e “広末涼子が櫻井翔の妻役!ドラマ版「大使閣下の料理人」に豪華キャスト集結!”. シネマトゥデイ. (2014年11月27日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068509 2014年11月27日閲覧。 
  10. ^ “剛力彩芽、櫻井翔主演ドラマでヒロインに!初の外国人役”. シネマトゥデイ. (2014年11月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068447 2015年11月25日閲覧。 
  11. ^ 志村美空 フジテレビ「新春ドラマスペシャル 大使閣下の料理人」出演”. NEWS. ギュラ・キッズ (2014年12月26日). 2015年1月4日閲覧。
  12. ^ 久家心”. entertainment Junior. Space Craft Group. 2015年1月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]