Addicted To You

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Addicted To You
宇多田ヒカルシングル
初出アルバム『Distance
A面 Addicted To You (UP-IN-HEAVEN MIX)
B面 Addicted To You (UNDERWATER MIX)
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 宇多田ヒカル
プロデュース JIMMY JAM & TERRY LEWIS and ALEX RICHBOURG(1.)
JIMMY JAM & TERRY LEWIS(2.)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 1999年11月度月間1位(オリコン)
  • 1999年度年間6位(オリコン)
  • 2000年度年間48位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング41位
  • 宇多田ヒカル シングル 年表
    First Love
    (1999年)
    Addicted To You
    (1999年)
    Wait & See 〜リスク〜
    (2000年)
    ミュージックビデオ
    「Addicted To You」 - YouTube
    Distance 収録曲
    Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1 収録曲
    テンプレートを表示

    Addicted To You」(アディックテッド・トゥ・ユー)は、1999年11月10日にリリースされた、宇多田ヒカルの4枚目のシングル

    解説[編集]

    プロデュースにジミー・ジャム&テリー・ルイスを起用することでも話題となった。Sony Red Hot キャンペーンソング。これ以前のシングルは8cm盤と12cm盤の2種類での発売となっていたが、そのせいでオリコンチャート1位を計3週逃していたため、本作以降のシングルは12cm盤のみでの発売となった。

    初回出荷枚数は130万枚。さらに発売日当日、発売元の東芝EMIに40万枚の追加注文があった[1]

    初動売上はオリコンシングルチャートでは当時、「名もなき詩」(Mr.Children)に次ぐ日本歴代2位の記録で、自身のシングルでは「Automatic/time will tell」に次いで2番目に多い売上を記録している。

    速報!歌の大辞テン」によれば、この曲のPVでエキストラが身につけているヘッドフォンはどこの製品なのかと問い合わせがあったという。しかしそれは撮影用の小道具であるため実在の製品ではない。

    当時レコード会社の親会社(東芝)のライバル企業であるソニーのCMに出演することについては社内でも議論となり、最終的に英国のEMI本社にまで相談をしたとのこと。

    累計出荷枚数は201万枚[2]

    収録曲[編集]

    全作詞、作曲:宇多田ヒカル、全編曲ジミー・ジャム & テリー・ルイス

    1. Addicted To You (UP-IN-HEAVEN MIX)(5:18)
    2. Addicted To You (UNDERWATER MIX)(6:14)
    3. Addicted To You (UP-IN-HEAVEN MIX)(Instrumental)(5:18)
    4. Addicted To You (UNDERWATER MIX)(Instrumental)(6:14)

    脚注[編集]

    1. ^ 。ヒッキー新曲、170万枚発進!、SANSPO.COM、1999年11月10日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
    2. ^ ヒッキー17歳長者「税金高いなー」、SANSPO.COM、2000年5月16日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)