ちょこっとLOVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ちょこっとLOVE
プッチモニシングル
初出アルバム『プッチベスト ~黄青あか~ [注釈 1]
B面 DREAM & KISS
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル zetima
作詞・作曲 つんく
プロデュース つんく
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 1999年12月度月間1位(オリコン)
  • 2000年度年間9位(オリコン)
  • プッチモニ シングル 年表
    -ちょこっとLOVE
    (1999年)
    青春時代1.2.3!/バイセコー大成功!
    2000年
    テンプレートを表示

    ちょこっとLOVE」(ちょこっとラヴ)は、プッチモニの1枚目のシングル1999年11月25日発売。発売元はzetima。(規格品番はEPDE-1063[1]

    解説[編集]

    • ミリオンヒットを記録し、自己最高のヒット曲となる。
    • 市井紗耶香がこの曲のリリース後に卒業したため第一期メンバーでは最初で最後のシングル曲である。
    • スウェーデンのグループ・スマイルdkが、2000年に「Petit Love」の曲名でカヴァーしている。
    • オリコン調べでは2000年代1作目のミリオン達成シングル。(1990年代からの合算。2000年代にリリースされた作品に限定するとサザンオールスターズの「TSUNAMI」になる)
    • ケースはマキシシングル用だが、ディスクそのものは8センチであり9月発売のモーニング娘。のLOVEマシーンと同じ形態であった。
    • プッチモニはメンバーチェンジを2度行ったが、その都度そのメンバーでレコーディングを行い、3バージョンの「ちょこっとLOVE」が存在する。
      1. 「ちょこっとLOVE」(第1期:市井紗耶香保田圭後藤真希)(本作)
      2. 「ちょこっとLOVE(2001 Version)」(第2期:保田圭・後藤真希・吉澤ひとみ
      3. 「ちょこっとLOVE(2003 Version)」(第3期:吉澤ひとみ・小川麻琴アヤカ

    収録曲[編集]

    全作詞・作曲:つんく

    1. ちょこっとLOVE - 4:00
      • 編曲:松原憲
    2. DREAM & KISS - 3:49
    3. ちょこっとLOVE (Instrumental)

    参加ミュージシャン[編集]

    1. ちょこっとLOVE
      • Guitar:山崎淳
      • Bass:山崎洋
      • Trumpet:小林太
      • Alto & Baritone Sax:竹上良成
      • Trombone:北原雅彦(from東京スカパラダイスオーケストラ
      • Tenor Sax:竹野昌邦
      • Other Instruments & Baritone Voice:松原憲
      • Chorus:プッチモニ & つんく
    2. DREAM & KISS
      • Keyboards & Programming:小西貴雄
      • Manipulator:勝浦剛
      • Chorus:つんく

    カバー[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ プッチモニ単独のアルバム収録は、2002年の「ぜんぶ!プッチモニ」が初となる。

    脚注[編集]

    1. ^ a b UP-FRONT WORKS による公式紹介サイト”. UP-FRONT WORKS. 2017年8月12日閲覧。
    [ヘルプ]

    外部リンク[編集]