Grateful Days

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Grateful Days
Dragon Ashシングル
初出アルバム『Viva La Revolution
B面 Grateful Days (Remix)
Grateful Days (Unplugged Mix)
リリース
ジャンル ミクスチャー・ロック
ヒップホップ/ラップ
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 降谷建志ACOZEEBRA
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1999年度年間13位(オリコン)
  • 登場回数17回(オリコン)
  • Dragon Ash シングル 年表
    Let yourself go, Let myself go
    (1999年)
    Grateful Days
    I LOVE HIP HOP
    (1999年)
    Deep Impact feat. Rappagariya
    2000年
    テンプレートを表示

    Grateful Days」(グレイトフル・デイズ)は、Dragon Ashの5枚目のシングル1999年5月1日発売。発売元はビクターエンタテインメント

    解説[編集]

    前作「Let yourself go, Let myself go」から約2ヶ月という短い間隔で発売され、6枚目のシングル「I LOVE HIP HOP」との同時発売となった。品番の関係上、本作が5th、「I LOVE HIP HOP」が6thとなる。

    ゲストボーカルとして、ZEEBRAACOが参加。表ジャケットにはDragon Ash featuring Aco, Zeebraと表記。ランキング番組などでも"Dragon Ash featuring Aco, Zeebra"として紹介されている。

    発売週のオリコンシングルチャートでは、前作を上回る初登場3位を記録。この時は、L'Arc〜en〜Cielの「HEAVEN'S DRIVE」と宇多田ヒカルの「First Love」に阻まれたが、翌週に、その2作の週間売上を上回り(L'Arc〜en〜Cielは3週目)、バンド初のオリコンチャート1位を獲得する。同週には「Let yourself go, Let myself go」が7位(最高位は4位)、「I LOVE HIP HOP」は4位にチャートインしていた。最終的には90万枚を売り上げ、2016年現在同バンド最大のヒット曲となっている。また、ヒップホップの作品、ミクスチャー・バンドのシングルとしては共に初のオリコン1位獲得作品となった。

    トラックは、1993年に発売されたスマッシング・パンプキンズの「Today」のギターフレーズをサンプリングしている。

    現在でこそミクスチャー・バンドとして活動しているが、当時はヒップホップをメインジャンルとして専攻していたため、本作及び2003年アルバムHARVEST』発売以前の作品は、ヒップホップの楽曲として取り上げられることが主である。

    CDシングルの形態が従来の8cmから12cmに移行していたことに伴い、12cm盤のみで発売されている。8cm盤が発売されないのは、当時はまだ比較的珍しい試みであった。カップリング曲は新たに製作されず、リミックスを2曲収録している。

    COUNT DOWN TV』(TBS系)に出演した際は、名義がDragon Ashであるためか、ボーカルの降谷建志が歌う部分のみ流されていた。また、Dragon Ashは、他アーティストをフィーチャリングした曲は相手がいないとライブでは演奏しないので、Viva La Revolutionの横浜公演でZEEBRAをゲストに迎えて披露したきりである。

    2002年にZeebraの所属するKGDRの発表したアルバム「最終兵器」の収録曲「公開処刑」の中でZeebraが降谷を名指しで批判し、対立を表面化させた。そのためDragon AshはYouTubeにて過去に作成されたMVを公開しているが、本作のMVは公開されておらず、2007年と2012年にリリースされたベストアルバムにも収録されていない。ちなみにZeebraは、翌2000年の6月にソロで発売したアルバム『BASED ON A TRUE STORY』収録の「男の条件 featuring MACCHO, Q, BOY-KEN」で、「Grateful Days」における自身のパートの出だし部分「俺は東京生まれHip Hop育ち」を流用している。

    バックに流れる演奏のコード進行はパッヘルベルのカノンをほぼ忠実にたどっており、メロディー自体もパッヘルベルのカノンをアレンジしたような雰囲気である。

    収録曲[編集]

    • 作詞・作曲:ACO、ZEEBRA and KENJI FURUYA
    • プロデュース:DRAGON ASH
    1. Grateful Days
    2. Grateful Days (Remix)
    3. Grateful Days (Unplugged Mix)

    参加ミュージシャン[編集]

    収録アルバム[編集]