LILY OF DA VALLEY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LILY OF DA VALLEY
Dragon Ashスタジオ・アルバム
リリース
録音 -
ジャンル ミクスチャー・ロック
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2001年度年間28位(オリコン)
ゴールドディスク
  • トリプル・プラチナ(日本レコード協会
  • Dragon Ash 年表
    Viva La Revolution
    1999年
    LILY OF DA VALLEY
    2001年
    HARVEST
    2003年
    『LILY OF DA VALLEY』収録のシングル
    1. Deep Impact
      リリース: 2000年3月15日
    2. Lily's e.p.
      リリース: 2000年11月29日
    テンプレートを表示

    LILY OF DA VALLEY(リリー・オブ・ダ・ヴァレー)は、Dragon Ashの6枚目(フルアルバムとしては4枚目)のアルバムである。2001年3月14日 にリリースされた。

    概要[編集]

    当時のDragon Ashは「ロックとヒップホップの融合」をテーマとしており、そのコンセプトが色濃く現れている。本アルバムには、2000年7月12日 にリリースされた8枚目のシングル「Summer Tribe」は収録されていない。

    テレビCMにはMr.マリックが起用された。

    収録曲[編集]

    1. Intro (1:08)
    2. 21st Century Riot (2:37)
      (作詞:降谷建志、作曲:降谷建志)
      Introをサンプリングしたオープニングナンバー。
    3. Glory (5:00)
      (作詞:降谷建志、作曲:降谷建志)
    4. Amploud (4:16)
      (作詞:降谷建志、作曲:降谷建志)
      9枚目のシングル「Lily's e.p.」収録
    5. Bring It (4:32)
      (作詞:降谷建志、作曲:降谷建志)
    6. Sunset Beach (5:22)
      (作詞:降谷建志、作曲:降谷建志)
      BOTSが初めてDragon Ashの曲でKjを評価した曲
    7. My Friends' Anthem (3:07)
      (作詞:降谷建志、作曲:降谷建志)
    8. 百合の咲く場所で (3:54)
      (作詞:降谷建志、作曲:降谷建志)
      ライブの定番曲で巨大なサークルモッシュを生み出す。
    9. Aim High (3:40)
      (作詞:降谷建志、作曲:降谷建志)
    10. Revolater (3:24)
      (作詞:降谷建志、作曲:降谷建志)
      ドラムンベースが印象的なナンバー。後に総合格闘技団体DREAMにおいて使用されるようになった。
    11. Deep Impact feat.Rappagariya (4:32)
      (作詞:Q 降谷建志 山田マン、作曲:降谷建志)
      7枚目のシングル。ラッパ我リヤが参加。ソニーCMソング
    12. 静かな日々の階段を(4:29)
      (作詞:降谷建志、作曲:降谷建志)
      9枚目シングル「Lily's e.p.」収録。映画「バトル・ロワイアル」主題歌
    13. Lily of da Valley (5:53)
      (作詞:降谷建志、作曲:降谷建志)
    14. Outro (1:17)
    15. Episode 2 ft. SHUN,SHIGEO(album version) (4:08)
      8枚目シングル「Summer Tribe」収録。スケボーキングのSHUNとSHIGEOが参加で、初回盤のみ収録
    16. 花言葉 (8:45)
      隠しトラック。ドラムの桜井誠の寸劇も収録されている。ギターのHIROKIが初めて収録に参加した曲である。

    外部リンク[編集]