Let yourself go, Let myself go

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Let yourself go, Let myself go
Dragon Ashシングル
初出アルバム『Viva La Revolution
B面 Humanity
M
Dedication
リリース
ジャンル ヒップホップ
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 降谷建志
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 1999年度年間26位(オリコン)
Dragon Ash シングル 年表
Under Age's Song
1998年
Let yourself go,Let myself go
1999年
Grateful Days
(1999年)
テンプレートを表示

Let yourself go,Let myself go」(レット ユアセルフ ゴー、レット マイセルフ ゴー)は、Dragon Ashの4枚目のシングル1999年3月3日発売。発売元はビクターエンタテインメント

解説[編集]

8か月ぶりのリリースで、Dragon Ashの楽曲で初めてオリコントップ10入りした曲である。前作の「Under Age's Song」までと異なり、アップテンポな楽曲に仕上がっており、これまでになかったサウンドなどから、新たな音楽への方向に向いていくきっかけになり、後の「Grateful Days」の大ヒットにつながっていった。この曲からBOTSが正式にメンバー入りを果たしている。

この曲をテレビで披露した『COUNT DOWN TV』、『POP JAM』では降谷はマイクを逆さまに持ったり、観客を煽ってマイクを口から離すなどして口パクを自らアピールした。

Dragon Ashとしては『POP JAM』にはこの出演を最後に出演していないが、降谷個人としてはその後も2000年にひふみかおりが「喜びの詩」で出演し披露した際にバックバンドのドラマーとして出演している(所謂「サプライズゲスト」)。

PV[編集]

PVに登場するフォード・マスタングは降谷の愛車である。またPVのメイキング風景が『歌の大辞テン』で流れたことがあった。

収録曲[編集]

  1. Let yourself go, Let myself go
    (作詞・作曲:降谷建志
  2. Humanity
    (作詞・作曲:降谷建志)
  3. M
    (作詞・作曲:降谷建志)
  4. Dedication
    (作詞・作曲:馬場育三/桜井誠)

収録アルバム[編集]

#1

#2

  • 『Viva La Revolution』(1999年7月23日)※アルバムバージョン