ever free (hide with Spread Beaverの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ever free
hide with Spread Beaverシングル
初出アルバム『Ja,Zoo
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ユニバーサルビクター
作詞・作曲 hide
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 1位[1]オリコン
  • 1998年6月度月間1位(オリコン)
  • 1998年度年間23位(オリコン)
hide with Spread Beaver シングル 年表
ピンク スパイダー
(1998年)
ever free
(1998年)
HURRY GO ROUND
(1998年)
Ja,Zoo 収録曲
FISH SCRATCH FEVER
(6)
ever free
(7)
BREEDING
(8)
ミュージックビデオ
「ever free」 - YouTube
テンプレートを表示

ever free」(エヴァー・フリー)は、日本アーティストhideのソロ10枚目、hide with Spread Beaver名義では3枚目となるシングル

概要[編集]

hideの急逝直後に発売されたシングル。オリコンシングルチャートでも2作連続の1位を記録した。また、前作「ピンク スパイダー」が2週連続で1位であったため、オリコンシングルチャートにおいては2作によって3週間、hide with Spread Beaverが1位を独占していたことになる。

タイトルは直訳で「ずっと自由で」といった意味であるが、このような英語は存在せず、hideの造語である。また、hideは「普遍的な自由」とも言っている。

hideが生前に完成させていたシングルとしては、結果的に最後の作品となった。

またhideは前作である「ROCKET DIVE」「ピンク スパイダー」からこの「ever free」に渡るまでの一連の楽曲を3部作の繋がった楽曲として制作しており、「ROCKET DIVE」には「若いうちは失敗を恐れずにどんどん世界へ飛び出して行こう」というメッセージが込められており、「ピンク スパイダー」には「でも飛び出した世の中はそんなに甘くはない」という「失敗と挫折」を歌った曲であり、「ever free」には「それでも人生は何度だってやり直せる、可能性を信じて生きて行こう」というメッセージが込められた楽曲であると生前語っていた。

2007年5月2日マキシシングル化され、再発売された。

2016年、TVアニメ『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 希望編』の最終話で、エンディング曲として使用された[2]。hideのファンである原作者の希望によって実現した。

収録曲[編集]

  1. ever free
    (作詞・作曲:hide
  2. ever free (voiceless version)
    (作詞・作曲:hide)
  3. 隠しトラック(曲名記載なし)(5分13秒の無音のあとに「ピンク スパイダー」のサビが収録されている。この無音の長さは「ピンク スパイダー」の発売日である5月13日に因んでいる)

収録アルバム[編集]

参考[編集]

  1. ^ ever free”. Oricon. 2014年11月28日閲覧。
  2. ^ hide公式サイト「hide city」「【ダンガンロンパ】ストーリー内で「ever free」が流れます!」(2016.06.27)