Cry & Fight

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Cry & Fight
三浦大知シングル
初出アルバム『HIT
B面 Yes & No
Forever & Always
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル R&B
時間
レーベル SONIC GROOVE
チャート最高順位
三浦大知 シングル 年表
music
2015年
Cry & Fight
(2016年)
(RE)PLAY
(2016年)
テンプレートを表示

Cry & Fight」(クライアンドファイト)は、日本歌手三浦大知の楽曲。三浦の19枚目のシングルとして2016年3月30日SONIC GROOVEから発売された[3]

概要[編集]

ソロデビューから11年目となる2016年3月30日に発売された。長年数々の楽曲でコラボしてきたヒットメーカー・UTAと、国内外で活躍の場を広げているビートメイカーのSeihoの二人がトラックメイカーとして参加し、異例のコラボレーションが実現し、三浦本人が拘った「純国産ダンスミュージック」となっている。

日本テレビ系バラエティ『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』の3月エンディングテーマに起用された。

CD、CD+DVD(MUSIC VIDEO盤)、CD+DVD(CHOREO VIDEO盤)の3形態リリース。

収録曲[編集]

CD[編集]

  1. Cry & Fight
  2. Yes & No
    • 作詞:三浦大知、作曲:UTA、Seiho
  3. Forever & Always
    • 作詞:三浦大知、作曲:UTA、Seiho

DVD[編集]

MUSIC VIDEO盤

Cry & Fight -Music Video-
Cry & Fight -Live Session with Seiho-

CHOREO VIDEO盤

Yes & No, Forever & Always -Choreo Video-
Cry & Fight -Dance Edit Video-

ミュージック・ビデオ[編集]

概要[編集]

現時点での最高難度かつ最高完成度と評される本作の振付の大部分はShingo Okamotoが手掛け、日本を代表する男女ダンサー13人がMVに出演している。

参加ダンサー[編集]

本作に参加したダンサー(グループ名)は以下の通り。(順不同)

  • SHOTA
  • PURI En Dance Studioプロデューサー。
  • Shingo Okamoto ダンサー。三浦の楽曲「Bring it down」「Cry&Fight」の振付を担当。リオオリンピック閉会式にも起用された。
  • YOSHIKI
  • s**t kingz (kazuki, NOPPO, oguri, shoji)
  • AUCHI
  • ERI
  • KANATA
  • Miu Ide
  • YUYU

出典[編集]

  1. ^ Cry & Fight”. タワーレコード. 2016年7月23日閲覧。
  2. ^ Cry & Fight”. ORICON STYLE. オリコン. 2016年7月23日閲覧。
  3. ^ DICOGRAPHY”. エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ. 2016年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]