佐藤和哉 (篠笛奏者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐藤和哉
KazuyaSato.jpg
基本情報
生誕 (1981-11-24) 1981年11月24日(36歳)
出身地 日本の旗 日本 佐賀県唐津市
学歴 佐賀県立唐津東高等学校卒業、
日本大学文理学部哲学科卒業
ジャンル J-POP
邦楽
職業 篠笛奏者
作曲家
担当楽器 篠笛
活動期間 2012-
レーベル 日本コロムビア (2016年 - )
事務所 ふうち草
公式サイト 佐藤和哉オフィシャルサイト

佐藤 和哉(さとう かずや、1981年11月24日- )は、日本篠笛(しのぶえ)奏者、作曲家佐賀県唐津市出身。佐藤の篠笛は、自分の心と素直に向き合い、自身の経験・感情から生まれる旋律を笛で唄うように表現することに一貫している。素朴で優しく、しかし芯のある音色で唄いあげる“詩のない歌”は、聴く者に懐かしさや温かさ、優しさを感じさせ、その作品の数々は「二十一世紀ノスタルジア」と評される[1][2]代表曲は、 ゆず雨のち晴レルヤ」のモチーフとなった「さくら色のワルツ[3]

略歴[編集]

佐賀県唐津市生まれ。幼少の頃、地元の祭り“唐津くんち”で笛と出会う。中学2年で曳山囃子保存会に入りお囃子を学び、そこで初めて横笛に触れる。ピアノ、ドラム、ギター弾き語りなど音楽に没頭する少年期を過ごし、高校生の頃はシンガーソングライターを夢見るようになる[4]

大学卒業後、篠笛と出会い、その音色に魅了され、また、自身の想いを歌として表現するのにもっとも適しているのがこの楽器であることに気づき、篠笛奏者の道を志す[5][6]

2012年6月には国宝・薬師寺東塔解体式典「宝珠降臨法要」にて献笛を勤める。作曲家としての活動も展開し、2013年NHK連続テレビ小説ごちそうさん』主題歌「雨のち晴レルヤ」(ゆず)には、モチーフとして自身作曲の「さくら色のワルツ」が採用され、作曲に携わる。また同作は、2014年第56回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞。

2016年には、自身が作詞・作曲した佐賀県嬉野市の市曲「ふるさとの空よ」を発表し、また“嬉野こころ大使”に就任するなど活躍の場を広げている。同年9月21日、日本コロムビアからメジャーデビューし、デビューアルバム『フエウタイ』を発表[7]

現在、東京を拠点に国内外での演奏をはじめ、作詞・作曲、篠笛講師など精力的に音楽活動を行っている。

人物[編集]

  • 唐津の海辺に生まれる。子どもの頃、海岸から見える魚やヒトデなどに夢中になり、毎日のように夕焼けの波のきらめきを見て育った[8]
  • 幼いころから現在に至るまで地元の祭り“唐津くんち”をこよなく愛している。中学2年の時、曳山囃子保存会に入り横笛を吹き始めたことが、篠笛奏者を志す原点となった。ファーストアルバム『ふうちそう』には、「唐津囃子変奏曲」や「たてやま囃子」、そして、唐津の鏡山から眺める景色を思いながら松浦佐用姫伝説をモチーフに作った曲「舞姫」等が収録されている。このことからも、地元唐津への郷土愛が並々ならぬものであることが伝わってくる。“唐津大使”でもある佐藤は、「(唐津の)外に出て唐津の素晴らしさを知り、唐津をいとおしむ曲を書くことで全国に“ふるさとを大切に思う心”を広めていきたい」[9]と語っている。
  • 束ねた長髪に「笛衣(ふえごろも)」と称する衣装に身を包んだ姿は、若武者のような雰囲気を醸し出している[10]。いつ曲のインスピレーションが降りてきても応えられるように外出の際はできるかぎり笛を持ち歩き、篠笛にしっくりくるような、自然と溶け合うような服装を選んでいる、という[11]

出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

  • ユニクロ『2015アウターコレクション』(2015年) ‐ マーク・ターナーと共演

ラジオ[編集]

  • FM佐賀『佐藤和哉Wind Scape~風の情景~』(2015年11月 - ) - 毎週木曜15:55~16:00担当

インターネット[編集]

  • MUSIC SHARE 第46回on LINE LIVE[13][14](2016年3月22日)

ライブ[編集]

ゲスト出演・サポート参加[編集]

  • ゆず アリーナツアー2014「新世界」[15] ‐ サポートミュージシャンとして参加
  • ゆず ゆずの輪 presents にっぽんのうた 2015 ‐ サポートミュージシャンとして参加
  • 神野美伽 特別公演(2016年12月) ‐ ゲスト出演
  • 妹尾武 Acoustic Piano Night 東京クリスマス2016 ‐ ゲスト出演
  • 日本縦断 にっぽん演歌の夢まつり 2017[16] ‐ ゲスト出演
  • ゆず ゆずの輪 presents 夏祭り 杜の音 2017 ‐ サポートミュージシャンとして参加
  • 中川晃教コンサート2017~Seasons of love~ ‐ ゲスト出演
  • お〜いお茶 世界遺産劇場『ゆず プレミアムLIVE』2017 ‐ サポートミュージシャンとして参加

単独公演[編集]

  • 全国ツアー「さくらの旅路」 - 名古屋・京都・福岡・大阪・仙台・横浜の6都市で開催(2015年3月~5月)
  • 「篠笛奏者 佐藤和哉アコースティックLIVE with妹尾武(ピアノ)」 - 京都・山口・名古屋で開催(2016年9月)
  • 『フエウタイ』CD発売記念ライブツアー - 大阪・福岡・東京・地元佐賀県唐津で開催(2016年11月~2017年4月)
  • 「春のウタ」アコースティックコンサート - 東京・新潟・仙台・大阪・名古屋で開催(2017年4月~5月)

出演イベント[編集]

  • 和League[17]ヨーロッパ公演:ドイツ、ノルウェー、マケドニア、コソボ、ルクセンブルク(2015年9月16日~28日)‐津軽三味線奏者はなわちえと、ピアニスト広田圭美と共演
  • 空海劇場2015:三重・高野山(2015年10月25日)‐ アート書家 本田蒼風とコラボ
  • Art Mix Japan2016:新潟(2016年5月)
  • オハラ☆ブレイク‘16夏:福島県・猪苗代湖畔(2016年8月)
  • 空海劇場2016:福岡(2016年11月3日)‐ アート書家 本田蒼風とコラボ
  • 平安神宮「紅しだれコンサート」:京都(2017年4月6日)[18][19]
  • Art Mix Japan2017:新潟(2017年4月22日)

作品[編集]

CDアルバム[編集]

  • 『ふうちそう』(2013年5月25日)
  • 『かなでの旅路』(2014年8月01日)
  • 『フエウタイ』(2016年9月21日)
  • 『唄の音』(2017年12月6日)

CDシングル[編集]

  • 「帰路の夕焼け」(2015年3月20日)

楽譜[編集]

  • ふうちそう[20] 
  • さくら色のワルツ~全篠笛譜~[21] 
  • かなでの旅路[22]

篠笛での参加作品[編集]

提供・採用曲[編集]

  • ゆず雨のち晴レルヤ」:モチーフ曲「さくら色のワルツ」(佐藤和哉作曲)
  • ゼクシィ 和婚特集キャンペーン曲 「誓いの空」(佐藤和哉×ゆず 北川悠仁による共作曲):モチーフ曲「文と風鈴」(佐藤和哉作曲)
  • 熊野本宮大社 瑞鳳殿テーマ曲:「古道」(佐藤和哉作曲)
  • 2015年版 佐賀県制作「さが祭時記まつりびと」:オープニング曲「蒼風 特別Ver.」、挿入曲「秋の小道」、エンディング曲「雲路の果て」
  • 佐賀県嬉野市市曲:「ふるさとの空よ」[23](佐藤和哉 作詞作曲)
  • 『三越伊勢丹2016ジャパンセンスィズ~うみの美~』のキャンペーンミュージック:「虹の鼓動」

その他[編集]

  • 佐賀県唐津市「唐津大使」就任(2016年3月28日 - )[24]
  • 佐賀県嬉野市「嬉野こころ大使」就任(2016年6月6日 - )[25]
  • 奈良 薬師寺「玄奘三蔵会大祭」 - 三蔵法師役で出演(2017年5月5日)

脚注[編集]

  1. ^ 日本コロムビア特設サイト アーティスト情報「佐藤和哉」より
  2. ^ 佐藤和哉オフィシャルサイト
  3. ^ アルバム『ふうちそう』の中ではピアノ伴奏バージョンで、『フエウタイ』ではギター伴奏バージョンで収録されている。
  4. ^ MusivVoiceインタビュー(2016年9月21日)
  5. ^ 佐藤和哉オフィシャルサイト
  6. ^ 日本コロムビア特設サイト アーティスト情報「佐藤和哉」より
  7. ^ 日本コロムビア特設サイト アーティスト情報「佐藤和哉」より
  8. ^ さがごこちcolumn13(2016年9月30日)
  9. ^ 毎日新聞2016年4月1日 地方版
  10. ^ 東京新聞2016年9月30日
  11. ^ さがごこちcolumn15(2016年11月16日)
  12. ^ テレビ朝日系列『題名のない音楽会』「若き俊英たちの音楽会」の回に出演
  13. ^ MUSIC SHARE公式サイト
  14. ^ MUSIC SHARE佐藤和哉の出演回の視聴サイト
  15. ^ ゆずアリーナツアー
  16. ^ にっぽん演歌の夢まつり2017
  17. ^ 和League
  18. ^ 京都新聞
  19. ^ 京都新聞ニュース動画
  20. ^ 2014年7月1日発行。収録曲全5曲に「ピアノアレンジ全体譜」「篠笛パート譜」を収録。「さくら色のワルツ」はトランペットパート譜も収録。<収録曲> 01 : 光射す海へ 02 : 舞姫 03 : 秋の小道 04 : 空色の想い出 05 : さくら色のワルツ feat. 秋山璃帆
  21. ^ 2016年3月20日発行。収録曲1曲:01:さくら色のワルツ‐篠笛独奏版
  22. ^ 2016年12月1日発行。収録曲全5曲に「ピアノアレンジ全体譜」「篠笛パート譜」を収録。<収録曲>01:木霊の踊り 02:文と風鈴 03:蒼風 04:鴇色の花びら 05:帰路の夕焼け
  23. ^ 嬉野市HP
  24. ^ 唐津市HP
  25. ^ 佐藤和哉オフィシャルFacebook

外部リンク[編集]