Rev. from DVL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Rev.from DVL
出身地 日本の旗 日本 福岡県
ジャンル J-POP
活動期間 2003年 -
レーベル よしもとアール・アンド・シー(2014年4月 - )
事務所 アクティブハカタ
公式サイト rev.jp.net
メンバー 鷲尾美紀
四宮なぎさ
今井瞳
秋山美穂
西岡優菜
高橋菜々美
橋本環奈
神谷帆南
力石奈波
橋本幸奈
藤本麗依菜
古澤早希
池松愛理
旧メンバー 元メンバー参照

Rev. from DVL(レブ・フロム・ディーブイエル)は[1]日本女性アイドルグループ。グループ名の「Rev.」はレボリューション (revolution) の略であると同時にハイチの言葉で「夢」を意味し、「DVL」はダンス (Dance)、ボーカル (Vocal)、ラブ (Love) を意味する[2]。グループとして地元の祭りやイベント等に参加する一方で、メンバー個人の活動に重きを置き、それぞれがテレビ番組やCM・ドラマ・映画・舞台等で活躍している[3]。夢は全国ツアー、アジアツアー、紅白出場。

略歴[ソースを編集]

2003年、福岡の芸能プロダクション「アクティブハカタ」の男女混合ダンス&ボーカルユニット『DVL』として誕生[2]。2011年6月に男女混合ユニットから女性アイドルユニットへ転換し、ユニット名を『Rev.from DVL』へ改名した[3]。2013年10月末から11月初頭にかけて、メンバーの橋本環奈を被写体としたファンの撮影による1枚の写真がインターネット上で注目の的となり、橋本の人気に牽引されるような形でグループの知名度も上昇、大きな転換期を迎えることとなった[4]

2014年、『Rev.from DVLプロジェクト』としてディスカバリー・エンターテインメントと共同マネジメント開始[5]。2014年4月16日、1stシングル「LOVE-arigatou-」でメジャーデビュー[6]。初動1万3000枚を売り上げ、オリコンチャートで初登場6位を記録した[7]。同月からメンバー13人中7名で城南建設「住宅情報館」のテレビコマーシャルに出演、グループとしてのテレビコマーシャル出演はこれが初のことであった[8]。2014年8月、2ndシングル「Do my best!!」の発売を記念したニッポン放送のラジオ番組『Rev.from DVLのオールナイトニッポンGOLD』で今井瞳、橋本環奈、西岡優菜、ならびに橋本幸奈の4名が全国ネットのラジオ番組に初出演[9]。2014年12月3日、3rdシングル「REAL-リアル-/恋色パッション」をリリース。2015年、初のライブDVDにあたる『Live And Peace vol.1@Zepp Fukuoka -2014.8.30-』を発売した[10]。2015年2月から3月にかけて初のライブハウスツアー『Live House Tour Live And Peace vol.3』を成功させた。2015年3月25日、4thシングル「君がいて僕がいた/愛がーる」をリリース。2015年4月から6月にかけて初の冠番組『Rev.fromDVLのホーカゴ』を成功させ、『Live Tour Live And Peace vol.4』が決定。2015年6月30日、5thシングル「君を見つけたあの日から僕の想いは一つだけ」をリリース。2015年12月22日、『Live Tour Live And Peace vol.5』が行われた。2016年1月5日、ファン待望の6thシングル「屋上のスキマ 白いソラ」をリリース。作詞・作曲は前山田健一が担当している。2016年5月末日をもって高橋菜々美と神谷帆南がグループを卒業[11]

メンバー[ソースを編集]

現メンバー[ソースを編集]

名前 よみ ニックネーム 加入時期 生年月日 備考
鷲尾美紀 わしお みき みっきー 2003年 1993年10月13日(22歳) スキルリーダー
(前リーダー)
四宮なぎさ しのみや なぎさ なぎさ 2006年 1998年2月21日(18歳)
今井瞳 いまい ひとみ ひとみん 2007年12月 1993年5月31日(23歳) リーダー
秋山美穂 あきやま みほ みぽりん 1995年7月21日(21歳) サブリーダー
西岡優菜 にしおか ゆうな ゆうな 2009年6月 1996年2月28日(20歳) サブリーダー
橋本環奈 はしもと かんな かんな 1999年2月3日(17歳)
力石奈波 ちからいし ななみ ちかなな 2010年10月 1999年9月20日(16歳)
橋本幸奈 はしもと ゆきな ゆっきー 2012年3月 1999年3月6日(17歳)
藤本麗依菜 ふじもと れいな れいな 2012年3月 2000年6月20日(16歳)
古澤早希 ふるさわ さき さき 2014年2月 1999年8月18日(16歳)
池松愛理 いけまつ あいり あいり 1996年8月28日(19歳)

元メンバー[ソースを編集]

過去に在籍した主な元メンバー

ディスコグラフィー[ソースを編集]

シングル[ソースを編集]

リリース日 タイトル 最高
週間
順位
販売
形態
商品コード 形態・備考
1 2014年4月16日 LOVE-arigatou- 6位 CD+DVD
CD+DVD
CD
CD
CD
CD
CD
CD
YRCS-90044
YRCS-90045
YRCS-90046
YRCS-90047
YRCS-90048
YRCS-90049
YRCS-90050
YRCS-90051
通常盤Type-A
通常盤Type-B
WEB盤Type-A
WEB盤Type-B
WEB盤Type-C
WEB盤Type-D
WEB盤Type-E
WEB盤Type-F
2 2014年8月13日 Do my best!! 11位 CD+DVD
CD
CD
YRCS-90052
YRCS-90053
YRCS-90054
通常盤Type-A
通常盤Type-B
WEB盤
3 2014年12月3日 REAL-リアル-/恋色パッション 9位 CD+DVD
CD
CD
YRCS-90059
YRCS-90060
YRCS-90061
通常盤
HMV盤
WEB盤
4 2015年3月25日 君がいて僕がいた/愛がーる 9位 CD+DVD
CD
CD
YRCS-90073
YRCS-90074
YRCS-90075
通常盤Type-A
通常盤Type-B
WEB盤
5 2015年6月30日 君を見つけたあの日から僕の想いは一つだけ 4位 CD+DVD
CD
CD
YRCS-90077
YRCS-90078
YRCS-90079
通常盤Type-A
通常盤Type-B
WEB盤
6 2016年1月5日 屋上のスキマ 白いソラ 5位 CD+DVD
CD
CD
YRCS-90103
YRCS-90104
YRCS-90105
通常盤Type-A
通常盤Type-B
WEB盤

タイアップ[ソースを編集]

楽曲 タイアップ 収録作品
LOVE-arigatou- テレビ東京開局50周年特別企画 JA全農 世界卓球2014 東京応援ソング
CM:城南建設 住宅情報館 - 「家's My Love」篇
RKB毎日放送みんなの青春のぞき見TV TEEN!TEEN!」エンディングテーマ
1stシングル「LOVE-arigatou-」

ライブ[ソースを編集]

Live And Peace[ソースを編集]

  • Rev.from DVL Live And Peace vol.1@Zepp Fukuoka(2014年8月30日)
  • Rev.from DVL Live And Peace vol.2@Zepp Fukuoka(2014年12月23日)
  • Rev.from DVL Live And Peace vol.2@Zepp DiverCity(2014年12月29日)
  • Rev.from DVL Live House Tour Live And Peace vol.3@名古屋ボトムライン(2015年2月11日)
  • Rev.from DVL Live House Tour Live And Peace vol.3@梅田AKASO(2015年2月22日)
  • Rev.from DVL Live House Tour Live And Peace vol.3@Zepp Fukuoka(2015年2月28日)
  • Rev.from DVL Live House Tour Live And Peace vol.3@ SHIBUYA CLUB QUATTRO(2015年3月8日)
  • YES THEATERグランドオープン記念Rev.from DVL Live And Peace vol.3,5(2015年4月11日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.4@YES THEATER(2015年8月26日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.4@名古屋 CLUB QUATTRO(2015年8月29日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.4@Zepp Fukuoka(2015年8月30日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.4@赤坂BLITZ(2015年9月4日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.5@名古屋ボトムライン(2015年12月22日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.5@YES THEATER(2015年12月23日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.5@赤坂BLITZ(2015年12月29日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.5@福岡DRUM LOGOS(2015年12月30日)

Rev’s FC. presents[ソースを編集]

  • ファンミ@リバレインホール(2014年10月12日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.2(2014年11月16日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.3(2015年4月18日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.4(2015年5月04日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.5(2015年7月19日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.6(2015年9月27日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.7(2015年10月18日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.8(2015年11月15日)

出演[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

ネット配信[ソースを編集]

テレビ番組[ソースを編集]

  • Kawaiian くらびぃー! 木曜日(2014年12月4日 - 、Kawaiian TV[15]
  • Rev.from DVLのホーカゴ (2015年4月6日 - 2015年6月、RKB毎日放送、制作・著作:よしもとR&C)[16]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Rev.from DVLの記事まとめ”. ナタリー. ナターシャ. 2016年3月21日閲覧。
  2. ^ a b “(ツギクル☆アイドル)Rev.from DVL”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年6月12日). オリジナル2014年6月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140612062814/http://www.asahi.com/articles/ASG6B5QZVG6BUCLV00H.html 2014年6月12日閲覧。 
  3. ^ a b asianbeatについて”. asianbeat. アジア・ユース・カルチャー・センター (2011年6月9日). 2011年6月9日閲覧。
  4. ^ “デビュー作がオリコン6位 Rev.from DVLブレイクまでの軌跡”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年4月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2036837/full/ 2014年4月26日閲覧。 
  5. ^ ネットで話題の橋本環奈が所属するRev. from DVL共同マネジメント決定!”. ディスカバリー・エンターテインメント (2014年1月9日). 2016年3月10日閲覧。
  6. ^ 橋本環奈よしもとからメジャーデビュー決定”. 日テレNEWS24 (2014年3月2日). 2014年3月3日閲覧。
  7. ^ デビュー作がオリコン6位 Rev.from DVLブレイクまでの軌跡』 2014年4月28日 ORICON BiZ online
  8. ^ “Rev.from DVL、メンバー7人で「LOVEを詰めこんだCM」”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月24日). http://natalie.mu/music/news/115195 2014年4月24日閲覧。 
  9. ^ “Rev.from DVL、初のANNで橋本環奈欠席裁判”. ナタリー (ナターシャ). (2014年8月9日). http://natalie.mu/music/news/123209 2014年8月9日閲覧。 
  10. ^ “Rev.from DVL初のライブDVD発売、福岡の過去最大ワンマン収録”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月28日). http://natalie.mu/music/news/137230 2015年1月28日閲覧。 
  11. ^ “橋本環奈らRev.fromDVL、5月末で2人卒業 高橋&神谷が事務所も退所”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年4月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2070569/full/ 2016年4月22日閲覧。 
  12. ^ “Rev.from DVL、メンバー7人で「LOVEを詰めこんだCM」”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月24日). http://natalie.mu/music/news/115195 2013年3月21日閲覧。 
  13. ^ 福岡県「飲酒運転撲滅」テレビCM”. ふくおかインターネットテレビ (2014年8月25日). 2014年12月26日閲覧。
  14. ^ “エンタメ界に新たな波を起こす? 『オールナイトニッポンw』YouTubeで配信開始”. T-SITEニュース (T-MEDIAホールディングス). (2015年2月2日). http://top.tsite.jp/entertainment/geinou01/i/21755584/ 2016年3月18日閲覧。 
  15. ^ “24時間アイドル三昧の「Kawaiian TV」本日開局! NMB48・山本彩はふんどしでローション相撲に挑戦!?”. 東京ウォーカー (KADOKAWA). (2014年12月2日). http://news.walkerplus.com/article/52923/ 2016年3月11日閲覧。 
  16. ^ “天使過ぎる”橋本環奈所属グループ『Rev. from DVL』のレギュラー新番組をU-NEXTで独占配信!”. ITライフハック. メディアバンク (2015年4月7日). 2016年3月16日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]