Rev. from DVL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Rev.from DVL
出身地 日本の旗 日本 福岡県
ジャンル J-POP
活動期間 2003年 -
レーベル よしもとアール・アンド・シー(2014年4月 - )
事務所 アクティブハカタ
公式サイト rev.jp.net
メンバー 鷲尾美紀
四宮なぎさ
今井瞳
秋山美穂
橋本環奈
力石奈波
橋本幸奈
藤本麗依菜
古澤早希
池松愛理
旧メンバー 元メンバー参照

Rev. from DVL(レブ・フロム・ディーブイエル)は[1]日本女性アイドルグループ。グループ名の「Rev.」はレボリューション (revolution) の略であると同時にハイチの言葉で「夢」を意味し[2]、「DVL」はダンス (Dance)、ボーカル (Vocal)、ラブ (Love) を意味する[3]。グループとして地元の祭りやイベント等に参加する一方で、メンバー個人の活動に重きを置き、それぞれがテレビ番組やCM・ドラマ・映画・舞台等で活躍している[4]。夢は全国ツアー、アジアツアー、紅白出場。

略歴[編集]

2003年、福岡の芸能プロダクション「アクティブハカタ」の男女混合ダンス&ボーカルユニット『DVL』として誕生[3]したのが始まりである。

転機となったのは女性グループアイドルブームである。福岡でもHRLinQが結成され、HKT48発足も決まったことを受け、2011年6月に女性だけのユニットへ転換し再出発、今のユニット名に改めた[4]

当初はあまり目立つことが無かったが、2013年10月末から11月初頭にかけて、メンバーの橋本環奈を被写体としたファンの撮影による1枚の写真がインターネット上で注目の的となり、橋本の人気に牽引されるような形でグループの知名度も上昇、更なる大きな転換期を迎えることとなった[5]

翌2014年、『Rev.from DVLプロジェクト』としてディスカバリー・エンターテインメントと共同マネジメント開始[6]。4月16日に1stシングル「LOVE-arigatou-」でメジャーデビュー[7]。初動1万3000枚を売り上げ、オリコンチャートで初登場6位を記録した[8]。同月からメンバー13人中7名で城南建設「住宅情報館」のテレビコマーシャルに出演。グループとしてのテレビコマーシャル出演はこれが初のことであった[9]。8月には2ndシングル「Do my best!!」の発売を記念したニッポン放送のラジオ番組『Rev.from DVLのオールナイトニッポンGOLD』で今井瞳、橋本環奈、西岡優菜、ならびに橋本幸奈の4名が全国ネットのラジオ番組に初出演[10]

2015年、初のライブDVDにあたる『Live And Peace vol.1@Zepp Fukuoka -2014.8.30-』を発売[11]。2月から3月にかけて初のライブハウスツアー『Live House Tour Live And Peace vol.3』を成功させた。4月から6月にかけて、番組販売の形ながらRKBテレビで初の冠番組『Rev. from DVLのホーカゴ!』が放送されたほか、『Live Tour Live And Peace』もvol.4、vol.5と2回行うことが出来た。

一方で、橋本環奈と他のメンバーとの差が次第に顕在化し、メンバーのグループ離脱も目立つようになった。橋本もHRの安田玲と同じくディスカバリー・エンターテインメントが設立したマネジメント会社であるディスカバリー・ネクストへ移籍したこともあり、グループとしての活動にかかわる機会が次第に少なくなっている。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

名前 よみ ニックネーム 加入時期 生年月日 備考
鷲尾美紀 わしお みき みっきー 2003年 (1993-10-13) 1993年10月13日(23歳) スキルリーダー
(前リーダー)
四宮なぎさ しのみや なぎさ なぎさ 2006年 (1998-02-21) 1998年2月21日(18歳)
今井瞳 いまい ひとみ ひとみん 2007年12月 (1993-05-31) 1993年5月31日(23歳) リーダー
秋山美穂 あきやま みほ みぽりん (1995-07-21) 1995年7月21日(21歳) サブリーダー
橋本環奈 はしもと かんな かんな 2009年 (1999-02-03) 1999年2月3日(17歳)
力石奈波 ちからいし ななみ ちかなな 2010年10月 (1999-09-20) 1999年9月20日(17歳)
橋本幸奈 はしもと ゆきな ゆっきー 2012年3月 (1999-03-06) 1999年3月6日(17歳)
藤本麗依菜 ふじもと れいな れいな 2012年3月 (2000-06-20) 2000年6月20日(16歳)
古澤早希 ふるさわ さき さき 2014年2月 (1999-08-18) 1999年8月18日(17歳)
池松愛理 いけまつ あいり あいり (1996-08-28) 1996年8月28日(20歳)

元メンバー[編集]

過去に在籍した主な元メンバー

名前 よみ 加入時期 脱退時期 備考
西内ひろ にしうち ひろ 不明 不明 「DVL」時代に一時在籍
妹は西内まりや
田中彩友美 たなか あゆみ 結成時 不明 「DVL」時代に一時在籍

脱退後も同じ事務所に留まる

三角笑里 みすみ えり 不明 不明 本名:水上笑里。

脱退後LinQを経てKRD8結成に加わり監督に

石丸雅理 いしまる みやり 不明 不明 現在は舞夢プロ所属
宮本まりあ みやもと まりあ 不明 不明 脱退後山口活性学園サブメンバーを経て30POSSEに所属経験有り
本野杏香 もとの きょうか 2011年10月研修生加入 2015年10月31日卒業[12] メジャーデビュー前から活動していた
高橋菜々美 たかはし ななみ 2009年 2016年5月31日卒業[13] 卒業とともに事務所も退所
神谷帆南 かみや ほなみ 2010年 2016年5月31日卒業[13] 卒業とともに事務所も退所
西岡優菜 にしおか ゆうな 不明 2016年10月8日卒業[14]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル 最高
週間
順位
販売
形態
商品コード 形態・備考
1 2014年4月16日 LOVE-arigatou- 6位 CD+DVD
CD+DVD
CD
CD
CD
CD
CD
CD
YRCS-90044
YRCS-90045
YRCS-90046
YRCS-90047
YRCS-90048
YRCS-90049
YRCS-90050
YRCS-90051
通常盤Type-A
通常盤Type-B
WEB盤Type-A
WEB盤Type-B
WEB盤Type-C
WEB盤Type-D
WEB盤Type-E
WEB盤Type-F
2 2014年8月13日 Do my best!! 11位 CD+DVD
CD
CD
YRCS-90052
YRCS-90053
YRCS-90054
通常盤Type-A
通常盤Type-B
WEB盤
3 2014年12月3日 REAL-リアル-/恋色パッション 9位 CD+DVD
CD
CD
YRCS-90059
YRCS-90060
YRCS-90061
通常盤
HMV盤
WEB盤
4 2015年3月25日 君がいて僕がいた/愛がーる 9位 CD+DVD
CD
CD
YRCS-90073
YRCS-90074
YRCS-90075
通常盤Type-A
通常盤Type-B
WEB盤
5 2015年6月30日 君を見つけたあの日から僕の想いは一つだけ 4位 CD+DVD
CD
CD
YRCS-90077
YRCS-90078
YRCS-90079
通常盤Type-A
通常盤Type-B
WEB盤
6 2016年1月5日 屋上のスキマ 白いソラ 5位 CD+DVD
CD
CD
YRCS-90103
YRCS-90104
YRCS-90105
通常盤Type-A
通常盤Type-B
WEB盤
7 2016年12月16日 Vampire

6th『屋上のスキマ 白いソラ』は前山田健一が楽曲提供。

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 収録作品
LOVE-arigatou- テレビ東京開局50周年特別企画 JA全農 世界卓球2014 東京応援ソング
CM:城南建設 住宅情報館 - 「家's My Love」篇
RKB毎日放送みんなの青春のぞき見TV TEEN!TEEN!」エンディングテーマ
1stシングル「LOVE-arigatou-」

ライブ[編集]

Live And Peace[編集]

  • Rev.from DVL Live And Peace vol.1@Zepp Fukuoka(2014年8月30日)
  • Rev.from DVL Live And Peace vol.2@Zepp Fukuoka(2014年12月23日)
  • Rev.from DVL Live And Peace vol.2@Zepp DiverCity(2014年12月29日)
  • Rev.from DVL Live House Tour Live And Peace vol.3@名古屋ボトムライン(2015年2月11日)
  • Rev.from DVL Live House Tour Live And Peace vol.3@梅田AKASO(2015年2月22日)
  • Rev.from DVL Live House Tour Live And Peace vol.3@Zepp Fukuoka(2015年2月28日)
  • Rev.from DVL Live House Tour Live And Peace vol.3@ SHIBUYA CLUB QUATTRO(2015年3月8日)
  • YES THEATERグランドオープン記念Rev.from DVL Live And Peace vol.3,5(2015年4月11日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.4@YES THEATER(2015年8月26日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.4@名古屋 CLUB QUATTRO(2015年8月29日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.4@Zepp Fukuoka(2015年8月30日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.4@赤坂BLITZ(2015年9月4日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.5@名古屋ボトムライン(2015年12月22日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.5@YES THEATER(2015年12月23日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.5@赤坂BLITZ(2015年12月29日)
  • Rev.from DVL Live Tour Live And Peace vol.5@福岡DRUM LOGOS(2015年12月30日)

Rev's FC.presents[編集]

  • ファンミ@リバレインホール(2014年10月12日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.2(2014年11月16日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.3(2015年4月18日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.4(2015年5月04日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.5(2015年7月19日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.6(2015年9月27日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.7(2015年10月18日)
  • ファンミ@リバレインホールvol.8(2015年11月15日)

出演[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

ネット配信[編集]

テレビ番組[編集]

  • Kawaiian くらびぃー! 木曜日(2014年12月4日 - 、Kawaiian TV[18]
  • Rev.from DVLのホーカゴ (2015年4月6日 - 2015年6月、RKB毎日放送、制作・著作:よしもとR&C)[19]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Rev.from DVLの記事まとめ”. ナタリー. ナターシャ. 2016年3月21日閲覧。
  2. ^ rèv。フランス語ならrêve。
  3. ^ a b “(ツギクル☆アイドル)Rev.from DVL”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年6月12日). オリジナル2014年6月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140612062814/http://www.asahi.com/articles/ASG6B5QZVG6BUCLV00H.html 2014年6月12日閲覧。 
  4. ^ a b asianbeatについて”. asianbeat. アジア・ユース・カルチャー・センター (2011年6月9日). 2011年6月9日閲覧。
  5. ^ “デビュー作がオリコン6位 Rev.from DVLブレイクまでの軌跡”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年4月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2036837/full/ 2014年4月26日閲覧。 
  6. ^ ネットで話題の橋本環奈が所属するRev. from DVL共同マネジメント決定!”. ディスカバリー・エンターテインメント (2014年1月9日). 2016年3月10日閲覧。
  7. ^ 橋本環奈よしもとからメジャーデビュー決定”. 日テレNEWS24 (2014年3月2日). 2014年3月3日閲覧。
  8. ^ デビュー作がオリコン6位 Rev.from DVLブレイクまでの軌跡』 2014年4月28日 ORICON BiZ online
  9. ^ “Rev.from DVL、メンバー7人で「LOVEを詰めこんだCM」”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月24日). http://natalie.mu/music/news/115195 2014年4月24日閲覧。 
  10. ^ “Rev.from DVL、初のANNで橋本環奈欠席裁判”. ナタリー (ナターシャ). (2014年8月9日). http://natalie.mu/music/news/123209 2014年8月9日閲覧。 
  11. ^ “Rev.from DVL初のライブDVD発売、福岡の過去最大ワンマン収録”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月28日). http://natalie.mu/music/news/137230 2015年1月28日閲覧。 
  12. ^ Rev. from DVL公式ブログ「本野杏香より皆様へ」”. Rev. from DVL運営事務局 (2015年10月31日). 2016年11月3日閲覧。
  13. ^ a b “Rev.fromDVLファンの皆様へ”. Rev. from DVL公式ブログ (Rev. from DVL運営事務局). (2016年4月22日). http://ameblo.jp/dvl-blog/entry-12152829269.html 2016年11月3日閲覧。 
  14. ^ “Rev.from DVLから西岡優菜が卒業、裏方としてファッションの世界に”. 音楽ナタリー. (2016年10月5日). http://natalie.mu/music/news/204267 2016年10月5日閲覧。 
  15. ^ “Rev.from DVL、メンバー7人で「LOVEを詰めこんだCM」”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月24日). http://natalie.mu/music/news/115195 2013年3月21日閲覧。 
  16. ^ 福岡県「飲酒運転撲滅」テレビCM”. ふくおかインターネットテレビ (2014年8月25日). 2014年12月26日閲覧。
  17. ^ “エンタメ界に新たな波を起こす? 『オールナイトニッポンw』YouTubeで配信開始”. T-SITEニュース (T-MEDIAホールディングス). (2015年2月2日). http://top.tsite.jp/entertainment/geinou01/i/21755584/ 2016年3月18日閲覧。 
  18. ^ “24時間アイドル三昧の「Kawaiian TV」本日開局! NMB48・山本彩はふんどしでローション相撲に挑戦!?”. 東京ウォーカー (KADOKAWA). (2014年12月2日). http://news.walkerplus.com/article/52923/ 2016年3月11日閲覧。 
  19. ^ “天使過ぎる”橋本環奈所属グループ『Rev. from DVL』のレギュラー新番組をU-NEXTで独占配信!”. ITライフハック. メディアバンク (2015年4月7日). 2016年3月16日閲覧。

外部リンク[編集]