ALTIMA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ALTIMA
Otakon 2014 IMGP0413 (14888086695).jpg
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
トランス
アニメソング
活動期間 2011年 - 2016年
2018年
レーベル ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
事務所 スリーナインエンタテインメント
共同作業者 小島剛(プロデュース
川﨑海音楽ディレクター
公式サイト ALTIMA Official Website
メンバー MOTSUラップ
SATシンセサイザーキーボードギター
MAONボーカル

ALTIMA(アルティマ)は、日本男女混成3人組音楽ユニット2011年結成。所属芸能事務所スリーナインエンタテインメント。所属レコード会社ワーナー ブラザース ジャパンで、レーベルワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント2016年活動休止。

概要[編集]

YouTubeSATの存在を認知し、SATがfripSideの活動で提唱している、小室哲哉浅倉大介たちが普及させてきた「デジタルJ-POPの灯を絶やさない」のテーマに触発されたMOTSU2010年に開催された『Animelo Summer Live 2010 -evolution-』の打ち上げにてSATを誘ったのが始まりである。その後SATにとっては同じNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン所属で、スタジオだけでなくステージ慣れしているボーカリストとしてMAONを誘って結成された[1]

ユニット名の由来は英単語の「ULTIMATE」「ALMIGHTY」「ALTERNATIVE」からの造語である[2]

ユニットのコンセプトとして「本質的な豪華さの提供」を掲げている。楽曲やミュージック・ビデオカバーアートライブなどあらゆる面で遊び心と大人の余裕を見せてリスナーを楽しませるというもの。その内の一つとして、ALTIMAのロゴを体で表現した自称ALTIMAポーズがある[1]

またMOTSUは、ALTIMAでの活動が個々の活動に活かせるようにしたいと考えており、その点においてJAM Projectを目標としている[1]

メンバー[編集]

MOTSU(モツ、motsu)
リーダーであり、ラップ詞、作曲、編曲を担当。
SAT(サト、八木沼悟志)
シンセサイザー、キーボード、ギター、プログラミング、コーラス、作曲、編曲、サウンドプロデュースを担当。
MAON(マオン、黒崎真音)
ボーカル、作詞を担当。

バイオグラフィ[編集]

ディスコグラフィ[編集]

ALTIMAのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 1
シングル 5
映像作品 1
参加作品 12

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン 初収録アルバム
ALTIMA
1st 2011年12月7日 I'll believe CD+DVD 1000253447(初回限定盤) 20位 TRYANGLE
CD 1000253448(通常盤)
2nd 2012年2月29日 ONE CD+DVD 1000265979(初回限定盤) 27位
CD 1000265980(通常盤)
3rd 2012年7月25日 BURST THE GRAVITY CD+DVD 1000321904(初回限定盤) 22位
CD 1000321905(通常盤)
4th 2014年1月29日 Fight 4 Real CD+DVD 1000451807(初回限定盤) 26位
CD 1000451808(通常盤)
KOTOKO×ALTIMA
# 2016年7月20日 PLASMIC FIRE CD+DVD 1000603706(アニメ盤) 19位 未公表
CD 1000603707(通常盤)
1000603708(KOTOKO ver.)
1000603709(ALTIMA ver.)

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2014年3月26日 TRYANGLE CD+DVD+秘宝 1000478010(完全初回生産限定盤) 26位
CD 1000477756(通常盤)
2014年8月27日 CD+DVD 1000519721(DVD付通常盤)

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2014年10月8日 1st LIVE at BLITZ 2014〜Mountain Explosion〜 Blu-ray+特典 1000517858(完全限定生産盤) 29位
Blu-ray 1000517859(通常盤)

参加作品[編集]

タイトル 規格 備考
灼眼のシャナF SUPERIORITY SHANA III vol.1 CD 2012年2月29日に発売されたJNN系独立UHF局BSデジタル系・CSデジタル系・ネットテレビアニメ『灼眼のシャナIII-FINAL-』のドラマCD。1stシングルの表題曲「I'll believe」のTVサイズが収録されている。
Animelo Summer Live 2011 -rainbow- 8.28 DVD 2012年3月28日に発売された『Animelo Summer Live 2011 -rainbow-』から2日目の公演の模様を収めた映像作品。1stシングルの表題曲「I'll believe」が収録されている。
Blu-ray
灼眼のシャナF SUPERIORITY SHANA III vol.2 CD 2012年4月25日に発売されたJNN系・独立UHF局・BSデジタル系・CSデジタル系・ネットテレビアニメ『灼眼のシャナIII-FINAL-』のドラマCD。2ndシングルの表題曲「ONE」のTVサイズが収録されている。
Animelo Summer Live 2012 -INFINITY∞- 8.25 DVD 2013年3月27日に発売された『Animelo Summer Live 2011 -INFINITY∞-』から初日の公演の模様を収めた映像作品。3rdシングルの表題曲「Burst The Gravity」と、メドレーで1stシングルの表題曲「I'll believe」と、2ndシングルの表題曲「ONE」が収録されている。
Blu-ray
J-アニソン神曲祭り -ハピネス- [DJ和 in No.1 胸熱MIX] CD 2015年3月18日に発売されたDJ和リミックスアルバム。3rdシングルの表題曲「Burst The Gravity」が収録されている。
Animelo Summer Live 2014 -ONENESS- 8.29 Blu-ray 2015年3月25日に発売された『Animelo Summer Live 2014 -ONENESS-』から初日の公演の模様を収めた映像作品。4thシングルの表題曲「Fight 4 Real」と3rdシングルの表題曲「Burst The Gravity」、Wake Up, Girls!STAR☆ANIS9nineコラボレーションした3rdシングルのカップリング曲「CYBER CYBER」が収録されている。
fripSide LIVE TOUR 2014-2015 FINAL in YOKOHAMA ARENA DVD 2015年9月16日に発売されたfripSideの2nd映像作品。3rdシングルの表題曲「Burst The Gravity」、fripSideの5thアルバム『split tears』収録曲「before down daybreak」のカバー、1stベストアルバム『the very best of fripSide 2002-2006』収録曲「the chaostic world」のfripSideとのコラボレーションが収録されている。
Blu-ray
J-アニソン神曲祭り -パレード- [DJ和 in No.1 胸熱MIX] CD 2016年4月27日に発売されたDJ和のリミックスアルバム。4thシングルの表題曲「Fight 4 Real」が収録されている。
Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI- 8.26 Blu-ray 2017年3月29日に発売された『Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-』から初日の公演の模様を収めた映像作品。KOTOKOとのコラボレーションによるKOTOKO×ALTIMA名義の楽曲「PLASMIC FIRE」と3rdシングルの表題曲「Burst The Gravity」、3rdシングルのカップリング曲「CYBER CYBER」が収録されている。
J-アニソン神曲祭り -スパーク- [DJ和 in No.1 胸熱MIX] CD 2017年5月3日に発売されたDJ和のリミックスアルバム。3rdシングルのカップリング曲「CYBER CYBER」が収録されている。
灼眼のシャナF SUPERIORITY SHANA III vol.2 CD 2018年1月24日に発売されたJNN系・独立UHF局・BSデジタル系・CSデジタル系・ネットテレビアニメ『灼眼のシャナ』シリーズのベストアルバム。1stシングルの表題曲「I'll believe」と2ndシングルの表題曲「ONE」が収録されている。
NBCUniversal ANIME×MUSIC FESTIVAL 〜25th ANNIVARSARY〜 Blu-ray 2018年8月29日に発売された『NBCUniversal ANIME×MUSIC FESTIVAL 〜25th ANNIVARSARY〜』の模様を収めた映像作品。3rdシングルのカップリング曲「CYBER CYBER」と、KOTOKOとのコラボレーションによる上月せれなの7thシングル「天地無用!」が収録されている。

タイアップ一覧[編集]

楽曲 タイアップ先
2011年 I'll believe JNN系独立UHF局BSデジタル系・CSデジタル系・ネットテレビアニメ『灼眼のシャナIII-FINAL-』前期エンディングテーマ
2012年 ONE JNN系・独立UHF局・BSデジタル系・CSデジタル系・ネットテレビアニメ『灼眼のシャナIII-FINAL-』後期エンディングテーマ
Burst The Gravity JNN系・テレビ東京系列・独立UHF局・BSデジタル系・CSデジタル系・ネットテレビアニメ『アクセル・ワールド』後期オープニングテーマ
2014年 Fight 4 Real JNN系・独立UHF局・BSデジタル系・CSデジタル系・ネットテレビ・ANIPLUS系アニメ『ストライク・ザ・ブラッド』後期オープニングテーマ
2016年 PLASMIC FIRE[注 1] ワーナー・ブラザース映画配給系アニメ映画『アクセル・ワールド INFINITE∞BURST』テーマソング

ライブ[編集]

ワンマンライブ[編集]

日程 種別 タイトル 会場・備考
2014年5月17日 - 6月8日 コンサートツアー ALTIMA 1st LIVE TOUR 2014

1stアルバム『TRYANGLE』を引っ提げて東名阪のライブハウスで敢行された、初のライブツアー。後に『1st LIVE at BLITZ 2014〜Mountain Explosion〜』として映像作品化された。

2015年10月17日 単発公演 ALTIMA 5th Anniversary Live -TRYANGLE 2015-

デビュー5周年を記念して開催された、初のホールライブ。

イベント出演[編集]

出演日 形態 タイトル 会場
2011年8月28日 シークレットゲスト Animelo Summer Live 2011 -rainbow- さいたまスーパーアリーナ埼玉県
2011年12月4日 ゲスト出演 リスアニ! LIVE 2011 日本武道館(東京都)
2012年8月5日 ゲスト出演 ANISON GENERATION 〜アニジェネ〜 国立代々木競技場第一体育館(東京都)
2012年8月25日 ゲスト出演 Animelo Summer Live 2012 -INFINITY∞- さいたまスーパーアリーナ(埼玉県)
2012年10月20日 ゲスト出演 ASCII MEDIA WORKS 20th Anniversary DENGEKI MUSIC LIVE!! 幕張メッセ・イベントホール(千葉県)
2013年3月22日 ゲスト出演 リスアニ!CIRCUIT Vol.03 Shibuya O-EAST(東京都)
2013年6月1日 ゲスト出演 anime2013 TO UDDER WORLDS World Forum(オランダ/ハーグ
2013年8月9日 ゲスト出演 アニジェネ 〜ANISON GENERATION〜 国立代々木競技場第一体育館(東京都)
2014年8月8日 ゲスト出演 Otakon 2014 ボルチモア・コンベンションセンター
アメリカ/メリーランド州ボルチモア
2014年8月29日 ゲスト出演 Animelo Summer Live 2014 -ONENESS- さいたまスーパーアリーナ(埼玉県)
2015年2月28日 シークレットゲスト ANIMAX MUSIX 2015 OSAKA オリックス劇場(大阪府)
2015年3月1日 ゲスト出演 fripSide LIVE TOUR 2014-2015 FINAL in YOKOHAMA ARENA 横浜アリーナ神奈川県
2015年11月21日 ゲスト出演 ANIMAX MUSIX 2015 YOKOHAMA 横浜アリーナ(神奈川県)
2016年8月26日 ゲスト出演 Animelo Summer Live 2016 -刻 TOKI- さいたまスーパーアリーナ(埼玉県)
2018年2月3日 ゲスト出演 NBCUniversal ANIME×MUSIC FESTIVAL~25th ANNIVERSARY~ さいたまスーパーアリーナ(埼玉県)
2018年6月24日 ゲスト出演 NBCUniversal ANIME×MUSIC FESTIVAL~AFTER PARTY~ 市川市文化会館(千葉県)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ KOTOKO×ALTIMA名義。

出典[編集]

  1. ^ a b c ALTIMAニューシングル「BURST THE GRAVITY」インタビュー”. 音楽ナタリー. 2012年8月11日閲覧。
  2. ^ ALTIMAインタビュー”. 電波諜報局. 2018年12月22日閲覧。
  3. ^ T.M.Revolutionが“アニサマ”に降臨! “アニメロサマーライブ2011 -rainbow-”2日目速報”. ファミ通.com. エンターブレイン (2011年8月29日). 2012年8月11日閲覧。
  4. ^ アニカン』Vol.102、エムジーツー、2011年11月23日
  5. ^ 一例として、[1][2]、及び、[3]。2016年9月4日閲覧。
  6. ^ 活動休止中のALTIMA、NBCフェスで一夜限りの復活”. 音楽ナタリー (2017年11月11日). 2017年11月22日閲覧。

外部リンク[編集]