日産・アルティマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アルティマALTIMA[1])は、日産自動車北米を中心に販売している乗用車である。

歴史[編集]

初代 U13型(1993年-1997年)[編集]

日産・アルティマ(初代)
U13型
Altima 1993-1994.JPG
前期型
1st Nissan Altima.jpg
後期型
概要
販売期間 1993年 - 1997年
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
駆動方式 FF
パワートレイン
エンジン 直4 2.4L KA24DE
変速機 4AT/5MT
車両寸法
ホイールベース 2,619mm
系譜
先代 日産・スタンザ
テンプレートを表示

スタンザ(日本国内向けのスタンザではなく、U12型ブルーバードをベースとしている)の後継車種として1993年に登場。U13型ブルーバードSSSの北米版で、エンジンは直列4気筒 DOHC KA24DE型が搭載されていた(後に日本国内向けU13型にもマイナーチェンジを機に設定)。なお、1993年モデルの正式名称は「スタンザ・アルティマ」であった。

当時のNDI(日産デザインインターナショナル)によってデザインされた尻下がりなフォルムが特徴であり、当初のリアデザインはレパードJ.フェリーと通ずる、北米受けを狙った、より丸く、より尻下がりなものであったが、日本など北米以外での販売にマイナスになるとの判断から修正され、このスタイルに落ち着いた。

トランスミッションは、4速オートマチックトランスミッションと5速マニュアルトランスミッションが用意された。

1993年モデルには、運転席サイドエアバッグのみを装備し、ローズウッドのダッシュボードが採用されていたが、翌1994年モデルからは、ダッシュボードがバールウッドに変更され、新たにパッセンジャーエアバッグが装備された。

1995年には、フロントグリルが変更され、テールライトのデザインも変更されたほか、装備の向上が図られた。

1996年、新型のホイールカバーを採用。

1997年、リモートコントロールエントリーシステムや合金ホイールを装備した「Limited Edition」を発売。

2代目 L30型(1997年-2001年)[編集]

日産・アルティマ(2代目)
L30型
Nissan Altima.jpg
前期型
Altima 2000-2001.JPG
後期型
概要
販売期間 1997年 - 2001年
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
駆動方式 FF
パワートレイン
エンジン 直4 2.4L KA24DE
変速機 4AT/5MT
車両寸法
ホイールベース 2,619mm
全長 4,719 - 4,661mm
全幅 1,755mm
全高 1,420mm
テンプレートを表示

1997年、L30型発売。このモデルから北米専用車種となった。一定の成功を収めた先代のキープコンセプトで、尻下がりなフォルムも先代を踏襲している。

しかしながら、この時期にトヨタ・カムリホンダ・アコードなどのライバルたちはボディサイズを拡大し、V6エンジンをラインアップに加え、商品力の向上を図ったのに対し、全長 (4,720mm) と全幅 (1,755mm) こそ先代から拡大されている(このため、型式も10番台から30番台に変更されている)ものの、全高 (1,420mm) とホイールベース (2,620mm) は先代と同一、搭載するエンジンも先代に引き続いて直列4気筒のKA24DEのみであり、販売面で苦戦を強いられた。

また、トランスミッションについても、初代同様4速オートマチックと5速マニュアルが採用された。

デザインは初代モデル同様、日産デザインインターナショナルによってデザインされた。

1999年モデルからは、カセット/CDステレオが改良され、一部グレードには合金ホイールが標準装備となった。

2000年、マイナーチェンジ。フロントグリルやヘッドライト、テールライトの変更のほか、エンジン出力の向上(150hpから155hp)や、トランスミッション、ステアリングの改良が行われた。また、新たにリアシートにカップホルダーを装備するなど、内装も変更された。また、全長も4,661mmに増加した。

2001年、初代モデルにも設定された「Limited Edition」を発売。フロアマットやアラーム付きリモートコントロールエントリーシステムなどが装備された。

生産拠点は北米日産会社スマーナ工場(テネシー州)。

3代目 L31型(2001年-2006年)[編集]

日産・アルティマ(3代目)
L31型
02-04 Nissan Altima 2.5S.jpg
前期型
05-06 Nissan Altima.jpg
後期型 フロント
2006 Nissan Altima 2.5L S rear 12.24.18.jpg
後期型 リア
概要
販売期間 2001年8月 - 2006年
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
駆動方式 FF
パワートレイン
エンジン V6 3.5L VQ35DE
直4 2.5L QR25DE
変速機 4AT/5AT/5MT/6MT
車両寸法
ホイールベース 2,800mm
全長 4,864 - 4,884mm
全幅 1,790mm
全高 1,485 - 1,471mm
テンプレートを表示

2001年4月、第101回ニューヨーク国際オートショーに出品。

プラットフォームは、FF-Lプラットフォームが採用され、また、このプラットフォームを初めて採用した車種でもある。また、サイズは先代を大きく上回り、全長、全高、全幅ともに1クラス上のマキシマ(A33型)を上回った。

2001年8月、L31型発売開始。搭載するエンジンはV型6気筒 DOHC VQ35DE型および直列4気筒 DOHC QR25DE型の2機種。

2002年1月、2002年北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。同賞が1994年に設定されて以来、日本メーカーの乗用車としては初。

2004年2月、スポーツバージョン「アルティマSE-R」を発表。なお、「SE-R」はそれまでセントラ(B13型以降)及び200SX(B14型)に付けられていたネームであった。

SE-Rには、18インチホイール、スポーツチューンショック、リアスポイラー、ブラックレザーシート、3眼メーター・インストゥルメントパネルなどが標準装備された。

2004年6月、アルティマハイブリッド試作車を米国で披露。ハイブリッドシステム用コンポーネントはトヨタ自動車より供給を受け、日産の直列4気筒エンジンと組み合わせられている。

2005年、マイナーチェンジ。フロントグリルおよびヘッドライトの形状を変更。また、新型のDVDナビゲーションシステムを装備した。また、全長が20mm増加した。

4代目 L32型/U32型(セダンは2006年 - 2012年、クーペは2007年 - 2013年)[編集]

日産・アルティマ(4代目)
L32型
2008 Nissan Altima 2.5 S, Front Left.jpg
前期型 フロント
2008 Nissan Altima 2.5 S, Rear Left.jpg
前期型 リア
2010 Nissan Altima 2.5S sedan -- 11-23-2009.jpg
後期型
概要
販売期間 2006年11月 - 2012年(セダン)
2007年5月 - 2013年(クーペ)
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン/クーペ
駆動方式 FF
プラットフォーム Dプラットフォーム
パワートレイン
エンジン V6 3.5L VQ35DE
直4 2.5L QR25DE
変速機 6MT/エクストロニックCVT/eCVT(HEV)
車両寸法
ホイールベース 2,776.2mm
全長 4,820.9mm
4,436mm(クーペ)
全幅 1,795.7mm
全高 1,471mm(セダン)
1,476mm(ハイブリッド)
1,405mm(クーペ)
車両重量 1,412-1,550kg(セダン)
1,571kg(ハイブリッド)
1,395-1,470kg(クーペ)
テンプレートを表示

2006年4月、第106回ニューヨーク国際オートショーにて発表。

Dプラットフォームを採用した最初の車種。搭載するエンジンは、直列4気筒 DOHC 2.5LのQR25DEとV型6気筒 DOHC 3.5LのVQ35DEの2機種で、これにエクストロニックCVTと6速マニュアルトランスミッションが組み合わされる。

また、新たにプッシュエンジンスターターや、Bluetooth対応のハンズフリーフォンなども装備された。

2006年10月4日カリフォルニア州アナハイムの「オレンジカウンティーオートショー」でアルティマハイブリッドを発表。

トヨタ自動車の「ハイブリッドシナジードライブ」のライセンスによるシステムを採用。可変バルブ機構(日産CVTCS)を持ったQR25DEエンジンに、40kW/270Nmを発生するモーター/ジェネレーターが組み合わされ、e-CVTで前輪駆動となる。

AT-PZEV(アドバンスト・テクノロジー・パーシャル・ゼロエミッション・ビークル)として分類され、カリフォルニア エミッション規制に適合し、同規制を導入している、カリフォルニア、ニューヨークニュージャージーコネティカットマサチューセッツロードアイランドヴァーモントメインの8州で販売される。

2006年11月2007年モデルとして販売開始。

2006年11月29日ロサンゼルスオートショーにてアルティマクーペ発表。なお、クーペは型式がU32型となった。

2006年10月、アルティマハイブリッド発売。価格はトヨタ・カムリハイブリッド(26,820ドル - )よりも低めに設定された(25,015ドル - )。生産はスマーナ工場。

2007年5月25日2008年モデルとしてアルティマクーペを発売。エンジンはセダンと同一のものが採用された。

また、2008年モデルからは、プッシュエンジンスターター付きインテリジェントキーシステムや、6スピーカーサウンドシステムなどが全車標準装備となった。

2009年2月韓国での販売を開始。クーペやハイブリッドは投入されない。

2009年10月5日2010年モデルを発売。フロントグリル・バンパー、およびボンネットの形状などが変更された。

2013年、クーペ廃止。

3代目で設定されたSE-Rの設定はない。

5代目 L33型(2012年-2017年)[編集]

日産・アルティマ(5代目)
L33型
NISSAN ALTIMA L33 01.JPG
前期型 フロント
NISSAN ALTIMA L33 02.JPG
前期型 リア
NISSAN ULTIMA L33 2016 BIMOS 01.jpg
後期型
概要
販売期間 2012年8月 - 2017年4月
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
駆動方式 FF
プラットフォーム Dプラットフォーム
パワートレイン
エンジン V6 3.5L VQ35DE
直4 2.5L QR25DE
変速機 エクストロニックCVT
車両寸法
ホイールベース 2,776mm
全長 4,859mm
全幅 1,829mm
全高 1,471mm
テンプレートを表示

セダンが2012年4月のニューヨーク国際オートショーで世界初公開され、6月より米国で発売を開始。続いて8月にはカナダで、11月には韓国でも発売を開始した。また、アフリカにおいてもこのままのエクステリアで販売されているが、車名はティアナを名乗る。2013年11月からオーストラリアでもマキシマ(J32)の後継車としてアルティマの車名で販売開始。製造はタイ工場製。

370Zやマキシマの流れを汲む躍動感のあるエクステリアデザインとなった。今回はプラットフォームを先代より引き継ぎつつ、米国のミッドサイズセダンで最もスタイリッシュ、低燃費、高性能、先進的であることを目標に開発された。また、この代より日本を含めた多くの市場で販売されるティアナと内外装の殆どを共有することになった。

先代に設定のあったハイブリッドやクーペはラインナップされず、ガソリンエンジン・セダンボディのみとなる。エンジンは引き続き2.5L・直4のQR25DE(182hp)と3.5L・V6のVQ35DE(270hp)の2タイプが設定され、いずれにもエクストロニックCVTが組み合わされる。装備面ではドライバーの死角にあるクルマや障害物の存在を警告するブラインド・スポット・ワーニング、車線逸脱防止装置、移動物検知機能などを持つ先進安全装備“セーフティ・シールド”を採用[2][3]

2012年8月、北米で発表・発売開始。

2012年11月8日、韓国で発表・発売開始。従来同様に北米生産分が輸入される。

2013年3月18日、中国で日産の合弁企業である東風汽車有限公司より発売開始。なお、中国ではティアナとしてL4エンジンのみの設定である。

2013年11月、オーストラリアで発売開始。エンジンはQR25DEとVQ35DEで全4グレード展開。

2014年1月、日本において、アルティマと車体を共有する3代目ティアナを発表・2月に販売開始。

2017年4月、オーストラリアで発売終了。

6代目 L34型(2018年-)[編集]

日産・アルティマ(6代目)
L34型
2019 Nissan Altima front 12.24.18.jpg
フロント
2019 Nissan Altima SR 2.5L, rear 8.18.19.jpg
リア
概要
販売期間 2018年8月 -
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
駆動方式 FF / フルタイム4WD
プラットフォーム Dプラットフォーム
パワートレイン
エンジン 直4 2.5L PR25DD
直4ターボ 2.0L KR20DDT
変速機 エクストロニックCVT
車両寸法
ホイールベース 2,825mm
全長 4,901mm
全幅 1,850mm
全高 1,447mm
車両重量 1,458kg
テンプレートを表示

2018年4月のニューヨーク国際自動車ショーにて公開された。2017年1月の北米国際オートショーで発表したコンセプトカー「Vmotion 2.0」のデザインエッセンスを上手く取り入れた、ローアンドワイドなプロポーションとなっている。

グレードは、S、SR、SV、SL、プラチナムを用意。高速道路上における単一車線の運転支援技術、プロパイロットが、アルティマSV、SL、プラチナムに標準装備となる。

注目は、可変圧縮比テクノロジー採用の2.0L直4 VCターボ・エンジンの採用。3.5Lクラスのパフォーマンスと2Lクラスの環境性能を両立するという。

また全グレードに標準となるのが、2.5L直4ダイレクト・インジェクション・エンジンとなる。こちらのユニットには、AWDモデルも用意されている。

2019年からは中国市場でも販売を開始。フルモデルチェンジを機に先代・L33型「ティアナ」から改名された。尚、中国語名はティアナ時代の「天籁」を踏襲する。

2019年10月には、 インパルを通して日本国内での販売を開始。ベースは北米仕様車で灯火類などを国内の法規に改良しての販売となる。

生産拠点[編集]

北米日産会社のテネシー州スマーナ工場およびミシシッピ州キャントン工場。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本国内においてはレパードセドリック/グロリアにおいてグレード名として使用されていたことがある。ただし、綴りはレパードの場合はULTIMAだった。
  2. ^ 米日産、新型アルティマを世界初公開Carview2012年4月5日(2012年4月6日閲覧)
  3. ^ 【ニューヨークモーターショー12】アルティマ 新型…日産の米国最量販車が5世代目にlivedoor HOMME 2012年4月5日(2012年4月6日閲覧)

外部リンク[編集]