The Super Ball

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The Super Ball
別名 スパボ
出身地

青森県つがる市(佐々木陽吾)

神奈川県横浜市(吉田理幹)
活動期間 2015年 -
レーベル 徳間ジャパンコミュニケーションズ
事務所 芸映
公式サイト The Super Ball official site
メンバー

佐々木陽吾(リーダー・g.vo)

吉田理幹(キャプテン・p.vo)

The Super Ball(ザ スーパーボール)は、日本音楽グループ。 佐々木陽吾(ささきようご)と吉田理幹(よしだりき)によるツインボーカルユニット。

メンバー[編集]

  • 佐々木陽吾(ささきようご)1990年11月19日 - ) - リーダー、ギターボーカル
青森県つがる市出身
宇都宮大学卒業
身長185.5cm
津軽弁、竹馬、ボーリングを得意とする。
部活では野球、バスケットボールなどの経験あり。
小学生の頃ピアノを習い始める。
中学生でギターをはじめ、高校の時ザ・クロマニヨンズコピーバンドを組み、ステージに立つ楽しさを覚える。
両親は教師であり、自身も教員免許を持つ。
共同生活では、主な家事、光熱費の管理、など生活面を支えている。
  • 吉田理幹(よしだりき)(1991年4月2日-)-キャプテン.ピアノボーカル
神奈川県横浜市出身
早稲田大学卒業
身長180.0cm
両親がミュージシャンを目指していたこともあり、音楽に囲まれて育つ。高校では野球の強豪校、神奈川の桐光学園高校の野球部に所属、三年間寮生活を送りプロ野球選手を目指すが周囲のレベルの高さに断念し音楽の道に進むことを決意。大学ではゴスペラーズも所属していた「Street Corner Symphony」(通称SCS )でアカペラグループ「ryyyyy」にて活動。注目されていた。
ライブのセットリストや曲のアレンジ等、主に音楽面を担当。

来歴[編集]

2011年 レコード会社のオーディション最終選考に残った事が出会い。控え室で佐々木から吉田に声をかけ連絡先を交換する。吉田はこの時の事を、イヤホンをつけて集中している自分に軽く声をかけてきた佐々木を苦手に感じていたと、よく笑って話している。 その後、それぞれソロ活動を続けるもなかなか上手くいかず、一年後、吉田が佐々木に連絡し再会。飲みに行った流れでスタジオに入り声を合わせてみると、相性の良さと可能性を感じ、試しにライブをやってみようと話が進んだ。 この時初めて二人が声を合わせたのが、デビューシングル「トモダチメートル」のカップリング曲として収録されている「ココロのブランケット」であり、吉田が高校生の時に作った楽曲で、佐々木も気に入りライブでの定番曲となった。The Super Ball結成のきっかけとも言える楽曲である。

ライブをするにあたり、ユニット名をつけることになるが、当時佐々木が玩具の「スーパーボール」にはまっており、その予測できないところに弾んで飛んでいく跳躍力や勢い、カラフルでポップなイメージ、そして覚えやすく「スパボ」と略してもらえるのでは、との理由ですぐに決定、The Super Ballの誕生である。(当時はSuper Bowl)

2013年9月 初ライブにてオリジナル曲やカバー曲を披露、その後もライブハウスへの出演や路上ライブを続け、翌2014年8月下北沢440にてワンマンライブを行う。 その後、いつでも音楽に時間を費やせるように、と吉田が佐々木のアパートに転がり込む形で共同生活がスタートし、SNSで毎日カバー動画を配信したり、すぐに路上ライブに出るなど、精力的に活動を続ける。 共同生活では、一度もケンカをしたことがないほど仲がいいことは有名である。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2016年7月20日 トモダチメートル TKCA-74377(初回限定盤)
TKCA-74381(通常盤)

〔CD〕

  1. トモダチメートル
  2. ココロのブランケット
  3. トモダチメートル(instrumental)
  4. ココロのブランケット(instrumental)
  5. トモダチメートル(tv-version)-通常盤のみ

〔DVD〕(初回限定盤のみ)

  1. トモダチメートル music video
  2. トモダチメートル music video -Yogo solo edit-
  3. トモダチメートル music video -Riki solo edit--
オリコン最高37位

登場回数3回[1]

コラボシングル 2016年10月19日 Rin! Rin! Hi! Hi! ハシグチカナデリヤ hugs The Super Ball TKCA-74425(初回限定盤)
TKCA-74426(通常盤)

〔CD〕

  1. Rin! Rin! Hi! Hi!
  2. カメレオマン
  3. Rin! Rin! Hi! Hi!(instrumental)
  4. カメレオマン(instrumental)

〔DVD〕(初回限定盤のみ)

  1. Rin! Rin! Hi! Hi!(music clip)-
オリコン最高55位

登場回数2回[2]

2nd 2017年1月18日 キミノコエガ・・・。 TKCA-74431(初回限定盤)
TKCA-74432(通常盤)

〔CD〕

  1. キミノコエガ・・・。
  2. おいで
  3. キミノコエガ・・・。(instrumental)
  4. おいで(instrumental) -初回限定盤のみ
  5. キミノコエガ・・・。(tv-version)-通常盤のみ

〔DVD〕(初回限定盤のみ)

  1. キミノコエガ・・・。(Music Clip)
  2. キミノコエガ・・・。(Making Video)-
オリコン最高29位

登場回数1回[3]-

3rd 2018年1月24日 MAGIC MUSIC TKCA-74607(初回限定盤)
TKCA-74608(通常盤)

〔CD〕

  1. MAGIC MUSIC
  2. 人生ゲーム
  3. MAGIC MUSIC (Acoustic ver.)-通常盤のみ
  4. MAGIC MUSIC(instrumental)
  5. 人生ゲーム(instrumental)

〔DVD〕(初回限定盤のみ)

  1. MV+MVメイキング-
オリコン最高56位

登場回数1回[4]-

4th 2018年5月16日 Second[5] TKCA-74652(初回限定盤)
TKCA-74653

〔CD〕

  1. Second
  2. 弘前公園
  3. Second(Acoustic ver.)-通常盤のみ
  4. Second(Instrumental)
  5. 弘前公園(Instrumental)

〔DVD〕(初回限定盤のみ)

  1. Second(Music Video)+Second(Making Video)
オリコン最高27位

登場回数1回[6]

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
ミニ 2015年7月4日 The Super Ball

〔CD〕

  1. 秘密
  2. ふたつのかげ
  3. 三日月に腰かけて
  4. ワッペン
  5. tell me why
  6. はなうたのメロディ
1st 2017年2月15日 スパボ!スパボ!スパボ![7] TKCA-74441(初回限定盤)
TKCA-74442(通常盤)

〔CD〕

  1. ミライキャッチャー
  2. 明日、君の涙が止む頃には
  3. SKY
  4. キミノコエガ・・・。
  5. tell me why
  6. RUN
  7. おいで
  8. トモダチメートル
  9. シアワセ
  10. 夢人島へGO!!
  11. 秘密
  12. ココロのブランケット
  13. Rin! Rin! Hi! Hi! -スパボver

〔DVD〕(初回限定盤のみ)

  1. 明日、君の涙が止む頃には(Music Clip)
  2. 明日、君の涙が止む頃には(Yogo solo edit)
  3. 明日、君の涙が止む頃には(Riki solo edit)-
オリコン最高43位

登場回数1回[8]-

2nd 2018年8月22日 Out Of Bounds[9] TKCA-74677(初回限定盤)
TKCA-74678(通常盤)

〔CD〕

  1. フタリボシ
  2. ヒカリグライダー
  3. ラブソング
  4. Second
  5. 消せないルール
  6. are you ready ?
  7. FUSEKI
  8. MAGIC MUSIC
  9. がんばれないときも。
  10. Night Parade
  11. 雨音が止む前に
  12. 真夏の夜空とシンデレラ
  13. キミ by me(※通常盤にのみ収録)

〔DVD〕(初回限定盤のみ)

  1. ラブソング(Music Video)
  2. 消せないルール(Music Video)
  3. ラブソング(Making Video)
  4. 消せないルール(Making Video)
オリコン最高47位

登場回数1回[10]

タイアップ一覧[編集]

曲名 タイアップ
トモダチメートル TOKYO MX他TVアニメ「不機嫌なモノノケ庵」2016年7月-10月オープニングテーマ
tvk音楽缶」7月度テーマソング
Rin! Rin! Hi! Hi! TOKYOMX他TVアニメ「ナンバカ」10月-12月オープニングテーマ
キミノコエガ…。 TOKYOMX他TVアニメ「エルドライブ【ēlDLIVE】」2017年1月-3月エンディングテーマ
NBCラジオ佐賀ここ♥らじ」1月マンスリーテーマ
明日、君の涙が止む頃には 日本テレビ系「バズリズム」2月度エンディングテーマ
札幌テレビジョシスタあいく的」2月度エンディングテーマ
CBCテレビ#やすだの歩き方」2月度エンディングテーマ
テレビ西日本ももち浜DXストア」2月度エンディングテーマ
FM青森ヒルモット!」4月-6月エンディングテーマ
MAGIC MUSIC TBS系テレビ「王様のブランチ」2018年1月度エンディングテーマ
Second TBS系テレビ「CDTV」5月度エンディングテーマ
ヒカリグライダー KBS京都第100回全国高等学校野球選手権記念京都大会」オープニングテーマ
日本テレビ系「PON!」8月度エンディングテーマ
ラブソング テレビ埼玉マチコミ」8月度エンディングテーマ
テレビ北海道スイッチン!」8月度エンディングテーマ
がんばれないときも。 KBCラジオドォーモ×ラジオ」10月エンディングテーマ
FUSEKI BSテレ東土曜ドラマ9サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」主題歌

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ORICON STYLE2016年8月01日付。
  2. ^ ORICON STYLE2016年10月31日付。
  3. ^ ORICON STYLE2017年01月30日付。
  4. ^ ORICON STYLE2018年02月05日付。
  5. ^ “The Super Ball、シリアスな表情見せる新シングル「Second」”. 音楽ナタリー. (2018年5月16日). https://natalie.mu/music/news/282459 2018年5月16日閲覧。 
  6. ^ ORICON STYLE2018年05月28日付。
  7. ^ “The Super Ball、メジャー1stアルバム「スパボ! スパボ! スパボ!」発表”. 音楽ナタリー. (2016年11月28日). https://natalie.mu/music/news/211015 2016年11月28日閲覧。 
  8. ^ ORICON STYLE2017年02月27日付。
  9. ^ “The Super Ballが1年半ぶりアルバム発表、来月からワンマンツアー開催”. 音楽ナタリー. (2018年8月22日). https://natalie.mu/music/news/296437 2018年8月22日閲覧。 
  10. ^ ORICON STYLE2018年09月03日付。