KANDYTOWN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
KANDYTOWN
KT A Image.jpg
KT Logo.jpg
基本情報
出身地 TokyoJAPAN
ジャンル HIPHOP
活動期間 2012 -
レーベル

KANDYTOWN LIFE

Warner Music Japan
公式サイト KANDYTOWN LIFE Official YouTube
KANDYTOWN Instagram
Warner Music Japan Official Website

東京出身の総勢16名のヒップホップ・クルー。

メンバー[編集]

  • BSC (ビー・エス・シー)
MC。BANKROLL。 Big Santa Classic、Baby Santa Claus、Black Short Cake、屍三太郎など多くの名義で活動。
  • DIAN (ディアン)
MC。YaBasta。
  • DONY JOINT (ドニー・ジョイント)
MC。BANKROLL、YaBasta。 アパレル/ジュエリーブランド GOOD ¥ELLA のプロデュース・デザインを手掛ける。
  • Gottz (ゴッツ)
MC。YaBasta。
  • Holly Q (ホーリー・キュー)
MC。YaBasta。
上杉柊平の名前で俳優活動も行っている。
  • IO (イオ)
MC。Film Director。BANKROLL。
音楽のみならず、映像制作チーム:TAXi FILMS のメンバーであり、更にArt Directorとして様々な作品を手掛ける。
モデルとしても国内外の様々なブランドのショーや広告に登場。
  • KIKUMARU (キクマル)
MC。菊丸、Mr.Kとしても活動している。 MCバトルのシーンでも活躍しており2010年に行われたB-BOY PARK MC BATTLE U-20では優勝を果たした。
  • DJ MASATO (マサト)
MC、DJ。BANKROLL。 同じクルーのMinnesotahとともに、渋谷・道玄坂のクラブ「Contact」にてレジデントを務めるパーティー「Mari」を主催。
  • MIKI (ミキ)
Track Maker。YaBasta。YUSHIにトラックメイクを教え込まれる。
  • DJ Minnesotah (ミネソタ)
DJ。過去にDJ EFAL名義でも作品中ではスクラッチを担当することもあり。
同じクルーのMASATOとともに、渋谷・道玄坂のクラブ「Contact」にてレジデントを務めるパーティー「Mari」を主催。
  • MUD (マッド)
    MC。高校で出会ったBANKROLL,KIKUMARUと交流を深めた後KANDYTOWNに参加。
  • Neetz (ニーツ)
    MC、Track Maker、Recording Engineer。KANDYTOWN作品の多くのプロデュースを手掛ける。
  • Ryohu (リョフ) (MC/Track Maker)
MC、Track Maker。BANKROLL。同じクルーのYUSHIも所属していたズットズレテルズ、更にAun beatzではMCを担当。
2016年、「中山 亮平」名義で、ショートフィルム『ストリート兄弟』で俳優デビュー[1]
  • DJ Weelow (ウィーロウ)
DJ。YaBasta。クルーのライブではバックDJを務める。
  • KEIJU (ケイジュ)
MC。YaBasta。過去にJunk a.k.a. JuJu The Beats、Juju Tha B、Juju Tha Bluntとしても活動。
2017年12月15日に自身のSNSによりSony Music Labelsと契約した事を発表。それに伴い以前のMCネーム「YOUNG JUJU」から「KEIJU」に改名。
  • YUSHI (ユウシ)
MC。Track Maker。BANKROLL。同じクルーのRyohuも所属していたズットズレテルズではMCを担当。 2015年2月14日、転落事故で亡くなった。

略歴[編集]

  • 2005年:BANKROLL結成。
  • 2010年:YaBasta結成。
  • 2012年:KANDYTOWN結成。
  • 2014年11月30日:1stミックステープ『KOLD TAPE』をAudiomackにて発表。
  • 2015年1月25日:1stストリート・アルバム『BLAKK MOTEL』を500枚限定でリリース。
  • 2015年9月30日:トラックメイカーのnoshとのコラボアルバム『Kruise'』を500枚限定でリリース。
  • 2015年12月16日:Carhartt WIPとBCDMGのサポートでIO、DONY JOINT、YOUNG JUJUによるEP『Nothing New EP』をウェブにて500枚限定でリリース。
  • 2016年3月24日:Reebok CLASSICとコラボした楽曲「GET LIGHT」のMVを公開。
  • 2016年6月30日:インターネットラジオBlock.fmにて特別番組『KANDYTOWN PRESENTS block.fm SPECIAL PROGRAM』を放送。
  • 2016年8月21日:日比谷野外音楽堂にて開催されたZeebra主催のヒップホップフェス『SUMMER BOMB 2016』にKANDYTOWNとして出演を果たす。
  • 2016年10月:「Paper Chase」のMUSIC VIDEOがSSTV「it!」に選出される。
  • 2016年10月7日:InterFM897「TOKYO SCENE」内マンスリーレギュラー番組「KANDYTOWN RADIO」放送。
  • 2016年10月28日:雑誌「WOOFIN’」の表紙を飾る。単独アーティストとしては「WOOFIN’」史上最大となる36Pに渡る特集が展開される。
  • 2016年11月:「R.T.N」のMUSIC VIDEOが11月度のMTV「HOT SEAT」・MUSIC ON! TV「M-ON! Recommend」に選出される。
  • 2016年11月2日:Warner Music Japanからメジャー1stフルアルバム『KANDYTOWN』をリリース。それに伴い初のワンマンライブツアー「KANDYTOWN 5CITY TOUR POWERED BY CARHARTT WIP」を東京、福岡、広島、大阪、愛知にて開催。
  • 2016年11月15日:ライブストリーミングチャンネルDOMMUNEにて『KANDYTOWN』とYOUNG JUJUの『juzzy 92'』の発売を記念した番組『KANDYTOWN LIFE SPECIAL STREAMING BY DOMMUNE』を放送。同番組にはOKAMOTO'Sのオカモトレイジがゲスト出演した。
  • 2016年11月22日:タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターにDONY JOINT,Neetz,Gottzが登場。
  • 2016年12月22日:恵比寿リキッドルームにて『KANDYTOWN X’MAS FREE LIVE』開催。
  • 2017年3月8日:MTV主催「MTV LIVE MATCH」に出演。
  • 2017年4月4日:オフィシャルZINE『EMARCY』を発売。
  • 2017年7月16日:音楽fes「RIP SLYME presents 真夜中のWOW」出演
  • 2017年7月26日:メジャー1stフルアルバム『KANDYTOWN』(4LP)をリリース。
  • 2017年7月29日:音楽fes「FREEDOM aozora 2017 淡路島」出演。
  • 2017年8月13日: TOKYO FM にてKANDYTOWN特番「Midnight KANDY」が放送。
  • 2017年8月18日:音楽fes「SONICMANIA 2017」出演。
  • 2017年8月20日:音楽fes「SUMMER SONIC 2017」大阪公演出演。
  • 2017年9月29日:Timberlandとのコラボ楽曲「Few Colors」を配信リリース。
  • 2017年10月4日:InterFM897主催イベント「InterFM897 Tokyo Scene LIVE」に出演。
  • 2018年1月12日&26日:SSTV『きゃりーぱみゅぱみゅのなんだこれTV』にGottz・KIKUMARU が出演。
  • 2018年2月14日:新曲「1TIME 4EVER」を配信リリース。
  • 2018年3月18日:音楽fes「ツタロックフェス2018」出演
  • 2018年5月27日:音楽fes「GREENROOM FESTIVAL’18」出演。
  • 2019年2月14日:EP『LOCAL SERVICE』を配信リリース。
  • 2019年5月26日:音楽fes「GREENROOM FESTIVAL’18」出演。
  • 2019年9月6日:「HND」先行配信リリース。
  • 2019年10月1日:フジテレビ「人と音楽」にRyohu,KEIJUが出演。
  • 2019年10月23日:2ndフルアルバム『ADVISORY』をリリース。
  • 2019年11月:InterFM897「TOKYO SCENE」内マンスリーレギュラー番組「KANDYTOWN RADIO」放送。
  • 2019年11月1日:雑誌「EYESCREAM」にて『KANDYTOWN 探求:その存在、深さと意義』と題された、表紙を含む約40Pに渡る特集号が発売。
  • 2019年11月3日:「ADVISORY TOUR’19」東京公演をZepp Diver Cityにて開催。
  • 2019年11月3日:TOKYO FM にてKANDYTOWN特番「Midnight KANDY」が放送。
  • 2019年11月15日:「ADVISORY (Remixies) – EP」を配信リリース。
  • 2019年11月22日:「ADVISORY TOUR’19」大阪公演をZepp Osaka Baysideにて開催。
  • 2020年3月13日:「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020」の「BEST HIP HOP ARTIST」にノミネート。
  • 2020年3月26日:NIKE AIR MAX2090にインスパイアされた楽曲「PROGRESS」をリリース。
  • 2020年7月29日:2ndフルアルバム『ADVISORY』(3LP)をリリース。

ディスコグラフィ (KANDYTOWN)[編集]

フルアルバム[編集]

KANDYTOWN ADVISORY
KANDYTOWN
ADVISORY

ストリートアルバム[編集]

  • 『BLAKK MOTEL』 (KANDYTOWN RECORDS/2015年1月25日) 500枚限定。完売。
  • 『Kruise'』 (KANDYTOWN LIFE/2015年9月30日) KANDYTOWN × noshでの共作。500枚限定。完売。
BLAKK MOTEL Kruise'
BLAKK MOTEL
Kruise'

EP[編集]

  • 『LOCAL SERVICE』(KANDYTOWN LIFE/2019年2月14日)
LOCAL SERVICE

ミックステープ[編集]

  • 『KOLD TAPE』 (KANDYTOWN RECORDS/2014年11月30日)[2] フリーダウンロード
KOLD TAPE

アナログ[編集]

  • 『Skweeze Me / Tricks Are Made For Kids』(7inch) 2015年9月30日リリース。
  • 『KANDYTOWN』(4LP) 2017年7月26日リリース。
  • 『BLAKK MOTEL』(2LP) 2019年12月4日リリース。
  • 『LOCAL SERVICE』2019年12月4日リリース。
  • 『ADVISORY』(3LP) 2020年7月29日リリース。

特典CD[編集]

  • 「A Bed (Dirty Remix)」 B.S.C, GOTTZ & DIAN 『KANDYTOWN 5CITY TOUR POWERED BY CARHARTT WIP 【前売り特典】』(2016年11月1日)
  • 「Keep It Kool」 『KANDYTOWN 【TOWER RECORDS 限定特典】』 (2016年11月2日)
  • 「My Business」:『KANDYTOWN』【TSUTAYA限定特典】(2016年11月2日)
  • 「Song in Blue」(未発表ver.)『KANDYTOWN X’MAS FREE LIVE』【来場者特典】(2016年12月22日)
  • 「1TIME 4EVER」 『EMARCY 1st Issue』 (2017年4月5日)
  • 「Harder」:『ADVISORY』【TOWER RECORD限定特典】: (2019年10月23日)
  • 「Abstract」:『ADVISORY』【Amazon限定特典】:(2019年10月23日)
  • 「Sign」・「Few Colors」・「1TIME 4EVER」3曲入CD:『ADVISORY TOUR ’19』【先行予約抽選特典】(2019年)

参加楽曲[編集]

  • 「All bout me (feat. KANDYTOWN)」 IO, DONY JOINT, YOUNG JUJU 『Nothing New』 (2015年11月30日) 『Nothing New EP』 (2015年12月16日)
  • 「119measures (feat. KANDYTOWN)」 IO 『Soul Long』 (2016年2月14日)

ZINE[編集]

  • 『EMARCY 1st Issue』 (2017年4月5日)

ディスコグラフィ (ソロ)[編集]

BSC[編集]

フルアルバム[編集]

  • 1st ALBUM『JAPINO』(P-VINE/2019年7月24日)

DIAN[編集]

ミックステープ[編集]

  • DIAN&LEO『DIAN&LEO LP Mix』 (2013年11月29日) フリー・ダウンロード公開(現在は終了)。

DONY JOINT[編集]

フルアルバム[編集]

  • 1st ALBUM『A 03 Tale, ¥ella』 (P-VINE/BCDMG/2017年5月24日)

EP[編集]

  • IO, DONY JOINT, YOUNG JUJU『Nothing New』 (BCDMG/2015年11月30日) フリーダウンロード公開。
  • IO, DONY JOINT, YOUNG JUJU『Nohing New EP』 (BCDMG/2015年12月6日)

Gottz[編集]

フルアルバム[編集]

  • 1st ALBUM『SOUTHPARK』(P-VINE/2018年10月17日)
  • 2nd ALBUM『SAKURAGAOKA』(2019年3月15日)
  • Gottz & MUD 『VERTEX』(2020年7月10日)

ミックステープ[編集]

  • 『Hell's Kitchen』 (KANDYTOWN RECORDS/2015年2月7日)[3] フリーダウンロード公開。

IO[編集]

フルアルバム[編集]

  • 1st ALBUM『Soul Long』 (P-VINE/BCDMG/KANDYTOWN LIFE/2016年2月14日)
  • 2nd ALBUM『Mood Blue』 (P-VINE/BCDMG/KANDYTOWN LIFE/2017年4月19日)
  • 3rd ALBUM『Player's Ballad.』 (Def Jam Recordins/UNIVERSAL MUSIC JAPAN/2019年6月19日)

EP[編集]

  • IO, DONY JOINT, YOUNG JUJU『Nothing New』 (BCDMG/2015年11月30日) フリーダウンロード公開。                   
  • IO, DONY JOINT, YOUNG JUJU『Nohing New EP』 (BCDMG/2015年12月6日)

ミックステープ[編集]

  • Ryohu × IO『Fellas Ship』 (KANDYTOWN/2012年12月22日) フリーダウンロード公開(現在は終了)。

ミックスCD[編集]

  • IO & RYOHU『THE SUMMER CONNECTION』 (KANDYTOWN/2014年7月22日)フリーダウンロード公開。
  • RYOHU & SLIM THE ROLL『ENDLESS SUMMER』(KANDYTOWN/2014年8月31日)フリーダウンロード公開。
  • 『Vest Of Spitz mixed by NOBU a.k.a. BOMBRUSH!』 (BCDMG/2016年7月18日)

アナログ[編集]

  • 『Soul Long』 (P-VINE/BCDMG/2016年7月27日) 完全限定プレス。2LP仕様。
  • 『Mood Blue』(P-VINE/2018年2月2日) 2LP仕様。

KIKUMARU[編集]

フルアルバム[編集]

  • 1st ALBUM『STILL HERE』 (KICK'S倶楽部HOUSE/2013年11月20日)
  • 2nd ALBUM『On The Korner』 (P-VINE/KANDYTOWN LIFE/2016年7月6日)
  • 3rd ALBUM『711』(P-VINE/2018年07月11日)

客演集アルバム[編集]

  • 『Chain Reaction』 (KICK'S倶楽部HOUSE/2014年12月20日)

コラボアルバム[編集]

  • 菊丸&DEJI『CONTRAST』 (AROWANNA RECORDS/2013年3月20日)

EP[編集]

  • 1st EP 『363 Dayz』 (KANDYTOWN LIFE/2016年4月22日)
  • 2nd EP『Focus』(P-VINE/2017年9月22日)

アナログ[編集]

  • 『Alive (feat. AL-DOE) / Nobody know it (feat. IO)』 (2016年7月6日) 7inch。ディスクユニオン限定で『On The Korner』とセット販売された。

ミックスCD[編集]

  • KIKUMARU × Neetz『ICE KANDY 〜Wave〜』 (KANDY TOWN/2014年8月2日)

DJ MASATO[編集]

ミックスCD[編集]

  • 『SOUL CITY』
  • 『CITY BOY MIX』 (KANDYTOWN RECORDS/2015年6月20日)
  • 『DISCO CITY』 (KANDYTOWN LIFE/2016年11月30日)
  • 『CITY BOY MIX 2』(KANDYTOWN LIFE/2017年12月22日)
  • 『KANDYTOWN LIFE Presents "Land of 1000 Classics" (Mixed by MASATO and Minnesotah)』(WARNER MUSIC JAPAN//2017年08月30日)
  • 『KANDYTOWN LIFE presents "Good Old Soul -Love and New Note-" mixed by MASATO &Minnesotah』(UNIVERSAL MUSIC JAPAN/2018年07月25日)
  • 『LATE』(KANDYTOWN LIFE/2020年1月26日)

カセットテープ[編集]

  • 『CITY BOY MIX』 "CASSETTE TAPE"(KANDYTOWN LIFE/2017年12月22日) 『CITY BOY MIX 2 』"CASSETE TAPE(KANDYTOWN LIFE/2017年12月22日)

MIKI[編集]

アルバム[編集]

  • 『ROCKET SHIP』 (iCreate Production/2010年)[4] プロデュース・アルバム。菊丸主催のイベントで配布された。後に自身のSoundCloudでフリー・ダウンロード公開。
  • 1st ALBUM『137』(KANDYTOWN LIFE/bpm Tokyo 2018年4月20日)

DJ Minnesotah[編集]

ミックスCD[編集]

  • 『Vinyl Radio』 (Inner Funkness/2011年12月20日) DJ EFAL名義。
  • 『Midnight Riders』 (Inner Funkness/2012年4月26日) Psychodogg × DJ EFAL名義。
  • 『KANDYTOWN LIFE Presents "Land of 1000 Classics" (Mixed by MASATO and Minnesotah)』(WARNER MUSIC JAPAN//2017年08月30日)
  • 『KANDYTOWN LIFE presents "Good Old Soul -Love and New Note-" mixed by MASATO &Minnesotah』(UNIVERSAL MUSIC JAPAN/2018年07月25日)
  • 『EARLY』 (KANDYTOWN LIFE/2020年01月26日)

MUD[編集]

フルアルバム[編集]

  • 1st ALBUM『Make U Dirty』 (P-VINE/2017年7月26日)
  • Gottz & MUD『VERTEX』 (2020年7月10日)

EP[編集]

  • MUD a.k.a. Megatron『Third Eye』 (2014年4月20日)
  • 『VALUE THE PRESENT』(KANDYTOWN LIFE/2018年12月25日)

Neetz[編集]

アルバム[編集]

  • 『Soundtrack from 991』 (KANDYTOWN LIFE /2014年8月6日)
  • 『Figure Chord』(CONNECTONE/VICTOR ENTERTAINMENT/2019年2月20日)
  • 『Soundtrack from 991 (2020 Edition/Remastererd)』(KANDYTOWN LIFE/ 2020年05月29日)

ミックスCD[編集]

  • KIKUMARU × Neetz『ICE KANDY 〜Wave〜』 (KANDY TOWN/2014年8月2日)
  • NEETZ & WEELOW『AVALANCHE GOLD&JEWELRY Original Mix Tape Vol.9』 (2015年12月1日) ジュエリーショップのAVALANCHEで配られたノベルティ。

Ryohu[編集]

フルアルバム[編集]

  • 『GREEN ROOM』 (ENNDISC/KANDY TOWN/2013年12月20日) LIVE会場では現在も販売中。完売。
  • 『Just a Second』(LFIW-002 / 2017年4月5日) ライブアルバム(2016年12月末・下北沢GARAGEにて行われたライブ録音)。LIVE会場限定販売。
  • 『Ten Twenty』Deluxe (2019年2月1日) Ten Twenty (Digital Only) LIVE会場限定。トラックリストや収録曲が追加されている模様。

デモアルバム[編集]

  • 『1DOZEN』 (2011年)[5][6]

EP[編集]

  • 『GREEN ROOM Remix』 (2014年4月19日)[7] 自身のSoundCloudでストリーミング公開。
  • 『All in One EP』 (LFIW/2016年4月5日)
  • Aun beatz 『Summertime EP』 (Less+ Project.(LESS-001)/2017年7月19日)
  • 『Blur』(LFIW-003/Less+ Project. /2017年10月11日)
  • 『Blur』LP (JSLP093/Less+ Project. /2018年4月21日)

ミックステープ[編集]

  • 『Fellas Ship』 (CADNY TOWN/2012年12月22日)[8] Ryohu × IOでの共作。MdiaFire、SoundCloudでフリーダウンロード公開(現在は終了)。
  • 『Ten Twenty』(Less+ Project. (LESS-007)/2018年11月30日) Digital Format Only

ミックスCD[編集]

  • 『60Minutes Mix By Ryohu』 (2013年12月3日) ライブ会場での無料配布。自身のSoundCloudでのフリー・ダウンロード公開(現在は終了)。
  • IO & RYOHU『THE SUMMER CONNECTION』 (KANDYTOWN/2014年7月22日) フリーダウンロード公開。
  • RYOHU & SLIM THE ROLL『ENDLESS SUMMER』(KANDYTOWN/2014年8月31日)フリーダウンロード公開。
  • 『2nd Mix By Ryohu』 (2015年4月13日) ライブ会場での無料配布。自身のMixcloudでのストリーミング公開。

その他[編集]

  • 『"All in One EP"Release Party 【前売り特典】』 (2016年4月5日)
    • 「Car Race (Remix) [feat. Big Santa Classic]」
    • 「Scotch (Remix) [feat. Donny Joint & Gottz]」
    • 「Forever (Remix) [feat. MUD]」
    • 「Blue Rose (Ryohu Remix)」
  • 『"Blur" 購入者特典』(2017年10月11日)
    • 「All in One (Remix) [feat. IO]」DLコード付きポストカード(タワーレコード限定)

DJ Weelow[編集]

ミックスCD[編集]

  • NEETZ & WEELOW『AVALANCHE GOLD&JEWELRY Original Mix Tape Vol.9』 (2015年12月1日) ジュエリーショップのAVALANCHEで配られたノベルティ。
  • 『MID』(KANDYTOWN LIFE/ 2020年01月26日)

KEIJU / YOUNG JUJU[編集]

シングル[編集]

フルアルバム[編集]

  • YOUNG JUJU 1st ALBUM『juzzy 92'』 (P-VINE/BCDMG/2016年11月23日)
  • KEIJU 1st ALBUM『T.A.T.O.』(SONY MUSIC/2020年7月29日)

EP[編集]

  • IO, DONY JOINT, YOUNG JUJU『Nothing New』 (BCDMG/2015年11月30日) Audiomackにてフリーダウンロード公開。
  • IO, DONY JOINT, YOUNG JUJU『Nohing New EP』 (BCDMG/2015年12月6日)
  • 『heartbreak e.p.』(SONY MUSIC/2019年2月6日)
  • 『heartbreak e.p. (deluxe edition)【完全生産限定盤】』(SONY MUSIC/2019年5月22日)

YUSHI[編集]

参加楽曲[編集]

  • 「Time Race (feat.Junk, 雄士 & QN From SIMI LAB)」 Earth No Mad From SIMI LAB (2011年4月6日)
  • 「USO (feat. Yusi)」 QN from SIMI LAB (2011年12月23日)
  • 「Check My Ledge (feat. YUSHI)」 IO 『Soul Long』 (2016年2月14日)
  • 「Check My Ledge (Remix) [feat. YOUNG JUJU, DIAN & YUSHI]」 IO (2016年6月22日) YOUNG JUJU 1stシングル『The Way』のカップリング曲。

プロデュース曲[編集]

  • 「アウトサイドは濡れていた」 ズットズレテルズ 『第一集』 (2009年11月11日)
  • 「His GAME / Young Juju, Ryohu, IO」 KANDYTOWN 『BLAKK MOTEL』 (2015年1月25日) Neetzとの共作。
  • 「Soul Long (skit)」 IO 『Soul Long』 (2016年2月14日)

関連人物[編集]

  • OKAMOTO'S - メンバーに同級生が多く、かつてはズットズレテルズとしてYUSHIとRyohuが共に活動していた。ドラマーのオカモトレイジはKANDYTOWNのメジャー1stアルバムにディレクターとして参加した。

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]