児玉裕一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
児玉 裕一
生誕 (1975-08-20) 1975年8月20日(41歳)
日本の旗 日本
出身校 東北大学理学部化学科卒[1]
職業 映像ディレクター

児玉 裕一(こだま ゆういち、1975年8月20日 - )は、ミュージック・ビデオCMなどの演出を手がける日本の映像ディレクター[2][3]。vivision代表。

概要[編集]

数多くのCMや安室奈美恵椎名林檎Perfumeなど様々なアーティストのミュージック・ビデオを手掛ける映像作家で、実写CGアニメーションなど様々な技術を違和感なく自然に組み合わせる映像を得意とする[1]。それ以外にもVJやライブの演出も行う[1]

来歴[編集]

化学者を目指すべく東北大学理学部に進学するも、大学2年生の時に映像に興味を持ち、独学で映像制作を学んで作品作りを始める[4]

大学卒業後、広告業界に入れば映像関係の仕事ができると考え、東京広告代理店に就職する。しかし新聞・雑誌の広告スペースの仕入れを担当する媒体部に配属され、制作に携わる部署には行けなかった。そのため、一年ほどして退社してフリーになり、個人でモーション・グラフィックスを手掛けるようになる。[1][5]

一旦学生時代を過ごした仙台へ戻り、地元ローカルの若者向けテレビ番組やCMの制作に携わる。企画から撮影、編集、テロップまで、一人でやって当たり前というDIYな現場で経験を積んでいるときに「SPACE SHOWER TVで番組をやらないか」という話があり、再度東京に拠点を移して番組制作を担当することになる。そこで知り合ったレコード会社の人間からミュージック・ビデオの仕事のオファーを受けるようになり、以後、フリーディレクターとしてミュージックビデオやCMなどの演出を手がけるようになる。[1][4][5]

2006年より映像クリエイティブ集団CAVIAR(キャビア)に所属[2][4]

2008年、映像ディレクターを務めたユニクロファーストリテイリング社)のウェブ広告『UNIQLOCK』が、カンヌ国際広告祭クリオ賞ワン・ショーの世界三大広告賞すべてのインターネット部門でグランプリを受賞[6][7]。特にカンヌ広告祭のチタニウム部門は、テレビCMから新聞、屋外広告まですべてを含めた広告全体のグランプリとも言える賞であり、大会の事務局側が審査員を全員選出するという唯一の部門なので日本人の審査員もいなかったという[7]

2013年9月 vivision 設立[2]

2016年8月21日(日本時間22日)に行われたリオ五輪閉会式の五輪旗の引き継ぎ式における次期開催地の東京を紹介するパートで、制作チームのチーフ映像ディレクターとしてドラえもんやスーパーマリオなどの日本のアニメやゲームのキャラクターアスリートが共演する映像を手がける[8][9]

主な受賞歴[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan
    • “BEST DIRCTOR”(2010年)
  • SPACE SHOWER Music Video Awards
    • “BEST DIRCTOR”(2008、2009、2010年)など多数
  • The Clio Awards「インタラクティブ部門」グランプリ(2008年、ユニクロ『UNIQLOCK』)
  • One Show 「インタラクティブ部門」グランプリ(2008年、ユニクロ『UNIQLOCK』)
  • カンヌ国際広告祭
    • 「チタニウム部門」&「サイバー部門」グランプリ(2008年、ユニクロ『UNIQLOCK』)
    • 「サイバー部門」ブロンズ(2011年、タビオ『Tabio Slide Show』)
  • 第14回アジア太平洋広告祭賞 ADFEST2011
    • シルバー賞(2011年、タビオ『Tabio Slide Show』)
  • 東京インタラクティブ・アド・アワード2011
    • 「ウェブサイト部門キャンペーンサイト」ブロンズ&「プリケーション部門モバイルアプリケーション」ブロンズ(2011年、タビオ『Tabio Slide Show』)
  • Invitation Award
    • 「ミュージックビデオ部門賞」(2007年、RIP SLIME「I.N.G」)
  • NY Festival
    • ブロンズ(2007年、SONY PLAYSTATION3「The Beyond」)

主な仕事[編集]

映像作品[編集]

ミュージックビデオ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • リオオリンピック閉会式のフラッグ・ハンドオーバー・セレモニーの映像制作(2016年)

コンサート演出[編集]

  • 東京事変ライブツアー「東京事変Live Tour 2011 Discovery」(2011年) - ツアー全体の演出と映像を手掛けている。
  • 「世界音楽の祭典IN浜松2016」:ワールドミュージックコンサートの演出(2016年11月)

作詞[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e インタビュー連載 (2016年3月18日). 今、美大生が会いたい 僕らの師匠【映像ディレクター・vivision 児玉裕一】. インタビュアー:軍司拓実. bounce, GIFMAGAZINE編集部.. http://cre-m.jp/bokurano-shisho-6/ 2017年4月4日閲覧。 
  2. ^ a b c PROFILE”. vivision. 2017年4月4日閲覧。
  3. ^ 【クリエイター100選】第34回 児玉裕一(映像ディレクター)”. マイナビニュース (2010年7月9日). 2017年4月4日閲覧。
  4. ^ a b c イー・スピリット クリエーターズ・インタビュー. 児玉裕一氏「クリエーターズ・インタビュー」. インタビュアー:e-Spirit. 株式会社イー・スピリット.. http://www.c-interview.com/23.html 2017年4月4日閲覧。 
  5. ^ a b CREATOR'S DICTIONARY (2007年12月27日). PUBLIC-IMAGE.ORG インタビュー. (インタビュー). felicity.. オリジナルの2008-08-23時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080823052316/http://www.public-image.org/interview/2007/12/27/yuichi-kodama.html 2017年4月4日閲覧。 
  6. ^ 『UNIQLOCK』 世界三大広告賞を連続受賞!”. UNIQLO (2008年6月23日). 2013年9月6日閲覧。
  7. ^ a b 世界のテレビCMを超えたWEB広告「UNIQLOCK」 ウェブ開発物語”. 日本経済新聞 (2008年7月23日). 2013年9月6日閲覧。
  8. ^ 世界の音楽を体感する4日間 世界音楽の祭典IN浜松2016”. 浜松経済新聞 (2016年10月20日). 2017年4月4日閲覧。
  9. ^ 日本の“エンタメ技”魅せた Perfumeと融合した演出に世界中で大反響”. ZAKZAK, 夕刊フジ (2016年8月24日). 2017年4月3日閲覧。
  10. ^ ナタリー (20151005). “DAOKO「ShibuyaK」MVは児玉裕一、伊賀大介、MIKIKO参加の強力作” (日本語). natalie. 20151007閲覧。 “この映像では児玉裕一が監督を、伊賀大介がスタイリングを、MIKIKOが振り付けを担当。渋谷を舞台に、先日顔出しを解禁したDAOKOの魅力をさまざまな角度から感じられる作品に仕上がっている。”

外部リンク[編集]